2008年01月18日

パン屋に並ぶ午後

Breadal Oneおいしかった♪
千歳烏山に行列のできるパン屋さんがあるという。入り口の外にずらっと人が並んでるんだって!
もちろん美味しいから人は並ぶのであるけれども、実は理由はそれだけではなくて、このパン屋さん、ほんとに小さなお店で中に人が3人までしか入れないのです。
だから、1人がパンを買って出てきたら次の人が店内に入る。注文はひとりずつ、カウンターに並べられたパンを「これとこれとこれ」って指定して、お店の人(もちろんひとり)が指定されたパンを袋に詰めてレジ売ってお会計。お客さんひとりあたり、だいたい3分かかります。
そんなわけで、お店の入り口には人が常に5〜6人並んでいるというような状況になるのです。

お店の開店時間は12〜14時と17〜19時のみ。
何度も言うけれど小さなパン屋さんなので、おそらく一度に焼けるパンの量に限りがあって2時間もすれば完売してしまうのでしょう。
私もさっそくお店の開店に合わせて行ってみました。到着したのは開店5分前。すでに人が6人並んでました。シャッターは閉まっているけれど、中からはいい匂いが流れてきていやがおうにも期待は高まります。
12時になると、お店の人が出てきて「お待たせしてすみません!」といいながらシャッターを開けます。うわぁ〜、ほんとにちっちゃくてかわいいお店!
いちばん人気は焼きたてふわふわの食パン。1斤250円という安さも魅力。せっかくだから食パンも1斤、いや1本(2斤)買って帰ろうかな♪なんてガラス越しに店内をのぞきながらうきうきと考えます。

ところがこの食パン、なんと最初の5人であっという間に売り切れてしまいました(T_T)。
たぶん一度に3〜4本しか焼けないのでしょう。いやはや、びっくり。確実に食パンを買いたいと思ったら、先頭3人以内には並ばなければならないということですね!
気を取り直して、私はレーズン食パン(こちらは1/2斤で300円)と、今日のランチ用に調理パンをいくつか買って帰りました。
まだ温もりの残るうちにさっそく食べてみたら、どれも納得のおいしさ☆特にレーズン食パンはふわっふわで絶品でした。これは食パンもさぞかし美味しいことでしょう。
写真は手前から時計回りに、粗びきウィンナーとキャベツの酢づけ、ブロッコリーと赤ピーマン、レーズン食パン、メロンパン、プチショコラ。
丁寧な手作りの味がしてほんとにおいしかった。ごちそうさまでした!

Breadal One
定休日:月・木
開店時間:12〜14時・17〜19時
月に一度だけ予約日あり(今月は26日とのこと)  

Posted by balloontrip at 22:44Comments(4)TrackBack(0)

2007年11月09日

そば茶の楽しみ方

そば茶って、香ばしくてなんともいえず美味しいですよね。
普通の緑茶やほうじ茶もいいけれど、たまに目先を変えてそば茶を飲んでみると、「お♪」っていう感動があります。アイスでもホットでもイケる。大人も子どもも好きな味。(たぶん)
でも、お茶として飲むだけじゃない楽しみ方があるんです。

教えてくれたのはお蕎麦屋さん。
会社の近くにとてもおいしいお蕎麦屋さんがあって、ランチでたまに利用するのですが、ランチセットのデザートとして出てくる抹茶アイスがこれまた美味なのです
アイス自体ももちろん美味しいのですが、アイスの上にぱらぱらっとかかっている茶色いつぶつぶが、おせんべいを砕いたみたいな香ばしさで、歯ざわりもカリカリしていて、甘いアイスと相性抜群。それがかかっていることで、明らかにアイスのよさが倍増されてる。
なんだろうと思っていたら、それがそば茶だったのです。
そば茶をそのまま食べるなんて、紅茶の葉っぱを食べるとかコーヒー豆をかじるのと同じことのような気がしてしまいますが、だまされたと思ってぜひやってみてください。ほんとにおいしいから!

