4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

LAC

ブレント・バリー ~White Dunker~

0990リック・バリーの4人の息子の三男、ブレントは兄弟の仲で最も素質ある選手だった。

オレゴン州立大学でプレーし、1995年にデンバー・ナゲッツが全体15位で指名。直後にロサンゼルス・クリッパーズにトレードされ、クリッパーズでキャリアをスタートさせた。

父や兄弟同様のシューターでありながら優れたパサーであり、ダンカーでもあるという万能選手で、1年目から44試合に先発し、平均10.1得点、2.9アシスト、1.2スティールという好成績を記録した。

さらにスラムダンクコンテストに出場し、フリースローラインから踏み切ってダンクを決め、白人として同コンテストを初制覇する快挙も達成し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

しかし、その能力の割に先発の機会を得ることができず、控えとしてマイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズとチームを渡り歩いたが、1999-2000シーズンにシアトル・スーパーソニックスに移籍すると、ついにブラントは本格化した。

1年目から80試合中74先発を果たし、平均11.8得点、4.7リバウンド、3.6アシスト、1.3スティールを記録。翌シーズンは大学の先輩にあたるゲイリー・ペイトンの控えになったものの、その後はポジションを転々としながら先発をつづけた。

本職はSGであるが、パスセンスや視野の広さを生かしてPGをやれば長身で他のPGを圧倒でき、さらにやろうと思えばSFもできるなど、この時期につぶしのきく選手に成長していった。

0989平均アシストが5を超えるシーズンも複数あるなど、ソニックスの中心として活躍していたが、2003年にサンアントニオ・スパーズに移籍した。

スパーズでは2005年と2007年にリングを獲得し、3例しかいない父子での優勝を達成。控えに戻ったものの依然チームの中心として活躍をつづけた。

2008年に父リック、兄ジョンに次いでヒューストン・ロケッツに移籍したものの、満足な成績を残せず、1シーズンで解雇。そのまま同年を持って現役を引退した。現在は解説者を務めている。

リック兄弟で一番成功したのがこのブレントである。父子殿堂入りも夢ではないかもしれない。

マイケル・ケージ ~Cleane the Glass~

0913サンディエゴ州立大学で活躍し、カンファレンスMVPをを2回受賞。1984年にはオールアメリカンセカンドにも選ばれたケージは、1984年に全体14位でロサンゼルス・クリッパーズに入団した。

ちなみに大学のチームメイトには後にMLBで活躍するトニー・グウィンがいた。

1年目から積極的に起用され、ディフェンスとリバウンドを武器に1986-1987シーズンから先発に定着。平均15.7得点、11.5リバウンド、1.2スティールを記録して売り出した。

タフなディフェンスから"ガラスクリーナー"と呼ばれ、弱小クリッパーズをけん引。フロントコートをがっちりと固めていた。

続く1987-1988シーズンにはチャールズ・オークリーと熾烈なリバウンド王争いを展開し、最終戦で28リバウンドを荒稼ぎしてオークリーを振り切り、平均13.0リバウンドでリバウンド王を獲得。自己最高のシーズンとなった。

シーズン終了後にトレードでシアトル・スーパーソニックスに移籍。平均10.3得点、9.6リバウンド、1.2スティールを記録し、ソニックスでも存在感を示した。

0914その後ウォルター・ペイトンを加えて強豪へと成長し始めたソニックスのフロントコートを支え続けたが、1993-1994シーズンに全試合出場したものの42先発に終わると、シーズン終了後にトレードでクリーブランド・キャバリアーズに移籍した。

キャブスでは2年目にスターターに返り咲き、平均8.9リバウンドを記録。オフにフィラデルフィア・76ersに移籍した。

しかしシクサーズでは成績を落とし、オフにキース・ヴァン・ホーンの絡む大型トレードでニュージャージー・ネッツに放出された。

ネッツではさらに成績を悪化させ、1999-2000シーズンを持って現役を引退した。

引退後は解説者を務める傍ら、サッカーの審判をやったり、息子のコーチをしたりと、悠々自適の生活を送っている。

ロン・ハーパー ~Mr. Back to back~

0873マイアミ大学でプレーし、1986年に全体6位でクリーブランド・キャバリアーズに入団したハーパーは、1年目から平均22.9得点、4.8アシスト、2.5スティールを記録し、新人王投票で2位につけた。

さらに同僚のホットロッド・ウィリアムズ、ブラット・ドゥティーとともにオールルーキーに選ばれる快挙を達成。3人そろって大いに名を売った。

シュートの精度が低いものの、身長198センチと当時のガードにしては大きく、タフで身体能力の高い選手で、ディフェンスにも長けたいやらしい存在であった。

しかし、ひざの故障から身体能力が落ち、1989-1990シーズン途中にロサンゼルス・クリッパーズに放出された。

クリッパーズでは故障を抱えながらもチームの中心として活躍し、チームレコードとなる平均2.0スティールを記録。しかし、ジョーダンの突然の引退で代わりのSGを探していたシカゴ・ブルズの目にとまり、1993-1994シーズン終了後にFAでブルズに移籍した。

ブルズではPGでも起用され、復帰したジョーダン、親友のスコッティ・ピッペンに次ぐ3番目のスコアラーとして活躍。

ちなみにピッペンはチームの冷遇に耐えかねてハーパーのいるクリッパーズへの移籍を画策したことがあったが、ハーパーはクリッパーズの環境の悪さを伝えて踏みとどまらせている。

