4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

SEA

ヴィニー・ジョンソン Vinny Johnson ~The Microwave~

ブレント・バリー ~White Dunker~

0990リック・バリーの4人の息子の三男、ブレントは兄弟の仲で最も素質ある選手だった。

オレゴン州立大学でプレーし、1995年にデンバー・ナゲッツが全体15位で指名。直後にロサンゼルス・クリッパーズにトレードされ、クリッパーズでキャリアをスタートさせた。

父や兄弟同様のシューターでありながら優れたパサーであり、ダンカーでもあるという万能選手で、1年目から44試合に先発し、平均10.1得点、2.9アシスト、1.2スティールという好成績を記録した。

さらにスラムダンクコンテストに出場し、フリースローラインから踏み切ってダンクを決め、白人として同コンテストを初制覇する快挙も達成し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

しかし、その能力の割に先発の機会を得ることができず、控えとしてマイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズとチームを渡り歩いたが、1999-2000シーズンにシアトル・スーパーソニックスに移籍すると、ついにブラントは本格化した。

1年目から80試合中74先発を果たし、平均11.8得点、4.7リバウンド、3.6アシスト、1.3スティールを記録。翌シーズンは大学の先輩にあたるゲイリー・ペイトンの控えになったものの、その後はポジションを転々としながら先発をつづけた。

本職はSGであるが、パスセンスや視野の広さを生かしてPGをやれば長身で他のPGを圧倒でき、さらにやろうと思えばSFもできるなど、この時期につぶしのきく選手に成長していった。

0989平均アシストが5を超えるシーズンも複数あるなど、ソニックスの中心として活躍していたが、2003年にサンアントニオ・スパーズに移籍した。

スパーズでは2005年と2007年にリングを獲得し、3例しかいない父子での優勝を達成。控えに戻ったものの依然チームの中心として活躍をつづけた。

2008年に父リック、兄ジョンに次いでヒューストン・ロケッツに移籍したものの、満足な成績を残せず、1シーズンで解雇。そのまま同年を持って現役を引退した。現在は解説者を務めている。

リック兄弟で一番成功したのがこのブレントである。父子殿堂入りも夢ではないかもしれない。

ショーン・アレキサンダー ~大切な仲間~

0977ハイスクールで3年間通算6657ヤード、110TDという虚位的な成績を残し、多くの大学からオファーを受けたアレキサンダーだったが、兄がブラスバンドをしているノートルダム大学と最後まで悩んだ末に、温暖な気候を理由にアラバマ大学に進学した。

大学でもハイズマン賞候補に選ばれるなど素晴らしい成績を残し、2000年に全体19位でシアトル・シーホークスに入団した。

1年目はリッキー・ワターズの控えとしてプレーし、313ヤードしか走れなかったものの、翌シーズンワターズが引退すると正RBとなり、1318ヤード、リーグトップの14ラッシングTDを記録。オークランド・レイダーズ戦ではチームレコードの226ヤードを走るなど、一躍シーホークスオフェンスの中心に上り詰めた。

その後もシーホークスが誇る強力ラインに守られて好成績を上げ、2003年にはプロボウルに初選出された。

続く2004年にはニューイングランド・ペイトリオッツのカーチス・マーチンとリーディングラッシャー争いを展開し、最終戦を前にしてマイク・ホルムグレンHCにボールキャリーの機会を増やしてくれるように直訴したが却下され、惜しくも1ヤード差で敗れた。

これで発奮したのか、2005年はリーグトップの1880ヤード、NFL記録の27ラッシングTDを記録し、MVPに選出。チームのスーパーボウル進出の原動力となった。

オフにRB史上最高額となる8年6200万ドルの契約を結び、マッデンNFLのカバーに選ばれるなどバラ色のオフを過ごしたが、プロボウラーOGのスティーブ・ハッチソンの移籍でラインが弱体化したこともあってか開幕3試合目で左足を骨折。戦線を離脱した。

結句よくこのシーズンは896ヤード、7TDと先発定着以来自己最悪の成績に終わり、マッデンの呪いに引っかかった形となった。

0978翌シーズンはセンターのロビー・トベックが引退。ラインがさらに弱体化し、開幕戦にアレキサンダー自身も左手首を骨折。前年よりさらに成績を落とし、翌シーズン開幕前にシーホークスを解雇された。

同年10月にワシントン・レッドスキンズと契約したものの、全盛期の姿は見る影もなく、そのまま解雇され、現在に至るまで移籍先を探しているが、契約には至っていない。

ラインが弱体化するにつれて成績を落としていくアレキサンダーの姿は、ラインがいかに大切かを教えてくれた気がする。

ケン・グリフィー.Jr ~Super .Jr~

097370年代を代表する名手ケン・グリフィー.Srの息子としてスタン・ミュージアルと同じ町、同じ誕生日で生まれ、タフィー・ローズと家族ぐるみの付き合いがあったというジュニアだが、苦悩の多い少年時代を過ごした。

ハイスクールでは野球とフットボールで活躍したが、黒人であること、二世選手であることに負い目を感じ、薬物自殺を図ったことすらあったという。

1987年に全体1位でシアトル・マリナーズに入団。1989年にメジャーデビューし、そのままセンターのレギュラーに定着。打率.264、16HR、61打点を記録し、新人王投票で3位につけた。

