4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

PIT

バリー・ボンズ ~Homerun Monster~

0975ボンズがスーパースターになるのは宿命だったのかもしれない。父のボビー・ボンズは60年代を代表する強打者で、母方の従弟はレジー・ジャクソン、叔母のロジーはハードル競技で東京オリンピックに出場、バリーという名前はボビーの同僚だったウィリー・メイズ名付けたという。

ハイスクールではバスケットやフットボールでも活躍。だが一番すぐれていたのは野球で、オールアメリカンにも選ばれるなど実績を残し、1982年にサンフランシスコ・ジャイアンツにドラフト2巡目で指名されたものの拒否。アリゾナ州立大学に進学した。

大学でもカレッジワールドシリーズで7試合連続安打のレコードを樹立するなど輝かしい成績を残し、1985年に全体2位でピッツバーグ・パイレーツに入団した。

甘やかされて育ったため性格は最悪で、ルーキーイヤーにマイナーで監督室にノックもせずに入ってきてぶしつけな挨拶をして監督に一喝されたというエピソードもある。

しかし、ボンズを厳しく教育する監督のエド・オットーにボンズは徐々に敬意を示すようになり、性格は治らなかったものの1986年にはメジャーデビュー。打率.223ながら16HR、36盗塁を記録し、新人王投票で6位につけた。

名将ジム・リーランドをもってしても性格の悪さはどうにもならず、チームメイトと喧嘩ばかりしていたが、成績の方は超一流であった。

1990年には打率.301、33HR、114打点、52盗塁の成績でオールスター、ゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞MVPをそれぞれ初受賞。1992年にも7MVPを獲得し、オフにボビーが現役時代を過ごしたジャイアンツに移籍した。

パイレーツ時代に着けていた背番号"24"をジャイアンツでも要求。しかし既にメイズの永久欠番となっていたので、ボビーと同じ"25"に落ち着いたが、ここに至るまでにかなりの批判を浴びた。

移籍1年目から打率.336、46HR、123打点の成績でHRと打点の二冠王を獲得し、3回目のMVPを受賞。それ以降も打ちまくったものの、徐々に地味な存在となっていった。

当時のボンズは走攻守、すべてに秀でた万能選手であった。鋼のような見事な肉体を躍動させる姿は絵になったが、時代がボンズを狂わせた。

097690年代はMLBをステロイドが席巻した時代であった。マーク・マグワイアとサミー・ソーサのHRに全米が熱狂した。そんな時代の流れにあって、HRが特別多いわけではないボンズは洗練されていながらもいささか地味な感が否めなかった。

それがボンズは許せなかったのかもしれない。足も守備もボンズはかなぐり捨てて、ステロイドに我が身を染めた。

ボンズに異変が生じたのは1999年のことであった。体重を増やして臨んだそのシーズンは不調に終わり、限界説もささやかれたが、102試合しか出場していないにも関わらず32HRを放っていた。

ボンズが明らかにおかしくなったのは翌シーズンだった。打率.306、46HR、106打点の成績でMVP投票はソーサに次ぐ2位を獲得した。

続く2001年、ボンズは73HRを放った。マグガイアが記録した70HRの記録を塗り替え、MLB最強のスラッガーの座を不動のものとした。

ただでさえ悪い性格がステロイドの副作用かますます悪くなり、チームメイトと対立を繰り返すばかりか、ロッカールームに自分用のテレビとソファを設置。友人といえるのは特別製の人間である新庄剛志だけであった。

毎年MVPを獲得し続け、2004年には120敬遠、出塁率.609というとてつもない成績をマーク。最も有効なボンズ対策は"全打席満塁でも敬遠すること"で、実際全打席敬遠した方が失点が少なくなるというデータがある。

本拠地AT&Tパークでライト場外の海にHRをたたき込む"スプラッシュ・ヒット"はジャイアンツの名物で、ボンズの打席ともなればHRの落下予想地点にはボートに乗って網を持ったファンがひしめき合った。

