2006年12月27日

年末な夜

はぁ〜、なんだか楽しかったな〜。
今日はタップの教室の人たちと先生と、レッスンのあと忘年会と称して飲みに行きました。
ほぼメンバーは決まっているものの、みんな毎週来られるわけじゃないし、週によって集まる顔ぶれも違うので、これまで挨拶程度であんまりちゃんとしゃべったことがなかったのです。
気のおけない仲間とギャハハと騒ぐのも楽しいけど、なんていうのか、もっとよく知りたいと思っている人たちとの親しみに満ちた時間がとても心地よかった。
実は私は初めての参加でかすかに緊張していたんだけど、みんな個性的で純粋でおもしろくて、それでいて精神的に成熟した大人な人たちだったので、ちっとも気を遣わずに気持ちよく酔っ払えました。
始まりがもう21時半だったため、2時間後には解散。「よいお年を〜。」「来年もよろしく〜。」って言いながらそれぞれ帰っていきました。
そう、もうそんな時期なんですね。

クリスマスも好きだけど、年末のこの雰囲気が大好き。
クリスマスまではなんとなくそっちでわくわくと浮き足だっているけれど、25日が過ぎるとなんだか急に落ち着いた日本人の気持ちが戻ってきて、忙しいながらもほのぼのした気分になってくる。特に「よいお年を」っていう挨拶はとてもいいと思う。
今日一緒に飲んでいたひとりが「誰か今日富士山見た人いる?すっごくきれいに見えてたんだよ〜!」と言っていたのを思い出して帰り道に空を見上げたら、ものすごい数の星が光ってました。
今日みたいに空気が澄んでいると見える星の数がぜんぜん違う。あんまりきれいなんで、自転車をこぎながら空ばかり見てました。
来年の夏の発表会が楽しみです。  

Posted by balloontrip at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月25日

今年いちばんのショック

年末も押し迫ったところで今年いちばんのショックなニュース。
自転車盗まれたことなんて、テニスが下手くそになっていたことなんて、今思えばたいしたことじゃなかった。
なんと、私が肩こりの救世主として心のよりどころにしていたハリのミヤーイ先生が、今年いっぱいでやめることになってしまったとのこと!ガーン(T_T)

でも、最近ちょっと先生の様子が前と違うと思っていたところだったのです。
あんなにダジャレを飛ばしていたおかしな先生が、最近はめっきり話さなくなって、黙々と仕事をこなしている感じ。前はしゃべりながら、のんびりと1時間くらいかけてやっていたことを、超集中してきっちり30分で終わらせるようにもなってました。
どうしちゃったんだろうとは思ってたのですが、どうやらやっぱり先生の調子がよくなかったみたいです。

とても残念。
でも先生には今まで本当にお疲れさまでしたっていう気持ちでいっぱいです。
なんてったって10年の修行のあと、今の場所に医院をかまえて36年間がんばってきたんですからね。
短い間でしたが私もとてもお世話になりました。やめると聞いたときにはあまりのショックできちんとお礼が言えなかったけれど、最後にもう一度お礼を言いにいけたらと思っています。
先生、ほんとにありがとう。そしてこれからは身体を大切にしながらゆっくり残りの人生を楽しんでくださいね!

・・・とはいえ、やはりショックは大きいです。
私はこれからこの肩こりとどうやってつきあっていったらいいんでしょう、先生(T_T)  
Posted by balloontrip at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月24日

忙しいクリスマス

クリスマス・ディナー
今日はクリスマス・イブ。
だけどなんだかクリスマス、クリスマスって言っていられない忙しい一日でした。
図書館に行かなきゃいけない。大掃除にとりかからないといけない。買い物に行って今日のごはんと明日以降のおかずを作らないといけない・・・。せめて今年は年賀状を早めに終わらせておいてよかった。

そして予想通り、あっという間に一日が終わってしまいました。せっかくのクリスマス・イブなのに〜。
買い物から帰ってきたのがもう18時だったので、それから凝ったクリスマス・ディナーを作るというわけにもいかず、メインはなんとも庶民的に「そぼろ丼」。
でもこの鶏そぼろというのが(夫)の大好物なのです。大好物だということをすっかり忘れていて、しばらく作っていなかったので、まったくクリスマスっぽくはないけどこれをメインにすることにしました。
せめて飾りつけくらいはクリスマスっぽくしようと、さやえんどうでツリーを作ってみたんだけどわかるかな?
あとはキッシュ、たこのトマト煮、いんげんとマッシュルームのサラダです。
キッシュ以外は明日以降のお弁当のおかずでもあります(笑)。

