2005年08月06日

盆おどり♪

輪になって踊る人々
地元の盆おどりの案内が入っていたので、お散歩がてら行ってきました。
会場に近づくにつれ音楽が大きく聞こえてきて気分も高まります。
方々から人が出てきて、同じ会場に向かっていくというのがなんだか楽しい。
今年の会場は大きなグラウンドだったので、ちょっと規模も大きくて賑やかでした。
去年は小さなお寺の境内でやっていたので、敷地が小さすぎて踊っている人も
少なかったのです。
今年は人がたくさんで踊りの輪も二重になってる!なんだかわくわくしてしまって、
久しぶりに輪に加わって炭坑節を踊ってきました。
(曲は炭坑節じゃなかったんですけどね・・・)
盆おどりで踊るのなんて小学校以来です。こんなことなら浴衣着てくればよかった〜!(あ、持ってないや。)
でも盆おどりの動きはやっぱり浴衣が一番きれいですよね。

私が踊れるのは炭坑節と大東京音頭くらい。他のももっと覚えたくなりました。
ただ同じ動きを繰り返しているだけでも、曲にあわせて踊るのは楽しいものです。
一連の動きでは少しずつしか前に進みませんが、一曲おわるといつのまにか
輪を半周くらいしているのもなんとなく楽しい。

私が小さいときの盆おどりは、行くと子どもは全員がいろんなお菓子の入った袋をもらえました。好きなお菓子を選んで友達と一緒に食べながら、自分の踊れる曲になるとときどきお菓子の袋を親に預けて輪に加わりにいったものです。
たまにやぐらの上で踊るときには、なんとなくみんなのお手本にならないといけない気がして少し緊張したりして・・・。
そういえば私、やぐらの一番上で太鼓をたたきたいと思っていました。
少し大きなお兄さんお姉さんになると、本番前に何度か練習して、当日太鼓をたたかせてもらえる子が何人かいたのです。
それでも子どもがたたいたあとに大人に変わると、太鼓の音の大きさが全然ちがって、やっぱり大人はすごいんだなぁと思ったことを覚えています。

そんなことを思い出しながら踊り終わって(夫)のところにもどると、知らない人と話しています。なんと小学校のときの同級生にばったり会ったとのこと。
そういえばここは(夫)の地元なので、盆おどりにくればそんなこともあるわけです。
しゃべっているうちに、今度は少年野球チームで一緒だった人にも会ったりして、あぁ、盆おどりって一番近い地域の人たちが集まる一年に一度のお祭りなんだなぁって改めて思いました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/29787183