4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

DET

ロイ・コナチャー ~兄の力~

0996ジュニアチームでは際立った成績を残せていなかったコナチャーだったが、1937-1938シーズンに14試合で23ポイントを稼ぐ活躍を見せるとNHLから注目され、1938-1939シーズンにボストン・ブルーインズに入団した。

1年目から爆発的得点力を見せ、47試合でリーグトップの26ゴール、37ポイントを記録。現代では大した数字ではないが、当時としては出色の数字である。

その後4年連続で30ポイントを記録する活躍を見せたものの、戦争の影響で1941-1942シーズンをもってキャリアが途切れ、1945-1946シーズンに復帰したものの、4試合しかプレーできなかった。

しかし、翌シーズンデトロイト・レッドウィングスに移籍すると完全に復活し、60試合で54ポイントを記録した。

続く1947-1948シーズンはシカゴ・ブラックホークスに移籍して少し成績を落としたものの、1948-1949シーズンに60試合で68ポイントを稼ぎ、アート・ロス賞を獲得。始まって間もないオールスターにも選出されている。

0995その後2年続けて50ポイントを記録したものの、1951-1952シーズンは12試合しか出場できず、同年限りで現役を引退した。

引退後はジュニアチームのコーチを務め、1984年に68歳で世を去った。

1998年に殿堂入り。弟のライオネルとチャーリーも殿堂入りを果たし、三兄弟での殿堂入りを達成している。

なにぶん昔の選手なので凄さがわからない人も多いだろうが、ゴーディー・ハウがルーキーの時にレッドウィングスで9番をつけていたといえば、凄さがわかってもらえるだろうか。

ジョン・バリー ~孝行息子~

0987リック・バリーの二男として生まれたジョンは、ほかの三人の兄弟と共にバスケットの道を志した。

兄のスコットはNBAでのプレーには至らなかったが、ジョンはパシフィック大学とジョージア工科大学でプレーし、1992年に全体21位でボストン・セルティックスに入団した。

しかし、せっかく指名されたにもかかわらず契約で揉め、結局セルティックスでプレーすることはなく、トレードでミルウォーキー・バックスに放出され、バックスでキャリアをスタートさせた。

父親同様シュートの精度は素晴らしく、スリーポイント成功率が4割を超えたシーズンが14年で5回もあるが、レギュラーを獲得するには至らず、もっぱら控えとして選手人生を過ごした。

1995年にゴールデンステート・ウォリアーズに移籍したのを皮切りにアトランタ・ホークス、ロサンゼルス・レイカーズと渡り歩き、1998-1999シーズンにサクラメント・キングスに落ち着いた。

キングスでも控えであったが、プレーオフに強いということがわかるとプレーオフでは積極的に器用されるようになり、プレーオフでは2年連続で平均20分のプレイタイムを獲得した。

2001年にデトロイト・ピストンズに移籍。ピストンズでもプレーオフでは高いポテンシャルを見せ、2002年の1回戦第1戦、トロント・ラプターズ戦では3分で12得点を稼ぐ活躍を見せた。

09882003年にデンバー・ナゲッツに移籍すると、ホークス、ヒューストン・ロケッツと再びチームを渡り歩き、2006年にロケッツを解雇され現役を引退した。現在は解説者として活動している。

15年で821試合に出場しながら先発はたったの36試合、移籍すること実に8回。スーパーサブと呼ぶに相応しい選手ではないだろうか。

バリー・サンダース ~雷神~

0970ハイスクールではそれなりの活躍をしたものの、小柄だったことからあまり奨学金のオファーを得ることができなかったサンダースは、数少ないオファーの中からオクラホマ州立大学を選び、入学した。

当初はサーマン・トーマスの控えであったが、トーマスがプロ入りした1988年に先発に定着すると、NCAA記録となる2850ヤード、42TDというとてつもない成績を残し、トロイ・エイクマンを抑えてハイズマン賞を受賞。同年全体3位でデトロイト・ライオンズに入団した。

ライオンズは当初ディオン・サンダースの指名を検討していたが、デトロイトでのプレーを嫌がっていたディオンは拒否を考えており、ウェイン・フォンテスHCの進言もあってばりーを指名した。

とはいえ天然芝のフィールドでは活躍できないのではという懸念があり、さらに契約が遅れてキャンプに参加できなかったが、サンダースのポテンシャルは群を抜いていた。

身長173センチにもかかわらず体重が93キロあるのは足が異常なまでに太いせいで、重心が低く、爆発的な加速力とクイックネスでフィールドを疾走。シーズン通して1470ヤード、14TDを走る大活躍で新人王を獲得。プロボウルとオールプロにも選ばれた。

翌1990年シーズンには1304ヤードを走ってリーディングラッシャーとなり、1991年には16TDで最多TDを記録。フランチャイズレコードの12勝を挙げて地区優勝を達成し、弱小ライオンズを一躍プレーオフの常連に仕立て上げた。

脆弱なライオンズラインを問題とせず、一人の力で距離を稼いでしまうサンダースはライオンズにとってかけがえのない宝であり、サンダースなしでは90年代前半のライオンズは成り立たなかったといってもいい。