ちなみにAT&Tパークは左打者には圧倒的に不利な球場で、本当はスプラッシュヒットは滅多に見れない大技のはずなのだが、ボンズが35本も打ってしまったせいで世間一般には簡単だと思われている節がある。

7度目のMVPを獲得した2004年以降は徐々に成績を落としていったが、2007年にはハンク・アーロンの持つ755HRの記録を塗り替え、756号HRをスプラッシュヒットで達成。HRボールはオークションで約75万ドルの値段が付いた。

ちなみにこのボールは参考記録を意味する"*"マークが書き込まれたうえで野球殿堂に飾られている。

長年薬物疑惑はささやかれていたが、同年には薬物使用に関する大陪審での偽証が明るみに出て起訴される事態となり、ただでさえ悪いボンズのイメージはどん底まで落ちた。

同年限りでジャイアンツはボンズとの契約を解除。その後移籍先を探したものの引き取り手は現れず、そのまま現役を引退した。

私はパイレーツ時代のあのボンズが今でも忘れられない。HRは多くなくても、輝いて見えた。あのボンズが私はもっと見たかった。

アラン・ファニーカ ~Show Window~

0967フットボールはラインマンのぶつかり合いから始まる。それゆえラインマンはフットボーラーの中でも最も頑強な人種のはずである。

しかし、何事にも例外はある。アラン・ファニーカはまさに例外である。

ニューオーリンズで生まれ、ハイスクールでは陸上とフットボールでレターマンだったファニーカだが、体が弱く、15歳からてんかんの発作を起こすようになり、薬で発作を抑えることでフットボールをプレーしていた。

ルイジアナ州立大学に進み、1996年にはオールアメリカンに選ばれるなど活躍。ラストイヤーとなった1998年にはシーズン通じて1サックしか許さなかった。

同年全体26位でピッツバーグ・スティーラーズに入団。シーズン途中から先発に定着し、12先発。チーム新人王を獲得した。

故障が多く、若いころには先発を外れることがしばしばあったが、ランブロックに優れ、ジェローム・ベティスのブロッカーとして活躍を後押し。2001年にはプロボウルとオールプロに初選出された。

しかし同年のオフに右手首を故障し、プレシーズンを全休。2003年には故障の関係でLGだけでなくLTでもプレーするなど、欠場こそないものの故障がちな体質は変わらなかった。

ほぼ毎年プロボウルとオールプロに選ばれ続け、2005年にはスーパーボウルを制覇。2007年の第16週、ラムズ戦ではベン・ロスリスバーガーのレーティング158.3の大活躍を後押しするなど輝かしい活躍をつづけた。

2008年にはスティーラーズの75周年記念チームに選ばれたが、同年オフにニューヨーク・ジェッツに移籍。5年4000万ドルというOLとして史上最高額の契約を結んだ。

0968たぐいまれな技術と経験を活かしてジェッツライン人のリーダーとして活躍。ジェッツランオフェンスは劇的な進歩を遂げ、2009年シーズンは20ラッシングTDを記録。4勝12敗から9勝7敗まで成績を向上させた。

翌2009年シーズンは2756ヤード、21TDとさらにランオフェンスを向上させ、9勝7敗でワイルドカードを獲得。カンファレンスチャンピオンシップゲームまで進出した。

しかし、ジェッツはドラフト2巡目で同じラインのブラッド・デュカッセを指名。その影響でファニーカはカットされてしまった。

結局アリゾナ・カージナルスに移籍し、全試合に先発したものの、往時ほどの活躍を見せることはできず、同シーズンを持って現役を引退した。

故障に悩まされた現役時代だったが、プロボウル9回、オールプロ9回を数える功績は、いかにテクニックに優れていたかの証明であろう。

ラモン・マルチネス ~弟には負けられない~

0959ペドロ・マルチネスは少し野球に詳しい人なら大抵知っているが、ペドロの兄のラモンを知っているのはオールドファンかよほどのマニアだろう。

ペドロより3年早く生まれたラモンは1984年に16歳でロサンゼルス・ドジャースと契約。マイナーで順調に成長し、1988年には20歳にしてメジャーデビューを果たした。