抹茶アイス+そば茶私もさっそくそのお蕎麦屋さんのレジで売っていたそば茶を買って、帰りにスーパーでハーゲンダッツの抹茶アイスを買って、おうちで試してみました。
うん、これこれ☆おいし〜この冬のデザートとして、ちょっとハマっちゃいそうです。
アイスにかけるだけじゃなくて、ケーキに焼きこんでみたりクッキーにトッピングしてみたり、工夫次第でいろいろ楽しみ方もありそうですね。  
Posted by balloontrip at 21:46Comments(4)TrackBack(0)

2007年09月30日

Y子ちゃんのおみやげ

豆腐オンパレード
今日はY子ちゃんがうちに遊びに来てくれた。
朝からあいにくの雨で、外に出るのも億劫になってしまうような天気だったし、ただでさえ傘とかじゃまくさいんだから、ほんとに何にも持ってこないでって言ったのに、両手にいっぱい手土産持ってきてくれた。
片手には「Gramercy New York」のプリンと杏仁豆腐、もう一方の手には「男前豆腐店」の各種お豆腐をどっさり。上の写真は後者の面々です。

本日のメニューは以下のとおり。
・ミニトマトとモツァレラのサラダ
・ごぼうとアスパラのホタテマヨネーズ和え
・クラムチャウダー
・煮込みハンバーグ
・タコとかぼちゃのトマト煮
・さつまいものレモン煮
・くるみのパウンドケーキ

前回来たときは何作ったか忘れちゃったから、今回はちゃんと書き留めておいて、次にまた来てくれたときにダブらないように。
写真撮るのは忘れましたー。
13時くらいに来てもらって結局20時過ぎまでしゃべってたかなぁ(^^;)
前回同様、ランチのあとはコーヒー→紅茶→緑茶→コーヒー・・・と飲んでは食べ、飲んではしゃべり、してたのでもうお腹がぱんぱん。というか、タプタプ
Y子ちゃん、雨の中来てくれてほんとにありがとう〜♪
そしてたくさん手土産ありがとう〜♪
でも、こんな大量のお豆腐、今週末までにどうやって食べきるんだ〜(笑)
たしかに私、お豆腐大好きだけどね。実際に持ってきてくれたのは写真に写っているのの倍量。今週は(夫)が毎日送別会だのなんだので、ほとんど家で食べないのよね。。。

でも夜に「男の3連チャン」をひとつ開けて味見してみたら、めちゃウマでした☆
波乗りジョニーは最近スーパーでよく売ってるから食べたこともあったけど、他にもこんなに種類があったとは!ジョニーもこのミニサイズのはスーパーには置いてません。
ジョニーも美味しいけど、ねっとりクリーミーなので毎日食べたら飽きるかも。
その点「男の3連チャン」はクリーミーさを保ちつつ、お豆腐の味がぎゅっと詰まってる感じでとても気に入りました。他のも楽しみ☆
よーし、明日からモリモリ豆腐食べるぞ〜(笑)  
Posted by balloontrip at 22:29Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月11日

物産展にハマったこと

酪農チーズプリン北海道牛乳パン北海道開拓おかき 秋鮭
「期間限定」「地域限定」
こういう言葉に、普段はそれほど弱くはないんです。
限定品だろうがそうじゃなかろうが、惹かれるものとそうでないものはわりとはっきりしてるので、あんまり惑わされない。むしろプレーンな定番品が好きだったりもします。

だけど、昨日行ってみた京王デパートの「大北海道展」は興奮しました!
「大」が付くだけあって、かなり大規模で本格的。有名どころの六花亭やRoyceなどのお菓子はもちろん、珍味や乾物、お弁当にお惣菜、まぐろにサーモン、その場で食べられるソフトクリームや海鮮丼やらーめん、夕張メロンジュースなどなど、もうありとあらゆる北海道のおいしい物がずらり。
会社の帰りに立ち寄ってみたので、お腹はぺこぺこだし、もうほんとに我慢するのが辛かった。

もちろん今までだって、いろんなデパートでいろんな物産展をやっていたんでしょうけれど、わざわざ出かけて行ったことはなかったんですよね。
それが、会社の人に「今こんなのやってるよ!」って教えてもらって、そこで買った「チーズプリン」がとても美味しかった、なんて聞いたらやっぱり行かずにはいられません。おすすめのチーズプリンと、六花亭のマルセイバターサンドだけは絶対に買って帰ろうとわくわくしながら仕事を終え、会場に向かったのでした。
行ってみると、残念ながらマルセイバターサンドは「本日入荷分は売り切れ」。
がっかりしたのもつかの間、あっという間に気を取り直して「酪農チーズプリン」、「北海道牛乳パン」、そして「北海道開拓おかき 秋鮭」を購入。ほんとは欲しいものもっともっとあったけど、ほんとにすぐ食べられるものだけに絞って買いました。
あ〜ほんとに楽しかった。見てるだけでもわくわく。物産展って楽しいんだねー。

