4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

SF

リック・バリー ~Under Throw~

0992選手であった父と兄の厳しい指導の下バスケットを学んだリックは、長身もあってメキメキと素質を開花させていったが、意外にも野球の方が好きであった。後の背番号24はウィリー・メイズにちなんだものである。

ハイスクールでは野球とバスケットで素晴らしい成績を残し、後の代名詞となるアンダースローをこのころ身に着けたが、気性に難があったためしばしば問題を起こした。

寒さを嫌ってあえて当時弱小校だったマイアミ大学に進学。弱小ゆえにさまざまな不便を強いられる中、ブルース・ヘールHCの熱心な始動と人柄に薫陶を受けたバリーは人間としても選手としても大きく成長した。

最終学年の1964-1965シーズンには平均37.1得点という大活躍でDiv.Iの得点王を獲得。通算成績は平均29.8得点、16.5リバウンドというものであった。

全体1位もあると目されていたが、細身な体とと気性が問題視され、1位指名権を持っていたニューヨーク・ニックスはビル・ブラッドリーを指名して。バリーはサンフランシスコ・ウォリアーズが2位指名で獲得した。

この指名が納得できなかったバリーは怒りをプレーにぶつけ、平均25.7得点、10.6リバウンドという成績で堂々の新人王を受賞。前年17勝に沈んだチームを一気に35勝まで立て直した。

2年目には平均35.6得点というとてつもない成績をマーク。当時得点王を7年連続で受賞していたウィルト・チェンバレンから得点王を奪い取った。

さらに翌シーズンはオールスターでMVPを獲得し、3年前はぼろぼろだったチームをチームをファイナルまで導くという偉業を達成した。

ファイナルではフィラデルフィア・76ersを相手に1試合50得点を決めるなど暴れに暴れたが、2勝4敗でリングには手が届かなかった。

身長2メートルを超えながらガードと見まがうスピード、高いシュート精度に堅いディフェンス、苦しい場面になるほど燃える激しい闘志と、あらゆるものを備えたSFであり、NBAの宝であったが、1967年に大事件が起こる。

当時NBAを追い抜くべく誕生したABAは、NBA選手を引き抜くことに必死になっていた。

バリーはオークランド・オークスに3年50万ドルともいわれる巨額の契約金を掲示された。さらにバリーが第二の父と慕うヘールHCをオークスは招聘し、バリーをついに引き抜くことに成功した。

0991ウォリアーズのミューリーオーナーはバリーの移籍に嘆き悲しみ、バリーのユニフォームをオフィスに飾ってバリーを取り返すことを誓ったという。

この事件は裁判沙汰になり、1967-1968シーズンをバリーはABAでプレーできないことになったが、解説者として登場してファンを喜ばせた。

しかし、バリー不在のチームをヘールは指揮する羽目になり、バリーの復帰を待たずに解任。しかし復帰したバリーは暴れに暴れた。

だが、悪いことは続くようで、1969年の12月にひざの靭帯を切る大怪我を負い、無理に出場しようとしてさらに悪化させ、長期の離脱を余儀なくされたが、バリー抜きでも圧倒的な強さを見せて、ABA優勝を達成してしまった。

しかし客入りが悪化し、ついにはオーナーが交代。チームはワシントンに移籍することになり、ワシントン・キャップスと改称された。

移転初年は怪我を押して出場したが、交通の便の悪さから過密日程を余儀なくされ、チームは低迷。それにイラついたのかプレーオフで乱闘沙汰を起こして退場処分を受けている。

その後チームは移転してバージニア・スクワイヤーズとなったが、南部批判ともとれる発言で批判を浴び、ニューヨーク・ネッツに放出された。

ニューヨークでプレーしたがっていたバリーにとっては願ったりかなったりだったが、ひざの故障で思うように動けなかったが、スリーポイント採用の影響もあって得点王を獲得。NBAとABA両方で得点王を獲得したのは史上初の快挙であった。

本人もネッツでの生活を気に入ってたが、ウォリアーズのミューリーオーナーが再び裁判を起こしてネッツの契約を打ち切らせ、ウォリアーズに復帰した。

故障持ちになったバリーは俊敏さを失っていたが、パワーと技術を磨いて補い、1972-1973シーズンには当時のNBA記録の平均4.9アシスト、フリースロー成功率も90.2%でリーグトップをマークした。

チームメンバーを入れ替えて臨んだ1974-1975シーズン、バリーはついにチャンピオンリングを手にしたが、その後はチームケミストリーを悪化させ、1977-1978シーズンを持ってヒューストン・ロケッツに移籍した、。

バリーの活躍でロケッツは大井に成績を向上させたが、1980-1981シーズンのロースター縮小に伴い、高齢を理由に解雇され、そのまま現役を引退した。

アンダースローから投じた通算フリースロー成功率.893は歴代6位の大記録である。

引退後は解説者に転じたほか、マイナーでの指導も行った。さらに、フリースローが下手なシャキール・オニールにアンダースローを伝授しようとしたが、格好悪いということでシャック自ら断りを入れたという。

