4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

ARI

アラン・ファニーカ ~Show Window~

0967フットボールはラインマンのぶつかり合いから始まる。それゆえラインマンはフットボーラーの中でも最も頑強な人種のはずである。

しかし、何事にも例外はある。アラン・ファニーカはまさに例外である。

ニューオーリンズで生まれ、ハイスクールでは陸上とフットボールでレターマンだったファニーカだが、体が弱く、15歳からてんかんの発作を起こすようになり、薬で発作を抑えることでフットボールをプレーしていた。

ルイジアナ州立大学に進み、1996年にはオールアメリカンに選ばれるなど活躍。ラストイヤーとなった1998年にはシーズン通じて1サックしか許さなかった。

同年全体26位でピッツバーグ・スティーラーズに入団。シーズン途中から先発に定着し、12先発。チーム新人王を獲得した。

故障が多く、若いころには先発を外れることがしばしばあったが、ランブロックに優れ、ジェローム・ベティスのブロッカーとして活躍を後押し。2001年にはプロボウルとオールプロに初選出された。

しかし同年のオフに右手首を故障し、プレシーズンを全休。2003年には故障の関係でLGだけでなくLTでもプレーするなど、欠場こそないものの故障がちな体質は変わらなかった。

ほぼ毎年プロボウルとオールプロに選ばれ続け、2005年にはスーパーボウルを制覇。2007年の第16週、ラムズ戦ではベン・ロスリスバーガーのレーティング158.3の大活躍を後押しするなど輝かしい活躍をつづけた。

2008年にはスティーラーズの75周年記念チームに選ばれたが、同年オフにニューヨーク・ジェッツに移籍。5年4000万ドルというOLとして史上最高額の契約を結んだ。

0968たぐいまれな技術と経験を活かしてジェッツライン人のリーダーとして活躍。ジェッツランオフェンスは劇的な進歩を遂げ、2009年シーズンは20ラッシングTDを記録。4勝12敗から9勝7敗まで成績を向上させた。

翌2009年シーズンは2756ヤード、21TDとさらにランオフェンスを向上させ、9勝7敗でワイルドカードを獲得。カンファレンスチャンピオンシップゲームまで進出した。

しかし、ジェッツはドラフト2巡目で同じラインのブラッド・デュカッセを指名。その影響でファニーカはカットされてしまった。

結局アリゾナ・カージナルスに移籍し、全試合に先発したものの、往時ほどの活躍を見せることはできず、同シーズンを持って現役を引退した。

故障に悩まされた現役時代だったが、プロボウル9回、オールプロ9回を数える功績は、いかにテクニックに優れていたかの証明であろう。

カート・ワーナー ~Super Man~

0887Div.Ⅱのノーザンアイオワ大学でプレーし、そこそこ活躍していたワーナーだったが、ドラフトではどこからも指名されず、1994年にドラフト外でグリーンベイ・パッカーズに入団した。

しかし、パッカーズのQBはブレット・ファーブを筆頭に、ジャガーズの快進撃を支えたマーク・ブルネリ、ハイズマン賞受賞のコイ・デトマーがおり、4番手となったワーナーはカットされてしまった。

パッカーズ首脳陣はワーナーの素質を評価していたが、ワーナーはまだNFLでやっていく準備ができていないと評した。

その後ワーナーはAFLのアイオワ・バーンストーマーズと契約。AFLのサラリーだけでは食べていくことができず、スーパーで時給5.5ドルのアルバイトをしながらの生活であった。

AFLでは向かうところ敵なしの活躍で、3年のプレーながら後にAFL殿堂入りを果たし、AFL史上12番目に偉大な選手に選ばれている。

1998年にセントルイス・ラムズと契約。NFLヨーロッパのアムステルダム・アドミラルズに派遣され、リーディングパサーとなった。ちなみにチームメイトには河口正史がいた。

翌1999年、QBの相次ぐ故障で先発に抜擢されるとワーナーはついに真価を発揮した。開幕から大暴れを見せてラムズは躍進スポーツイラストレイテッド誌の表紙を"Who IS this guy"のコピーとともに飾り、マイク・マルツコーディネーターはワーナーとラムズオフェンス陣のプレーを"フィールド上最高のショー"と評した。

シーズン通して4553ヤード、41TD、レーティング109.2の大活躍でMVPを獲得。13勝3敗の成績でチームはスーパーボウルに進出し、スーパーボウルレコードの414ヤードを投げ、テネシー・タイタンズを圧倒。スーパーボウルMVPを獲得した。

