4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

BAL

ジェイミー・モイヤー ~長老~

0900フィラデルフィア郊外で生まれ、大のフィリーズファンだったモイヤーは、ハイスクールでは野球のほかにバスケットとゴルフでも活躍。1980年にフィリーズが初の世界一に輝いた際には学校を抜け出して優勝パレードに参加したという。

その後セントヨゼフ大学に進学。同大学の投手の記録を軒並み塗り替え、背番号10は同大ベースボールチーム唯一の永久欠番に制定されている。

1984年にドラフト6巡目でシカゴ・カブスに入団。マイナーでオールスターに選ばれるなど順調に成長し、1986年に初昇格。16先発で7勝4敗を記録した。

翌シーズンには12勝15敗で初の2ケタ勝利を達成。しかし防御率は5点台で、実力のほどは怪しかった。

1989年シーズン終了後にテキサス・レンジャーズにトレード。しかし故障で15試合の登板に終わり、翌シーズンはリリーフをやらされるなど、依然二流の選手であった。

翌シーズンはセントルイス・カージナルスに移籍したが、マイナースタートとなり、シーズン終了後に解雇された。

翌シーズンカブスのキャンプに参加したが、ひじを故障。野球理論を生かしてコーチ転身を打診されたがモイヤーは拒否。その後解雇された。

その後タイガースとマイヤー契約を結んだもののメジャー昇格はならず、シーズン終了後にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ。

5月に昇格を果たし、先発ローテーションに入って12勝9敗を記録。防御率も3.43まで改善され、30歳にしてようやく開花の兆しを見せ始めた。

1996年シーズンにボストン・レッドソックスに移籍。先発兼リリーフとして7勝1敗の好成績を残していたが、シーズン途中にシアトル・マリナーズにトレード。

0899マリナーズでも6勝2敗を記録し、2チームにまたがって13勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得。ついにモイヤーは開花した。

翌シーズンは17勝5敗を記録。1999年には14勝8敗でサイヤング賞投票で6位につけた。

マックス80マイル強の球速ながら、多彩な変化球と抜群のコントロールを持ち、緩急をつけることで投球の幅を広げて対応。ティム・ウェイ区フィールドに次いでMLBで最も球速の遅い投手でありながらマリナーズのエースとして君臨した。

2001年には38歳にして初の20勝を達成。2003年にも21勝を記録し、オールスターに初選出された。

40歳を過ぎても第一線の素晴らしい投手であったが、若返りの方針を打ち出すマリナーズは2006年シーズン途中にフィリーズにモイヤーをトレード。43歳にして憧れのフィリーズのユニフォームに袖を通すこととなった。

MLB最年長の選手の一人であり、モイヤーの働きを疑問視する声もあったものの、2007年には防御率5点台ながら14勝12敗と活躍。翌シーズンには16勝7敗と素晴らしい活躍を見せ、チームの世界一に貢献した。

さらに史上6人目の30球団からの勝利を達成。ほかにもランディ・ジョンソンと投げ合い、2人合わせて88歳48日の投げ合いを演出。これはMLB記録である。

翌シーズンも12勝を挙げ、2010年には47歳で完封を達成し、MLB記録を樹立。息子のディロンがドラフトでツインズに指名されるなど話題の多いシーズンだったが、契約満了に伴いFAになった。

ウィンターリーグに参加したものの、そこで左腕に大けがを負い、トミー・ジョン手術を受け、いったん現役を引退した。

しかし本人は復帰する気満々で、現在は解説者を務めているが、2012年シーズンに復帰するとのうわさもある。

カート・シリング ~マウンドの鬼~

0847アラスカで生まれ、アリゾナの短大から1986年にドラフト2巡目でボストン・レッドソックスに指名されたシリングは、1988年にボルチモア・オリオールズでメジャーデビューを果たした。アラスカ州出身の大リーガーは史上11人目であった。

オリオールズではこれといった活躍を見せることはできず、髪をブロンドと青に染めるなどして監督と対立。1991年にヒューストン・アストロズにトレードされた。

アストロズでロジャー・クレメンスから野球への心構えについて説教を食らい、多大な影響を受け、それ以降野球への考え方を改め、リリーフとして56試合に登板。シーズン終了後にフィラデルフィア・フィリーズに移籍した。

移籍1年目から14勝11敗を記録し、一躍エースに上り詰めると、続く1993年には16勝7敗を記録。プレーオフ進出の原動力となった。

プレーオフではフィリーズは有力視されていなかったが、リーグチャンピオンシップで昨年のリーグ覇者、アトランタ・ブレーブスを相手に2先発。勝敗はつかなかったものの16イニングを4失点に抑えるピッチングを見せ、ブレーブスを撃破。MVPを受賞した。

