4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

KC

タイ・ロー ~Swing~

0946ハイスクールではDBの他にもWRやRBとしてもプレーし、バスケットでも活躍。さらにジャズでも才能を発揮し、フルート奏者として活躍。NFL選手になれなければジャズの道を目指すつもりだったという。

フットボールで奨学金を得てミシガン大学へ進学。CBとしてオールアメリカンに選ばれ、スポーツイラストレイテッドの表紙を飾るなど華々しい活躍を見せ、1995年に全体23位でニューイングランド・ペイトリオッツに入団した。

1年目は控えながら40タックル、3INTを記録して存在感を示すと2年目は先発に定着。56タックル、3INT、1INTTDを記録した。

INTを量産する爆発力とCBとは思えないハードヒットが売りで、勢い余ってしばしば罰退を食らうほどであった。

1998年にはリーグトップとなる9INTを記録し、オールプロとプロボウルに選出。一流選手の仲間入りを果たした。

2001年にはスーパーボウルに進出。カートワーナーからINTTDを奪うなど大活躍を見せ、チームの優勝に大きく貢献した。

同年から3年連続でプロボウルに選出され、2003年には再びスーパーボウルを制覇。AFC社んぴオンシップゲームではインディアナ・コルツのペイトン・マニングから3INTを奪うなど、大舞台での強さを見せた。

2004年もスーパーボウルを制覇し、4年で3つのリングを荒稼ぎしたものの、サラリーは1200万ドル以上に膨れ上がり、同年には7試合しか出場できなかったこともあり、オフに解雇された。

0945ニューヨーク・ジェッツと契約して迎えた2005年シーズン、自己最高でリーグトップの10INTを記録し、5回目のプロボウルに選出。しかしジェッツでも高年俸がネックとなり、1年限りでチームを去った。

翌シーズンは5年2000万ドルの契約でカンザスシティ・チーフスと契約。しかし30歳を超えて衰えが始まり、期待されたほどの活躍をすることなく、契約を残して2008年にジェッツに出戻った。

ジェッツではスターターの座から降格し、キャリア初のINTなしでシーズンを終え、オフにデンバー・ブロンコスに移籍。7試合に出場したもののわずか2先発で、このシーズンを最後に現役を引退した。

歴代23位となる53INTを記録し、2000年代のオールディケードチームとペイトリオッツの50周年記念チームに選ばれている。

マーカス・アレン ~Yard eater~

0849カリフォルニアで生まれ育ったアレンは、ハイスクールではQB兼セーフティーとして活躍し、USCでは当初セーフティーとして起用されたものの、途中でRBにコンバートされた。

これが大成功し、1981年にはハイズマン賞を受賞。1982年に全体10位でロサンゼルス・レイダーズに入団した。

ちなみに弟のデーモンもフットボーラーで、CFLでQBとして活躍し、パスヤードのCFL記録を持っている。

1年目から大活躍を見せ、ストライキでシーズンが9試合に短縮される中、697ヤードでリーグトップの11TDを記録。パスレシーブもうまく、414ヤード、3TDを記録し、リーグトップの合計1098ヤード、14TDを記録し、プロボウルとオールプロに選出。さらに攻撃新人王に選ばれた。

短い距離を確実に進めるパワーが最大の武器で、ゴールライン付近で最も恐れられる存在であった。

続く1983年にはリーグワーストの14ファンブルを記録したものの、1014ヤード、9TDを記録し、チームのスーパーボウル進出に大きく貢献。

第18回スーパーボウルではワシントン・レッドスキンを相手に171ヤード、2TDを記録し、38-9で圧勝。アレンはMVPを受賞した。

しかし、アレンの成長はとどまることを知らず、1985年にはリーグトップの1759ヤードを走り、11TDを記録。リーグMVPを獲得した。

その後もレイダーズオフェンスの中心として走り続けたが、アル・デイビスオーナーと対立を深め、"チームの癌"呼ばわりを受けるなど、二人の関係は修復不可能なところまで悪化した。

08501989年には故障で8試合の出場に終わり、その後は出場機会が減少。最後にはデプスチャートの4番目まで追いやられてしまった。

チームに嫌気がさしたアレンは1993年にカンザスシティ・チーフスに移籍。すでに33歳になっており、あまり期待はされていなかった。

しかし、前評判通りにいかないのがフットボールである。新天地カンザスでアレンは往時の走りを取り戻し、10先発ながら764ヤードを走り、リーグトップの12TDを記録。6年ぶりのプロボウルに選出され、カムバック賞を受賞した。