0888狭いコートで行われ、スピーディーなアリーナフットボールで培われた精密で捕りやすいパスを持ち、成功率は常に60%を超えていた。

翌シーズンは故障で11試合の出場に終わったものの、リーグトップのパス成功率67.7%を記録。1試合当たりのパスヤードは実に311.7ヤードに達した。

ワーナーの成長はとどまることを知らず、2001年にはすべてリーグトップの4830ヤード、36TD、成功率68.7%レーティング101.4を記録し、2回目のMVPを獲得。特に4830ヤードはダン・マリーノ、ドリュー・ブリーズに次ぐ歴代3位のレコードである。

その後は故障で出場機会を減らし、成績が悪化。先発を降ろされた揚句2003年シーズン終了後に解雇され、ニューヨーク・ジャイアンツに移籍した。

ジャイアンツでは当初先発で起用され、好調を維持していたが、後半戦に調子を落とし、イーライ・マニングに先発の座を奪われた。

翌シーズンはアリゾナ・カージナルスに移籍。カージナルスでは故障がちながらも持ち直し、2006年には77試合で20000ヤードを達成。マリーノの75試合に次ぐスピード記録であった。

その後もカージナルスの正QBとして君臨し、2008年には4583ヤード、30TDを投げて2001年以来のプロボウルに選出。2009年には契約ボーナスを含めて1900万ドルのサラリーを獲得した。

シーズン終了後に引退を表明。家族と過ごす時間がほしいというのが理由であった。通算パス成功率65.5%は歴代4位の大記録である。

時給5.5ドルのアルバイトがスーパーボウルMVPになり、1900万ドルの年俸を手にする。これ以上のアメリカンドリームはもうないのではないだろうか。

バートランド・ベリー ~Arizona Sacker~

0886ハイスクールではOLBとして活躍するほか、バスケットや円盤投げ、ハードルの選手としても活躍したベリーは、ノートルダム大学で活躍し、1997年にドラフト3巡目でインディアナポリス・コルツに入団した。

コルツでDEにコンバートされ、最初スペシャルチームでプレー。1998年に先発の座を獲得したが、4.0サックとあまり活躍できず、1999年シーズン終了後にカットされた。

その後セントルイス・ラムズと契約したものの開幕前に再びカットされ、CFLのエドモントン・エスキモーズに入団。1年間プレーした。

2001年シーズンにデンバー・ブロンコスと契約。2002年には控えながら6.5サックを記録し、翌シーズンは先発に定着。11.5サックを記録した。

2004年にアリゾナ・カージナルスに移籍。DEのレギュラーとして14.5サックを記録し、プロボウルに初選出。FAで失敗ばかりしてきたカージナルスの初の大型補強成功であった。

人格者でもあり、カージナルスディフェンス陣のリーダーでもあったが、その後は故障が目立つようになり、成績を残しながらも毎年リタイヤする羽目になった。

08852007年からは3-4ディフェンスの採用に伴いOLBでも起用されるようになり、やや成績は持ち直したが、故障と衰えはどうしようもなく、2009年に現役を引退した。

カージナルスでの出場は72試合、52先発にとどまったが、チーム歴代6位の40.0サックを記録している。

引退後は白血病の子供のための財団を運営し、世のため人のために頑張っている。

ミッチ・バーガー ~Cabadian Kick~

0793カナダで生まれ、ハイスクールではQBとして活躍する半面バスケットでも優秀で、両方でブリティッシュコロンビア代表に選ばれた。

テキサスのテイラー短大でパンターに転向し、その後コロラド大学に移ってプレー。1994年にドラフト6順目でフィラデルフィア・イーグルスに入団した。

イーグルスで5試合に出場し、25回のパントで951ヤードを記録したものの、シーズン途中にカットされた。

その後シンシナティ・ベンガルズ、シカゴ・ベアーズ、インディアナポリス・コルツ、グリーンベイ・パッカーズといずれもプラクティスで渡り歩き、1995年シーズン途中にベアーズのロースターに載ったものの、プレー機会はなかった。