さらにワールドシリーズでは昨年世界一のトロント・ブルージェイズと対戦。2先発で1勝1敗とし、世界一に輝いた。

その後しばらく低迷するものの、1997年に17勝11敗、リーグトップの319奪三振を記録して完全復活。オールスターに初選出され、サイヤング賞投票では4位に入った。

続く1998年も15勝14敗、リーグトップの300奪三振を記録。オールスターに2年連続で選出された。

しかし、シリングの快投むなしくフィリーズは低迷し、2000年シーズン途中にトレードでアリゾナ・ダイアモンドバックスに移籍した。

バックスでランディ・ジョンソンとともに左右のエースとして君臨。プレーオフでは前評判を覆して4勝無敗で押し切り、世界一を達成。ジョンソンとともにワールドシリーズMVPに輝いた。

続く2001年は22勝6敗で最多勝を達成。続く2002年には自己最多の23勝を挙げたが、2003年は不調で8勝9敗に終わり、シーズン終了後にレッドソックスに移籍した。

0848レッドソックスで完全復活を遂げ、21勝6敗で球団では1978年のデニス・エカーズリー以来の20勝を達成。伝説のプレーオフへとチームを導いた。

アナハイム・エンゼルスとのディビショナルプレーオフ第1戦、右足首の腱を切ってしまい、ニューヨーク・ヤンキースとのリーグ・チャンピオンシップでは第1戦に登板するものの、痛みで本来の投球ができず、打ち込まれた。

3連敗から巻き返しを図るチームのため、シリングは足首周囲の皮膚を縫い付けて腱を固定するという荒療治を敢行。前例のない手術であったため、担当医は事前に死体を利用してリハーサルを行ったという。

第6戦に先発して勝利を挙げたものの、化膿の恐れがあり試合後すぐに抜糸。次の登板前日に再び縫い合わせる、という荒療治を繰り返した。

ワールドシリーズ第2戦でもソックスを血染めにしながらセントルイス・カージナルスを7回1失点に抑え、4連勝で世界一を達成。この試合の血染めのソックスは野球殿堂に飾られている。

翌シーズンは故障が糸を引いて不調に終わったものの、2006年は15勝7敗と活躍。しかし、年齢による衰えは隠せず、2007年を最後に登板はなく、2009年に現役を引退した。

引退後は解説者を務めているが、その傍らに趣味のゲームの世界でも活動し、ゲーム雑誌やゲーム会社を経営している。

ケビン・ミラー ~お騒がせムードメーカー~

0842ラマー大学でプレーしていたミラーだったが、卒業してもどこからも指名を受けることができず、1993年に独立リーグ、ノーザンリーグのセントポール・セインツと契約。1994年のストライキの際には代替選手にも選ばれた。

1997年から1999年にかけてマイナーで77試合連続出塁の新記録を樹立。1998年にフロリダ・マーリンズでメジャー昇格を果たした。

2年目の1999年にレギュラーに定着し、打率.285、9HR、67打点を記録。2001年、2002年両シーズンには打率3割を記録した。

2002年シーズン終了後に中日ドラゴンズからオファーがあり、譲渡のためにウェーバーにかけられたが、ボストン・レッドソックスが不文律を破ってミラーを獲得した。

この事件は大きな問題となり、最初はドラゴンズが保有権を得たものの、イラク情勢の悪化からミラーは来日を嫌がり、選手会がこれを支持。同年東京ドームで予定されていたシアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスの開幕戦のボイコットをほのめかし、ドラゴンズは獲得をあきらめた。

ドラゴンズは代わりにアレックス・オチョアを獲得したが、これ以降アメリカから選手を獲得せず、アジアと中南米から外国人選手を獲得している。

波乱の入団劇であったが、ミラーはレッドソックスでレギュラーを獲得し、キャリアハイの25HR、96打点を記録。ムードメーカとしてもチームに貢献し、カルトな人気があった。

08412004年にも打率.297、18HR、74打点を記録。ニューヨーク・ヤンキースとのリーグチャンピオンシップでは3連敗で4戦を迎えたものの、ミラーが発破をかけてチームを奮起させ、そのまま4連勝で押切り、余勢をかってワールドシリーズでも勝利。バンビーノの呪いを打ち砕いた。

2006年にボルチモア・オリオールズに移籍。オリオールズでもレギュラーは獲得したが、歳もあって徐々に衰え、2008年終了後にFAに。トロント・ブルージェイズとマイナー家訳を結んだ。

ブルージェイズでも78試合に出場したものの、シーズン終了後に解雇。2010年はシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだものの、開幕を待たずに解雇され、現役を引退した。

