2007年04月30日

手打ちうどんの会

粉をこねるめんつゆを作る生地を踏む
生地をのばす生地を切るできあがり!
今日は姉のうちで手打ちうどんの会が開催されました。
パンや肉まんなら作ったことあるけど、うどんを打つのは初めてです
集まったのは姉家族、両親、祖母、それに私たちの総勢8人(内子ども1人)。
といっても、実際に生地をこねたり踏んだり伸ばしたりという作業をしたのは、小学校2年生になったばかりのかなりんのみ。火と刃を使う作業以外の部分で大人が手を出すことはほとんど許されず、でもせっかくの手打ちうどん体験なので、私はかなりんのすきを見てはなんだかんだと理由をつけてちょこちょこと手を出させていただきました(笑)

,泙困亙瓦吠量の水を3回に分けて入れ、そのたびによーくこねる。
∪乎呂まとまって耳たぶくらいの固さになったら、1時間寝かせる。
生地を寝かせている間にめんつゆを作る。
 私とかなりんはこの間に近所に散歩に行き、道端(厳密には他人んち?)で赤く
 熟れていた野いちごを手のひらいっぱいに摘んできました。甘くてびっくりでした☆
た欧せた生地を10分間、まんべんなく踏んでコシを出す。
ダ乎呂2〜3mmの厚さになるまで伸ばす。麺棒に巻きつけて転がすとうまく伸びる。
Δ燭辰廚蠅搬任訴瓦鬚靴得乎呂鬚燭燭漾5mm幅に切る。
Чイ澆慮任気砲罎任襦
┐任あがり〜♪

手打ちならではで太さも長さもバラバラだけど、それがまぁ手打ちのいいところでもあるわけで。けっこう体力勝負だし時間もかかったけど、労働の成果を自分の舌で確かめられるという喜びはやっぱり格別でした。モチモチして美味しかったです!
今日一番がんばったかなりんいわく。
「こんなに時間かけて作ったのに、食べるのはあっという間なんだね〜。」
そのとおり。そしてこれはうどんに限らず、主婦の普段の料理についても言えることですよね〜。  

Posted by balloontrip at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月28日

ケータイ計算機

最近しめしめと思ってること。
それは私の雑貨好きが(夫)にもじわじわと伝染してきたことです。
もともと文房具好きではあったけれど、私みたいにわざわざ雑貨屋さんをはしごしてまで、お気に入りとの出会いを探したりするほどではなかった。
それが最近では、雑誌に載っていた気になる雑貨屋さんに自分から行こうって言い出すくらいの立派な雑貨好きに育ちました。う〜んすばらしい。大変好ましく歓迎すべき傾向です!

そして今日は(夫)の提案で、二子玉川の高島屋へ。お目当ては南館の5Fにある「RESIDENT'S」という雑貨屋さんです。
大人の書斎をイメージしたかっこいい文房具やデザイナーもののオブジェなんかのほか、たとえば日本の名産品を持ったマトリョーシカ(かわいい!)とか、日本製海外製を問わずちょっと遊び心のある雑貨がいっぱいのすごく楽しいお店でした。

ケータイみたいな計算機本日、(夫)はここでこんな計算機を買いました。
これ、見た目もかわいいけど実用的にもすごく便利そうです。
縦12cm x 横4cmというサイズがなんとも持ちやすく、ケータイでメール打つみたいに片手でちょちょっと計算できる。軽くてスリムだから、海外旅行に行くときにかばんに放りこんでおけばレート計算なんかに便利ですよね。
かわいいケースとはひもでつながってるので、出し入れも楽で失くす心配もナシ。
いいじゃない、いいじゃな〜い。やっぱり雑貨は楽しいよね〜。その調子〜♪

ということで、(夫)も雑貨好きになってくれるとこうやって一緒に楽しめるし、自分の趣味で雑貨を見て回るときにもあんまり気がねしなくてよいというのがうれしい私でした。
ま、今までもあんまり気がねしてなかったけどね(笑)  
Posted by balloontrip at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月21日

誕生日のゆううつ

本日をもって35歳になりました。

誕生日を迎えた瞬間、(夫)は仕事でまだ帰っておらず、私はおうちでひとりでパンツを干しておりました(笑)
トイレに行ったら生理が始まっており、お風呂に入ったら足がつりました。
なんだか今年もいやな予感・・・。