1996年にミネソタ・バイキングスと契約。リーグワーストの2ブロックを喫したものの、88回のパントでリーグ7位の3616ヤードを記録。ようやく安住の地を得た。

193センチの長身と素早いキックが武器で、その後はブロックもなく、飛距離と正確性を兼ね備えた優秀なパンターとして活躍。

試合中にスニッカーズを食べ、飛距離を活かしてキックオフも蹴り、しばしばタッチバックさせた。

1999年には61回のパントで2769ヤードを記録し、リーグ2位の平均45.4ヤードをマーク。プロボウルに選出された。

2002年にセントルイス・ラムズに移籍。72回のパントで3020ヤードを記録し、1997年以来の3000ヤードを達成した。

シーズン終了後に今度はニューオーリンズ・セインツに移籍。2004年にはキャリアハイの85回のパントで3704ヤードを記録。2回目のプロボウルに選出された。

07942006年に腰の故障でシーズン全休し、シーズン終了後にアリゾナ・カージナルスに移籍した。

カージナルスでは5試合の出場に終わり、翌シーズンはピッツバーグ・スティーラーズに移籍。

スティーラーズで復活を果たし、66回のパントで2728ヤードを記録。さらにパンターでありながら5タックルを決めている。普通パンターやキッカーのタックルは大したものではないが、バーガーのそれはかなりのハードヒットである。

同年チームは第43回スーパーボウルに進出し、バーガーも3回のパントで139ヤードを記録。チームは古巣カージナルス相手に27-23で勝利し、チャンピオンリングを獲得した。

翌シーズンはデンバー・ブロンコスに移籍したものの、10試合しか出場できず、パント51回で2142ヤードと今一つだったため、シーズン終了後に解雇され、それ以降プレーしていない。

カナダ人でありながらフットボールを志し、試合中にスニッカーズを食べ、パンターでありながらキックオフを蹴り、ハードヒットをかました愛すべき個性派、バーガー。現在はバンクーバーでレストランとナイトクラブを経営している。

ディック・ヴァーミール ~猛将~

0780サンノゼ州立大学で控えQBとしてプレーし、1959年に卒業したのちに指導者に転じたヴァーミールは、あちこちの大学でコーチを歴任し、1969年にロサンゼルス・ラムズのSTコーチに就任。1974年シーズンにUCLAのHCに就任した。

就任1年目はチーム育成に務め、6勝3敗2分に終わったが、チーム育成を終えて臨んだ1975年シーズンは9勝2敗1分と大躍進し、ローズボウルに進出。全米ランキング1位のオハイオ州立大学を23-10で破り、栄冠を手にした。

シーズン終了後にフィラデルフィア・イーグルスのHCに就任。就任にあたって開幕前にトライアウトを実施し、後にイーグルスのオールタイムチームに選ばれるST、ビンス・パープルを獲得した。

就任直後はチーム育成に費やしたため、1年目は4勝10敗、2年目は5勝9敗と低迷したが、猛練習が実を結び、1978年には9勝7敗でプレーオフ進出を果たした。

エキサイトすると叫びながら指揮を執る熱い男で、口の悪いイーグルスファンもヴァーミールにはヤジを飛ばさなかった。

1979年には11勝5敗で地区優勝を達成。さらに続く1980年には12勝4敗で第15回スーパーボウルに進出したが、オークランド・レイダーズに敗れ、チャンピオンリング獲得はならなかった。

その後は燃え尽きてしまって情熱を失い、1982年シーズンを3勝6敗としたところで引退を表明。現場を去った。

0779その後は解説者として過ごし、1994年には再びイーグルスからコーチのオファーがあったが、契約面で折り合わず破談となった。

ヴァーミールが現場復帰を果たしたのは1997年、古巣ラムズのHCに就任してのことであった。

弱小ラムズを育成するため最初の2年は5勝11敗、4勝12敗と悲惨なシーズンを送ったが、1999年のキャンプに転機は訪れる。

当時のラムズはトレント・グリーンが先発QBを務めていたが、そのグリーンがキャンプで故障。ヴァーミールは2番手のカート・ワーナーを先発に指名した。

ワーナーの活躍は言うまでもなく、ラムズは13勝3敗の成績を残してスーパーボウルも一気に制覇。ヴァーミールはついにリングを手にし、最優秀コーチ賞も受賞した。

シーズン終了後に再び引退し、1年の休養を経て2001年にカンザスシティ・チーフスのHCに就任した。

当時チーフスはNFL最強のオフェンスを有していた一方でディフェンスはNFL最低と言う極端なチームで1年目は6勝10敗と大きく負け越してしまった。

その後は何とかチームをやりくりして8勝8敗とタイに持ち込み、続く2003年は13勝3敗の好成績を記録。しかし、プレーオフでは初戦敗退となった。

翌2004年は7勝9敗と再び負け越し、2005年は10勝6敗と好成績を残したが、プレーオフ進出を逃してしまい、同年限りで勇退した。

現在は解説者を務める傍ら、フィラデルフィア近郊で農場を経営し、ワイン作りとゴルフに情熱を注いでいる。

1994年にイーグルスの、2008年にラムズの殿堂入り。猛将の名は不滅のものとなっている。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