4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

W

ロイ・コナチャー ~兄の力~

0996ジュニアチームでは際立った成績を残せていなかったコナチャーだったが、1937-1938シーズンに14試合で23ポイントを稼ぐ活躍を見せるとNHLから注目され、1938-1939シーズンにボストン・ブルーインズに入団した。

1年目から爆発的得点力を見せ、47試合でリーグトップの26ゴール、37ポイントを記録。現代では大した数字ではないが、当時としては出色の数字である。

その後4年連続で30ポイントを記録する活躍を見せたものの、戦争の影響で1941-1942シーズンをもってキャリアが途切れ、1945-1946シーズンに復帰したものの、4試合しかプレーできなかった。

しかし、翌シーズンデトロイト・レッドウィングスに移籍すると完全に復活し、60試合で54ポイントを記録した。

続く1947-1948シーズンはシカゴ・ブラックホークスに移籍して少し成績を落としたものの、1948-1949シーズンに60試合で68ポイントを稼ぎ、アート・ロス賞を獲得。始まって間もないオールスターにも選出されている。

0995その後2年続けて50ポイントを記録したものの、1951-1952シーズンは12試合しか出場できず、同年限りで現役を引退した。

引退後はジュニアチームのコーチを務め、1984年に68歳で世を去った。

1998年に殿堂入り。弟のライオネルとチャーリーも殿堂入りを果たし、三兄弟での殿堂入りを達成している。

なにぶん昔の選手なので凄さがわからない人も多いだろうが、ゴーディー・ハウがルーキーの時にレッドウィングスで9番をつけていたといえば、凄さがわかってもらえるだろうか。

ミシェル・グーレ ~ケベックの星~

06921978年にWHAのバーミンガム・ブルズに入団し、28ゴール、58ポイントを稼いだグーレだったが、このシーズンを持ってWHAが崩壊。1979年のドラフトで全体20位でケベック・ノルディクスに指名され、グーレはノルディクスに入団した。

 

移籍1年目から22ゴール、56ポイントを記録。その後も順調に成績を伸ばし、1982-1983シーズンには57ゴール、105ポイントを記録。オールスターに選出された。

 

80年代を代表するスコアラーの一人であり、シュート技術に優れ、同年シュートアウトでリーグ最多の5ゴールを記録している。

 

翌シーズンはさらに成績を伸ばし、56ゴール、121ゴールという驚異的成績を記録。決勝ゴールは実に16を数え、勝負強さを見せつけた。

 

4年連続で50ゴールを記録するなど、スタストニー三兄弟と並ぶノルディクス最大のスーパースターであったが、1989-1990シーズン途中にシカゴ・ブラックホークスにトレード。

 

ブラックホークスはプレーオフに進出したが、最高のスコアラーであるグーレを欠いたノルディクスはチームワーストとなる61敗を記録した。

 

0691ブラックホークスでも活躍を続けていたが、1994年にグラスボードにぶつけて頭を負傷し、同年限りで現役を引退した。

 

1試合当たり5.0ゴールは歴代22位。ノルディクスでの通算0.56はチーム歴代トップである。

 

現役時代はスタンレーカップに手が届かなかったが、引退後にコロラド・アバランチに名を改めた古巣のディレクターに就任し、1996年、2001年に優勝を経験。カップに名前が刻まれている。

 

現在はカルガリー・フレームズのコーチを務めるグーレ。背番号16はノルディクスの永久欠番である。

ルク・ロビテイル ~King Winger~

0679QMJHLでかなりの得点を稼いでいたロビテイルだったが、スケーティングに難があり、1984年に唯一目をかけてくれたロサンゼルス・キングスに指名されたものの、指名順位は9巡目171位であった。

 

ドラフト会場に足を運んだロビテイルは、指名された後、キングスのGMロガシアン・ヴァションに挨拶をした。ちなみにこの年のキングスが4巡目に指名したのが、MLB300勝投手となるトム・グラビンであった。

 

その後しばらくジュニアでプレーし、1985-1986シーズンには63試合で191ポイントを稼ぎ、MVPを獲得。翌1986-1987シーズンからキングスに加入した。

 

ルーキーイヤーから45ゴール、84ポイントを獲得し、カルダー賞を獲得。翌シーズンには53ゴール、11ポイントを獲得し、グレツキーに次ぐスコアラーとしての地位を獲得した。

 

なんといっても正確なシュートが持ち味で、1989-1990シーズンにはリーグ最高のシュート成功率24.8%を記録。一方でペナルティが少なく、同年はわずか38分しかない。

 

1992-1993シーズン、グレツキーが故障してしまったため、ロビテイルが代理のキャプテンに就任。いずれもLWの最高記録となる63ゴール、125ポイントを記録し、グレツキーの代わりを立派に務めあげた。

 

同年はプレーオフに進出し、24試合で9ゴール、22ポイントを記録したが、ファイナルでモントリオール・カナディアンズに敗れ、スタンレー・カップ獲得はならなかった。

 

翌シーズンは86ポイントと物足りない成績に終わり、シーズン終了後リック・トケットと指名権とのトレードでピッツバーグ・ペンギンズに移籍した。

 

マリオ・ルミューやヤロミール・ヤーガーを擁するペンギンズは強豪であり、当然ロビテイルは期待されたが、怪我でわずか46試合しか出場できず、デビュー以来最低の42ポイントしか記録できなかった。