そうそう、買い物の帰りに、最近人に教えてもらった駅前のおしゃれなケーキ屋さんに寄って、ケーキも買ってきました。
コーヒーを飲みながらようやくゆっくりケーキを食べて、メリークリスマス☆
ツリーの下に置いておいたプレゼントを開く楽しい時間です。
(夫)のうちでは子どもの頃、クリスマス・プレゼントは25日の朝にツリーの下に置いてあったそうなので、その風習に従って。
ちなみに私のうちでは、プレゼントは25日の朝に枕元に置いてありました。
もちろん24日の夜に枕元に靴下を置くのを忘れないようにして・・・。
朝起きたときのあのワクワク感はなくなったにしろ、大人になった今も、クリスマスはやっぱり楽しいものですね♪  
Posted by balloontrip at 23:25Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月23日

来年の目標?

友人が出演するダンスの発表会を見に行ってきました。
彼女がやっているのはヒップホップですが、いくつもの教室が合同でやっている発表会だったので、タップありジャズありでとても楽しかった。
そしてなにより、みんながすごく上手だったんです。発表会としてはとてもレベルが高かったと思う。おかげで最初から最後まで見ごたえがありました。
友人もすごく上手でした。踊っているところを初めて見たのでなんか感動。
最近はダンスのことばかり考えているんだそうです。発表会前は、二週連続で金曜の夜から土曜の始発まで徹夜で練習したとか(^^;)。
そこまで打ち込んでの発表会はすごく充実感があるんだろうなぁ。

今回思ったのは、見ていて気持ちのいいダンスというのは、身体がはぎれよくリズムを刻んでいて、しかもその刻みと刻みの間が吸いつくような粘っこい動きでつながっているものなんだということ。
言うのは簡単だけどこれはすごく難しい。なぜならはぎれのよさと粘っこさって性質的には反対のものだから。
でも、これを兼ね備えているとよいものって他にもありそうですね。たとえば楽器の演奏とか、書道とか。
そういえば人生も粘り強さとあきらめが肝心。これもある意味「はぎれのよさと粘っこさ」ですもんね〜。
来年の夏は私の通っているタップの教室でも発表会があります。
ダンスにちなんで来年の目標はこれでいこうかなぁ〜(^^)♪  
Posted by balloontrip at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月19日

蜜たっぷりんご

蜜たっぷりんごりんごがおいしい季節ですね〜
見てください、この蜜がたっぷりのりんご!これはお隣さんにいただいたもの。
どれもほんとに瑞々しくておいしくて、中には蜜で半透明になった部分が半分以上を占めているんじゃないかっていうりんごもあったんですよ。
実はこれが最後の1個なので、ちょっと名残惜しくて写真におさめてみました。
そんなことやってないで、さっさとスーパーでりんごを買ってくればいいんですけどね(笑)。でもスーパーで買ったりんごがこんなにおいしいかどうかはわからないですから・・・。

世の中にはりんごがあんまり好きじゃないという人もいるようです。
そういう人は、りんごのあのシャキシャキした歯ざわりが苦手なんだそうです。
好きな者にとってはあのシャキシャキがまたたまらないし、そもそも味がおいしければ歯ざわりなんてそんなに重要じゃないんじゃないの?なんて一瞬思ってしまうのですが、振り返ってみるとそういえば自分こそ歯ざわり重視派なんでした。
モスのほくほくポテトより、マックのカリカリポテト派だし、おつけものもナスのぬか漬けよりパリパリのたくわんが好き。なんでも堅めで歯ごたえがしっかりしたものが好みなのです。
ごはんの炊き方が硬めか柔らかめかではっきりと好みが分かれるように(私はもちろん硬め派)、りんごだって歯ざわりが気にくわないという人がいてもおかしくないですね。

さ、いつまでも名残り惜しんでいないで、これを食べ終わったらスーパーにりんごを買いに行こうっと。
  
Posted by balloontrip at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月17日

