4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

SAC

ジョン・バリー ~孝行息子~

0987リック・バリーの二男として生まれたジョンは、ほかの三人の兄弟と共にバスケットの道を志した。

兄のスコットはNBAでのプレーには至らなかったが、ジョンはパシフィック大学とジョージア工科大学でプレーし、1992年に全体21位でボストン・セルティックスに入団した。

しかし、せっかく指名されたにもかかわらず契約で揉め、結局セルティックスでプレーすることはなく、トレードでミルウォーキー・バックスに放出され、バックスでキャリアをスタートさせた。

父親同様シュートの精度は素晴らしく、スリーポイント成功率が4割を超えたシーズンが14年で5回もあるが、レギュラーを獲得するには至らず、もっぱら控えとして選手人生を過ごした。

1995年にゴールデンステート・ウォリアーズに移籍したのを皮切りにアトランタ・ホークス、ロサンゼルス・レイカーズと渡り歩き、1998-1999シーズンにサクラメント・キングスに落ち着いた。

キングスでも控えであったが、プレーオフに強いということがわかるとプレーオフでは積極的に器用されるようになり、プレーオフでは2年連続で平均20分のプレイタイムを獲得した。

2001年にデトロイト・ピストンズに移籍。ピストンズでもプレーオフでは高いポテンシャルを見せ、2002年の1回戦第1戦、トロント・ラプターズ戦では3分で12得点を稼ぐ活躍を見せた。

09882003年にデンバー・ナゲッツに移籍すると、ホークス、ヒューストン・ロケッツと再びチームを渡り歩き、2006年にロケッツを解雇され現役を引退した。現在は解説者として活動している。

15年で821試合に出場しながら先発はたったの36試合、移籍すること実に8回。スーパーサブと呼ぶに相応しい選手ではないだろうか。

クリス・ウェバー ~Time Out~

0920デトロイトで生まれ、ハイスクールでは全米最優秀選手に選ばれたウェバーは、地元ミシガン大に進学。ウェバーとジェイレイン・ローズ、ジュワン・ハワードら同期入学の5人は"Fab Five"と呼ばれ、スターター全員が1年生でありながらNCAAトーナメントファイナルに進出する快挙を果たした。

続く1992-1993シーズンも5人の活躍でファイナルに進出。ノースカロライナ大学と対戦した。

しかし、2点ビハインドで迎えた残り11秒、ウェバーはすでに使い切ってしまっていたタイムアウトを要求し、テクニカルファウルでフリースローを取られた。これが利いてミシガン大は年連続で優勝を逃した。

ウェバーの心情を察したクリントン大統領は電話で直接ウェバーを慰めた。

ネイスミス賞とウッデン賞の候補にもなり、翌シーズンの雪辱が期待されたが、ウェバーを今度はスキャンダルが襲う。

ブックメーカーから2年間に20万ドルを受け取った疑いで両賞の候補から取り消された。この事件はミシガン大バスケットチーム全体を巻き込む大問題となり、同大から20年の出入り禁止を言い渡されたウェバーは2年生でアーリーエントリーした。

2年生でありながらウェバーはドラフトの目玉となり、全体3位の指名権を持つゴールデンステート・ウォリアーズが狙っていた。

全体1位の指名権を持つオーランド・マジックがウェバーを指名する可能性があり、指名権を譲渡する約束でマジックにウェバーを指名してもらい、ウォリアーズがマジックが指名を狙っていたアンファニー・ハーダウェイを指名して即日トレードするという方法でウェバーはウォリアーズに入団した。

1年目から76試合に出場し、平均17.5得点、9.1リバウンド、3.6アシスト、1.2スティール、2.2ブロックを記録。文句なしの新人王に選出されたものの、起用法やプレースタイルの問題からドン・ネルソンHCと対立し、キャンプへの参加を拒否。わずか1年でワシントン・ブレッツに放出された。

ブレッツでも高いポテンシャルを誇ったものの、故障で出場が少なくなってしまい、1998年にトレードでサクラメント・キングスに放出された。

キングスでは1年目から平均13.0リバウンドを記録し、リバウンド王を獲得。故障が多いのは相変わらずであったが、キングスのスターとして3回オールスターに選出された。