リーグ最年少選手として迎えたルーキーイヤーは1勝3敗に終わったものの、翌シーズンは6勝4敗、防御率3.19を記録。2完投はいずれも完封とポテンシャルの高さを見せつけた。

翌1990年、20勝6敗、防御率2.92の好成績を残して一気にブレイク。リーグトップの12完投、2位の223三振を記録し、オールスターに初選出。サイ・ヤング賞の投票でも2位に入った。

ペドロ同様剛速球の持ち主で、身長193センチとペドロよりもだいぶ長身だったが、制球難を抱えており、三振も四球も多い粗削りなピッチャーであった。

波はあるもののポテンシャルは弟同様ぴか一で、1993年にはペドロとともにローテーションを守り、10勝12敗を記録したが、リーグワーストの104四球もおまけもついてきた。

ペドロのほうが自分より才能があることを知っていて、そのことを公言していたが、上背がないことを理由にペドロはオフにトレードされてしまった。

その後のペドロの活躍は知ってのとおりであるが、ラモンも1992年に8勝に終わったほかは2ケタ勝利を続け、野茂秀雄とともにドジャースのエースとして活躍。1995年にはノーヒッターを達成している。

0960しかし1998年は故障で7勝3敗に終わり、契約延長を勝ち取れずFAに。ボストン・レッドソックスに移籍し。再びペドロとチームメイトとなった。

移籍1年目はマイナーでリハビリを続け、8月に昇格。2勝1敗、防御率3.05を記録した。

翌シーズンはローテーションに入り、10勝8敗を記録したものの、防御率6.13と不安定な内容で、オフに解雇。ピッツバーグ・パイレーツに移籍したものの4試合の登板に終わり、再び解雇された。

2002年はドジャースのキャンプに参加したもののロースターには残れず、同年限りで現役を引退。現在はドジャースのアドバイザーを務めている。

通算135勝88敗、防御率3.67という数字はまさしく一流の数字であり、ペドロの兄ということを抜きにしても立派な選手である。

ミッチ・バーガー ~Cabadian Kick~

0793カナダで生まれ、ハイスクールではQBとして活躍する半面バスケットでも優秀で、両方でブリティッシュコロンビア代表に選ばれた。

テキサスのテイラー短大でパンターに転向し、その後コロラド大学に移ってプレー。1994年にドラフト6順目でフィラデルフィア・イーグルスに入団した。

イーグルスで5試合に出場し、25回のパントで951ヤードを記録したものの、シーズン途中にカットされた。

その後シンシナティ・ベンガルズ、シカゴ・ベアーズ、インディアナポリス・コルツ、グリーンベイ・パッカーズといずれもプラクティスで渡り歩き、1995年シーズン途中にベアーズのロースターに載ったものの、プレー機会はなかった。

1996年にミネソタ・バイキングスと契約。リーグワーストの2ブロックを喫したものの、88回のパントでリーグ7位の3616ヤードを記録。ようやく安住の地を得た。

193センチの長身と素早いキックが武器で、その後はブロックもなく、飛距離と正確性を兼ね備えた優秀なパンターとして活躍。

試合中にスニッカーズを食べ、飛距離を活かしてキックオフも蹴り、しばしばタッチバックさせた。

1999年には61回のパントで2769ヤードを記録し、リーグ2位の平均45.4ヤードをマーク。プロボウルに選出された。

2002年にセントルイス・ラムズに移籍。72回のパントで3020ヤードを記録し、1997年以来の3000ヤードを達成した。

シーズン終了後に今度はニューオーリンズ・セインツに移籍。2004年にはキャリアハイの85回のパントで3704ヤードを記録。2回目のプロボウルに選出された。

07942006年に腰の故障でシーズン全休し、シーズン終了後にアリゾナ・カージナルスに移籍した。

カージナルスでは5試合の出場に終わり、翌シーズンはピッツバーグ・スティーラーズに移籍。

スティーラーズで復活を果たし、66回のパントで2728ヤードを記録。さらにパンターでありながら5タックルを決めている。普通パンターやキッカーのタックルは大したものではないが、バーガーのそれはかなりのハードヒットである。