きちんとさんのスイートホーム

結婚おめでとう!
前の会社の友達Tちゃんは「きちんと」した人。
仕事の仕方もきちんとしてたし、会社の机もすっきり整理されてた。
女の子らしくて優しくて、言葉数は少ないんだけど何か迷ったときに「それでいいんじゃないかな。」って言われると、「そっか!それでいいんだな。」と安心できる、そんな人。
そんなTちゃんのおうちに招ばれて、同じくかつての同僚3人と遊びに行ってきました。
そして予想通り、Tちゃんのおうちはとても「きちんと」していました!
ディズニー好きだけあってミッキーとかたくさんいるし、他にもかわいいぬいぐるみや雑貨がたくさん飾ってあるのに、なんかすっきり。台所まわりも、あるべきものがあるべき場所にきっちりしまわれてちっともごちゃごちゃしてない。やっぱりTちゃんはきちんとさんだ!

今日は遊びに行ったひとりの子の結婚祝いの会。
Tちゃんの温かい手料理に舌鼓を打ったあと、みんなで土鍋をプレゼントして、ケーキにろうそくを立ててお祝いしました。おめでとう!
もうひとりの子は8ヵ月半の赤ちゃんを連れて。3ヶ月目、6ヶ月目と見てきて今日は3回目。つかまりだちが嬉しくてしょうがない、ごきげんな男の子です。
そしてもうひとつ幸せだったのは、Tちゃんのおうちの下にいる馬たちをさわらせてもらったこと。Tちゃんの旦那さんは厩務員で、Tちゃんのおうちは厩舎の真上にあるんです。
なんか、まさに優しい二人の「スイートホーム」って感じだったなぁ。
Tちゃん、温かいおもてなし、ほんとにありがとう。  
Posted by balloontrip at 23:19Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月16日

実家のふとん

日曜日に、実家に比較的近い友達のうちに遊びに行くことになっていたので、土曜日に実家に泊まってから行くことにしました。
たったの一日でも、家をあけていくとなるとなんとなく「立つ鳥あとをにごさず」みたいな気分になって、いつもより念入りに掃除してみたりして。
洗濯機を4回乾燥機を2回まわして料理も3品ほど作って、メールチェックして置き手紙して・・・なんてやっていたら出かけるのはすっかり夕方になってしまいました。
でもこれであとは、実家でごはんだしてもらって、両親とおしゃべりして、お風呂に入ってあったかいふとんで寝るだけ、と思うと幸せです

実家のふとんはなぜかとても気持ちがいい。
実家にいたときは特にそんなことを思ったこともなかったけれど、いったん離れてみると、たまに帰ってきて用意してもらったふとんは、軽くて暖かくてなんて気持ちがいいんだろうって思ってしまいます。
母があらかじめ温めておいてくれた部屋で、目覚ましもかけずにふとんにもぐり込むときの幸福感。
ふとんとは普通、気持ちがいいものなのかもしれないけれど、どうもうちのかけぶとんは重たくて何かが違う気がする。ひょっとしてかけすぎなのかなぁ?(4枚)寝る部屋が寒すぎなのかなぁ?(北向き)
ふとんを干した日は太陽の匂いとぬくもりでたしかに幸せな気持ちになれるけど、次の日にはいつものふとんに逆戻りだしね・・・。

ごはんのあと、両親と車で近所のクリスマス・イルミネーションをちょっとだけ眺めに行って、帰ってきて緑茶と一緒にいただきものだという美味しい和菓子を食べて、それからお風呂に入ったり、なんだかんだとお互いに用事を片付けながら母としゃべって、ふとんにもぐり込んだのが夜中の1時半すぎ。
「明日8時に起こしてね〜」と言って、その通りに起こしてもらったけど、気持ちのいいふとんからなかなか出られず、結局起きたのは9時でした。  
Posted by balloontrip at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月15日

落ち葉でおめかし

落ち葉でおめかしクマさんも楽しそう☆
千鳥ヶ渕の桜の木もすっかり葉を落として、いよいよ冬の装いになりました。
少し前まで芸術的に色づいた葉っぱが遊歩道を染めていてそれはそれはきれいだったのに、季節はあっという間にめぐっていきます。
そういえば、落ちてる葉っぱがあんまりきれいだったのでたくさん拾い集めて、うちで押し葉にしておいたんだった。
帰ってきて本の間から一枚一枚とりだしてみたら、予想以上の出来♪拾ったときと同じとは言わないまでも、かなりいい色を残したままきれいにペタンコの押し葉が仕上がっていました。
でも、せっかくのこの押し葉たち、いったいどうしよう・・・?