そう。毎年私は誕生日当日、ひどく気分がどんよりするのです。
とても恥ずかしい話だけれど、今日はこの問題について正直に書いてみようと思います。
気分が落ち込むのは歳をとるのがいやだから、ではありません。
もちろん歳をとるのはいやだけど、でも年齢相応に楽しいこともあるし、そんなことでブルーになったりはしません。
そういうことじゃなくて、原因は私の誕生日というものに対する思い入れが強すぎること。
自分でも本当に子どもじみていてバカみたいだと思うんだけど、どうしてもその日が特別な一日のような気がしてしまうのです。
だから、昨日までと変わらない普通の一日が始まることが、とても不満に思えてしまう。
毎日している普通のことが誕生日の日だけはなにもかもいやになってしまう。
「どうして私がゴミ出ししなくちゃいけないの?誕生日なのに。」
「どうして私が朝ごはん作らなくちゃいけないの?誕生日なのに。」
なんで?どうして?!誕生日なのに!!って・・・(笑)

あーもう、書いてて恥ずかしい。本当は自分でもわかってるんです。
今日が他の普通の日と変わらない、365日のうちの1日だってことくらい。
こんなこと、とても35歳になった人間が考えることじゃないですよね。
だけどなぜか、当日だけはどうしてもそういうふうに割り切れない。
前日まではそんなこと夢にも思わないし、次の日からはなんでもない平和な一日に感謝と幸せを感じる毎日に戻れるのに、どうしてもどうしても当日だけはだめなんです。
だから誕生日は自分にとってすごく楽しみで特別な一日にもかかわらず、この変な憂鬱感から逃れたくて「早く今日が終わらないかなぁ」なんて思ってしまう。
ほんとにバカみたいですね。
ときどき友達で「お誕生日おめでとう!」ってメールを送ると「メールもらうまですっかり忘れてた!」なんていう人がいますが、私はそういう人がうらやましくてしょうがありません。
私も一生に一度でいいから、自分の誕生日を忘れてみたい・・・。

誤解されたくないのは、自分が自分の誕生日を特別だと思っているからって、他人にもそれを求めているわけではないってこと。あたりまえですけど(^^;)
人の誕生日なんて、しょせん人の誕生日。もちろん誰かに何かを求めているわけではなく、あくまでも自分が克服すべき自分の中の問題です。
ただ、それだけに毎年覚えててメールを送ってくれる友人たちは本当にありがたいし優しいなぁと思う。だって普通じゃできない、すごーく特別なことをしてくれているんだもの。その日に私のことを思い出してくれただけでも奇蹟みたいなことです。
だから、そんなメールをもらうたびに、さすがの私も憂鬱な気持ちがほどけていくのがわかります。たぶんみんなが思っている以上に私の心には沁みてます。

New Tap Shose♪つま先とかかとにチップがついてます
今年はお誕生日に新しいタップシューズを買ってもらいました!
タップシューズなんて必需品で消耗品だから、誕生日プレゼントとしてもらうのはつまらないかなぁ?と思っていたけれど大間違い。もらった瞬間からうれしくてうれしくてワクワクしてしまいました。
たとえて言うなら、ランドセルを買ってもらった一年生みたいな気分です。
浅草橋でタップシューズを買ってぶらぶらし、吉祥寺に場所を移してまたぶらぶらし、久しぶりにふたりでのんびりお酒を飲んで帰ってきました。
憂鬱だ憂鬱だって思いつつ、振り返ってみればとても充実した楽しい一日でした。
みんなにほんとに感謝です。
私もそろそろ大人になって、こんなばかげた気持ちになるのは今年で終わりにします。
ということで来年の目標:自分の誕生日を忘れる!(・・・無理。笑)  
Posted by balloontrip at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

2007年04月20日

至福の和食ランチ

以前から何度も言うように、うちの会社のまわりにはほんとに食べるお店が少ない。
食べるお店に限らず、コンビニ、銀行、郵便局など、近くにあれば便利♪ってものがことごとくありません。
さすがにコンビニなら10分圏内に2、3軒はあるけれど、銀行、郵便局は確実に15分は必要。そうすると往復だけで30分。昼休み終わっちゃいますって・・・

