4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

ST

モシ・タツプ ~サモアの砲弾~

0622サモアで生まれ、ハワイで育ち、USCでプレーしたタツプは、RBとして223キャリー、1277ヤードの成績を残し、1978年にドラフト8巡目でニューイングランド・ペイトリオッツに入団した。

 

控えのFBとしてなかなかの活躍を見せたが、タツプが真価を発揮するのはSTとしてであった。

 

身長は183センチ103キロの体躯でリターナーにぶち当たり、NFLのスペシャルチームの中でも一目おかれる存在であった。

 

1983年にはリーグ最高のラン1回あたり当たり5.5ヤードを獲得。4ラッシングTD1レシービングTDを記録した。

 

1986年にはプロボウルに選出。名目上はFBとしての選出であったが、STとしてプレーした。

 

リターンもしばしばやる器用な選手だったが、極めつけは1987年でトリックプレーでパスを投げ、55ヤードのTDパスを記録している。

 

ペイトリオッツスペシャルチームの中心として長年チームに貢献し、1991年にロサンゼルス・ラムズに移籍。同年限りで現役を引退した。

 

0621引退後はハイスクールや大学でコーチを務めたほか、1997年にはカレッジ最優秀STに贈られるモシ・タツプ賞が制定され、2000年まで続けられた。

 

息子のロファもNFL選手となり、USCとペイトリオッツで同僚だったドン・ハッセルベックの息子、マットとともにシアトル・シーホークスでしてプレー。3回プロボウルに選ばれる名LBとなった。

 

ペイトリオッツのアニバーサリーチームに幾度となく選ばれ、2010年に世を去った。54歳であった。

スティーブ・タスカー ~Long horn~

0533ノースウェスト大学でWRとして活躍し、4年目のシーズン終了後にはラグビーもプレーしたというタスカーは、1985年にドラフト9巡目でヒューストン・オイラーズに入団した。

 

オイラーズでは主にKRとして起用されたが目立った活躍はなく、1986年シーズン途中にウェーバーにかけられ、バッファロー・ビルズに移籍した。

 

タスカーがビルズで与えられた仕事はガンナーであった。身長175センチ、83キロの小兵ながら、驚異のスピードとハードヒットはリターナーを恐れさせた。

 

1987年にはスペシャルチーマーとしてプロボウルに初出場。さらに1990年から1995年にかけて6年連続で選出され、1993年にはMVPに輝いている。

 

タスカー登場以前はガンナーは売り出し中の若手の仕事だったが、タスカーはガンナーの専門家という新しい選手の形を完成させた。

 

0534とはいっても登録上はWRであり、ビルズでは時にWRとしても起用され、1995,1996核シーズンには3TDを記録している。

 

長らくビルズスペシャルチームの中心として活躍し、1997年限りで現役を引退。引退後は解説者を務めている。

 

2009年にはビルズ50周年チームに選出され、NFLの選ぶ殿堂入りしていない偉大な選手の第9位にランクインしている。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