フォワードとは思えないハンドリングとシュートの精度を持ち、非常に身体能力に優れていたが、自分勝手でリーダーシップに欠け、さらに2003年に手術をして以来スピードにも陰りが見えるようになり、2004年にフィラデルフィア・76ersに放出された。

0919チームになじむのに時間はかかったが、順応してからはアレン・アイバーソンと並ぶチームの柱となり、2005-2006シーズンには二人合わせて平均53.2得点を記録。

しかし、チームはなかなか勝ちきることができず、翌シーズンにはアイバーソンが放出され、ウェバーもシーズン途中に解雇された。

解雇直後に地元デトロイト・ピストンズと契約。背番号4はジョー・デュマースの永久欠番になっていたため、ウェバーの甥が夢で見たという"84"を着けた。

地元出身とあってウェバー自身も張り切り、それなりの成績を残したものの、翌シーズンはウォリアーズと契約。しかし9試合の出場に終わり、同年限りで現役を引退した。現在は解説者を務めている。

チームを勝たせることができないと陰口をたたかれる選手人生だったが、90年代最高のPFの一人だったことは疑いの余地がなく、背番号4はキングスの永久欠番となっている。

ちなみにウェバーのファンクラブの名前は、"タイムアウト"だという。

マクムード・アブドゥル・ラウーフ ~Star in Kyoto~

0762ルイジアナ州立大学で1年目から平均30.2得点を稼ぎ、2年でドラフトにアーリーエントリーしたクリス・ジョンソンは、1990年に全体3位でデンバー・ナゲッツに入団した。

1991年にイスラム教に改宗。1年目から平均14.1得点、3.1アシストを記録した。

1993年にはイスラム風にマクムード・アブドゥル・ラウーフと改名。しかし、ゲイリー・ペイトンはしばしば元の名前をトラッシュトークで連呼した。

同年平均19.2得点、4.2アシストを記録し、MIPを受賞。フリースロー成功率.935はリーグ2位であった。

トゥレット症候群という神経の病気を患っており、そのせいで神経質なところがあったが、この病気がラウーフを特別な選手にした。

トゥレット症候群患者の特徴として、繰り返し同じ動作をしてしまうというものがある。さらに神経質なことも相まって完璧主義となり、ラウーフを練習へと打ちこませた。

特にシュートにかける情熱はもはや怨念の領域で、炎天下の中を延々フリースローを繰り返し、自分が納得のいくシュートが打てるまでやめなかったという。

この練習が実を結び、続く1993-1994シーズン、リーグ最高のフリースロー成功率.956を記録。これは現在に至るまでNBA記録である。

1995-1996シーズンもリーグ最高の成功率.930を記録し、シーズン終了後にサクラメント・キングスにトレードされた。

キングスでも最初はスターターとして起用されたが、2年目にはベンチを温めるようになり、1997-1998シーズン終了後解雇された。

0761その後トルコでプレーし、1999年6月に引退を表明した。

その後1シーズンバスケットから遠ざかっていたが、2000-2001シーズンに現役復帰。バンクーバー・グリズリーズに入団し、41試合プレーした。

その後再び2シーズン休み、2003-2004シーズンにロシアでプレー。さらにイタリア、ギリシャ、サウジアラビアと各地を転々とした。

2009年に日本のbjリーグ、京都ハンナリーズと契約。創設したばかりのチームをNBA仕込みのプレーで支え、2009-2010シーズンにはベスト5に選出。さらに2010-2011シーズンには最高フリースロー成功率.890を記録した。

現在来シーズンに向けて契約交渉中であるが、日本を気に入っているとのことなので、ぜひ残ってもらいたい。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スマートパス
4大スポーツ列伝 MLB、NFL、NBA、NHLの四大スポーツの選手を紹介しています。フォロー、リンク、リクエスト大歓迎です。
最新コメント
H.I.S.
U-NEXT
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