ジョー・モンタナとともにリーダーシップを発揮し、在籍中に3回の地区優勝を達成。1997年を持って現役を引退した。現在は解説者を務めている。

16年連続ラッシングTDは歴代トップ。10000ラッシングヤードと5000レシービングヤードを記録した最初の選手でもある。

2000年にカレッジフットボール殿堂入り。2003年にはプロフットボール殿堂入りを果たしている。

ウィリー・ローフ ~Nasty~

0718NFL有数のタックルとなるローフだが、高校時代はバスケットのスターで、フットボールを始めたのはルイジアナ州立大学に進学してからであった。

大学でメキメキと成長し、1993年に全体8位でニューオーリンズ・セインツに入団した。

この指名に当たって、セインツは"ドーム・パトロール"の一員であるLBパット・スウィリングをデトロイト・ライオンズに放出し、全体8位の指名権を得た。

期待に応えて1年目からRTとして全試合に先発。LTにコンバートされた1994年シーズンにはプロボウルとオールプロに選出された。

バスケット出身ならではの195センチ、145キロの巨体とスピードを持ち、ブロッキングに関して右に出るものはない存在で、"Nasty(手に負えない)"と呼ばれた。

翌シーズンもプロボウルとオールプロに選ばれ、弱小セインツの数少ないスターとしてチームを守り続けた。

2000年まで7年連続でプロボウルに選出されたいたが、2001年怪我でリタイアしてしまい、出場できず、シーズン終了後にトレードでカンザスシティ・チーフスに移籍した。

チーフスでは4年連続でプロボウルに選出され、特に2004年にはオールプロにも選出されたが、プロボウルが終わり、2006年シーズン開幕前に地元紙で引退を表明した。

0717まだまだ余力を残しており、GMのカール・ピーターソンは引き留めようとしたが、ローフの決意は固く、結局引退した。

90年代00年代のオールディケードチームに選ばれ、2008年にセインツの殿堂入りを果たしている。

今やセインツは押しも押されぬ強豪であるが、球団史上最も多くのタイトルを獲得したのは実はこのローフなのだ。一人弱小時代を支え続けた男の勲章というものである。

ジョージ・スコット ~Taters Hitter~

06891962年にボストン・レッドソックスと契約し、1965年にAAで三冠王を獲得したスコットは、1966年にメジャーデビューを果たした。

 

ホームランのことを”Taters(ジャガイモ)”と表現したり、愛用のファーストミットを”Black Beauty”と呼んだりと、ユーモアに長けたひょうきん者で、”2塁手の歯でできた(という触れ込みの)ネックレスを見せびらかしたりした。

 

とはいえ、スコットはコメディアンではなく、一流の野球選手である。彼にとってホームランはジャガイモのようにありふれたものだったし、実際グラブさばきは見事の一言であった。

 

1年目から打率.24527HR90打点を記録し、オールスターに選出。新人王投票では3位に入った。

 

翌シーズンから2年連続でゴールドグラブ賞を受賞するものの、自慢の長打力はなりを潜め、打率.1713HR25打点という散々な成績に終わり、ESPN”MLB史上最も打撃の悪い一塁手に認定されてしまった。

 

0690その後は復調し、1971年には24HRを記録し、ゴールドグラブ賞に帰り咲いたが、1972年に大型トレードでミルウォーキー・ブルワーズに移籍した。

 

ブルワーズでは主砲として頼りにされ、攻守ともに絶好調で、レッドソックス時代から数えて6年連続でゴールドグラブ賞を受賞。

 

1975年には打率.28536HR109打点でHR、打点の二冠王を獲得。ブルワーズに始めて打撃タイトルをもたらした。

 

1977年にレッドソックスに復帰し、移籍1年目は33HRを放ったものの、翌シーズンは12本に終わり、翌シーズン途中にカンザスシティ・ロイヤルズにトレード・さらにニューヨーク・メッツに移籍し、同年限りで現役を引退した。

 

ただ打つよりも、面白いことをやった上で打つ方が見ている分に面白い。スコットは優秀なエンターテイナーである。

ディロン・チェリー ~究極のコンバート~

0688ラトガーズ大学でセーフティー兼パンターとして活躍し、1979年、1989年とチームMVPを獲得したチェリーは、1981年にパンターとしてカンザスシティ・チーフスと契約したが、開幕直前にカットされてしまった。

 

しかし、チェリーはあきらめなかった。浪人してトレーニングを続け、9月に再びチーフスと契約にこぎつけた。パンターではなく、セーフティーとしての契約であった。

 

これが上手くいった。控えとはいえ1年目から13試合に出場。1INTを記録した。

 

3年目の1983年にはFSのレギュラーを獲得。7INT1.5サック、2FRを記録。プロボウルに選ばれた。

 

翌シーズンも7INTを記録し、プロボウルに加えてオールプロにも選出。1986年には自己最高の9INT1.0サックを記録し、AFC最優秀守備選手に選ばれた。

 

1987年には8試合の出場に終わったものの、チームと地域への貢献が認められ、NFLマンオブザイヤーを受賞。人間性も優れていた。

 

1988年に7INT6FRを記録して選出されたのを最後にプロボウルに出場できず、連続出場は6回で終わった。

 

06871991年もスターターを務めたものの、4INTに終わり、同年限りで現役を引退。通算50INTはチーム歴代3位である。

 

引退後の1995年、NFLに新設されたジャクソンビル・ジャガーズの共同オーナーに就任。短期間で躍進を遂げたチームにご満悦だという。

 

1980年代のオールディケードチームに選ばれ、1996年にはチーフスの殿堂入り。チーフスのセーフティーと言えばまずこの人である。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