その後ボストンで解説者となったが、5月にセインツで突如現役復帰。解説の片手間にプレーしている。

タレント・ディルファー ~Super Buckup~

0808フレズノ州立大学で活躍し、3年連続でカンファレンスを制したディルファーは、1994年に全体6位でタンパベイ・バッカニアーズに入団した。

1年目は控えとして過ごしたが、2年目の1995年から先発に定着。7勝9敗を記録したが、2774ヤード、4TDに対して18INTと散々な数字であった。

続く1996年は12TDを記録したが19INTを喫し、依然不安定な成績で会った。

しかし、1997年に2555ヤードながら21TDを記録。INTは11に抑え、チームは10勝6敗と勝ち越し。同年バッカニアーズのQBとして初のプロボウルに選出された。

獲得ヤードは少ないが、その割にTDが多いクラッチなQBで、FBのマイク・オルストットとともにバッカニアーズオフェンスの中心であった。

しかし、1999年に故障で10試合の出場に終わると先発を追われ、シーズン終了後にFAでボルチモア・レイブンズに移籍した。

トニー・バンクスの控えとしての獲得であったが、開幕からバンクスは不調に陥り、レイブンズは5試合連続TDなしという泥沼状態に陥った。

結局バンクスに代わって後半からはディルファーが先発に定着。8先発で7勝1敗の好成績を残し、チームはスーパーボウルに進出。

ニューヨーク・ジャイアンツとの第35回スーパーボウルでは153ヤードを投げて1TDを記録。34-7で圧勝し、チャンピオンリングを手にした。

シーズン終了後にシアトル・シーホークスに移籍。マット・ハッセルベックの控えであった。

0807しかし、ハッセルベックが股関節の故障でリタイアすると後半から先発に転じ、4先発で全勝。ポテンシャルの高さを見せつけた。

2002年には開幕から先発したが、6先発で2勝4敗と負けが込み、ハッセルベックに先発を譲った。

そんな縁もあり、ディルファーとハッセルベックは今でも親友である。

その後はハッセルベックのバックアップとして過ごしていたが、2005年にトレードでクリーブランド・ブラウンズにトレードされた。

ブラウンズでは先発に復帰し、11試合に出場したが、4勝7敗と今一つで、シーズン終了後にトレードでサンフランシスコ・49ersに移籍した。

49ersではアレックス・スミスの控えであったが、スミスの故障に伴い先発に。6先発したものの1勝5敗と不振を極め、さらにディルファー自身も故障してしまい、先発を降りた。

同年限りで現役を引退。オフに妻とバスケットボールをしていてアキレス腱を切ったのが決め手であった。

控えから先発にのし上がること実に4回。控えQBの鏡、ディルファーは現在解説者を務めている。

マット・ストーバー ~Raven Gunner~

0800ダラスのギリシャ系の家に生まれ、ハイスクール時代にはもう53ヤードのFGを蹴ったというストーバーは、ルイジアナ工科大学で活躍し、1990年にドラフト12順目でニューヨーク・ジャイアンツに指名された。

当時から飛距離は際立っており、キックオフでもしばしばボールをゴールポストの上に通したという。

同年チームは第25回スーパーボウルを制したものの、ストーバーはシーズンを通して故障者リストに入っていたため、チャンピオンリングを贈られないという不運に遭った。

シーズン終了後にクリーブランド・ブラウンズに移籍。ブラウンズで正キッカーの座をつかみ、22本中16本のFGを成功させた。

当初はあまり優秀なキッカーとは言えなかったが、1994年に28本中26本のFGを成功させ、リーグトップの成功率92.9%を記録した。

これ以降はキックの精度を増し、チームがボルチモア・レイブンズに名を改めても変わらず活躍を続けた。

2000年にはレイブンズオフェンスが5試合連続TDなしという危機的状況に陥いるなか、ストーバーがリーグトップの35FGを挙げる獅子奮迅の活躍で何とかシーズンを12勝4敗で終え、プレーオフに進出した。

プレーオフでもオークランド・レイダーズとのカンファレンスチャンピオンシップゲームでチーム16点中10点を挙げるなど活躍し、スーパーボウルに進出した。

0799スーパーボウルも34-7で圧勝し、ストーバーは10年前に取り逃したリングを遂に獲得した。奇しくも対戦相手は古巣ジャイアンツであった。

同年プロボウルとオールプロに選出。その後も長らくレイブンズスペシャルチームの核として活躍を続け、2006年には38歳にして30本中28回のFGを成功させ、リーグトップの成功率93.3%を記録した。

2008年シーズン終了後についに解雇され、インディアナポリス・コルツに移籍。コルツでも11本中9本のFGを決め、第44回スーパーボウル進出に大きく貢献。ニューオーリンズ・セインツに敗れはしたものの、1FGを決めた。

ちなみに42歳でのスーパーボウル出場は最年長記録である。

同年限りで現役を引退。422連続トライフォーポイント成功。38試合連続FGはNFL記録。2004得点は歴代4位。通算FG成功率83.7%は歴代8位である。

2011年にレイブンズの殿堂入り。現在は解説者を務めている。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