同年チームは第43回スーパーボウルに進出し、バーガーも3回のパントで139ヤードを記録。チームは古巣カージナルス相手に27-23で勝利し、チャンピオンリングを獲得した。

翌シーズンはデンバー・ブロンコスに移籍したものの、10試合しか出場できず、パント51回で2142ヤードと今一つだったため、シーズン終了後に解雇され、それ以降プレーしていない。

カナダ人でありながらフットボールを志し、試合中にスニッカーズを食べ、パンターでありながらキックオフを蹴り、ハードヒットをかました愛すべき個性派、バーガー。現在はバンクーバーでレストランとナイトクラブを経営している。

ルク・ロビテイル ~King Winger~

0679QMJHLでかなりの得点を稼いでいたロビテイルだったが、スケーティングに難があり、1984年に唯一目をかけてくれたロサンゼルス・キングスに指名されたものの、指名順位は9巡目171位であった。

 

ドラフト会場に足を運んだロビテイルは、指名された後、キングスのGMロガシアン・ヴァションに挨拶をした。ちなみにこの年のキングスが4巡目に指名したのが、MLB300勝投手となるトム・グラビンであった。

 

その後しばらくジュニアでプレーし、1985-1986シーズンには63試合で191ポイントを稼ぎ、MVPを獲得。翌1986-1987シーズンからキングスに加入した。

 

ルーキーイヤーから45ゴール、84ポイントを獲得し、カルダー賞を獲得。翌シーズンには53ゴール、11ポイントを獲得し、グレツキーに次ぐスコアラーとしての地位を獲得した。

 

なんといっても正確なシュートが持ち味で、1989-1990シーズンにはリーグ最高のシュート成功率24.8%を記録。一方でペナルティが少なく、同年はわずか38分しかない。

 

1992-1993シーズン、グレツキーが故障してしまったため、ロビテイルが代理のキャプテンに就任。いずれもLWの最高記録となる63ゴール、125ポイントを記録し、グレツキーの代わりを立派に務めあげた。

 

同年はプレーオフに進出し、24試合で9ゴール、22ポイントを記録したが、ファイナルでモントリオール・カナディアンズに敗れ、スタンレー・カップ獲得はならなかった。

 

翌シーズンは86ポイントと物足りない成績に終わり、シーズン終了後リック・トケットと指名権とのトレードでピッツバーグ・ペンギンズに移籍した。

 

マリオ・ルミューやヤロミール・ヤーガーを擁するペンギンズは強豪であり、当然ロビテイルは期待されたが、怪我でわずか46試合しか出場できず、デビュー以来最低の42ポイントしか記録できなかった。

 

翌シーズンニューヨーク・レンジャーズトレードされたが、ポイントが減ったばかりかペナルティが増え、69ポイントに対してペナルティ80分と初めてポイントがペナルティを下回った。

 

06801997年にトレードでキングスに復帰。若いころほどの得点力はないものの、2年連続で74ポイントを記録するなど活躍した。

 

2000年に年俸削減のためトレードを打診されたが拒否し、FAでデトロイト・レッドウィングスに移籍。同年始めてファイナルを制し、悲願のスタンレー・カップを獲得した。

 

2002年に再びキングスに復帰し、51ポイントを記録したが、ロックアウトが明けた2005-2006シーズンは24ポイントしか稼げず、同年限りで現役を引退した。

 

1394ポイントはLWとして歴代1位。全体171位指名での1000ポイント達成は、210位で達成したデーブ・テイラーに次ぐ歴代2位の記録である。

 

2009年に殿堂入り。背番号20はキングスの永久欠番となっている。

 

難癖のある選手を安く獲得し、上手く使うのはプロスポーツの理想の一つである。それを最高のレベルで成功させたキングスのフロントは優秀である。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スマートパス
4大スポーツ列伝 MLB、NFL、NBA、NHLの四大スポーツの選手を紹介しています。フォロー、リンク、リクエスト大歓迎です。
最新コメント
H.I.S.
U-NEXT
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