4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

PHO

チャールズ・バークリー ~空飛ぶ冷蔵庫~

0983バークリーといえば横幅の大きい体型であるが、これはどうやら生まれつきのものらしい。ハイスクールでは1年時は身長が178センチしかなかったにも関わらず、体重はなんと99.8キロもあったという。

その後身長は198センチまで劇的に伸び、オーバーン大学に進学。当初はあまり目立つ選手ではなかったが、体型を生かした支配力と意外なまでの跳躍力を武器に頭角を現し、ロサンゼルス五輪の候補にもなった。

1984年に全体5位でフィラデルフィア・76ersに入団。当時のシクサーズはスターのそろった強豪であったが、バークリーは1年目からPFのレギュラーを獲得。3年目の1986-1987シーズンには平均14.6リバウンドでリバウンド王を獲得し、オールスターに初選出された。

193センチとも言われる低身長でありながら体重は120キロもあり、それでいてスピードもスタミナも一級品という稀有な存在で、攻守どこを見ても非常にうまく、隙のない万能選手であった。

2メートルに満たないバークリーがフロントコートで大男を跳ね飛ばす姿は爽快の一言で、日本でも人気があり、カップラーメンのCMに出たり、ナイキのCMでゴジラと闘う姿を覚えている読者も多いだろう。

しかし、バークリーの活躍とは裏腹にチーム成績は落ち込み、チームと確執を作ったバークリーは移籍を志願。ドリームチームに選ばれた1991-1992年シーズン終了後にトレードでフェニックス・サンズに移籍した。

サンズではPGケビン・ジョンソンとともにチームをけん引し、62勝20敗という驚異の成績をマーク。これはジョーダン率いるシカゴ・ブルズすらしのぐ数字であった。

バークリーはMVPを受賞し、チームはファイナルに進出。しかし、ブルズ相手には分が悪く、初優勝はならなかった。

その後バークリーは故障で休みがちとなり、チームにもそれが伝染したのか負傷差者が続出。ブルズに引けを取らないスター軍団でありながらサンズはなかなか勝ちきることができず、バークリーはここでもオーナーと確執を作りだした。

0984そして1995-1996シーズン終了後、チャンピオンリングがどうしても欲しいバークリーは、目下二連覇中のヒューストン・ロケッツに移籍。しかし、このシーズンジョーダンがブルズに復帰し、ロケッツはファイナルに進出できず、バークリー自身も故障の影響か得点力を大きく落とした。

その後ひざの故障を悪化させたバークリーは68試合、42試合と年々出場が減り、1999-2000シーズンにはついに20試合まで出場が減り、同年を持って現役を引退した。

リングはついに手にできなかったが、通算20000得点、10000リバウンド、4000アシストを超えた選手はバークリーを含めて5人しかいない。

2004年に殿堂入り、背番号34は76ersとサンズで永久欠番になっている。

引退後は趣味のギャンブルを存分に楽しむ他(通算で1000万ドル以上も損をしているらしい)、アラバマ州の知事選挙に出馬するという噂が選挙のたびに聞かれる。

相方のジョンソンがサクラメント市長になったくらいなので、バークリーも出馬すれば知事になれるかもしれない。

レックス・チャップマン ~Playoff REX~

0917ケンタッキー大学で活躍し、1988年には第2シードでNCAAトーナメントに出場したチャップマンは、1988年に全体8位で新設のシャーロット・ホーネッツに入団。チームの契約選手第一号となった。

1年目から先発し、チームが20勝62敗に沈むなか、平均16.9得点、2.5リバウンド、2.3アシストを記録。オールルキーセカンドに選ばれた。

波があり、ターンオーバーが多いという難点があったが、かなりのシュートの精度と調子に乗ると止められない爆発力を秘めており、若くて将来性豊かなホーネッツを引っ張っていく存在として期待されていたが、故障が多く、1991-1992シーズンは21試合しか出場できないままトレードでワシントン・ブレッツに放出された。

ブレッツでも同年は1試合しか出場できず、翌シーズンは60試合に出場したものの23先発に終わり、成績は安定していたものの、平均21.3分しかプレイタイムを与えられなかった。

続く1993-1994シーズンにはようやくスターターに返り咲き、平均18.2得点、2.4リバウンド、3.1アシストと活躍を見せた。

しかし翌シーズンは故障で49試合、29先発に終わり、シーズン終了後にマイアミ・ヒートに移籍した。

ヒートでは56試合中50試合に先発し、平均14.0得点、2.6リバウンド、3.0アシストを記録。しかしシーズン終了後に解雇された。

そのせいではないだろうが、この頃から髪の毛が薄くなり、スキンヘッドにするようになった。

0918翌シーズンはフェニックス・サンズに移籍し、65試合の出場で33先発。チームのプレーオフ進出に大きく貢献した。

シアトル・スーパーソニックスとのファーストラウンドでは第1戦に42得点を荒稼ぎ。この時記録したスリーポイントゴール9個はプレーオフ新記録であった。

第4戦では3点ビハインドの第4Qラスト1.8秒、アウトオブバウンズになるぎりぎりのボールを拾い上げそのままスリーポイントを決めてオーバータイムへと勝負を持ち込むなど、印象的な活躍を見せたものの、チームはソニックスの前に敗退した。

