2006年07月08日

北欧でのホテル話

スウェーデンのホテルデンマークのホテル2デンマークのホテル
最初に到着したのはスウェーデン。
21:00着の飛行機で降りたってから、荷物を受け取ったりエアポート・バスで移動したりと、なんだかんだで結局ホテルにたどり着いたのは23:30すぎ。
さすが緯度の高い国だけあって、そんな時間でもまだ真っ暗ではなかったのですが、だからって遅い時間であることには変わりありません。フロントの人は待ちかねていたようで、「あ〜よかった。これで今日はほとんど終わりよ〜。」って温かく迎えてくれました。

今回はスウェーデンでもデンマークでも、中央駅から徒歩10分程度のところにある中級クラスのホテルに宿泊しました。
値段的には、ツインで一泊朝食付き15,000〜20,000円とけっして安くはないのですが、アメニティやサービスといった点でみると、やっぱり中級クラス。
部屋は北欧のホテルにしては広めだったし、スタッフの人もみんな親切ではあったけど、備品が壊れていたりフロントで待たされたりっていうことは普通にありました。
特にアメニティについてはほとんど付いていないもの、と思っていた方がいいみたい。
日本のホテルだったら、15,000円払っていれば普通はせっけんや歯ブラシくらい付いているだろうと思うし、20,000円払っていればかわいい入れものに入ったシャンプーリンスだってあるかも、なんて思っちゃうけれど、スウェーデンもデンマークもそりゃあシンプルなものでした。あったのは、備え付けのハンドソープとシャワーキャップくらい。あ、スウェーデンの方にはそういえば裁縫セットが付いてたかな。

そして笑っちゃったのはシャワーの両脇についていたこちらのシャンプーたち。

シャワー周りそんな乱暴な・・・
それなりにスタイリッシュで、「ん〜さすが北欧。でもやっぱりリンスはついてないのかー。リンス・イン・シャンプーだと髪の毛ごわごわになっちゃうんだよね〜。」
なんて言いながらよくよく見てみると、え?
「HAIR&BODY SHAMPOO」?!・・・そんな乱暴な・・・
リンス・イン・シャンプーどころか、体洗う石鹸で頭も洗っちゃってくださいってことでした(笑)そりゃ坊主の人とかはいつもやってることかもしれないですけどね。
幸いもうひとつの方は「CONDITIONER」だったので、石鹸で髪の毛洗ったあと、そちらで潤いを与えておきましたが、翌日やっぱり髪の毛はごわごわでした。

それでもねー、お部屋はさすがに素敵なんです
中級クラスだろうがなんだろうがやっぱり北欧のセンスが感じられるつくり。どちらのホテルでも快適なお部屋のおかげで満たされた時を過ごせました。
この際、HAIR&BODY SHAMPOOだって許します。
ちなみにデンマークの方のホテルでは、リンスはなかったけどちゃんとヘアーとボディは別でした(^^)

そして今回学んだ重要なこと。ホテルの部屋には本当に当たりはずれがある!
もちろん部屋によって値段設定も変えてるのでしょうけど、同じ値段の中にもかなりの違いがあるとみました。
実は私たち、スウェーデンでもデンマークでも部屋を変えてもらったんです。
スウェーデンの方はたまたま。最初に案内された部屋のTVが壊れていて、一日目は我慢したのですが翌日のゴールデンタイム(ヨーロッパなので20:00!)にワールドカップの決勝が控えていたもので、次の日すぐにフロントに頼んだのです。
代わりに案内されたのは、最初の部屋よりだいぶ狭くて日当たりも悪い、でもTVはちゃんとつく部屋でした。とりあえずそちらに荷物を移したものの、最初の部屋がけっこう気に入っていた私はあきらめきれず、再度フロントに赴いて「他にもっといい部屋あいてないですか?」と交渉。次に案内されたのは、最初の部屋より広くて明るく、そしてもちろんTVも壊れていない部屋でした。言ってみるもんですね〜。
(そのわりに私は結局、WC決勝も見ずに爆睡してしまったんですけどね^^;)

