4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

PG

スコット・スカイルズ ~助ける人~

0985ハイスクール時代から有名選手だったスカイルズは、ミシガン大学でもたぐいまれな得点力で暴れに暴れ、カンファレンスMVPを獲得し、同大学のシーズンと通産の得点記録を樹立した。

しかし素行はあまりよくなく、麻薬や飲酒運転での逮捕歴があり、15日服役したこともある。

1986年に全体22位でミルウォーキー・バックスに入団。しかしルーキーイヤーは13試合しか出場できず、1年でインディアナ・ペイサーズにトレード。さらに1988-1989シーズン終了後にエキスパンションドラフトでオーランド・マジックに移籍した。

マジックでは控えとして積極的に起用され、わずかなプレイタイムで平均7.7得点、4.8アシストを記録。翌シーズンからはスターターに抜擢された。

PGとしては出色の得点力も魅力だったが、なんといってもスカイルズはパスセンスが優れていた。1989-1990シーズンは12月30日のデンバー・ナゲッツ戦で1試合30アシストのNBA記録を樹立。平均17.2得点、8.4アシストの大活躍を見せてMIPを受賞した。

一躍名を知られる存在となったスカイルズの活躍は目覚ましく、1992-1993シーズンにはキャリアハイの平均9.4アシストを記録した。

1994年にワシントン・ブレッツに移籍。翌シーズンはフィラデルフィア・76ersに移籍したものの、肩の故障で10試合しか出場できず、シーズン終了後に解雇。NBAからは誘いを受けず、スカイルズはヨーロッパへ渡った。

ギリシャの名門PAOKテッサロニキに入団したが、故障もあって思うような成績を残せず、フランス人のミシェル・ゴメスHCと対立し、シーズン途中に解雇。しかし、これが思わぬ形でスカイルズを救った。

当時PAOKは低迷しており、そのため球団はゴメスHCをシーズン途中に解任。後釜に選ばれたのはなんとスカイルズであった。

0986スカイルズはここで思わぬ好成績を収め、ギリシャリーグ優勝を達成したうえ、ユーロリーグにも出場。シーズン終了後にこの実績を手土産にフェニックス・サンズのコーチに就任した。

1999-2000シーズンからHCに昇格。1年目からいきなりプレーオフに進出し、ディフェンディングチャンピオンのサンアントニオ・スパーズを撃破する大番狂わせを見せるなど手腕を発揮し、3シーズンで2回プレーオフに進出。しかし2001-2002シーズンを最後に解任されてしまい、シカゴ・ブルズのHCに就任した。

当時のブルズは若いチームであり、スカイルズはこの若いチームを堅守のチームに育て上げた。

26試合連続100失点以下のNBA記録を樹立するなど有能であったが、2007-2008シーズン途中に解任。ジョン・パクスソンGM曰く難しい選択だったらしいが、その後のブルズを見る限り、悪い選択ではなかったようだ。

一方スカイルズは翌シーズンから古巣バックスのHCに就任。2009-2010シーズンにはプレーオフ進出を果たしたものの、現在に至るまで苦しいシーズンが続いている。

エイブリー・ジョンソン ~Little General~

0931ハイスクール時代には35勝無敗という圧倒的活躍でルイジアナ州のチャンピオンに輝き、サウザン大学では1987-1988シーズンにNCAA記録の平均13.3アシストをマークしたジョンソンだったが、180センチの身長が災いしてかドラフトで指名されず、USBLに進んだ。

1988-1989シーズン途中にシアトル・スーパーソニックスと契約。PGとして43試合に出場し、翌シーズンの契約を勝ち取った。

翌シーズンも53試合に出場し、平均3.1アシストを記録したものの、シーズン終了後にデンバー・ナゲッツにトレードで移籍した。

しかしシーズン途中にウェーバーになり、サンアントニオ・スパーズに移籍。しかし翌シーズンにはウェーバーとなり、ヒューストン・ロケッツと10日間のトライアウト契約を結び、そのままシーズンを過ごした。

オフにスパーズと再び移籍し、75試合出場のうち49先発。平均11.6リバウンド、9.9アシスト、1.5スティールの好成績を残した。

翌1993-1994シーズンにゴールデンステート・ウォリアーズに移籍。70先発でスターターの座をつかみ、オフに三度スパーズに復帰した。

ようやくスパーズに腰を落ち着け、1995-1996シーズンにはキャリアハイとなる平均13.1得点、9.6アシスト、1.5スティールを記録。親友の"提督"デビッド・ロビンソンにちなんで"Little General(小さな将軍)"と呼ばれた。

1998-1999シーズンにはNBAチャンピオンに輝き、その後もスパーズのバックコートを引き締めていたが、2001-2002シーズンにナゲッツに移籍。さらにシーズン途中にダラス・マーベリックスに移籍し、翌シーズンはウォリアーズに移籍。同年限りで現役を引退した。

0932翌シーズンからドン・ネルソンHCのもとマブスのコーチに就任。シーズン終了間際にHCに昇格し、16勝2敗の好成績で月間最優秀コーチのタイトルを獲得した。

翌シーズンには60勝22敗の成績で2年目にしてファイナルまで進出。しかしマイアミ・ヒートに4連敗し、マブスの初優勝はお預けとなったが、最優秀コーチ賞を受賞した。

翌シーズンは67勝を記録して地区優勝を達成。翌シーズンも51勝を記録したものの、このシーズンのサウスウェストディビジョンは激戦区で、地区4位に終わり、プレーオフもファーストラウンドで敗退。このシーズンを持って退任した。