 

翌シーズンニューヨーク・レンジャーズトレードされたが、ポイントが減ったばかりかペナルティが増え、69ポイントに対してペナルティ80分と初めてポイントがペナルティを下回った。

 

06801997年にトレードでキングスに復帰。若いころほどの得点力はないものの、2年連続で74ポイントを記録するなど活躍した。

 

2000年に年俸削減のためトレードを打診されたが拒否し、FAでデトロイト・レッドウィングスに移籍。同年始めてファイナルを制し、悲願のスタンレー・カップを獲得した。

 

2002年に再びキングスに復帰し、51ポイントを記録したが、ロックアウトが明けた2005-2006シーズンは24ポイントしか稼げず、同年限りで現役を引退した。

 

1394ポイントはLWとして歴代1位。全体171位指名での1000ポイント達成は、210位で達成したデーブ・テイラーに次ぐ歴代2位の記録である。

 

2009年に殿堂入り。背番号20はキングスの永久欠番となっている。

 

難癖のある選手を安く獲得し、上手く使うのはプロスポーツの理想の一つである。それを最高のレベルで成功させたキングスのフロントは優秀である。

ゲイリー・ロバーツ ~不屈のシューター~

06431984年に全体12位でカルガリー・フレームズに指名されたロバーツは、AHLで英才教育を受け、1986-1987シーズンにNHLデビュー。32試合で5ゴール、10アシストを記録した。

 

1988-1989シーズンにはプレーオフに進出し、22試合で12ポイントを記録。スタンレーカップを獲得した。

 

シュートの精度が非常に高く、1991-1992シーズンには自己最高の53ゴール、90ポイントを記録してオールスターに初選出。シュート成功率はリーグ最高の27%であった。

 

その後もスコアラーとして活躍したが、1994-1995シーズンに首を故障し、僅か8試合に出場に終わった。

 

翌シーズンの途中に復帰し、35試合で42ポイントを荒稼ぎ。リーグ最高のシュート成功率26.2%を記録し、カムバック賞にあたるビル・マスタートン祈念賞を受賞した。

 

しかし、首の故障を理由に引退を宣言。1996-1997シーズンはプレーしなかった。

 

しかし、シーズン終了後に復帰を宣言。まだフレームズが保有権を持っていたが、トレードでカロライナ・ハリケーンズに移籍した。

 

移籍後のポイントは50前後で推移するようになったが、シュートの精度は健在で、なんとしても得点がほしい場面では重宝された。

 

2000-2001シーズンからトロント・メープルリーフスに移籍。親友のジョー・ニューエンダイクとともに活躍したが、2002-2003シーズンに再び故障。14試合の出場に終わった。

 

しかし、翌シーズンには復活し、72試合で48ポイントを記録。37歳にして3回目のオールスターに選出された。

 

0644ロックアウト中は休養を取っていたが、ラクロスのプロリーグNLLからドラフト全体88位で指名を受けたが、プレーはしなかった。

 

ロックアウトが明けてからはフロリダ・パンサーズに移籍。さらに翌シーズン途中にピッツバーグ・ペンギンズに移籍。

 

この頃からついに衰え始め、2008-2009シーズンはタンパベイ・ライトニングに移籍し、同年限りで現役を引退した。

 

度重なる故障にもめげずに這いあがり、42歳になるまでプレーを続けたロバーツ。通算シュート成功率は18.4%に達する。

タイガー・ウィリアムズ ~Tiger in the Kitchen~

0497のちに史上最強のエンフォーサーとして恐れられることになるウィリアムズの乱闘はジュニア時代から際立っていた。

 

1973-1974シーズンには108ポイントを稼ぐ一方で310分のペナルティをl食らったというのだから凄まじい。

 

1974年にトロント・メープルリーフスとWHAのシンシナティ・スティンガーズに指名され、リーフスに入団。シーズン後半にNHLデビューし、42試合で187分ペナルティを食らった。

 

5歳のときにジュニアチームのコーチから授かったというタイガーのあだ名にふさわしいファイトスタイルで、毎シーズン300分はペナルティを食らう乱闘王であった。

 

しかし、乱闘ばかりでなくそれなりの得点力も併せ持った選手で、カナックス時代の1980-1981シーズンにはリーグ最多の343分ペナルティを食らう傍ら、35ゴール、62ポイントを稼いでいる。ちなみに35ゴールはチーム最多の数字であった。

 

0498現役中に伝記映画が作られるなど人気は抜群で、この年はオールスターにも出場。ウェイン・グレツキー、マイク・ボッシーとラインを組み、晴れ舞台を飾った。

 

1979-1980シーズン途中にカナックスに移籍。カナックスでも思う存分暴れまわり、1984年にデトロイト・レッドウィングスに移籍。さらにシーズン途中ロサンゼルス・キングスにトレード。

 

キングスに一旦腰を落ち着けたものの、1987-1988シーズン途中にハートフォード・ホエーラーズにトレード。しかし26試合で87分しかペナルティを稼げず、同年限りで現役を引退した。

 

3966分のペナルティは今なおNHL記録であり、プレーオフでのペナルティを含めると実に4421分になる。

 

NHL一凶暴なウィリアムズだが、意外にも料理が趣味で、ホッケーに着想を得た料理が収録されたレシピブックを出版している。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