・・・と、毎度の愚痴はここまで。選択肢の少ないこの界隈にあって、久しぶりに満足度の高いお店でランチしたので、今日はそのご報告です。
さくらさくら」というとても感じのいい和食のお店。おいしいと評判だったので気にはなっていたのですが、なんとなく高そうな気がして行ったことがなかったのです。
行ってみれば、ランチは1,470円。もう少し高いのもありましたが、1,470円のランチだけでも3種類ほどの中から選べます。
たしかに毎日行くには高いけれど、たまに行くなら許せるお値段てとこでしょうか。

でもランチを食べ終わって出てきたときには、この気持ちに若干変化がありました。
「これで1,470円は安いかも〜!!」
だって、お膳に主菜、副菜、お豆腐、お造り、サラダが並び、これにごはんとお味噌汁がついてくるんです。そしてなによりどれも味がとてもよい。
今回私が食べたのは、塩で食べるトンカツのお膳。サックサクですごくおいしかった。
お豆腐も豆腐好きにはたまらない味だったし、お造りのタコと湯葉はどちらも誇張なしに最高でした。黒米入りのほんのり桜色のごはんといい、ほっとする味の赤だしのお味噌汁といい、どれもこれもすばらしい。
こんなにたくさん食べているのに、ヘルシーでなんだか体にいい感じがするところもポイント高いです。
あ〜満腹って立ち上がろうとしたら、さらにデザートが。しかも大好きなわらび餅!自家製だけあってこれも文句なくおいしかったです。
これで1,470円はやっぱり安いですよね?

ちなみに店内の雰囲気もすごくいいです。
背筋の伸びた職人さんを思わせるきりっとした内装。だけどコーナーにはちょっとした和の小物がセンスよくかわいく飾ってあったり。
会社の近く(って10分くらいはかかるけど^^;)にこんなお店があったことがうれしい。
どの駅からも遠くてちょっと不便だけれど、何かの機会があって近くに来ることがあれば、みなさんもぜひ、ここでランチしてみてくださいね〜。  
Posted by balloontrip at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月15日

今週のプレート

4/15〜のプレート
週末はいつも一週間分をまとめて料理。
5〜6品を多めに作って、毎日こうやってプレートに少しずつのっけて食べます。
このプレートが彩りよくできたときは、栄養的にもバランスが整っていることが多いので、メニューもそうやって考えます。
今週のプレート:

ハンバーグ
タコとかぼちゃのトマト煮
長イモの煮物
ひじきの煮物
かぶとツナの温サラダ
キャベツときゅうりのサラダ

生野菜や汁の多いもの以外は、そっくり毎日のお弁当の中身になります。
だからほぼ一週間、昼も夜も同じメニューなの(^^;)でも自分で作ったものは毎日同じでも飽きないから不思議ですよね。
お弁当にはあと、塩鮭とミニトマトを付けます。
週末の夕方は3時間ほど台所にこもりっきりで大変だけど、これで一週間の食事がまかなえるかと思えば楽なもんです。
さてさて、来週はなに作ろうかな〜。  
Posted by balloontrip at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月14日

タップ+α

タップ友達のY子ちゃんは、以前の教室のときの友達。
違う教室に通うようになって1年半がたちますが、今でもときどき誘い合ってはタップのイベントを見にいったり、あるいはただ美味しいものを食べに行ったりします。
Y子ちゃんとは美味しいと思うものの感覚が似ているだけでなく、それに付随する金銭感覚もなんとなく合う。そんなにおいしいならこれくらいは出してもいいな、とか、いくらおいしくてもそこまでは出せないな、とかいうラインが、口に出したことはないけどたぶん一緒なんだと思う。

今日はY子ちゃんと「NATIONAL TAP DAY」という、タップの講師をしている人やその教室の上級者たちが出るイベントを見に行ってきました。
場所は芝公園のメルパルクホール。18時半開演だったので、その前に夕飯を食べてしまうのも早すぎるということで、17時過ぎに待ち合わせしてまずはケーキとお茶。それからタップを見て、終わってから食事をして帰ることにしました。Y子ちゃんと出かけるときは、ついでにおいしいものを食べる、というプラスアルファの目的も欠かせないのです(笑)
いつもはたいていY子ちゃんがお店を決めてくれるのですが、今回はふたりともあまり行ったことのない場所だったので、私がお店を調べてよさげなところをピックアップしてみました。