0969その後しばらく低迷したものの、1994年には1883ヤードを走ってリーディングラッシャーとなり復活。最優秀攻撃選手に選ばれた。

その後4年連続で1500ヤードを走る快挙を達成し、特に1997年には歴代3位の2053ヤードを走り、ブレット・ファーブとともにMVPを受賞。90年代最高のRBの名を不動のものとした。

しかし、この頃から練習や勝利への意欲を巡ってチームと対立するようになり、1998年に1491ヤード、4TDと自己最低の成績に終わると、翌シーズン開幕前に引退を表明。ウォルター・ペイトンの持つラッシングヤード記録に1500ヤードまで迫っての引退であった。

まだ4年も契約が残っていたため、サラリーの一部を巡って球団と裁判沙汰となり、550万ドルの支払いを命じられるなど、晩節を汚す形になってしまったのが悔やまれる。

だが選手としての実績はずば抜けており、15269ラッシングヤードは歴代3位、1試合当たり99.8ラッシングヤードは2位となっており、2004年には殿堂入りを果たしている。

デトロイトのスピードスターサンダース。背番号20はライオンズの永久欠番である。

デニス・ロッドマン ~Warm~

0954スラムから這い上がったNBA選手は少なくないが、ロッドマンほどひどい前半生を送った選手はそう多くないだろう。

ベトナム帰りのパイロットだった父親に見捨てられ、テキサスで最も治安の悪いスラムでロッドマンは生まれ育った。

当時のロッドマンは内向的な少年だったが、バスケットの優秀な選手だった姉と妹の影響でバスケットを始めた。しかし背が低く、レイアップも満足に決められなかったためハイスクールでは落ちこぼれ、ますます屈折してしまった。

卒業後は空港の警備員として空港の床に寝泊まりする生活を送った。このころ身長が急激に伸び、そのことからますます内向的になり、同性愛の傾向もみられるようになったという。

ホームレス生活や万引きで生計を立てるすさんだ生活を送っていたが、妹友人の勧めでクッキー群短大に進学。その後Div.Ⅱのイーストサウザンオクラホマ州立大に進んだが、オクラホマは人種差別がひどい地域で、道を歩くだけでも罵声が飛んだという。

このころ、大学のキャンプに参加したロッドマンのプレーを熱心に見るひとりの若者がいた。ハンティングの最中に誤って親友を射殺してしまい、心に傷を負ったブライン・リッチーという青年であった。

心に傷を負った二人は意気投合し、ブラインは実家の大農園にロッドマンを招き入れた。

ブラインの家族はロッドマンが黒人であったことから最初は怪訝な目で見たが、ブラインがショックから立ち直るのを見てその考えを改めた。母親から勘当されていたロッドマンは大学時代をこの農園で過ごした。特にブラインの父親、ジェームズには薫陶を受けた。

精神的に安定したことからめきめきと頭角を現し、NBAからも注目を受けるようになり、1986年にドラフト2巡目でデトロイト・ピストンズに入団。この時すでに25歳であった。

1年目から控えながら積極的に起用され、平均4.3リバウンドを記録。続く1987-1988シーズンには32先発ながら平均8.7リバウンドを記録した。

1989-1990シーズンにはピストンズの初優勝に貢献し、1990-1991シーズンからはPFのスターターに定着し、チームは連覇を果たした。

堅牢なディフェンスを誇るピストンズの中でもひときわディフェンスに長けた存在で、シュートよりもリバウンドに快感を覚え、オフェンスにはあまり関心を示さなかった。

0953翌シーズンは平均18.7リバウンドを記録してリバウンド王に輝きいたものの、恩師と仰ぐチャック・デイリーHCが辞任したことからモチベーションを失い、キャンプ参加を拒否して罰金を払っている。

さらに女優と結婚したものの3か月と持たずに離婚。精神的に落ち込んだロッドマンはトラックの車中でライフル自殺を図ったが、"自分の中のもう一人の自分"を撃ち殺して生まれ変わり、平均18.3リバウンドで2年連続のリバウンド王を獲得した。

1993-1994シーズン開幕前にサンアントニオ・スパーズにトレード。相変わらずリバウンド王を獲得したが、このころからますます奇行が目立つようになった。

毎日のように髪の毛を奇妙な色に染め直し、マドンナと交際。ゲイバーに行ったことで糾弾されたジャック・ヘイリーをかばい、親友となるなど何をしでかすのかわからないキャラクターを確固たるものにし、さらにデビッド・ロビンソンと対立した。

結局1995年にシカゴ・ブルズにトレード。かつてのライバルチームであるピストンズの中心であり、スコッティ・ピッペンと乱闘沙汰を起こしたこともあるロッドマンの加入は不安視された。

しかし、ロッドマンはブルズに思いのほか順応した。ピストンズ時代から知られていた猛練習で複雑なトライアングルオフェンスをすぐにものにし、シュートが下手なことを逆手にとってパスでジョーダンやピッペンにボールを渡すことでアシストを増加させ、リバウンド王にも相変わらず君臨。ブルズのスリーピートの原動力となった。