ということで思いついたのが、クリスマスツリーに飾ってみること。
冬のシンボルでもあるクリスマスツリーを秋色に飾りつけるってのもどうよ(^^;)と思ったけれど強行。
でもやってみたら、白いツリーに赤やオレンジや黄色が映えて案外いい感じになりました。たまにはこんなツリーもいいかも(^^)。
ちょっと華やかになって、飾りのクマさんも心なしか楽しそうじゃない?
どんなに上手にできても、押し葉がきれいなのはやっぱり今年かぎり。それならきれいなうちに飾ってあげたいですもんね。  
Posted by balloontrip at 23:17Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月12日

具だくさんスープ☆

野菜たっぷりスープきのこたっぷりスープ根菜たっぷり豚汁
最近、具だくさんスープにハマってます。
普通の家ではみんな毎日お味噌汁を飲んでいるのでしょうけれど、うちは二人ともあまりお味噌汁に興味がないのでぜんぜん作りません。だからうちの食卓はいつも汁なしなんです。
でもあるとき急に豚汁が飲みたくなって作ったら、それ以来あったかスープのよさにすっかりハマってしまいました。
寒いときのスープって、お腹の中からあったまって必要以上に幸せな気分になれるし、具だくさんのスープをたっぷり作っておくと、毎日の食事がなんとなく豊かになる。
大きなお鍋にまとめて作って、だいたい一週間くらいで食べ終わる感じ。飽きないように、先週は野菜スープだったから今週はクリームスープ、なんて感じで作ってます。
週末のお昼はこのスープにパンだけでも充分満足できるし、作っておくとなにかと便利ですよね。
それになにより、スープは失敗がないのがいいです。適当に冷蔵庫にある野菜をコトコト煮るだけでほんとに優しい味のスープができあがっちゃいますからね。
というわけで、作り方を書くまでもないのだけど、一応参考までに。

<野菜たっぷりスープ>
 ベーコンと玉ねぎを炒めて、そこに手持ちの野菜をなんでも投入。
 写真のスープにはセロリとにんじんとトマトがたっぷり入ってます。
 そこにお水を入れて煮立たせ、ブイヨンとハーブソルトで味を調えます。
 
<きのこたっぷりスープ>
 ベーコンを炒めて、そこにエリンギや舞茸などのキノコ類をたっぷり投入。
 そこにお水を入れて煮立たせ、市販のキノコシチューのルーを溶かし入れます。
 書いてある分量どおりだとシチューになっちゃうので、お水や牛乳でお好みの味に
 なるまでのばしてくださいね。牛乳を足すほどにマイルドな味になります。
 写真のスープにはカボチャも入れたので、ずいぶん黄色くなっちゃいました(^^;)

<根菜たっぷり豚汁>
 だし汁を煮立て、そこに豚肉とお好みの根菜を投入。
 写真の豚汁には、大根、ごぼう、にんじん、玉ねぎが入ってます。カボチャや
 サツマイモやサトイモもおいしいし、そういう何か甘みの出そうなものが入ると
 よりおいしくなる気がします。
 野菜が柔らかくなったら、味噌を溶かしいれてできあがり。味噌を入れてからは
 あまり煮立てないように。

来週はまた白菜と塩豚のスープでも作ろうかなぁ♪もしくは久しぶりにレンズ豆と小松菜のスープもいいなぁ・・・
って考えてるだけでほかほかしてきます。冬はやっぱりスープ、スープ!  
Posted by balloontrip at 22:53Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月11日

