2005年07月16日

愛してる、愛してない

『愛してる、愛してない』
これも、TVから録画してHDDにためたままにしていた映画です。
「アメリ」で一躍有名になったオドレイ・トトゥが主演の映画。
それ以外の知識は全然なく、どんな話かもまったく知らずに見ました。
きっとまたかわいくておしゃれなお話なのかなぁ、なんて思いながら・・・

あぁ、おもしろかった。でも怖かった!
オドレイ・トトゥはやっぱりめちゃめちゃかわいかったです。
着ている服もすごくかわいいし、インテリアとかもおしゃれ。
でも・・・こういう話だとはぜんぜん知りませんでした〜!
ホラーではありません。サスペンス・・・というか、サイコ・スリラー?
「アメリ」は最初、ホラーだと思って仕入れたところ、全然違うことに気づき慌てて広告戦略を変更。結果として大ヒットした、なんてことを聞きましたが、この映画と間違えたのかなぁって感じでした。

とにかく映画の構成がおもしろいです。
最初は主人公のアンジェリークの視点で話が進んでいくのですが、ある時点で突然巻き戻しになって、一番最初の場面から、今度はもうひとりの主人公ロイックの視点で話が進むのです。
同じ場面を別の視点から見る場面が何度も出てきて、その話運びのうまさにひきこまれます。
そして、同じところまできたところで話がつながり、さらに先へと進みます。
最後まで続きが気になって目が離せません。
一番最後も・・・余韻が残りま〜す。
まだの方はぜひどうぞ♪

そういえば、同じような構成ですごくおもしろかった別の映画も思い出しました。
『マーサ・ミーツ・ボーイズ』という映画ですが、こちらは分類すれば、ラブコメディかな・・・。
3人の友達同士の男の子が、別々のシチュエーションでマーサというひとりの女の子に出会って、恋に落ちてしまいます。
同じ時間軸を、その3人それぞれの視点でなぞっていく過程のおもしろさ!
近所の精神科医のオチも最高です。
こちらもあわせてどうぞ♪

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/28206643
この記事へのトラックバック
製作年 : 2002 製作国 : フランス 監督 : レティシア・コロンバニ 出演 : オドレイ・トトゥ、サミュエル・ル・ビアン 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ひとつの映画がヒットしてしまうと、ずっとその映画のタイトル
愛してる、愛してない【CINEMAな雑貨と暮らしたい】at 2005年07月20日 11:53
この記事へのコメント
愛してる愛してないを自分のブログで紹介
したのでトラックバックさせてください!!
結構ラストにはゾゾーっと怖くなりました。
Posted by cinema-zakka at 2005年07月20日 11:52
cinema-zakkaさん
コメントとトラックバック、ありがとうございました(^^)
ほんと、ラストも怖いですよね〜。
ぜんぜん知らずに観たのでびっくりしました。
いまだに余韻が残ってます・・・。
Posted by balloontrip at 2005年07月20日 16:22