最初にお茶をしに行ったのは、「UNE PETITE MAISON」。清潔感のあるウッディな明るい店内で、お店の一角ではセンスのいい雑貨も売っていました。
手づくりのケーキは一種類しか残ってなかったけどとてもおいしかったし、コーヒーもきちんと淹れてあって満足の味。しかもグルナビのクーポンを出すと通常730円のケーキセットが500円に!730円でも安い方なのに〜。
そしてタップを見終わったあとにごはんを食べに行ったのは、先ほどケーキを食べたお店にほど近い「CABOT CAFE」。
土曜日だからなのか心配になるほどお客さんは少なかったけど、内装、メニュー、味、量、値段、どれをとっても満足なお店でした。芝公園に用があったらまた寄りたい。

最後になったけど、今日のメインはやっぱりタップ。
以前に習っていた教室の先生と知っている上級者の人たちが何人か出ていたのもあって見に来たのですが、パンフレットを買って見ていたら、なんと今習っている先生も出てました!なんかすごく得した気分〜。
ひいき目もあるかもしれないけど、やっぱりかっこよかった。大勢の中で踊っていてもひときわ動きがきびきびしてて、あの先生に習ってるのかと思ったらちょっとうれしくなりました。
あー私も発表会がんばろうっと!!(←影響されやすい人)  
Posted by balloontrip at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月13日

Tさんの最終日

私の苦手なことのひとつ。
会社を辞める人が「お世話になりました」ってひとりひとりの机をまわってくること。
だんだん自分のところに近づいてくるにつれ、悲しくて悲しくてしょうがなくなる。
仕事をしながらもぜんぜん集中できなくなって、涙が勝手にじわじわでてくる。
いい歳して人前で泣くなんて恥ずかしいけど、自分でもどうしようもないのです。
どうにかできるもんなら、ほんとにどうにかしたい。
自分のことだけ考えていいなら、誰かがやめる最終日にはほんとは会社を休みたい。
そして、そんなことまで思ってしまう子どもじみた自分が心から情けない。。。

今日は、会社で仲良くなったTさんの最終日でした。
夕方が近づくにつれ憂鬱な気持ちになったけど、今日は仕事が終わったあといつもの3人(Tさん、Kさん、私)で飲みに行くことになっていて、それがほんとに楽しみだったので、会社を休みたいとは思いませんでした(笑)
Tさんは最終日だというのに仕事がたてこんでいて、おまけに挨拶に回ったり私物の片付けもやらなくちゃならなかったので、結局お店に入ったのは20時半頃。
今回は九段下にある、カジュアルでかわいらしいフレンチのお店「ル・プティ・トノー」で、Tさんの送別会兼、Kさんの結婚お祝い会をささやかにとりおこないました。
小さなお店なので、テーブルとテーブルの間がせまくて若干落ち着かない感もありますが、料理はおいしいし、山本晋也監督似のフランス人の店長(たぶん)は気さくでおもしろいし、そこで食事をする人たちをますます親密にしてくれるようなアットホームな雰囲気がお店中に満ち満ちています。

そんな中で私たちも時間を忘れてしゃべったり笑ったり。驚愕のニュースなんかもあって大盛り上がりでした。
最後にデザートを頼んで、お互いに用意していたプレゼントを渡しあいっこ。
気づいたら「終電間に合うかな?!」って時間になってました。こんな心配したの久しぶりです。
こんなに楽しかったのに、こうして飲めるのも最後だなんて・・・なんか実感わかないなぁ。
でも駅でTさんに手を振ったら、さすがに寂しくなりました。
別にもう会えないってわけでもないし、たぶん近いうちに会えると思うんだけど、それでもやっぱり寂しくなった。やっぱりこういうのは苦手です。
Tさん、元気でね〜(T_T)  
Posted by balloontrip at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月11日

発表会にむけて

ならっているタップダンスの教室で、2〜3週前から発表会用の練習がはじまりました。
いつもはその日限りの振りつけを、その場でならって最後にあわせておしまい。
かっこいい振りをならった日なんかは、一日限りですぐ忘れちゃうのがもったいない感じなんだけど、別に忘れてしまっても誰も困らないからOK。
でもこれからは、その日ならった振りはしっかり頭に入れて体でおぼえて定着させていかないと、毎回それに加えてどんどん進んでいくので大変です。
発表会に出るほかの人たちも急に真剣みが増して、レッスンが終わったあともみんな居残って練習。家に帰って忘れちゃったらどうしようもないですからね。
何人かの人は忘れないようにデジタルビデオ持ってきて、その日にならった部分を先生に踊ってもらって録画してました。かしこ〜い!(っていうか、前回は先生も自分で忘れないようにケータイで録画してたな。笑)

