2005年07月22日

タコのリゾット

タコのリゾット私はタコが好きです。
それで時々、タコを使った料理を作るのですが、どうもいつもタコが固くなってしまう。
どうしてかなぁと思っていたら、火を通す時間が全然足りていなかったのですね。
柔らかくなるのに時間がかかることは知っていましたが、30分くらい煮ればいいのかと思っていました。それでも柔らかくならないときは、「煮すぎて固くなっちゃったのかなー」なんて思ってました。

ところがついこの間、メールの整理をしていて、あるメルマガにタコの茹で方が載っているのを見つけたのです。
そこには、「弱火で1時間から1時間半、沸騰させないように煮込む」と書かれていました。そ、そんなにかかるのか!
それで、まずはそのレシピ通りに茹でてみることに。

玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにくを薄切りにし、トマトは湯むきします。
タコは二本足ずつくらいに切りわけておきます。
サラダオイルをかなり多めに鍋に注ぎ、にんにくをソテー。
その他の野菜も加えて炒めた後、タコを入れ、タコがかぶるくらいの水を注ぎます。
軽く塩をして、そのまま1時間から1時間半、弱火で煮込みます。
タコに竹串をさしてすーっと通ったらできあがり。

できました、できました。ものすご〜く柔らかいタコが!
圧力鍋とかでやれば、もっとずっと早くできるのでしょうけれど、やっぱりタコには時間が必要だったんですね。
タコは冷蔵庫で保存し、好みの大きさにカットして、レモンやオリーブオイルと和えて食べるとおいしいのだそうです。

ところで、タコを出したあとの茹で汁、野菜とタコの旨みがたっぷり溶け込んで、すごくおいしいスープになっています。
捨てるにはしのびないけれど、そのままスープとして飲むには少ししつこすぎる感じがしたので、それを使ってリゾットを作ってみました。
お米を炒めて、そこにスープを注ぎ足しながら20分ほど煮ただけです。
ほどよく野菜も入っているし、メインの具はもちろんタコ。
しっかり味もついているので、調味する必要もありません。
わーい、タコを茹でるだけのつもりが、主食までできちゃいました!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/28687283