その後もサンズでスターターを張り続けていたが、故障で徐々に出場機会が減り、1999-2000シーズンを持って現役を引退した。

引退後はサンズやミネソタ・ティンバーウルブルズのディレクターを歴任し、現在は解説者の傍らデンバー・ナゲッツの副社長を務めている。

ブライアン・グラント ~The General~

0911ザビエル大学で活躍し、2度のカンファレンスMVPを獲得したグラントは、1994年に全体8位でサクラメント・キングスに入団した。

1年目から巧みなディフェンスとリバウンドでフロントコートを支配し、平均13.2得点、7.5リバウンドを記録。オールルーキーに選ばれた。

1997年に大型補強を進めていたポートランド・トレイルブレイザーズに移籍。この頃からトレードマークであるドレッドヘアを伸ばし始めた。

当初はスターターとして起用されたものの、1999-2000シーズンには63試合の出場で14先発と控えに追いやられ、スターターの立場を求めてシーズン終了後にマイアミ・ヒートに移籍した。

控えとはいえ平均7.3得点、5.5リバウンドと成績は今一つであったが、7年8600万ドルの大型契約を結び、動議を醸し出した。しかし、パット・ライリーGMはグラントがヒートに必要と信じて疑わなかった。

結果としてこの契約は上手くいった。腎臓病でチームを離脱したアロンゾ・モーニングの代わりとして専門外のセンターでプレー。全試合に出場し79試合に先発した。

身長206センチとセンターにしては小柄だったが、このシーズンキャリアハイとなる平均15.2得点、8.8リバウンドを記録。信頼を得ることに成功した。

0912同郷で南北戦争の英雄であるグラント将軍にちなんで"The General"と呼ばれ、PFに復帰して以降も高い支配力を誇っていたが、故障で徐々に成績を悪化させ、2004年に他の3選手とともにシャキール・オニールとのトレードでロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

レイカーズでは控えとして69試合に出場したものの、平均3.8得点、3.7リバウンドと自己最低の成績に終わり、シーズン終了後にフェニックス・サンズに移籍。しかし成績はさらに悪化し、同年を持って現役を引退した。

NBAでも有数の慈善家として知られ、引退後も熱心にチャリティー活動を行っていたが、2008年にパーキンソン病に罹っていることを告白。チャック・デイリーやウェイマン・ティスデイル、ケビン・ダックワースらの死をきっかけに公表に踏み切ったという。

他人の助けは受けたくないとのことで、食事管理を徹底し、現在は多少持ち直して闘病中とのことである。

今まで難病の子供を数知れず助けてきたのだから、グラントの病気が治らないわけがない。私は彼を心から応援したい。

シャキール・オニール ~Shaq~

0881オニールの父親はハイスクールでは名の知れたバスケット選手だったが、ろくでなしであった。薬物中毒になって大学を中退し、オニールが生まれた直後に小切手偽造の罪で刑務所に入っている。

そのためオニールの母親は再婚し、オニールはこの継父を本当の父と慕っている。

かくして波乱の子供時代を送ったオニールだったが、ルイジアナ州立大学で活躍し、1992年に全体1位でオーランド・マジックに入団した。

1年目から圧倒的支配力でペイントエリアに君臨し、平均23.4得点、13.9リバウンド、3.5ブロックを記録。マイケル・ジョーダン以来のルーキーでのオールスター出場を果たし、新人王を受賞した。

翌シーズンからアンファニー・ハーダウェイがチームに加入。二人のコンビはジョンソンとジャバー以来の名コンビと呼ばれ、オニールも1994-1995シーズンには平均29.3得点で得点王を獲得した。

しかし、歌手デビューや映画出演など副業に精を出すオニールと、オニールより高額の契約を結んでいたハーダウェイは徐々に反目するようになり、1994-1995シーズンにはふぃあなるに進出したものの、ヒューストン・ロケッツに完敗。結局1995-1996シーズン終了後にFAでロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

オニール加入後しばらくチームは低迷したが、フィル・ジャクソンHCが就任してからはチームは上向き、1999-2000シーズン、平均29.7得点、13.6リバウンド、3.0ブロックでMVPを獲得。オールスターでもMVPを獲得した。

0890チームは圧倒的強さでファイナル制覇を達成。オニールはファイナルMVPも獲得し、このシーズンのMVPを独占した。

チームは翌シーズンもファイナルを制し、オニールは2年連続のファイナルMVPを獲得。さらに続く2001-2002シーズンもファイナルを制し、スリーピートを達成。オニールは3年連続ファイナルMVPの快挙を達成した。

オニールと言えばなんといってもNBA史上最重量の148キロの巨体と、人間とは思えない凄まじいパワーを武器にゴールへ突進する豪快なプレースタイルである。いかなる選手もオニールの突進を正面から止めることはできず、しばしばゴールを破壊するダンクは文字通り"スラム・ダンク"であった。

