4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

DEN

ジョン・バリー ~孝行息子~

0987リック・バリーの二男として生まれたジョンは、ほかの三人の兄弟と共にバスケットの道を志した。

兄のスコットはNBAでのプレーには至らなかったが、ジョンはパシフィック大学とジョージア工科大学でプレーし、1992年に全体21位でボストン・セルティックスに入団した。

しかし、せっかく指名されたにもかかわらず契約で揉め、結局セルティックスでプレーすることはなく、トレードでミルウォーキー・バックスに放出され、バックスでキャリアをスタートさせた。

父親同様シュートの精度は素晴らしく、スリーポイント成功率が4割を超えたシーズンが14年で5回もあるが、レギュラーを獲得するには至らず、もっぱら控えとして選手人生を過ごした。

1995年にゴールデンステート・ウォリアーズに移籍したのを皮切りにアトランタ・ホークス、ロサンゼルス・レイカーズと渡り歩き、1998-1999シーズンにサクラメント・キングスに落ち着いた。

キングスでも控えであったが、プレーオフに強いということがわかるとプレーオフでは積極的に器用されるようになり、プレーオフでは2年連続で平均20分のプレイタイムを獲得した。

2001年にデトロイト・ピストンズに移籍。ピストンズでもプレーオフでは高いポテンシャルを見せ、2002年の1回戦第1戦、トロント・ラプターズ戦では3分で12得点を稼ぐ活躍を見せた。

09882003年にデンバー・ナゲッツに移籍すると、ホークス、ヒューストン・ロケッツと再びチームを渡り歩き、2006年にロケッツを解雇され現役を引退した。現在は解説者として活動している。

15年で821試合に出場しながら先発はたったの36試合、移籍すること実に8回。スーパーサブと呼ぶに相応しい選手ではないだろうか。

タイ・ロー ~Swing~

0946ハイスクールではDBの他にもWRやRBとしてもプレーし、バスケットでも活躍。さらにジャズでも才能を発揮し、フルート奏者として活躍。NFL選手になれなければジャズの道を目指すつもりだったという。

フットボールで奨学金を得てミシガン大学へ進学。CBとしてオールアメリカンに選ばれ、スポーツイラストレイテッドの表紙を飾るなど華々しい活躍を見せ、1995年に全体23位でニューイングランド・ペイトリオッツに入団した。

1年目は控えながら40タックル、3INTを記録して存在感を示すと2年目は先発に定着。56タックル、3INT、1INTTDを記録した。

INTを量産する爆発力とCBとは思えないハードヒットが売りで、勢い余ってしばしば罰退を食らうほどであった。

1998年にはリーグトップとなる9INTを記録し、オールプロとプロボウルに選出。一流選手の仲間入りを果たした。

2001年にはスーパーボウルに進出。カートワーナーからINTTDを奪うなど大活躍を見せ、チームの優勝に大きく貢献した。

同年から3年連続でプロボウルに選出され、2003年には再びスーパーボウルを制覇。AFC社んぴオンシップゲームではインディアナ・コルツのペイトン・マニングから3INTを奪うなど、大舞台での強さを見せた。

2004年もスーパーボウルを制覇し、4年で3つのリングを荒稼ぎしたものの、サラリーは1200万ドル以上に膨れ上がり、同年には7試合しか出場できなかったこともあり、オフに解雇された。

0945ニューヨーク・ジェッツと契約して迎えた2005年シーズン、自己最高でリーグトップの10INTを記録し、5回目のプロボウルに選出。しかしジェッツでも高年俸がネックとなり、1年限りでチームを去った。

翌シーズンは5年2000万ドルの契約でカンザスシティ・チーフスと契約。しかし30歳を超えて衰えが始まり、期待されたほどの活躍をすることなく、契約を残して2008年にジェッツに出戻った。

ジェッツではスターターの座から降格し、キャリア初のINTなしでシーズンを終え、オフにデンバー・ブロンコスに移籍。7試合に出場したもののわずか2先発で、このシーズンを最後に現役を引退した。

歴代23位となる53INTを記録し、2000年代のオールディケードチームとペイトリオッツの50周年記念チームに選ばれている。

エイブリー・ジョンソン ~Little General~

0931ハイスクール時代には35勝無敗という圧倒的活躍でルイジアナ州のチャンピオンに輝き、サウザン大学では1987-1988シーズンにNCAA記録の平均13.3アシストをマークしたジョンソンだったが、180センチの身長が災いしてかドラフトで指名されず、USBLに進んだ。

1988-1989シーズン途中にシアトル・スーパーソニックスと契約。PGとして43試合に出場し、翌シーズンの契約を勝ち取った。

翌シーズンも53試合に出場し、平均3.1アシストを記録したものの、シーズン終了後にデンバー・ナゲッツにトレードで移籍した。

しかしシーズン途中にウェーバーになり、サンアントニオ・スパーズに移籍。しかし翌シーズンにはウェーバーとなり、ヒューストン・ロケッツと10日間のトライアウト契約を結び、そのままシーズンを過ごした。

オフにスパーズと再び移籍し、75試合出場のうち49先発。平均11.6リバウンド、9.9アシスト、1.5スティールの好成績を残した。

翌1993-1994シーズンにゴールデンステート・ウォリアーズに移籍。70先発でスターターの座をつかみ、オフに三度スパーズに復帰した。

ようやくスパーズに腰を落ち着け、1995-1996シーズンにはキャリアハイとなる平均13.1得点、9.6アシスト、1.5スティールを記録。親友の"提督"デビッド・ロビンソンにちなんで"Little General(小さな将軍)"と呼ばれた。