スーパーでお買い物♪

海外旅行に行ったときに現地のスーパーマーケットに行くのってすごく楽しいですよね。
でも実は私、普通に日本でスーパーに普段の買い物に行くのも大好き。
買い物リストを作っていっても、「これの他になにか忘れている足りないものはなかったかな〜」なんて、結局すべての棚のあいだをひと通り歩いてみないと気がすまない。
うちが普段使っているスーパーは3つあって、週末に車で行くのが「サミット」か「コープ」、平日に会社の帰りに寄るのが駅前の「オオゼキ」。場所だけの問題じゃなく、それぞれのスーパーに一長一短があるので使い分けているのです。
サミットは大きくて種類が豊富だし、定価より安くなっているものが多くていいんだけど、日曜日の午後は特に混んでいて、駐車場に入るのに車が並んでたりするので時間がかかります。
コープはやっぱり商品自体に安心感がある気がするし、こじんまりしているのでササッと買いものをすませたいときには一番便利。だけど品揃えがイマイチで、ちょっと変わったものとなると置いていないので、スーパーとしての楽しみは少ないかな。
オオゼキはなんといっても駅前で便利だし、コープよりさらに小さいのに品揃えはばっちりで、生鮮食品も安い。ただし狭くてごちゃごちゃしてるので、どんなに買うものがたくさんあっても、カートは使えません。身動きが取れなくなってしまうので素手でがんばります。

というわけでいろいろと長所短所のあるスーパーたちですが、私の中では楽しさ的に「オオゼキ」→「サミット」→「コープ」という明確な序列がついております。
オオゼキはほんとに楽しい。「牛乳だけ買って帰ろう」と思って寄っても、レジまでたどり着く頃にはなぜかカゴがいっぱいになっている不思議なスーパーです。
ただし、最下位となったコープをかばうわけじゃないけれど(笑)、ミニトマトと塩鮭だけは絶対にコープのがおいしい。どうしてかわからないけれど、これは今までの経験上、必ずそうなのです。加えて、(夫)が朝食に食べるヨーグルトも、コープブランドのやつがお気に入りなので、結局サミットでいろいろ買ったあとで、ミニトマトと鮭とヨーグルトだけを買いにコープに行ったりしている私たち。ご苦労なことです(^^;)。

中だけ切れてる!で、今日も帰りにお気に入りのオオゼキでたくさん買い物して帰ってきました。
写真は本日買った立派なゴボウ。2本入りで150円だったのでついつい買ってしまったのですが、立派すぎて自転車で帰るには長くてかなり邪魔。そんなとき、レジで「ゴボウどうしますか?」と聞いてくれるのもオオゼキのいいところ。(←最近知ったサービス)
「切ってください」と頼んだので、お金を払っている間に半分に切ってくれたんだけど、帰ってきて見てびっくり。なんと袋はそのまま、中のごぼうだけすっぱり半分に切れているんです。(写真の「ぼ」と「う」の間に注目。)
どうやったんだろう!お金払うのに夢中で見そびれた〜。普通にナイフを取り出すところまでは見たけど、どうして袋は切れないのか??今度じっくり観察しなければ。
さすがオオゼキ、やっぱりタダモノじゃないね。。。と尊敬の念がさらに強まった私でした。  
Posted by balloontrip at 22:25Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月10日

先の話ですが。

昨日、(夫)がふと「ケータイのカレンダーってどれくらい先まで入れられるんだろう?」と言って、カチカチとカレンダーを進めていったときに見つけたこと。(←ヒマ人)

2009年の9月には5連休があります☆(土曜日が休みの人の場合)

9/19(土)、9/20(日)、9/21(月)敬老の日、9/22(火)国民の休日、9/23(水)秋分の日。わーい♪
ってまだまだ先の話ですけどね。
私、今まで「国民の休日」というのを意識したことがありませんでした。祝日と祝日にはさまれた日は国民の休日としてお休みになるっていう制度があったんですね〜(恥)。言われてみればそんなこともあったような・・・
でも毎年5/4くらいしか該当がないし、その5/4も日曜日だったり憲法記念日の振替休日だったりで、「国民の休日」としてお休みになる機会は案外少ないんですよね。
ちなみにウィキペディアによると、来年(2007年)にまた祝日法の一部改正があって、4/29は「昭和の日」、5/4は「みどりの日」という祝日になるから、5/4が「国民の休日」になるのは今年が最後だったようですよ。法律もいろいろと忙しいのね。

そして9月に「国民の休日」が出現するのは、1985年に「国民の休日」という制度ができてから、今度の2009年が初めてだそうです。
まぁたしかに、ハッピーマンデー制度で敬老の日が第3月曜日になったのが2003年。それまでは5/4以外に「国民の休日」はあり得なかったわけですもんね。
そう考えると、そもそもどうして「国民の休日」なんて制度を作ったんでしょう?なんて疑問もわきますが、まぁそれはそれ。貴重なお休みは素直に喜ぶことにしましょう。

ということで3年も先の9月の5連休に興奮して、そういえばケータイのカレンダーがどこまで入力可能かについては不明なまま(笑)。
誰かヒマなときに突き止めてくださ〜い。  
Posted by balloontrip at 23:15Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月09日

みんなが喜ぶプレゼント?