0874ブルズではスリーピートに大きく貢献。ファッションセンスと子煩悩でも有名で、コート内外で信頼の厚い人気者であった。

その後フィル・ジャクソンHCのロサンゼルス・レイカーズ移籍に伴いレイカーズに移籍。トライアングルオフェンスに対応できる選手が若いレイカーズに一人欲しい、というのがジャクソンのねらいであった。

これは見事にはまり、ハーパーは主にPGとして巧みなディフェンスを披露してチームを支え、移籍1年目から2連覇を達成。5つ目のリングを手に現役を引退した。

異なるチームで連覇を達成したのは、ハーパー以外にはデニス・ロッドマンとロバート・オーリーだけである。

引退後はデトロイト・ピストンズのコーチを数年勤め、現在は家族とともに静かに暮らしている。

グレン・ライス ~さすらいのシューター~

0835ミシガン大学で輝かしい活躍を見せ、1989年にはNCAAトーナメントを制覇してMVPを獲得。スポーツイラストレイテッドの表紙を飾ったライスは、同年全体4位で創設まもないマイアミ・ヒートに入団した。

1年目からスイングマンとして先発し、平均13.6得点、4.6リバウンドを記録。オールルーキーセカンドに選ばれた。

カレッジのスターだけあって人気は高く、ヒートの初代スターとして活躍。1991-1992シーズンには平均22.3得点を記録。これは球団史上初の快挙であった。

なんといっても精度の高いスリーポイントが持ち味で、成功率は3割台後半を割り込むことはなかった。

1994-1995シーズンにはスリーポイントコンテストに出場。スティーブ・カーやダン・マーリー、レジー・ミラーら強豪を押しのけて見事優勝した。

しかし、シーズン終了後にアロンゾ・モーニングとの交換でシャーロット・ホーネッツに放出された。

ホーネッツではさらに成績を伸ばし、1996-1997シーズンにはキャリアハイの平均26.8得点、リートップのスリーポイントシュート成功率.470を記録。オールスターに選出された。

0836オールスターでは第3クォーターに出場。1クォーターで20得点を荒稼ぎし、MVPを獲得した。

1998-1999シーズンはロサンゼルス・レイカーズに移籍。1999-2000シーズンにはチームのファイナル制覇に大きく貢献し、チャンピオンリングを手にした。

シーズン終了後にニューヨーク・ニックスにトレード。シックスマンとして1シーズンプレーし、シーズン終了後にヒューストン・ロケッツに移籍。さらに2003-2004シーズンはロサンゼルス・クリッパーズに移籍し、同年限りで現役を引退した。

ちょうど1000試合に出場。スリーポイント成功率はちょうど.400を記録。1559スリーポイントゴールは歴代11位の大記録である。

ボー・アウトロー ~Hamburger?~

0685サンアントニオで生まれ、ヒューストン大学でプレーしていたアウトローだったが、ドラフトではどこからも指名されず、CBAに進んだ。

 

シュートは下手だが高い身体能力の持ち主で、リーグ最多の平均3.8ブロックを記録。これがNBAのチームの目にとまり、1993-1994シーズン途中にロサンゼルス・クリッパーズと契約した。

 

37試合で14先発。平均6.9得点、5.7リバウンド、1.0アシスト、1.0スティール、1.0ブロックを記録し、チームのプレーオフ進出に貢献した。

 

アウトローという名前だがプレーに関しては真面目そのもので、ファンの支持を獲得。1996-1997シーズンには平均7.6得点、5.5リバウンド、1.9アシスト、1.1スティール、1.7ブロックを記録した。

 

シーズン終了後にオーランド・マジックに移籍。移籍1年目にキャリアハイを迎え、全試合に出場して平均36分ものプレイタイムを稼ぎ、9.5得点、7.8リバウンド、2.6アシスト、1.3スティール、2.2ブロックの好成績を記録した。

 

当時HCを務めていたチャック・デイリーは、ハードワークを厭わない真面目でタフなアウトローを大変気に入っていたという。

 

1998417日には25得点、13リバウンド、10アシストのトリプルダブルを達成。試合後記者にそのことを指摘されたが、それはハンバーガーの仲間かい?と答えたという逸話がある。

 

0686マジックは地区3位でシーズンを終え、プレーオフに進出。しかし、格下のフィラデルフィア・76ersに敗れてしまった。

 

オフにチームに大粛清の風が吹き荒れ、さらにデイリーが年齢を理由に辞任。経営陣は完全にシーズンを捨ててかかっていた。

 

しかし、アウトローは腐ることなく働き、平均6.0得点、6.4リバウンド、3.0アシスト、1.4スティール、1.8ブロックを記録。焼け野原のようになったチームを必死に引っ張った。

 

その後チームは持ち直したが、アウトローは2001-2002シーズン開幕直後に解雇され、フェニックス・サンズに移籍。さらに翌シーズン終了後にメンフィス・グリズリーズに移籍。1年でサンズに戻り、さらにシーズン終了後にマジックに復帰。そのまま2007-2008シーズンまでプレーして現役を引退した。

 

チームのために必死で戦い続けたアウトロー。心は正義のヒーローのそれである。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