この経験を活かして(?)デンマークでは戦略的に部屋替えを画策。
というのも、デンマークのホテルの方が高かったし、一応デザインホテルということで素敵な写真も見ていたので期待していたら、案内されたのがずいぶん狭い部屋でがっかりだったのです。
おまけに窓の目の前でそのホテルの拡張工事をやっていて、揺れるしうるさいし景観もすこぶる悪い。冷房もきいていなくてなんだか暑い。
期待が大きかっただけに、すっかり落胆してしまいました。
それでなんとか別の部屋にしてもらおうと、まずは「うちの部屋、冷房が壊れてるみたいなんですけど」と言いに行った。するとフロントの女性、気の毒そうに「このホテルには冷房はないんです。」だって。
・・・あとでわかったことですが、デンマークではホテルでもお店でも冷房のある場所ってほとんどないんです。それだけ夏が短いってことなんですね。
「その代わり部屋にはファンがついてます。」というので、その換気扇とやらはどこにスイッチがあるのかと部屋にもどってみると、あったのは小さな卓上扇風機。なるほど〜、fanとは扇風機のことだったのね。。。
冷房作戦に失敗したので、次は騒音作戦。「うちの部屋、目の前で工事やっててすごくうるさいので、部屋変えてもらえないでしょーか」と言いに行った。すると「ごめんなさい、今日は満室で他の部屋があいてないんです。明日になれば別の部屋に案内できるかもしれないから、12時前にフロントに来ていったんチェックアウトしてみたらどうでしょう。」と言われた。チェックアウト、するする!
そして翌日、午前中にチェックアウトしてフロントの人に頼んでおいたところ、運よく最初の部屋よりだいぶ広くて騒音も少ない部屋に移動できたのでした。よかった〜(>_<)
快適なホテルライフを送ることができたのも、ここでがんばったからだと思うと喜びもひとしおです。あきらめなくてよかった。

ちなみに写真はどちらも一日目の部屋。いちばん右の写真だけ、デンマークの二日目の部屋でとったものです。
狭かったけど、やっぱり素敵は素敵ですよね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/50569077
この記事へのコメント
お部屋すごくかわいい!!

シャンプーたちには笑っちゃったけど。
でも部屋交渉すごい!
意見の言えない日本人が多いけど気になることは
伝えた方がいいもんね!

一番右のデンマークのホテルの写真は壁に文字が
書いてあるの??
ソファと照明の感じといいステキだわ☆
Posted by cheeky at 2006年07月21日 12:58
>cheeky
お部屋かわいいでしょ?
シンプルですっきりしてるんだけど、なんかセンスがある感じ。
部屋交渉ってほどのことはしてないんだけど、ただ「他にないの〜?」って粘っただけ(笑)
でも言ってみるもんだなぁって思ったよ。ほんとに部屋によってぜんぜん違うんだもん。

壁の文字は、デンマークの有名(らしい)な詩人の詩だそうです。
たしかPiet Heinっていう人でした。
残念ながら意味はわからなかったけどね・・・。
Posted by balloon at 2006年07月21日 13:55
ちょっとこじんまりですが、スタイリッシュなインテリアがすてきですねぇ〜。
シャンプーは笑っちゃうけど面白いので許しましょう〜^^
あたしはだいたい旅行に行くとそこでシャンプーなんかを買っちゃいますよ〜。その土地のスーパーによるとローカルって感じでよくないですか?
Posted by Sydney at 2006年07月23日 09:30
>Sydneyさん
スーパーね!大好き、大好き。私も絶対行くよ。しかも何回も(笑)
今回はスーパーで歯磨き粉買いました。
(ついてるかと思ったらついてなかったのでね・・・。笑)