孫たちの手づくりカードに喜ぶ父今日はうちの父のちょっとしたお祝いごとで久しぶりに家族全員が集まりました。
祖母、両親、姉家族、兄家族、私たち夫婦の総勢12名。
女同士だからか家が比較的近いからか、姉の方とはちょこちょこ会っているけれど、私が兄と前回会ったのは1年以上前。そして結婚してもう5年以上たつのに、(夫)がうちの兄に会うのはなんと今回が二度目です。しかも一度目はかれこれ4年半も前のこと。うちの兄は私たちの結婚式にも、海外にいたため出席していないのです・・・。
子どもの頃は完全なお兄ちゃんっ子で、いつでもお兄ちゃんのあとにひっついて、一挙手一投足までマネして歩いてたものですが、大人になればこんなもんです(^^;)。

そして今日は父のお祝いなので、みんなで何かあげようということになり、何にしようか迷ったあげく、姉の旦那さんの発案で任天堂のDSにしました。ボケ防止になりそうなソフトもふたつくっつけて完璧です(笑)。
自分たちであげておいてナンだけど、これってとってもナイスアイデア☆
今や電車の中でDSに夢中になっている大人も見かけることだし、大人も子どもも楽しめるうえに、2台あれば大人と子どもが対戦することだって可能。おじいちゃんと孫のいいコミュニケーション・ツールになること間違いなしです。
ただし、クリスマス前のこの時期だからなのか、DSがどこにも売ってない!すごい人気なんですねぇ!まぁ、世の子どもたちだけじゃなく大人にまでこれだけ人気なんだから、さもありなんですが。
そしてここでまた姉の旦那さんが大活躍。ネットでなんとか見つけて購入にこぎつけてくれました。ほんとにありがと〜(>_<)!

さて、DSをもらってみんなにお祝いしてもらった父はとても嬉しそうでした。ほんとかウソか、「ちょうど欲しいと思ってたんだよ〜。」なんて言ってました。
写真は孫たちからの手づくりカードに喜ぶ父。(のうしろ姿。)

誰かにあげるプレゼントに迷ってる方、今年はDSにしてみてはいかがでしょうか?年齢性別問わず、喜ばれる可能性高いと思いますよ〜。
(ただし入手困難なので注意^^;)  
Posted by balloontrip at 22:24Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月03日

衝動リクエスト

今年のクリスマスプレゼントは何にしようかな〜、と思ってました。
もともと洋服やアクセサリーやメークなどにはそれほど執着しない性質なので、自分で選べるプレゼントとなると、案外何も浮かばなかったりするのです。雑貨屋さんなんかを見ているときは、欲しいと思うものがたくさんあるんですけどね。
今年は何も浮かばなかったら、タップシューズにしようかなぁと思ってました。
週に一度だけとはいえ、よく考えたら最初に買ったシューズをもう3年も使ってる。
かかとの金属部分をとめているネジが若干ゆるんできていて、締め直したいんだけどネジ頭が磨り減ってつるつるになっているのでドライバも使えない状態。普通はそんな風になる前に定期的にちゃんと締めておくものなんですけど・・・(-_-;)。

話は変わって、うちの近所(車で10分くらい?)のところに新しいお店ができたということで、案内のハガキが届きました。
私が吉祥寺に行けば必ず寄る「MIYAKE」というお店の3Fに、「Jubilee Market」というアンティーク家具と雑貨のフロアがあるのですが、その「Jubilee Market」のOUTLET店というのが、人見街道沿いに新しくオープンしたというのです。
これは必ずや行かねば!ということで、さっそく行ってみました。