特にそのパワーはNBAどころかNFLでもまずいないという規格外の代物で、UFCのゲームに隠しキャラクターとして登場するほどである。

一方フリースローは下手で、成功率は.500前後と極端に低く、わざとファールでオニールにフリースローを撃たせ、失敗するのを狙うという"Hack-a-Shaq"と呼ばれるプレーが生まれたほどであった。

しかし、自分勝手なところがあり、レイカーズでもコービー・ブライアントと確執を作り、2004-2005シーズンにオニールはFAでマイアミ・ヒートに移籍した。

二人の確執は相当なもので、一説にはブライアントが球団に"自分かオニールか、どっちを選ぶか?"と直訴したという。

"俺がチームを優勝させる!"と豪語した通り、新天地でもオニールは圧倒的支配力を発揮し、2005-2006シーズンには4つ目のリングを獲得したが、この頃から徐々に衰えが目立つようになった。

さらに故障から欠場が増加し、優勝後はチームが再び低迷。さらに離婚問題を抱えて精神的にも良好とはいえない状態が続いた。

2007-2008シーズン途中にフェニックス・サンズにトレード。最初は低迷したが、チームになじむにつれて復調し、2008-2009シーズンにはオールスターで3回目のMVPを獲得。授賞後の会見でのブライアントと抱き合って喜んだことから、この頃には仲直りしていたらしい。

2009-2010シーズンはクリーブランド・キャバリアーズに移籍。しかし衰えは誰の目に見ても明らかで、2010-2011シーズンはボストン・セルティックスでプレーしたものの、平均9.2得点と初めて2ケタ得点を逃がし、2011年6月にTwitterで引退を表明した。

自分勝手な性格ではあるが面倒見は良く、自宅に数多く訪れる"自称親戚"のために留守の時でも玄関は開けっ放しで、食べ物や飲み物が常備されているという。

オーランドの大豪邸に住んでいるそうなので、機会があれば一度行ってみたいものである。

ロバート・オーリー ~Big Shot Rob~

0831ハイスクールでアラバマ州最優秀選手に選ばれ、アラバマ大学ではラトレル・スプリーウェルとともにNCAAトーナメントにも出場したオーリーは、1992年に全体11位でヒューストン・ロケッツに入団した。

1年目から先発に定着し、平均10.1得点、5.0リバウンド、2.4アシスト、1.0スティール、1.1ブロックとオールマイティーな活躍を見せ、オールルーキーセカンドに選出された。

翌シーズン終盤にデトロイト・ピストンズへのトレードが決まったが、トラブルが起こって無効になり、立ち消えとなった。

続く1994-1995シーズン、平均10.2得点、5.1リバウンド、2.9アシスト、1.5スティール、0.9ブロックを記録し、チームのプレーオフ進出に大きく貢献。

プレーオフでもカンファレンスファイナル第1戦でラスト6.5秒に逆転となるジャンプシュートを放ち、94-93で勝利。チームのファイナル制覇の原動力となった。

翌シーズンもファイナルを制覇し、V2を達成。さらに116スティール、109ブロック、142スリーポイントシュートを記録。この三つで同時に100以上を記録したのはオーリーが最初であった。

しかし、シーズン終了後にチャールズ・バークリーとの交換でフェニックス・サンズに移籍。さらにシーズン途中にロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

0832レイカーズでも最初はスターターだったものの、1998-1999シーズンからはシックスマンとなり、勝負強い後半の切り札として活躍した。

1996-1997シーズンプレーオフ、ユタ・ジャズ戦では1試合で7本ものスリーポイントを決め、NBAレコードを樹立。大舞台での勝負強さは顕著で、"Big Shot Rob"と呼ばれた。

1999-2000シーズンから2001-2002シーズンにかけてレイカーズはスリーピートを達成。オーリーの勝負強さはレイカーズになくてはならないものであった。

特にそれが際立ったのは2001-2002シーズンプレーオフ、サクラメント・キングスとの第4戦であった。

2点ビハインドの場面で最終盤を迎え、レイカーズはコービー・ブライアントにボールを託し、ゴール下にはシャキール・オニールを待機させて万全の状態でコービーにシュートを打たせた。

しかしシュートは外れ、キングスのブラデ・ディバッツはボールを弾いてスリーポイントラインの後ろまで飛ばした。そこにオーリーはいた。

すかさずボールを拾ったオーリーはブザーと同時にシュートを放ち、見事これを決めた。観客は総立ちとなり、オーリーコールがしばらく鳴りやまなかった。

2003-2004シーズンにFAとなり、サンアントニオ・スパーズに移籍。ヒューストンに自宅があるのが決め手になった。

スパーズはまさに黄金時代のさなかで、レイカーズ時代同様大舞台に強いクラッチシューターとして活躍。2004-2005シーズンと2006-2007シーズンにNBAを制し、7つ目のリングを獲得した。

2008-2009シーズンを持って現役を引退。現在は解説者を務めている。

ルーキーイヤーから引退に至るまでプレーオフに出なかったシーズンはなく、224試合出場、53スリーポイントシュートはいずれもNBA記録となっている。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