私としては、せっかく覚えた振りを忘れちゃうのはもったいないから、こうやって次々に積み重ねていく練習の方が好きです。
だけど、仕事帰りに19時からのレッスンで、先生も発表会モードに入って熱心さが増しているので終わるのが21時半近く。それからちょっと居残り練習して22時くらいに教室を出てくると、さすがにくったくたです。
発表会まであと3ヶ月。体が持つかしらん。。。(^^;)
でも自主的にみんなで集まってやったりしないかぎり、基本的には週に一度のレッスンですべてを仕上げていかなければいけないので、長いようだけどあまり時間はないんですよね。
発表会に出る人たちの中ではたぶん、私がいちばん新米(歳は上から数えた方が早いけどさ)なので、迷惑かけないようにがんばろうと思います。
最近仕事が忙しくなってきたけど、なんとか水曜日は残業せずにタップに行けますように!!  
Posted by balloontrip at 23:43Comments(5)TrackBack(0)

2007年04月09日

絶対!いらないお土産

島根に行くことになったので、つまきにメールした。
「島根でなんか買ってきてほしいものある?」って。

つまきは東京大好きの根っからの江戸っ子だったけど、たまたま旦那さんの転勤で1年間米子(鳥取県)に住んだら、そこが心から気に入ってしまい、東京に帰ってきた今も米子を心のふるさとだと思っている。
まったく縁もゆかりもない土地で、こんなにも水を得た魚のようにイキイキと暮らし、全身全霊でその土地を愛するようになった人をみたのは初めてです(^^)。
残念ながら(?)たったの1年で東京に帰ることになったんだけど、そこで出会った自然や優しい人たちからもらったエネルギーをもとに、最近のつまきはますますパワーアップ。くわしくはつまきの米子大好きパワー全開ブログ「ヨナゴリアン日記」をご参照あれ。

というわけで、前置きが長くなったけれど、お隣の県に行くからにはやっぱり声をかけておかないと、とメールをしたわけです。
そしたらさんざん迷ったあげくに、その店で一番「こ、これはいらねぇ!」っていうもの買ってきて、だって(笑)。つまきのこういうセンスがとても好き。
そしてこんなにもやりがいのあるタスクを与えられた私が、がぜん張りきったことは言うまでもありません。忙しい4日間だったけど、帰りの空港でこれを買うのを楽しみにがんばりました(笑)

実際、空港で選んでいるときの楽しかったことといったら。だって、小さなお店なのに条件に合う選択肢がいっぱい(笑)
「その店で一番センスのいいもの買ってきて」って言われたら苦痛でしかなかったかもしれないおみやげ選びが、こんなにも楽しくなっちゃうんだから。
そして今、私は自分が買ったおみやげにとても自信を持っています。
つまきもこのブログを読むかもしれないのでここでは明かせないけど、このうえなくセンスの悪いおみやげ、という点では絶対に満足してもらえるはず。
最初に「これは!」っていう強烈なのを見つけたんだけど、見てるうちに愛着がわいてきて、これじゃうっかりつまきに気に入られちゃうかも!と心配になり、念のためもうひとつ別の「間違いなくいらない!」ものを追加購入。友情の証として、念には念を入れました。
あー早く渡して「うわ、いらねぇ〜〜!!」って言われたい(笑)  
Posted by balloontrip at 23:25Comments(2)TrackBack(0)

2007年04月06日

島根の春

用事があって、今日と月曜日にお休みをもらい、(夫)の両親のいる島根にかえりました。
いつも島根に行くときは、タクシーで調布まで行き、高速バスで羽田まで行き、飛行機に乗って出雲まで行きます。
今回ももちろんそのつもりで、高速バスも予約しておいたのですが、大いなる誤算がありました。