翌シーズンには打率3割を記録し、ゴールドグラブ賞とオールスターに選出。さらに父シニアがマリナーズに加入。親子でチームメイトとなるのはグリフィー親子が初であった。

その後も華麗な守備とたぐいまれな長打力でファンを魅了し、短縮シーズンとなった1994年には60試合で30本という驚異的ペ200ースでHRを量産し、最終的に111試合で40HRを放ち、HR王を獲得した。

翌シーズン開幕直後、試合中に外野フェンスに激突してチームを離脱。8月に復帰したものの72試合で17HRと自己最低の成績に終わったが、翌シーズンは49HRを放って復活。さらに1997年シーズンは56HR、147打点で二冠王となり、MVPも獲得。

その後3年連連続でHR王を獲得。1999年オフに8年1億3500万ドルの契約を提示されたものの、家族と過ごす時間がほしいのを理由にトレードを志願。その後引き取り手を探すのに手間取ったものの、最終的にシニアが全盛期を過ごしたシンシナティ・レッズに移籍した。

しかし、レッズ入団を機に衰えが始まり、ゴールドグラブ賞受賞が10年連続でストップ。2001年にはオールスター連続選出も11年で止まった。

2002年には肩の脱臼で53試合しか出場できず、40本を当たり前に打った全盛期は見る影もないほど衰えてしまった。

2004年には復調し、オールスターに選出されたものの、直前になって右足を故障。その後故障はさらに悪化し、オフには右足に3本もボルトを埋め込む大手術を行った。

その影響か翌シーズンも開幕直後は不調だったが、徐々に調子を上げていきHRを量産。打率.301、35HRと全盛期並の成績を残し、カムバック賞を受賞した。

翌シーズンはWBCのアメリカ代表に選出。打率.524、3HR,10打点の大暴れを見せたものの、チームは優勝を逃した。

09742006年のオフにバハマで手首を故障。その影響もあって長年守ってきたセンターを若手に譲り、ライトに転向した。

2008年シーズン途中にシカゴ・ホワイトソックスにトレード。さらにオフに古巣マリナーズへ復帰。ライトにはイチローがいたため、今度はDHに転じた。

そのせいもあってかイチローには最初傲慢な態度で接したが、やがて打ち解けて親友となった。

復帰1年目はそれなりの成績を残したものの、続く2010年には33試合しか出場できず、同年限りで現役を引退。引退試合は親友イチローがサヨナラヒットで花を添えた。現在はマリナーズのフロント職に就いている。

マリナーズ史上最高の選手に選ばれ、現在は歴代5位の630HRは言うに及ばず、あらゆる面でビッグな男だった。

エイブリー・ジョンソン ~Little General~

0931ハイスクール時代には35勝無敗という圧倒的活躍でルイジアナ州のチャンピオンに輝き、サウザン大学では1987-1988シーズンにNCAA記録の平均13.3アシストをマークしたジョンソンだったが、180センチの身長が災いしてかドラフトで指名されず、USBLに進んだ。

1988-1989シーズン途中にシアトル・スーパーソニックスと契約。PGとして43試合に出場し、翌シーズンの契約を勝ち取った。

翌シーズンも53試合に出場し、平均3.1アシストを記録したものの、シーズン終了後にデンバー・ナゲッツにトレードで移籍した。

しかしシーズン途中にウェーバーになり、サンアントニオ・スパーズに移籍。しかし翌シーズンにはウェーバーとなり、ヒューストン・ロケッツと10日間のトライアウト契約を結び、そのままシーズンを過ごした。

オフにスパーズと再び移籍し、75試合出場のうち49先発。平均11.6リバウンド、9.9アシスト、1.5スティールの好成績を残した。

翌1993-1994シーズンにゴールデンステート・ウォリアーズに移籍。70先発でスターターの座をつかみ、オフに三度スパーズに復帰した。

ようやくスパーズに腰を落ち着け、1995-1996シーズンにはキャリアハイとなる平均13.1得点、9.6アシスト、1.5スティールを記録。親友の"提督"デビッド・ロビンソンにちなんで"Little General(小さな将軍)"と呼ばれた。

1998-1999シーズンにはNBAチャンピオンに輝き、その後もスパーズのバックコートを引き締めていたが、2001-2002シーズンにナゲッツに移籍。さらにシーズン途中にダラス・マーベリックスに移籍し、翌シーズンはウォリアーズに移籍。同年限りで現役を引退した。

0932翌シーズンからドン・ネルソンHCのもとマブスのコーチに就任。シーズン終了間際にHCに昇格し、16勝2敗の好成績で月間最優秀コーチのタイトルを獲得した。

翌シーズンには60勝22敗の成績で2年目にしてファイナルまで進出。しかしマイアミ・ヒートに4連敗し、マブスの初優勝はお預けとなったが、最優秀コーチ賞を受賞した。

翌シーズンは67勝を記録して地区優勝を達成。翌シーズンも51勝を記録したものの、このシーズンのサウスウェストディビジョンは激戦区で、地区4位に終わり、プレーオフもファーストラウンドで敗退。このシーズンを持って退任した。

その後解説者を務めていたが、2010-2011シーズンからニュージャージー・ネッツのHCに就任。24勝しか記録できなかったが、翌シーズンの巻き返しが期待される。

コーチとしても一流だが、選手としても一流で、背番号6はスパーズの永久欠番となっている。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スマートパス
4大スポーツ列伝 MLB、NFL、NBA、NHLの四大スポーツの選手を紹介しています。フォロー、リンク、リクエスト大歓迎です。
最新コメント
H.I.S.
U-NEXT
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