2006年07月25日

ランタナとポーチュラカ

桜並木の入り口のお花この写真は去年の秋、千鳥ヶ渕の入り口に大きな株になって咲いていたかわいい花。
同じ花の中にいろんな色があるのが万華鏡みたいで気になっていて、その後それが「ランタナ」という花だったことがわかりました。



ランタナそしてそろそろ花壇の手入れをしないとマジでヤバイ、という状態になっていた先週末、園芸センターでランタナを見つけたので4株購入してみました。
種類によっては咲き始めからだんだん色を変えていき、「七変化」とも呼ばれるようです。千鳥ヶ渕のランタナはこの種類だったのかな。
売っていたのはたぶん色が変わらないもの。黄色2株に白と紫を1株ずつ買って植えました。
葉っぱに香りがあって丈夫そうだし、今のところ順調に咲いてくれています。
お水をやった直後に写真をとったら、ひとつひとつの花がまんまるの小さな水滴を含んでますますかわいい♪

そして思いがけない生命力をみせてくれたのは、数ヶ月前に植えたポーチュラカ。
去年植えたものはよく茂って、長い期間にわたって花もたっぷりつけていたのに、前回植えたものはポツポツといくつか咲いただけで株が大きくなることもなく、すっかり終わったみたいになっていました。
ちょっと触っただけですぐにポロポロと抜けてしまったので、ダメかなぁと思いつつも、一応まだひよひよした根っこが茎の先っぽについているので再度深く植えなおしたところ、あっという間に生き返って今日にはさっそく花をいくつも咲かせてくれました!
えーん、そんなことならもっと早く手入れしてあげればよかった〜。ごめんね〜(>_<)
私の園芸日記はいつも謝ってばかり・・・。こんな私もいつか育て上手になれる日がやってくるのでしょうか?!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/50583591