あぁ〜楽しかったぁ〜(>_<)!まさにこういうお店を求めていました!!
さほど広くない店内に適当に並べられた古い木の家具の数々。アンティーク家具ばかりではなく、新品のものも多少置いてありましたが、メーカーでもう廃番になったものの最後のひとつだったり、どれもなんとなく懐かしいような味のあるデザインのものばかり。しかもOUTLET店というだけあって、どれも安いのです。
たとえば古いテーブルの表面にわりと大きな傷がついていたりして、普通なら表面を削ってきれいにリメークしたあと、「Jubelee Market」で8万くらいで売るところを、リメークしない代わりに3万円で売っていたり。
古いものは古いというだけで値が高くなりがちだけど、ここでは手が届く価格設定なだけにどれも「ねらえる圏内」にあって、ほんとに楽しい。
ただし、買ってしまったらいったいどこに置くの?っていうことで買えないものが多いんですけどね(^^;)。

でも、見ているうちにどうしても欲しくなってしまったチェストがありました。
3つの引き出しがついた小さなチェストで、どっしりしたシンプルな形と、深みのあるこげ茶色と、取っ手の銀色がなんともいえずいいのです。どんな部屋にも合いそうなシンプルさなのに、すごく存在感がある感じ。
アンティークでもなんでもなく、どこかのメーカーの新品のものですが、この形のものはもう廃番になっているそう。そう聞くと、もし次に来たときにもうなかったら後悔するかも〜、なんていう典型的な衝動買いの思考回路にとりつかれ、悩むことしばし。
そしてハッとひらめいた。「そうだ!今年のクリスマスプレゼントはこれにしよう!」
悩む私の横にいた(夫;)は、自分は関係ないと思っていたのに突然巻き込まれてびっくりです。
衝動買いならず、衝動クリスマスプレゼント・リクエスト(笑)。
こうしてチェストは無事我が家にやってきました。めでたし、めでたし(?)。
また次のお宝を探しにちょくちょくのぞきに行こうと思います♪  
Posted by balloontrip at 23:27Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月02日

寒くてあったかい一日

innoの美味しいパンたちハンモックでゆらゆら♪天使のほほえみ☆
Cちゃんが八ヶ岳に引越ししてからもう1年半が過ぎました。
林の中に中古のおうちを買って、去年の春から旦那さんと黒ラブ1匹と住み始めたのです。
そして今年の夏、八ヶ岳のおうちに家族がひとり増えました☆
遅れ馳せながら、今日はその新しい仲間にご挨拶に。ついでに(?)新しい土地で新しい人たちとかかわりながら、のんびり子育てをしているCちゃんの様子もうかがってきました。

前回私がCちゃんを訪ねたのは去年の夏。緑がまぶしくて陽射しが爽やかな気持ちのいい夏の八ヶ岳でした。引越してからまだ半年もたっていなかったCちゃんは、昼間は私の喜びそうないろんな場所に案内してくれて、夜はキャンドルをたいて夜中までしゃべったっけ。
今回は季節ががらりと変わって、八ヶ岳はもう冬の入り口でした。お天気がよかったので昼間は比較的暖かかったけれど、吹く風がやっぱり冷たくて、部屋の中では薪ストーブをたいてました。
本物の薪ストーブはガスストーブなんかとは違って、じんわりと部屋全体が温まる感じでとても快適。陽のふりそそぐ窓辺にいると、外が寒いことを忘れてしまいます。
そしてもちろん、前回との一番の違いは季節ではなく、家の中に赤ちゃんがいるということ!
前回はお腹の中に存在すらしていなかったのに、今はこうしてCちゃんに抱っこされてCちゃんの赤ちゃんがいる。不思議なようだけど、赤ちゃんとお母さんを見るといつでも、とてもしっくりくる感じがするのはどうしてでしょうね。

お昼前に着いた私をCちゃんが駅まで迎えにきてくれて、まずは石釜のすてきなパン屋さん「inno」で食料調達。どれもこれも本当においしそうで、「これ、まさか二人で食べるわけじゃないよね?」っていう大量のパンを買い込んでCちゃんのおうちへ。
そして暖かい部屋で、コーヒー飲んだりしゃべったり、紅茶飲んだり笑ったりしながら、驚いたことにすべてふたりでたいらげてしまいました。でも、言い訳なんだけど、どれもこれも本当においしいパンだったんです。

