2005年03月15日

物件めぐり

今住んでいる家は、リビングの陽当たりが悪いことを除いてはとても気に入っていて、さしあたって家をさがさなければならない事情があるわけではないのですが、家やマンションのチラシを見るのはわりと好きで、よく目を通しています。
それで昨日、いつものように入ってきたチラシをぼんやり見ていたら、「これは!」と思う物件をひとつ発見したのです。どうしても詳しい情報が欲しくなり、思わず不動産屋さんに電話して資料を請求してしまいました。
でももらった資料は、広告に載っているものとほとんど変わりません。電話をしたときに「内見もできますよ」と言った不動産屋さんの言葉が頭から離れず、とうとう内見の申し込みまでしてしまいました。

・・・そんなわけで昨日の今日ですが、さっそく行ってきました。
不動産屋に出向いて、物件を見にいくなんて初めての経験です。
私が気に入った物件だけでなく、こちらの希望に合いそうな物件をいくつかピックアップして、ついでにいろいろ見せてもらってきました。
家を探す人は、こうやってたくさんの物件を見ていろいろ悩んで、いちばん自分に合うものを見つけていくんですね。その大変さと楽しさをちょっとだけ体験させてもらうことができました。

さて、私の気に入った物件がどうだったかというと、残念ながらまったくイメージと違うものでした。やはり紙でみる情報と実際で見る情報では大きな隔たりがあるんですね。
「陽当たり良好」と書いてあったのに、実際はそうでもなかったし、利便性という意味では立地は最高でしたが、外観も内装も好きになれず、私をここまで駆り立てた熱は一気にさめたのでした。

今回、他にもいろいろ物件を見せていただいたおかげで、自分が家を買う場合に選択基準となるものの優先順位というのが、少しだけわかってきました。
専門用語についても解説してもらえて、とても勉強になりましたし、不動産屋さんは今すぐ買う気がなくても、希望すればいつでも物件を見につれていってくれます。そうやって普段から目を養っておくことが、自分にぴったりの物件を見つけるのに非常に重要なんだそうです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/16481223