2006年07月02日

とれたて枝豆

玄関前に、朝、畑から抜いてきたばかりの枝豆が泥つき葉っぱつきで置いてありました。
わーい♪お隣りさんからのおすそ分けだ!!

お隣りの金子さんは、すぐ近くの畑をひと畝借りて野菜を作っているらしく、毎年この時期になると採りたての枝豆を玄関前に置いてってくれるんです。
べたべたした付き合いを好まず、さっぱりとしてるんだけどすごく親切。
ショートカットで颯爽としていてなんだかかっこいいおばさまです。

金子さんからいただく枝豆は、お世辞抜きでどの枝豆よりもおいしい。
スーパーでちょっと奮発して「だだ茶豆」とか買っても、金子さんの枝豆には到底およびません。
たぶん、ほんとの採りたてだからというのがその大きな理由だと思うので、私も玄関前で枝豆を発見したら、すぐにお湯をわかしに走り、お湯がわくまでの間に速攻で枝からもいでお鍋に放り込みます。そうすると、茹でている最中から枝豆のほんのり甘い香りがただよってきて、食べる前からこの枝豆がおいしいことを教えてくれる。
枝豆はこの「茹でているときの匂い」で、おいしいかどうかがだいたいわかってしまうんです。あまりおいしくない枝豆は、茹でているときにそんなに枝豆の匂いがしてこない。

茹ですぎないように注意して、私はちょっと固めかな?くらいでざるにあけます。
熱々のうちに塩をふって味をしみこませて・・・う〜ん、今年も幸せな枝豆で夏を迎えることができました。
夏はやっぱり枝豆です。金子さんに感謝!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/50552935
この記事へのコメント
近所付き合いが東京にもあるとは。。。
Balloonさんはすごいですネェ。
田舎ではなく東京で、自分の畑で取れたもののおすそ分けなんて、びっくり!!

こっちはぜんぜん近所付き合いありませんネェ。
隣が誰なのかも分からないし、上の階も下の階もセキュリティーが硬く入ることができないし、
地元滋賀の地域密着型は大変だけど、
仲良くなると本当に自分の町って思えていいですよね。
Posted by Sydney at 2006年07月07日 19:15
ぜんぜん私はすごくないんです〜。
この家は夫の両親のおうちで、ご近所さんが親切にしてくれるのは、
夫のお母さんが築いてくれた人脈のおかげ。
近所付き合いといっても、私たちは平日夜までいないから、
普段は見かけたら挨拶する程度だし。

めんどうなこともあるんだろうけど、本当は濃い近所付き合いがあった方が
いざっていうときに助け合いできていいよね。
Posted by balloon at 2006年07月08日 01:02