4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

POR

ブライアン・グラント ~The General~

0911ザビエル大学で活躍し、2度のカンファレンスMVPを獲得したグラントは、1994年に全体8位でサクラメント・キングスに入団した。

1年目から巧みなディフェンスとリバウンドでフロントコートを支配し、平均13.2得点、7.5リバウンドを記録。オールルーキーに選ばれた。

1997年に大型補強を進めていたポートランド・トレイルブレイザーズに移籍。この頃からトレードマークであるドレッドヘアを伸ばし始めた。

当初はスターターとして起用されたものの、1999-2000シーズンには63試合の出場で14先発と控えに追いやられ、スターターの立場を求めてシーズン終了後にマイアミ・ヒートに移籍した。

控えとはいえ平均7.3得点、5.5リバウンドと成績は今一つであったが、7年8600万ドルの大型契約を結び、動議を醸し出した。しかし、パット・ライリーGMはグラントがヒートに必要と信じて疑わなかった。

結果としてこの契約は上手くいった。腎臓病でチームを離脱したアロンゾ・モーニングの代わりとして専門外のセンターでプレー。全試合に出場し79試合に先発した。

身長206センチとセンターにしては小柄だったが、このシーズンキャリアハイとなる平均15.2得点、8.8リバウンドを記録。信頼を得ることに成功した。

0912同郷で南北戦争の英雄であるグラント将軍にちなんで"The General"と呼ばれ、PFに復帰して以降も高い支配力を誇っていたが、故障で徐々に成績を悪化させ、2004年に他の3選手とともにシャキール・オニールとのトレードでロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

レイカーズでは控えとして69試合に出場したものの、平均3.8得点、3.7リバウンドと自己最低の成績に終わり、シーズン終了後にフェニックス・サンズに移籍。しかし成績はさらに悪化し、同年を持って現役を引退した。

NBAでも有数の慈善家として知られ、引退後も熱心にチャリティー活動を行っていたが、2008年にパーキンソン病に罹っていることを告白。チャック・デイリーやウェイマン・ティスデイル、ケビン・ダックワースらの死をきっかけに公表に踏み切ったという。

他人の助けは受けたくないとのことで、食事管理を徹底し、現在は多少持ち直して闘病中とのことである。

今まで難病の子供を数知れず助けてきたのだから、グラントの病気が治らないわけがない。私は彼を心から応援したい。

バック・ウィリアムズ ~Come Buck~

0910メリーランド大学で活躍したウィリアムズは、1980年にはモスクワ五輪のアメリカ代表に選ばれたものの、アメリカのボイコットで出場することはなく、1981年に全体3位でポートランド・トレイルブレイザーズに入団した。

1年目から先発し、平均15.5得点、12.3リバウンドを記録。堂々の新人王に選出された。

得点力もさることながら、ディフェンスとリバウンド技術はNBAでも指折りで、毎シーズン平均10リバウンドは稼いだ。

1983-1984シーズンにはチームをプレーオフに導き、ファーストラウンド突破に大きく貢献。これはチームがABAから移籍して以来初の快挙であった。

弱小ネッツの貴重なスターであったが、1989年にサム・ボウイと指名権とのトレードでポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

ブレイザーズでもクライド・ドレクスラーとともに圧倒的支配力でフロントコートに君臨。低迷していたチームを見事に立ち直らせた。

移籍初年度にいきなりファイナルに進出。しかしデトロイト・ピストンズに敗れ、チャンピオンリング獲得はならなかった。

1991-1992シーズンにもファイナルに進出。しかし今度はシカゴ・ブルズに敗れ、ついにリングは獲得できなかった。

09091994年からは選手会長を務め、選手側のリーダーとして活動。引退後もしばらく務めた。

1996年にニューヨーク・ニックスに移籍。主にパトリック・ユーイングやチャールズ・オークリーの控えとして起用されたが、1997-1998シーズンにひざを手術し、41試合の出場に終わるとこのシーズンを最後に現役を引退した。

ついにリングは手に入らなかったが、背番号52はネッツの永久欠番となり、通算4526オフェンシブリバウンドは歴代4位、16000得点と13000リバウンドを両方達成しているのはNBA史上ウィリアムズだけである。

引退後は会社を経営していたが、2010-2011シーズンからアトランタ・ホークスのコーチに就任。現在まで勤めている。

ニック・ヴァン・エクセル ~Nick The Quick~

0907シンシナティ大学でプレーし、オールアメリカンに選ばれ、ウッデン賞候補にも選ばれたエクセルは、1993年のドラフト2巡目でロサンゼルス・レイカーズに入団した。

当時のレイカーズは再建期で、同期のエディー・ジョンソンと共にチーム立て直しのキーマンとして期待され、80試合に先発。平均13.6得点、2.9リバウンド、5.8アシスト、1.0スティールを記録し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

スピーディーで勝負強く、ブザービーターを数多く決めるなど華があり、“Nick The Quick”と呼ばれていた。

他にもラインからあえて1フィート下がってフリースローを投げることでも有名であったが、成功率は70%台後半を維持していた。

ジョンソンと共にレイカーズを再び強豪と呼べるまでに押し上げたが、HCやチームメイトと確執を作るようになり、オールスターにも出場した1997-1998シーズン終了後にデンバー・ナゲッツにトレードで移籍した。