このころ自伝"ワルがままに"を出版。マドンナとの交際、スパーズやロビンソンへの批判など過激な内容で夕目されたうえ、ロッドマンはサイン会にウェディングドレスで出席。女装癖を隠すどころか人に見せびらかした。

1998-1999シーズンはしばらくFAで過ごし、シーズン後半にロサンゼルス・レイカーズに移籍。しかし23試合しか出場できず、リバウンド王の記録は7年連続で途切れることになった。

翌シーズンはダラス・マーベリックスに移籍。しかし12試合しか出場できず、同年限りで現役を引退した。

引退後は映画出演やプロレスへの参戦を頻繁に行い、ファンに奇人健在をアピール。殿堂入りは正直難しいとも言われていたが、2011年に殿堂入り。さらに背番号10はピストンズの永久欠番となった。

殿堂入りにあたって泣きながらスピーチを行い、デイリー、ジャクソン両HC、レイカーズのジェリー・バスオーナー、そしてジェームス・リッチーに感謝の言葉を述べた。

このほかにも最優秀守備選手のタイトルを獲得した際にも男泣きしたりと、変人だが熱い男である。

ちなみに先日、ニューヨークのストリップクラブが企画したトップレスバスケットチームのHCに就任。ストリッパーが上半身裸でバスケットをやるというユニークな企画で、本人はいたって真面目にコーチングするつもりだそうだが、いろいろと波紋を呼んでいる。

クリス・ウェバー ~Time Out~

0920デトロイトで生まれ、ハイスクールでは全米最優秀選手に選ばれたウェバーは、地元ミシガン大に進学。ウェバーとジェイレイン・ローズ、ジュワン・ハワードら同期入学の5人は"Fab Five"と呼ばれ、スターター全員が1年生でありながらNCAAトーナメントファイナルに進出する快挙を果たした。

続く1992-1993シーズンも5人の活躍でファイナルに進出。ノースカロライナ大学と対戦した。

しかし、2点ビハインドで迎えた残り11秒、ウェバーはすでに使い切ってしまっていたタイムアウトを要求し、テクニカルファウルでフリースローを取られた。これが利いてミシガン大は年連続で優勝を逃した。

ウェバーの心情を察したクリントン大統領は電話で直接ウェバーを慰めた。

ネイスミス賞とウッデン賞の候補にもなり、翌シーズンの雪辱が期待されたが、ウェバーを今度はスキャンダルが襲う。

ブックメーカーから2年間に20万ドルを受け取った疑いで両賞の候補から取り消された。この事件はミシガン大バスケットチーム全体を巻き込む大問題となり、同大から20年の出入り禁止を言い渡されたウェバーは2年生でアーリーエントリーした。

2年生でありながらウェバーはドラフトの目玉となり、全体3位の指名権を持つゴールデンステート・ウォリアーズが狙っていた。

全体1位の指名権を持つオーランド・マジックがウェバーを指名する可能性があり、指名権を譲渡する約束でマジックにウェバーを指名してもらい、ウォリアーズがマジックが指名を狙っていたアンファニー・ハーダウェイを指名して即日トレードするという方法でウェバーはウォリアーズに入団した。

1年目から76試合に出場し、平均17.5得点、9.1リバウンド、3.6アシスト、1.2スティール、2.2ブロックを記録。文句なしの新人王に選出されたものの、起用法やプレースタイルの問題からドン・ネルソンHCと対立し、キャンプへの参加を拒否。わずか1年でワシントン・ブレッツに放出された。

ブレッツでも高いポテンシャルを誇ったものの、故障で出場が少なくなってしまい、1998年にトレードでサクラメント・キングスに放出された。

キングスでは1年目から平均13.0リバウンドを記録し、リバウンド王を獲得。故障が多いのは相変わらずであったが、キングスのスターとして3回オールスターに選出された。

フォワードとは思えないハンドリングとシュートの精度を持ち、非常に身体能力に優れていたが、自分勝手でリーダーシップに欠け、さらに2003年に手術をして以来スピードにも陰りが見えるようになり、2004年にフィラデルフィア・76ersに放出された。

0919チームになじむのに時間はかかったが、順応してからはアレン・アイバーソンと並ぶチームの柱となり、2005-2006シーズンには二人合わせて平均53.2得点を記録。

しかし、チームはなかなか勝ちきることができず、翌シーズンにはアイバーソンが放出され、ウェバーもシーズン途中に解雇された。

解雇直後に地元デトロイト・ピストンズと契約。背番号4はジョー・デュマースの永久欠番になっていたため、ウェバーの甥が夢で見たという"84"を着けた。

地元出身とあってウェバー自身も張り切り、それなりの成績を残したものの、翌シーズンはウォリアーズと契約。しかし9試合の出場に終わり、同年限りで現役を引退した。現在は解説者を務めている。

チームを勝たせることができないと陰口をたたかれる選手人生だったが、90年代最高のPFの一人だったことは疑いの余地がなく、背番号4はキングスの永久欠番となっている。

ちなみにウェバーのファンクラブの名前は、"タイムアウト"だという。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