その間、Cちゃんの赤ちゃんはほとんどずっと起きていたけれど、これまた一度も泣いたりぐずったりせず、ほんとに穏やかで落ち着いた子でした。
今回はCちゃんの了解をもらって写真も掲載。一番右の写真は、何度みても幸せになれる今日の私の最高傑作です。まさに天使のほほえみ・・・☆
親に頼ったりすることもなく、ときには地元の業者のサービスを上手く利用したりしながら、一生懸命に、でもゆったりとこの地域に腰をすえて子育てをしているCちゃんはほんとにすごいなと思う。そんなCちゃんに愛情いっぱい育てられているからこんなにいい子になったのかな。

今回、私がいる間に電話が二回、チャイムが二回鳴りました。
電話は一本がCちゃんのお母さん。もう一本が東京と行ったり来たりしているという近所のおばさま。こちらは取りそびれて留守電になったら、「また一週間こちらにいるので、何かあったらどうぞ。」という親切なメッセージを残して切れました。
チャイムはひとつが断水工事のお知らせ。もうひとつは宅配便で、なんともきれいな真っ赤なりんごが届いてました。(←Cちゃんがおみやげにいくつか持たせてくれました♪)
前回ここに来たときも、少しずつ地域になじみ始めたCちゃんを見て尊敬したものだけど、今回はさらにしっかりと根をおろし始めたCちゃんの姿を垣間見た感じ。

しゃべりすぎて、気づいたらすっかり真っ暗。そろそろ帰ろうと家を出ると、昼間あんなにいいお天気だったのにポツポツとかすかに雨が降り始めていました。
駅まで送ってもらい、さすがに冷え込み始めたホームで電車を待っていたら、すでに空からの水滴が雪まじりに。
ひょっとしてこれ初雪かなぁ?なんて思いながら、さっきまでのぬくぬくした時間が対照的によみがえってきて、また幸せな気持ちになりました。  
Posted by balloontrip at 22:29Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月01日

午後半のしあわせ

色づく千鳥ヶ渕自然の作る芸術大銀杏!
宝石関係の仕事をしている甲府の友人がアクセサリーの出展で東京にいるというので、今日は急遽、午後半休をもらって会場に顔を見に行ってきました。ちょうどここのところ仕事のスケジュールに余裕があって、今のうちにお休みでももらおうかと思っていたところだったのです。
しかも今日みたいに天気がよくて気持ちのいい日に午後半を取るのって大好き。
今年は遅かったけれど千鳥ヶ渕もすっかり秋色に染まって、散り敷かれた桜の葉っぱがほんとにきれい。靖国通りのイチョウもいよいよ金色に輝いて青空に映えていました。
桜の紅葉ってすごく不思議で、枝についている葉っぱはまだそれほどきれいじゃないんだけれど、下に落ちてる葉っぱは息をのむくらい芸術的な色になってるんです。もみじとかカエデとか、普通は枝についているときが一番きれいな色な気がするのに、ほんとに不思議。
あんまりきれいなので、思わずたくさん拾い集めちゃいました。今年はきれいな押し葉がたくさんできそうです。

前の会社のときも、たまに午後半を取るとお気に入りのお店でゆっくりランチして、それから「平日の午後」を堪能するのが楽しみでした。
今日もまずは千鳥ヶ渕の入り口にあるコーヒーのおいしいお店に入り、のんびりとランチタイム。
それから友人Eのいる水道橋のプリズム・ホールに向かいました。
プランタンが商品提供している千趣会のセール会場。これまでは単価の低いアクセサリーしか出していなかったのを、今回は新しい試みでジュエリーを使ったアクセサリーも出すことになり、Eのところにも声がかかったとのこと。行ってみると、入り口のすぐ近くの一角でEが販売員として働いておりました。

少ししゃべってから、広い会場をぐるり一周。洋服、カバン、靴、それに下着やタオルなんかもあって、最初はさらっと見てすぐに帰るつもりだったのに、だんだん楽しくなってきてしまい、結局2時間近くうろうろしてました。
そんなことをしているうちに、Eから「まだいる?」と電話が入り、休憩に入るとのことなので一緒にお茶することに。
短い時間だったけれどほんとに楽しいお茶だった。大学のときの友人と過ごす時間はいつも、一点の曇りもなく楽しい。こんな仲間がいて幸せです。

外に出たらすっかり真っ暗で、東京ドームまでの通路がクリスマスのイルミネーションでぴかぴかに飾られていました。
そういえば今日から12月。今年ももうすぐ終わりですね。
なんだかとてもいい一日でした。  
Posted by balloontrip at 23:09Comments(2)TrackBack(0)