背番号24はウォリアーズの永久欠番、殿堂入りも果たしている。

ショーン・エリオット ~Memorial day Miracle~

0894アリゾナで生まれ、バスケットと学業で才能を発揮したエリオットは、奨学金を得てアリゾナ大学に進学した。

1986年には世界選手権で金メダルを獲得。1988年には同大初のNCAAトーナメントファイナル4進出に貢献。1989年にはウッデン賞を受賞し、大学の得点記録を塗り替えるなど輝かしい功績を残し、1989年に全体3位でサンアントニオ・スパーズに入団した。

1年目から先発し、平均10.0得点、3.7リバウンドを記録。オールルーキーセカンドに選ばれた。

1992-1993シーズンには平均17.2得点、4.6リバウンド、3.8アシスト、1.0スティールを記録。オールスターに初選出された。

翌シーズンデトロイト・ピストンズにトレードされたものの、シーズン終了後にトレードで再びスパーズに戻った。

1995-1996シーズンにはキャリアハイの平均20.0得点を記録し、2回目のオールスターに選出。デビッド・ロビンソンとともにスパーズのスコアラーとして活躍した。

1998-1999シーズンはプレーオフに進出。ダラス・マーベリックスとのカンファレンスファイナル第2戦、ラスト9秒で逆転のスリーポイントを沈め、劇的勝利に貢献した。

0893この日が戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)だったことから、このシュートは"メモリアルデイ・ミラクル"と呼ばれる。

そのまま余勢を駆ってチームはファイナルを制覇。ABA所属チームとして初の優勝を達成したものの、エリオットの身に病魔が迫っていた。

シーズン終了後に腎臓病と診断され、引退の危機に瀕したが、兄からの腎臓移植を受け、翌シーズン途中に復帰。腎臓病からカムバックした最初の選手となった。

しかしポテンシャルを落とした感は否めず、2001-2002シーズンを持って現役を引退。解説者となった。

アリゾナ大とスパーズの黄金時代を作った選手であり、両チームで背番号32は永久欠番となっている。

ちなみに夫人は日系人で、しばしば日本を訪れているという。

ブライオン・ラッセル ~Last Shot~

0892カリフォルニア大学ロングビーチ校でプレーし、1993年にドラフト2巡目でユタ・ジャズに入団したラッセルは、1年目からPFとして48試合に先発し、平均5.0得点、2.7リバウンド、1.0スティールを記録した。

高い身体能力と巧みなディフェンスが持ち味で、当時のジャズにフィットしていたが、どういうわけかなかなかスターターに完全定着できず、キャリア初期はスターターとシックスマンを行き来した。

しかし、プレーオフでは抜群のポテンシャルを発揮し、どのシーズンでも必ずスターターとして起用された。

1996-1997シーズンには平均10.8得点、4.1リバウンド、1.6スティールの好成績を残し、ファイナルに進出。しかし、ジョーダン率いるシカゴ・ブルズに敗れ、チャンピオンリング獲得はならなかった。

雪辱に燃える翌シーズン、スターターの座は失ったもののシックスマンとして全試合に出場。ファイナルでは平均34.9分のプレイタイムで平均11.0得点、4.7リバウンドを記録。ファイナルで再びブルズと相対した。

ラッセルはジョーダンとマッチアップを組み、ジョーダンを止めるべく奮闘。しかしジャズの旗色は悪く、2勝3敗で第6戦を迎えた。

86-85とジャズリードで迎えた終盤、ペイントエリアに切り込んでくるジョーダンをラッセルはマーク。ジョーダンに必死で食らいつくラッセルだったが、クロスオーバーで振り切られて転倒。あわてて立ち上がり、マークに戻った時にはもうジョーダンの手をボールは離れていた。

0891この"Last Shot"と呼ばれる伝説のシュートがラスト5.7秒で決まり、ジャズは敗戦。雪辱はならなかった。

この時ジョーダンがラッセルを押したとジャズファンは信じているが、ラッセルは後に"どっちにしろ決められていた"と述懐している。

その後ラッセルは先発の座を確かなものにしたが、成績は下降線をたどり、2002-2003シーズンにワシントン・ウィザーズに移籍。奇しくもジョーダンとチームメイトとなった。

シーズン終了後にロサンゼルス・レイカーズに移籍。さらに翌シーズンにはデンバー・ナゲッツに移籍し、2005-2006シーズンを持って現役を引退した。

1998年のファイナルはジョーダンにも印象深かったようで、2009年にジョーダンが殿堂入りした際、スピーチでラッセルについて言及。同年記念の1on1を行っている。

