2005年03月09日

おうちデリシステム

おうちデリ一例ひとつのものをドーンと食べるより、いろんなものを少しずつちょこちょこ食べるのが好きです。和食のお弁当や、カフェの「日替わりプレートランチ」みたいなもの。
それで私が実践しているのは、名づけて「おうちデリシステム」。なるべく作り置きできそうなお惣菜を、毎回少し多めに作って冷蔵庫にストックしていき、食べるときはそれらを少しずつ一枚のお皿に並べて食べます。
一品なくなったら新たに一品作って、常に5-6種類のお惣菜が常備してある状態にしておくのです。

自分で言うのもなんですが、このシステムはかなりいいことづくめなんです。
毎回食べ切りサイズで料理をするとすると、メインとなるおかずの他に、やっぱりなんとなく1-2品は作らなくてはならない気がしてしまいますよね。そうすると一度にかかる負荷が大きいし、メインと副菜のバランスも考える必要が出てしまいます。
おうちデリシステムでは、一度にたくさんのものを作らなくてもいいし、メインにはならないものを一品作るだけでも、冷蔵庫にある他のお惣菜とあわせてお皿に盛れば、かなり豪華なプレートができあがるんです。
ある程度ストックがあるので、一日二日料理ができない日があっても、いつでもごはんの用意ができているようなもの。やる気と時間のある日にはまとめて3品ほど作っておくこともできます。

いろんなものを少しずつ食べるので、一日30品目とまではいきませんがかなりヘルシーですし、何より飽きがこない。微妙に少しずつ中身が変わっていくのも飽きのこない理由のひとつですよね。
お皿に多種類のお惣菜がのっているのって、お腹だけではなく目も満足するようで、不思議と間食もしなくなって私は痩せました。おうちデリにはたとえば次のようなお惣菜が向いていると思います。

・ひじきの煮物
・きんぴらごぼう
・豚の角煮
・ラタトゥイユ
・キッシュ
・さつまいもとカボチャのサラダ
・ポテトサラダ

温めた方がおいしいお惣菜を先にお皿にのせてチン。
空いているスペースにサラダ類などをのせてワンプレートで食べれば、洗い物も少なくすんで楽チンですよ!
みなさんもぜひお試しを。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/16171299