その後解説者を務めていたが、2010-2011シーズンからニュージャージー・ネッツのHCに就任。24勝しか記録できなかったが、翌シーズンの巻き返しが期待される。

コーチとしても一流だが、選手としても一流で、背番号6はスパーズの永久欠番となっている。

エリック・スノウ ~Blizzard~

0929兄のパーシーはNFLでもプレーしたLBだったエリックは、ハイスクールでチームMVPを獲得するなど活躍し、ミシガン州立大学へ進学した。

1995年には第3シードでNCAAトーナメントへ出場するなど活躍し、同年ドラフト2巡目でミルウォーキー・バックスが指名。直後にシアトル・スーパーソニックスにトレードされた。

ソニックスでは控えPGであったが、1997-1998シーズン途中にフィラデルフィア・76ersに移籍すると翌1998-1999シーズンからPGのスターターとなり、1999-2000シーズンにはキャリア肺の平均7.6アシストを記録。さらに巧みなディフェンスでも名を売るようになった。

SGのアレン・アイバーソンと強力なバックコートを結成。守備に難ありだが爆発的な得点力を持つアイバーソンと、得点力には乏しいが守備に定評があるスノウのコンビネーションは絶品であった。

09302000-2001シーズンにはひざの故障で長期離脱したものの、プレーオフには復帰し、チームのファイナル進出に大きく貢献。しかしファイナルはロサンゼルス・レイカーズに敗れ、リング獲得はならなかった。

それまで平均得点は一貫して一ケタだったスノウだが、翌シーズンからは得点力を増加させ、2003-2004シーズンには自己最高の12.9得点を記録。さらに3.8リバウンド、6.6アシスト、1.6スティールを記録し、キャリアハイのシーズンを送った。

2004年にクリーブランド・キャバリアーズに移籍。キャブスでは再び得点力は落としたものの、ディフェンスは健在であり、さらにチームのまとめ役としても貢献。2006-2007シーズンにはスターターとしてチームのファイナル進出に貢献した。

2007-2008シーズンにはチームキャプテンに指名されたものの、ひざの故障を悪化させて22試合の出場に終わる。しかし、アシスタントコーチとして若手の指導を行い、ベンチから選手にげきを飛ばす姿がしばしば見られた。

このシーズンを最後に現役を引退。現在は解説者を務めている。

マット・マロニー ~Take off~

0916父親はテンプル大学の有名なコーチで、ヴァンダービルド大学でプレーしていたマロニーだったが、2年次にペンシルバニア大学へ転校。

1994-1995シーズンには平均14.9得点、4.3アシストの成績を残し、アイビーリーグのMVPを受賞したが、ドラフトではどこからも指名を受けることができず、ドラフト外でゴールデンステート。ウォリアーズに入団した。

しかし1か月後にはウェーバーとなり、それから3年間はCBAでプレー。1996年にヒューストン・ロケッツに入団。ようやくNBAのコートに足を踏み入れた。

入団1か月後に父親が世を去るという不幸に襲われたが、NBA連覇後の選手層が薄くなったロケッツにあって開幕からスターターとなり、PGとして82試合すべてに先発。平均9.4得点、3.7アシストを記録し、チームのカンファレンスファイナル出場に貢献した。

クライド・ドレクスラー、アキーム・オラジュワン、チャールズ・バークリーらそうそうたるメンバーに交じって翌シーズンも79先発し、平均8.6得点、2.8アシストを記録。苦しいロケッツのバックコートを固めた。

しかし、翌シーズンは15試合の出場に終わり、翌シーズン開幕前にウェーバーとなり、シカゴ・ブルズに移籍した。

0915ブルズでは控えとして51試合に出場し経験を活かしてブルズのベンチを引締めた。

翌シーズンはアトランタ・ホークスに移籍。控えとして55試合に出場し、27先発したものの、翌シーズンは故障で全休。翌シーズンは復帰したもの衰えてしまい、同年限りで現役を引退した。

あまり目立つ選手ではなかったが、ドラフト外でありながらルーキーイヤーに全試合先発とは凄い。なかなかできることではない。

ニック・ヴァン・エクセル ~Nick The Quick~

0907シンシナティ大学でプレーし、オールアメリカンに選ばれ、ウッデン賞候補にも選ばれたエクセルは、1993年のドラフト2巡目でロサンゼルス・レイカーズに入団した。

当時のレイカーズは再建期で、同期のエディー・ジョンソンと共にチーム立て直しのキーマンとして期待され、80試合に先発。平均13.6得点、2.9リバウンド、5.8アシスト、1.0スティールを記録し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

スピーディーで勝負強く、ブザービーターを数多く決めるなど華があり、“Nick The Quick”と呼ばれていた。

他にもラインからあえて1フィート下がってフリースローを投げることでも有名であったが、成功率は70%台後半を維持していた。

ジョンソンと共にレイカーズを再び強豪と呼べるまでに押し上げたが、HCやチームメイトと確執を作るようになり、オールスターにも出場した1997-1998シーズン終了後にデンバー・ナゲッツにトレードで移籍した。

当時のナゲッツはNBAでの最弱のチームであったが、エクセルは一人気を吐き、キャリアハイに近い成績を記録。しかし年俸が1000万ドルを超えてチームのサラリーキャップに余裕がなくなったこともあり、2001-2002シーズン途中にダラス・マーベリックスにトレード。

0908マブスではシックスマンとなり、少ないプレイタイムながらもかなりの得点を稼いだ。

2003-2004シーズンにはトレードでゴールデンステート・ウォリアーズに移籍。しかし自己最低の39試合の出場に終わり、シーズン終了後にまたしてもトレード。ポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

ブレイザーズでは持ち直し、53試合中34試合に先発。翌シーズンはサンアントニオ・スパーズでプレーし、同年限りで現役を引退した。現在はアトランタ・ホークスでコーチを務めている。

通算スリーポイントシュート成功数1528は歴代14位の大記録である。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