リック・フォックス ~Hollywood Fox~

0827高跳びのカナダ代表として東京オリンピックに出場した母と、イタリア系カナダ人の父親の元にトロントで生まれたフォックスは、3歳の時にバハマに移り住んだ。

その後ハイスクール時代にインディアナ州に移り住み、バスケットのスターとなったが、バハマでの高校教育の問題から最終学年はプレーできなかった。

しかし、それにもかかわらずインディアナ州のオールスターチームに選ばれたところから、その人気はうかがい知れる。

ノースカロライナ大学でプレーし、1991年にはNCAAトーナメントに出場。同年全体24位でボストン・セルティックスに入団した。

SFとして開幕戦から先発出場を果たし、チームではラリー・バード以来の快挙を達成。81試合に出場して平均8.0得点、2.7リバウンド、1.6アシスト、1.0スティールを記録し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

その後も控え中心で起用され、それなりの活躍はするもの特別に優秀というわけではなかった。しかし、端正なマスクから人気は高く、NBA選手が欲しいのは"リングとフォックスの恋人の電話番号"というジョークが生まれるほどであった。

1995-1996シーズンからは先発で起用され、平均14.0得点、5.6リバウンド、4.6アシスト、1.4スティールと活躍。人気先行のイメージを打ち壊した。

0828翌1996-1997シーズンにはキャリアハイとなる平均15.4得点、5.2リバウンド、3.8アシスト、2.2スティールを記録。シーズン終了後にロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

レイカーズでも1年目は先発したが、2年目の1998-1999シーズンはシックスマンとなり、1999-2000シーズンにはファイナル制覇を達成。初のチャンピオンリングを手にした。

翌シーズンからは先発に復帰し、レイカーズのスリーピートに大きく貢献。その後も先発としてプレーを続け、2003-2004シーズンを持って現役を引退した。

引退後は俳優に転身。もっぱらバスケット選手やバスケット経験者の役回りでいろいろな作品に出演している。

ブルース・ボウエン ~ディフェンスの巨匠~

0818ボウエンは苦労人であった。母親は薬物依存症で、薬を買うために家のテレビを売ってしまったという。

やがてバスケットで頭角を現し、カリフォルニア州立大フラートン校で活躍したが、NABドラフトで指名を受けることができず、1993年にフランスのル・アーブルに入団した。

その後4年にわたってフランスとCBAでプレー。この頃彼のプレーを見ていたのが、のちにチームメイトとなるトニー・パーカーであった。

1996-1997シーズン後半、マイアミ・ヒートと10日間の契約を結び、1試合に出場。26歳にしてようやくNBAのコートに踏み入った。

翌シーズンはボストン・セルティックスと契約。控えながら61試合に出場し、活躍の足掛かりをつかんだ。

しかし、翌シーズン調子を落として30試合の出場に終わると、シーズン終了後にフィラデルフィア・76ersに移籍。シーズン途中にシカゴ・ブルズにトレード。出場機会がないままウェーバーとなり、古巣のヒートに拾われた。

このときボーエンは28歳。この時点では特に見るべきところもなく、先のない三流選手にすぎなかった。

しかし、パット・ライリーHCはボーエンにディフェンスを磨くようアドバイスした。これがボーエンを特別な選手にした。

研究と練習を重ね、2000-2001シーズンにはスターターに定着。ディフェンス面で劇的な成長を見せ、オールディフェンスセカンドに選ばれた。

えげつないまでの執念の持ち主で、ファールも辞さないダーティーなディフェンスはしばしば批判を浴び、何度となく高い罰金を払っている。

翌シーズンからはサンアントニオ・スパーズに移籍。デビット・ロビンソン、ティム・ダンカンのツインタワーとともに強力なフロントコート陣を結成し、地味ながらも職人的活躍でチームを支えた。

08172002-2003シーズンにはファイナル制覇を達成。数字には表れないものの、ボーエンのディフェンス面での貢献は計り知れず、NBAきってのディフェンダーとして一躍名を売った。

オフェンスの方はからきしで、しばしばファールプレイの標的にされたが、コーナーからのスリーポイントは素晴らしく、同年リーグトップのスリーポイント成功率44.1%を記録している。

その後2005年、2007年にもチャンピオンリングを獲得。2004-2005シーズンから2006-2007シーズンにかけて最優秀守備選手の投票で3回2位に入ったものの、ついに受賞できないという不運もあったが、スパーズのディフェンスの要として戦い続けた。

しかし、衰えばかりはいかんともしがたく、2008-2009シーズンはわずか10先発に終わり、シーズン終了後にミルウォーキー・バックスにトレード。しかしすぐにウェーバーとなり、同年現役を引退した。

"きっと大勢の人が喜んでいるだろう"とボーエンは引退会見で語った。常にスターをマッチアップし、ダーティーなプレーをしてでも止めにかかるボーエンは、確かに敵の多い存在であった。しかし、スパーズのファンはボーエンを確かに信頼していた。

守備の巨匠、ボーエン。現在は解説者を務めている。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スマートパス
4大スポーツ列伝 MLB、NFL、NBA、NHLの四大スポーツの選手を紹介しています。フォロー、リンク、リクエスト大歓迎です。
最新コメント
H.I.S.
U-NEXT
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