タクシー会社が家の近くにあるので、いつもなら電話すると3分もしないで来てくれるのですが、一応余裕をみて、出ようと思った時間の10分前くらいに電話したら、話中でつながらない。
それから10分間ずっとかけつづけたけど、ずーっと話中。だんだん焦ってきて、このまま家にいても仕方がないので、とりあえず大きな荷物を抱えて走りながらかけつづけたけど、やっぱり話中。
今までは年末年始に帰るばかりで、平日の朝にタクシーを呼ぶことなんてなかったから、こんなに混んでいるなんて想像してませんでした(>_<)
タクシー会社まで走っていっても、車がないと言われたらどうしようもないので、とりあえず駅に向かってバス通りを走りながら(もちろん電話はかけつづけながら)流しのタクシーをさがす。
もう絶対に間に合わない。予約したバスは私を置いていってしまうでしょう・・・と絶望的な気持ちになったところへ空車マークのタクシーが!
「助かった〜(>_<)!」と乗り込んで「調布駅まで」というと、遠くからお客を運んでたまたまこの辺を通りがかったタクシーだったらしく、「近道はありますか?」なんていう。あるけど、あるけど、私は方向音痴だから説明できないし〜〜〜。
結局、私でもわかる超基本ルートの甲州街道経由で調布に向かうことに。
甲州街道が混んでたらもうおしまいだ・・・と再び絶望的な気持ちになったけれど、幸い道はすいていて、高速バスにはぎりぎりで間に合ったのでした。ふぅぅぅ〜。

最近こんなに焦ったことないかもっていうくらいドキドキしたけど、空港についてみれば出発までまだ2時間近く。国際線じゃないっつーの(笑)
でも私、飛行機とか空港とかで時間つぶすのはぜんぜん苦ではないのです。
今回はひとりだったけど、おみやげ買ったりコーヒー飲んだり本読んだりしてるうちに、2時間なんてあっという間。
そして飛行機に乗って、本読んで、寝て、起きたら座席の前に「お目覚めですか?ご用があればお申し付けください」みたいなポストイットが貼ってあって、もう着陸態勢に入ってました。早・・・。
ちなみに飛行機は10時間でも15時間でもぜんぜん平気。もちろんお尻が痛くなったりもするけど、どんなに長く乗ってても、時計見てあと3時間で着くことがわかると「もう着いちゃうのか〜」ってちょっと寂しい気持ちになったりする。
ま、今回は寂しい気持ちになるひまもなかったけど(笑)

島根に着いたら、春でした。

たんぼ、水仙、サクラさいた、さいた、チューリップの花が♪桜もまだ満開に近かった。でもたんぼの脇にちょんちょんと植わってたりするだけなので、東京の桜とは違ってぼんやりとしてのどかな感じ。いかにも「里の春」っていう風情でした。
道端の水仙も満開。庭のチューリップは幼稚園児が絵に描くような形で咲いてました。  
Posted by balloontrip at 22:21Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月05日

プレゼント選び

会社で仲良くなったTさんが会社を辞めることになり、とうとう来週末が最終日です。
Tさん、Gさんと3人でよくランチに行ったり、飲みに行ったりしていたので、最後の日には、これまでの感謝の気持ちを込めて、ちょっとしたプレゼントをあげたいな。
そう思っていたら、Gさんからも「来週、Tさんに何かプレゼントする?」ってメールが。
するよ、するよ〜♪まだ何にするか決めてないけど。
せっかくだから一緒にあげるのもいいかな、とも思ったのですが、Tさんは8月に赤ちゃんが生まれることになっていて、そしたらGさんと二人でお祝いを買って遊びに行こうと思っているので、結局今回はそれぞれで用意することにしました。

一方、そんなGさんはつい最近、入籍してKさんになりました(^^)。
(なのでここからはちょっとまぎらわしいけど、Kさんとさせてもらいますね。)
Tさんの最終出社日には、また3人で飲みに行くことになっているので、その機会にふたりでKさんにお祝いの品をプレゼントするのはどうかとTさんに提案してみました。もちろんKさんにはないしょでね。
そしたらTさんも同じことを考えていたようで、さっそく会社帰りにふたりで買いに行くことに。

ということで本日は新宿でKさんのプレゼントを選び、ついでにTさんとゆっくり食事もしてきました。
プレゼントを選ぶのって、楽しいけど大変。こんなの好きそうかな〜なんていろいろ見ているときは楽しいけど、いざ買う段になると急に「でもやっぱり気に入らないかも」って不安になって、また別の候補を探してしまったり。
そして大変だけどやっぱり楽しい。「ダークでヘビーなものが好きって言ってたよね。」「部屋の壁紙はテラコッタ色にしたって言ってたよね。」「メキシコの建築物に惹かれたって言ってたよね。」・・・などなど、これまでに得たあらん限りのKさんの好みの情報を総動員して、ふたりであれこれ吟味。
最終的には、電磁波を吸収するというサボテンの鉢と、黒くてちょっとごつごつした感じのキャンドルスタンドに決めました。

