2008年03月15日

春の花とホワイトデー

ヒヤシンスクロッカス沈丁花日光が透けてきれい
最近めっきり春めいてきましたね♪
少し前まではまだまだ寒くて、たまに日中の気温が高くなった日に「3月中旬〜下旬の陽気」なんていわれると、3月の中旬ってほんとにそんなに暖かかったっけ?なんて疑ったりしてましたが、たしかに3月も中旬になると春ですね。
梅の花はどこも満開だし、桜らしき木はつぼみがふくらみ始めてるし、茶色一色だった枯れ木にも黄緑色の芽がにょきにょきと顔を出しています。
そしてなんといっても春を感じさせるのは沈丁花の香り。これが漂ってくると、あぁほんとに本物の春が来たなぁって思う。

今日は(夫)と新宿に買い物に。薄手のコート一枚でもぜんぜん寒くありません。
ひと足先に出て駅前の床屋に行っていた(夫)と駅で待ち合わせしていたので、のんびり道端の春の花たちを楽しみながら駅に向かいました。
写真は左から、ヒヤシンス、クロッカス、沈丁花。一番右はなんだか知らないけど、斑入りの葉っぱが光に透けてとてもきれいだったので。
ヒヤシンスとかクロッカスって、なんか懐かしい。小学校の理科室とかに水栽培の球根植物として必ずあった気がします。でもこのクロッカスのゴージャスさ、理科室のイメージどころか女王の品格さえ漂ってませんか?

さて、新宿で買い物をすませたあとは吉祥寺に移動。今日はホワイトデーってことで久しぶりに外で食事することにしたのです。
お休みの日にお昼を外で食べることはあっても、夕食を外で食べることはめったにない我が家。考えてみたら夜にふたりで外食するのはクリスマス以来でした。
さすがホワイトデーだけあって、行こうと思ったお店は予約がいっぱいということで2軒断られましたが、吉祥寺なら行きたいお店はいっぱいあるので大丈夫。3軒目にトライした『SHUTTERS』には無事入ることができました。

ここはスペアリブとアップルパイ・アラモードが人気のお店。
昔ランチで来たことはあったのですが、当時はランチタイムにはスペアリブが食べられず、「いつか食べに行こうリスト」に載ったままになっていたのです。
今日はスペアリブ付きのコースと、食後にふたりでひとつアップルパイを注文。念願かなってようやく、ナイフを使わずに食べられるトロトロに柔らかいスペアリブと、冷たいアイスの乗った焼きたてアップルパイを堪能することができました。
味は若干濃いめ、それに食育を学んでいる者としてはとてもヘルシーとは言えないメニューですけど、たまの外食のときくらい気にしない気にしない。
SHUTTERS、味もサービスも満足のお店でした☆

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/51318814