当時のナゲッツはNBAでの最弱のチームであったが、エクセルは一人気を吐き、キャリアハイに近い成績を記録。しかし年俸が1000万ドルを超えてチームのサラリーキャップに余裕がなくなったこともあり、2001-2002シーズン途中にダラス・マーベリックスにトレード。

0908マブスではシックスマンとなり、少ないプレイタイムながらもかなりの得点を稼いだ。

2003-2004シーズンにはトレードでゴールデンステート・ウォリアーズに移籍。しかし自己最低の39試合の出場に終わり、シーズン終了後にまたしてもトレード。ポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

ブレイザーズでは持ち直し、53試合中34試合に先発。翌シーズンはサンアントニオ・スパーズでプレーし、同年限りで現役を引退した。現在はアトランタ・ホークスでコーチを務めている。

通算スリーポイントシュート成功数1528は歴代14位の大記録である。

ブランドン・ロイ ~ニューヒーローの落日~

0896シアトルで生まれ、ハイスクールで輝かしい成績を残したロイは、アーリーエントリーでも指名されるだけのポテンシャルを持っていたが、ワシントン大学に進学した。

しかし勉強が苦手で、NCAAの基準を満たす成績をなかなか残せず、レストランで時給11ドルのアルバイトをやらされるなどして、1年目シーズンの後半にようやくチームに合流した。

大学ではカンファレンスMVPを受賞するなど活躍し、2006年に全体6位でミネソタ・ティンバーウルブルズが指名。直後にポートランド・トレイルブレイザーズにトレードされ、入団した。

1年目から先発し、平均16.8得点、4.4リバウンド、4.0アシスト、1.2スティールを記録し、新人王を受賞したものの、チームはわずか30勝に終わった。

オフにチーム改革に着手したブレイザーズは、新リーダーにロイを指名。平均19.1得点、4.7リバウンド、5.8アシスト、1.1スティールでオールスターに選出され、期待に応えた。

クレバーで高い身体能力を持ち、コンボガードやスイングマンとしてもプレーでき、ハンドリングとパスにも非凡なセンスを発揮。さらにクラッチでブザービーターを数多く沈め、逆転勝利を演出するなど、オールマイティーな選手であったが、ひざに故障を抱え、しばしば欠場した。

08952008-2009シーズン開幕前にはひざを手術。平均22.6得点を記録してキャリアハイを迎え、チーム記録の1試合10スティールを記録するなど、自己最高のシーズンを送った。

ロイの大活躍に引っ張られたチームは54勝と躍進し、6年ぶりのプレーオフに進出。誰もが若きチームリーダーの将来に期待した。

しかし、ひざの故障は年々深刻化し、2009-2010シーズン終了間際にも故障して手術を行った。

2010-2011シーズンはその影響もあって成績が低下し、出場機会も減少。1月に再び手術を行った。

しかし、両膝の軟骨はほとんどなくなってしまい、もうロイは限界に来ていたらしい。

ロックアウトでシーズン開幕が遅れるなか、ロイはtwitterで引退を表明。4年総額6800万ドルの契約が残っており、支払いや復帰の可能性について議論を呼んでいる。

今シーズンのブレイザーズは開幕から負けが込んでいる。ロイ抜きではたしてブレイザーズはやっていけるのか、心配である。

ショーン・エリオット ~Memorial day Miracle~

0894アリゾナで生まれ、バスケットと学業で才能を発揮したエリオットは、奨学金を得てアリゾナ大学に進学した。

1986年には世界選手権で金メダルを獲得。1988年には同大初のNCAAトーナメントファイナル4進出に貢献。1989年にはウッデン賞を受賞し、大学の得点記録を塗り替えるなど輝かしい功績を残し、1989年に全体3位でサンアントニオ・スパーズに入団した。

1年目から先発し、平均10.0得点、3.7リバウンドを記録。オールルーキーセカンドに選ばれた。

1992-1993シーズンには平均17.2得点、4.6リバウンド、3.8アシスト、1.0スティールを記録。オールスターに初選出された。

翌シーズンデトロイト・ピストンズにトレードされたものの、シーズン終了後にトレードで再びスパーズに戻った。

1995-1996シーズンにはキャリアハイの平均20.0得点を記録し、2回目のオールスターに選出。デビッド・ロビンソンとともにスパーズのスコアラーとして活躍した。

1998-1999シーズンはプレーオフに進出。ダラス・マーベリックスとのカンファレンスファイナル第2戦、ラスト9秒で逆転のスリーポイントを沈め、劇的勝利に貢献した。

0893この日が戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)だったことから、このシュートは"メモリアルデイ・ミラクル"と呼ばれる。

そのまま余勢を駆ってチームはファイナルを制覇。ABA所属チームとして初の優勝を達成したものの、エリオットの身に病魔が迫っていた。

シーズン終了後に腎臓病と診断され、引退の危機に瀕したが、兄からの腎臓移植を受け、翌シーズン途中に復帰。腎臓病からカムバックした最初の選手となった。

しかしポテンシャルを落とした感は否めず、2001-2002シーズンを持って現役を引退。解説者となった。

アリゾナ大とスパーズの黄金時代を作った選手であり、両チームで背番号32は永久欠番となっている。

ちなみに夫人は日系人で、しばしば日本を訪れているという。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