2005年03月22日

おおらか子育て

友人の家に遊びに行ってきました。
旦那さんが長期出張中で、もうすぐ2歳になる息子と2人で仲良く暮らしています。
昔からいつもにこにこして愚痴を言わない子だったけど、子育てもそのまんま。いつものことながらほんとに感心してしまいます。

なかなか思い通りに動いてくれなかったり、やってほしくないことばかりなぜかやりたがったり、子育てしていれば声を荒げたくなることだって絶対にあるはずですが、彼女は終始、たんたんとニコニコとこなしているんです。

眠そうにしていたら「ねんねする?」と一緒にふとんに入るけど、そんなに簡単には寝なくて目がぱっちりしてしまったら、「まだ寝ないかー。」とすぐに起き上がる。
ごはんを途中でやめてしまったら、「さっきおせんべい食べたからあんまりお腹すいてないんだね。じゃあごちそうさまにしよっか。」とお茶をわたす。
早く寝てほしい、とか、もっと食べてほしい、とかそういう大人の都合を押し付けずに、完全に子どものペースに合わせてるんですね。私はまだ子育てをしたことがないけれど、これって想像以上に難しいことですよね、きっと。

前に彼女に教育方針(?)を聞いたところ、「特にはないけど『ダメ』っていう言葉は使わないようにしてるかな。」と言ってました。
たしかに、子どもがテーブルの上のものをわざと床に落としたりしても、彼女の場合は「もう!」とか「ダメでしょ!」とか言わずに、「あーあ」とゆっくり拾ってまた渡してあげます。うーん、天使のようだ・・・。

もちろん、もともとの性格とか性質とかによるところも大きいのだとは思いますが、彼女の息子がいつも機嫌がよく穏やかで、神経質なところがぜんぜんないのは、やはりそんな育て方のおかげでもあるような気がします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/17003301