そして実は私にとっては、この買い物タイムがTさんの好みを知る絶好のチャンス☆
最終日に贈るちょっとしたプレゼントを何にしようか迷っていたので、雑貨屋さんなどをうろうろしながら、Tさんが「これ、かわいい〜!」なんて手にとるものを、ふむふむと頭の中でメモしていたわけです(笑)
TさんはKさんとはまたぜんぜん違って、女の子らしいキラキラしたものとか、ふわふわしたものが好きみたい。もちろん、服装とか持っているものとかでだいたいの好みはわかっていたけれど、おかげでTさん用のプレゼントについても、具体的な方向性がだいたい決まりました♪
もちろん、Tさんの目の前で買うわけにはいかないので、Tさん用にはまた別の日に買いに行くことにして・・・。

プレゼント選びも楽しかったけど、おまけのTさんとの食事もすごく楽しかった。
たったの8ヶ月しか一緒に働いてなかったけど、ずっと前から知ってるみたいにいろんなこといっぱいいっぱいしゃべりました。
あーあ、Tさんともあと一週間でお別れ・・・つくづくさみしいです(T_T)  
Posted by balloontrip at 23:28Comments(2)TrackBack(0)

2007年04月03日

TO DO リスト

うちの冷蔵庫には買い物リストが貼ってあります。
ちゃんと裏にマグネットがついた、買い物リスト用の長細いメモ帖。
そろそろこれがなくなりそうだから買っておかなくちゃ、というものを思いついたときにすぐメモ・・・するつもりなんだけど、歯を磨いてるときに思いついたり、夜ふとんの中で思い出したりして、ついつい書き忘れてしまうこともしばしば。
翌日、冷蔵庫の前で「なんだっけな〜。昨日なにか思いついたんだけどな〜。」と悩むことになるのです。
そうやって何度も「あー、また買い忘れた!」ってものがたまってきたので、気合いを入れてすべてまとめて書き出してみた。
ん〜すっきり!(書いただけでまだ買ってないんだけどね^^;)

不思議なことにこの作業を終えたら、あれやらなきゃ、これやっとかなきゃってこともやたら浮かんできたので、頭の冴えてるうちにこれもメモ。
私、書いておかないと、自分でも驚くほどあっという間に忘れてしまうのです。もちろん脳の老化のせいもあるけど、これはけっこう生まれつきかも。
あさってまでに送るもの、来週までに準備しておくもの、申込み手続きをするもの、なるべく早くメールする人、夏休みの計画をたてること、皮膚科(イボ)、眼科(コンタクト)、美容院・・・。
何日までにやらなくちゃっていうタイムリミットのあるものがけっこうたくさんあってびっくりしました。来週末までにやればいいと思っていたことも、実は来週はもうやる日がないので今週の、しかも木曜までにやらなきゃじゃん!なんてこともわかったり。
よかった〜、書きだしてみて。

TO DOリストって、頭の中だけでは覚えきれない用事を忘れないだけじゃなく、整理して優先順位がつけられるから効率的にこなしていけるし、ひとつひとつ終わったものをつぶしていく快感もありますよね。
なんだかうっかりデキる女になったみたいな気になってしまう(笑)。
この感覚、しばらく忘れてました。前は会社を出る前に必ず次の日用のTO DOリストを机に置いて帰ったものだし、スケジュール帳は、左側が一週間分の予定表、右側がメモ帖になっているものを好んで買って、右側をTO DOリストにしたりしてたんだけどな。
最近はなるべくかさばらないのを選ぶようになり、さらにかさばらないというのに持ち歩かなくなり、あんまりスケジュール帳というものを活用しなくなってしまいました。
でも私みたいに忘れっぽい人は、ほんとはもっともっとメモ魔にならなきゃいけないんです。
これからはマメにTO DOリスト作ろうっと。目標、脱うっかりさん。
ちなみにうちの(夫)はかなりのメモ魔です。おかげで何か頼みごとをしても絶対に忘れないでやってくれます。感心感心。私もこういう人になろうっと。  
Posted by balloontrip at 22:58Comments(5)TrackBack(0)