2008年03月19日

講座終了☆

約4ヶ月間、毎週水曜日の夜に通っていた食育の講座が本日で終了しました。
今日は最終日なので講義ではなくテスト。一緒に提出する食育プランニングシートと合わせて合格点に達すれば、食育スペシャリストという資格が取れることになっています。
この資格、別に国家資格でもなんでもなく、NPO法人「みんなの食育」が認定している資格なので、取れたからといって即仕事に結びつくようなものではありません。食育という分野自体まだ新しいので、特にこれといって確立した仕事があるわけでもないのです。
ただしその分、いろんな可能性が広がっているといえます。食の安全だのメタボリックだの、最近特に注目を集めている分野だというだけでなく、生きる基本であり楽しみでもある「食」については、常に多くの人が関心を持っているからです。
ちょっと大げさにいえば、食べることを学ぶことは生きることを学ぶこと。毎日すぐに役立つような小さなことを学んでいるようで、実は人生全体、ひいては日本の将来のことまで見据えた、スケールの大きな内容でした。

学んだ内容も濃くておもしろかったけれど、この講座をとってほんとによかったなぁと思うのは、素敵な講師や受講者の人たちと出会えたから。
今回のクラスは全員女性。ひとりひとりが個性的で前向きで夢を持っている人たちだった。やっている仕事も食関係だったりそうでなかったりバラバラだけど、同じことに関心をもつ者同士のゆるやかな連帯感みたいなものがあって、終始リラックスした空気が流れるいい感じのクラスでした。

講座はぜんぶで16回。一度も休まず参加しましたが、毎回毎回「今日も楽しかったな〜」って思えた。お腹も大きくなってきてなるべくなら混雑した電車には乗りたくなかったし、やたら寒かったり雨なんか降ってたりする日にはわざわざ夜に家から出かけるのを億劫に感じることもあったけれど、行けばいつも「あー今日も休まなくてよかった」って思えた。
だから講座が終わってしまうのは、ほっとすると同時になんだか寂しくもあります。
でも人とのつながりができたから、ただの「終わり」じゃなくてここから何かを始める「出発点」であるような気もしています。
ここで学んだことを、生きた内容として日々活用しつつ、自分のやりたいことに結びつけていけるようにがんばろうと思います

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/balloontrip/51322865