Posted by balloon at 2006年07月23日 22:41
向こうのホテルって基本的に歯ブラシついてないんですよね。僕らも雑貨店に歯ブラシを買いに行きました。balloonさんの言われたように夏は日が長くてクーラーがついてないから、ホテルは一日中暑いし・・逆に冬はホテルの暖房が効きすぎていて、Tシャツ一枚で布団を掛けずに寝られるというホテルの空調;すごし・・・

あと、balloonさんが北欧の小物を紹介してるのに申し訳ないけど、向こうのホテルで見つけたコンセントを見てもらえるかな。下記のHPに載せています。
http://yoshinobu.issp.u-tokyo.ac.jp/yama/socket.html

Posted by Y子の夫 at 2006年07月25日 09:15
>Y子の夫さん
日本なら、そんなに高くないホテルでも歯ブラシくらいついてるのにね!
ガソリンスタンドの例のように、至れり尽くせりのサービスって、案外日本独特のものなのかもしれないですねぇ。
夏のことも冬のことも知っているなんて、ひょっとしてけっこうよく北欧に行かれるとか?!いいなぁー☆

コンセントの写真ありがとうございます!!
これかわいいですよね〜!実はわたしも撮りました(笑)
まだまだ写真紹介していくので、また来てくださーい♪
よかったら、コンセントの写真だけじゃなくて、Y子の夫さんのHPアドレスも教えてくださいな。
Posted by balloon at 2006年07月25日 13:05
北欧に行ったのは実は冬だけです。夏にチェコに行った時ホテルにクーラーが無くて同じような暑い思いをしました・・・
 balloonさんもコンセントの写真を撮られていたとのこと。こちらが先走りしてすいませんm(_ _)m いや、コンセントが余りにも可愛いのでお知らせしたかったんです!
 あと、僕のHPですが残念ながら職場のHPしかありません。上記のHPを参考にしてもらえれば職場のHPには、たどりつけると思います。もし、たどり着く事ができなければ、【書き込み】のURLに入れればいいんですよね!
Posted by Y子の夫 at 2006年07月25日 13:30
>Y子の夫さん
あらあら、チェコにも行かれたことがあるんですか!それはそれでうらやましい〜!
どんな感じなんでしょう?東欧って感じですか?
チェコもかわいいもの好きとしては、非常に気になる国です。

コンセントの写真、うれしかったですよ〜。そんな謝る必要ぜんぜんなしです。
ていうか、やっぱりアレはみんなかわいいと思うんだと思ったら可笑しかった。
だって、あれは北欧だからかわいいわけじゃなくて、たまたまですよね。
あれも実はデザイナーが考案した北欧デザインだったりしたらスゴイけど(笑)

職場のHPにはたどり着きました。
やってることは難しそうなのに、なんか楽しそうな研究室ですねぇ(^^)
Posted by balloon at 2006年07月26日 00:14
プラハに行ったんですけど、プラハの町全体が昔のままの姿を残していて(バロック様式,ゴシック様式,ルネサンス様式)よく映画に使われています。(ミッションインポッシブルでつかわれたカレル橋は15世紀位に作られたそうです)実際、本当に他の町と違うなと印象を受けました。今、ヨーロッパではベネチアに次ぐ観光都市になっているそうです。


あと、コンセントの件ですけどひょっとしたらデザインかも!(鼻と口を意識的にデザインしているようなので)多分、デザイナーがやったのではなくて向こうの人がたまたま作ったのが広まったのかもしれません←speculation


僕の職場の同じタイプのコンセントとは異なっていました。
Posted by Y子の夫 at 2006年07月26日 19:43
>Y子の夫さん
プラハ!・・・そうでしたね。チェコといえばプラハでしたね。
プラハに行ったことがある人はみんな、すごくよかったって言います。
私の中では、ここで紹介したガムラ・スタンみたいなイメージかと勝手に想像してるんですが、きっと実際はまたぜんぜん違うんだろうなぁ。

コンセント、デザインですかね!
たしかに偶然にしちゃかわいすぎですがね。
だとしたら、そういう遊び心がほんとにステキな国だと思います!!
Posted by balloon at 2006年07月26日 23:05