1998-1999シーズンにはNBAチャンピオンに輝き、その後もスパーズのバックコートを引き締めていたが、2001-2002シーズンにナゲッツに移籍。さらにシーズン途中にダラス・マーベリックスに移籍し、翌シーズンはウォリアーズに移籍。同年限りで現役を引退した。

0932翌シーズンからドン・ネルソンHCのもとマブスのコーチに就任。シーズン終了間際にHCに昇格し、16勝2敗の好成績で月間最優秀コーチのタイトルを獲得した。

翌シーズンには60勝22敗の成績で2年目にしてファイナルまで進出。しかしマイアミ・ヒートに4連敗し、マブスの初優勝はお預けとなったが、最優秀コーチ賞を受賞した。

翌シーズンは67勝を記録して地区優勝を達成。翌シーズンも51勝を記録したものの、このシーズンのサウスウェストディビジョンは激戦区で、地区4位に終わり、プレーオフもファーストラウンドで敗退。このシーズンを持って退任した。

その後解説者を務めていたが、2010-2011シーズンからニュージャージー・ネッツのHCに就任。24勝しか記録できなかったが、翌シーズンの巻き返しが期待される。

コーチとしても一流だが、選手としても一流で、背番号6はスパーズの永久欠番となっている。

ニック・ヴァン・エクセル ~Nick The Quick~

0907シンシナティ大学でプレーし、オールアメリカンに選ばれ、ウッデン賞候補にも選ばれたエクセルは、1993年のドラフト2巡目でロサンゼルス・レイカーズに入団した。

当時のレイカーズは再建期で、同期のエディー・ジョンソンと共にチーム立て直しのキーマンとして期待され、80試合に先発。平均13.6得点、2.9リバウンド、5.8アシスト、1.0スティールを記録し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

スピーディーで勝負強く、ブザービーターを数多く決めるなど華があり、“Nick The Quick”と呼ばれていた。

他にもラインからあえて1フィート下がってフリースローを投げることでも有名であったが、成功率は70%台後半を維持していた。

ジョンソンと共にレイカーズを再び強豪と呼べるまでに押し上げたが、HCやチームメイトと確執を作るようになり、オールスターにも出場した1997-1998シーズン終了後にデンバー・ナゲッツにトレードで移籍した。

当時のナゲッツはNBAでの最弱のチームであったが、エクセルは一人気を吐き、キャリアハイに近い成績を記録。しかし年俸が1000万ドルを超えてチームのサラリーキャップに余裕がなくなったこともあり、2001-2002シーズン途中にダラス・マーベリックスにトレード。

0908マブスではシックスマンとなり、少ないプレイタイムながらもかなりの得点を稼いだ。

2003-2004シーズンにはトレードでゴールデンステート・ウォリアーズに移籍。しかし自己最低の39試合の出場に終わり、シーズン終了後にまたしてもトレード。ポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

ブレイザーズでは持ち直し、53試合中34試合に先発。翌シーズンはサンアントニオ・スパーズでプレーし、同年限りで現役を引退した。現在はアトランタ・ホークスでコーチを務めている。

通算スリーポイントシュート成功数1528は歴代14位の大記録である。

ブライオン・ラッセル ~Last Shot~

0892カリフォルニア大学ロングビーチ校でプレーし、1993年にドラフト2巡目でユタ・ジャズに入団したラッセルは、1年目からPFとして48試合に先発し、平均5.0得点、2.7リバウンド、1.0スティールを記録した。

高い身体能力と巧みなディフェンスが持ち味で、当時のジャズにフィットしていたが、どういうわけかなかなかスターターに完全定着できず、キャリア初期はスターターとシックスマンを行き来した。

しかし、プレーオフでは抜群のポテンシャルを発揮し、どのシーズンでも必ずスターターとして起用された。

1996-1997シーズンには平均10.8得点、4.1リバウンド、1.6スティールの好成績を残し、ファイナルに進出。しかし、ジョーダン率いるシカゴ・ブルズに敗れ、チャンピオンリング獲得はならなかった。

雪辱に燃える翌シーズン、スターターの座は失ったもののシックスマンとして全試合に出場。ファイナルでは平均34.9分のプレイタイムで平均11.0得点、4.7リバウンドを記録。ファイナルで再びブルズと相対した。

ラッセルはジョーダンとマッチアップを組み、ジョーダンを止めるべく奮闘。しかしジャズの旗色は悪く、2勝3敗で第6戦を迎えた。

86-85とジャズリードで迎えた終盤、ペイントエリアに切り込んでくるジョーダンをラッセルはマーク。ジョーダンに必死で食らいつくラッセルだったが、クロスオーバーで振り切られて転倒。あわてて立ち上がり、マークに戻った時にはもうジョーダンの手をボールは離れていた。

0891この"Last Shot"と呼ばれる伝説のシュートがラスト5.7秒で決まり、ジャズは敗戦。雪辱はならなかった。

この時ジョーダンがラッセルを押したとジャズファンは信じているが、ラッセルは後に"どっちにしろ決められていた"と述懐している。

その後ラッセルは先発の座を確かなものにしたが、成績は下降線をたどり、2002-2003シーズンにワシントン・ウィザーズに移籍。奇しくもジョーダンとチームメイトとなった。

シーズン終了後にロサンゼルス・レイカーズに移籍。さらに翌シーズンにはデンバー・ナゲッツに移籍し、2005-2006シーズンを持って現役を引退した。

1998年のファイナルはジョーダンにも印象深かったようで、2009年にジョーダンが殿堂入りした際、スピーチでラッセルについて言及。同年記念の1on1を行っている。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