「酪農チーズプリン」は、おすすめされただけあって美味でした。かなり濃厚で、プリンというよりはチーズケーキに近い。でもちゃんと瓶の底にカラメルソースが入ってるのでやっぱりプリン。私の好みはもう少しさっぱりしたプリンなんだけど、これはきっとプリン好きにはたまらない一品であろうと思います。
「北海道牛乳パン」は、ふわふわのミルクデニッシュといった感じでこれもとてもおいしかった。プレーンなもの好きの私は「ミルクパン」とかそういう素朴っぽいのが大好きなのです。期待通りの幸せな味でした。
そして「北海道開拓おかき 秋鮭」は、試食しておいしいのは知ってたけど、家で小皿に出してみたら、鮭のジャーキーみたいなのまで入っててびっくり。おかきも試食したのよりぜんぜん新鮮でおいしい味がしました。「ほたて味」も買っとくんだった〜!

実はこの「大北海道展」、今日が最終日でした。
昨日買い損なったマルセイバターサンドがやっぱりあきらめきれなくて、どうせ帰り道だし、と再び仕事帰りに京王デパートへ・・・。行ったら行ったでまたいろいろ買っちゃいそう〜。
なんて思いながら行ってみると、「大北海道展」と書いてある横断幕の下に、昨日は気づかなかった「最終日は17時まで」の文字。会場となっていた催事場はもうとっくにクローズしてました〜(T_T)
でもあきらめない。こういう物産展は場所を変えていつでもやってるのです。
たとえば六花亭の催事案内を見るとほら。明日からはおとなりの小田急百貨店でやってるじゃないの!
今回みたいに大規模なものかどうかはわからないけど、少なくともマルセイバターサンドは買えるでしょう(笑)あたしったらいつからこんなに執念深くなったのかしら。
てことで、今週のどこかでまた買いに行ってしまいそうな予感の私です。  
Posted by balloontrip at 22:28Comments(6)TrackBack(0)

2007年07月07日

夏のさっぱりデザート

さっぱりデザート♪
最近ハマっているデザートがあります。
以前にココで紹介した「松居直美のはや起きクッキング」のレシピのひとつ、あずきと黒胡麻のヨーグルト。
おいしくて簡単で比較的ヘルシー。ひんやりさっぱりしてて、でもちゃんとコクもあるので夏のデザートにぴったりです。

作り方は、まず器にプレーンヨーグルトを入れて、その上にあずき(粒あんでもこしあんでもお好みで)、さらにその上にすり胡麻(黒)をかけるだけ。食べるときはよく混ぜて。私はあずきは少なめ、すり胡麻はたっぷり、が好きです。
なんだ、それだけ?って思うでしょう?でも、絶対にやってみてください。
クリームみつまめとかあるから、なんとなく味が想像できそうな気がするんですけど、実際はぜんぜん違うんです。もっとずっとさっぱりして爽やかな味。
ヨーグルトと胡麻ってこんなに合うの?!って衝撃的な感じです。

うちはカスピ海ヨーグルトだかヨーグルトきのこだか、忘れてしまったけれどとにかくそれでヨーグルトを作っています。
食べるときにほんの一部を別の瓶に移し、牛乳を注いで半日放っておくと、いつの間にか全部がまたヨーグルトになってるアレ。なんか不思議だけど、食べる分だけ作ればいいから便利ですよね。私は普通のヨーグルトより酸味が少なくてなめらかでおいしい気がするので気に入ってます。
冷蔵庫に入れておいて、翌日にまたこのデザートを作って食べる。その際にまた一部を別の瓶に移してヨーグルトを作って・・・。
最近の土日はこれの繰り返しです。この夏の定番化決定。
松居直美さん、またまたありがとう。  
Posted by balloontrip at 23:27Comments(2)TrackBack(0)

2007年06月06日

待ってました!!

毎週水曜日はタップのレッスンの日。
会社を定時であがって、ドトールでサンドイッチを食べ、余った時間で本を読んで19時からのレッスンに向かうのがいつものパターンです。
食べるものもいつも決まっていて、ちょっと前まではツナチェダーチーズのホットサンド、ここ何回かは最近発売になったミラノサンドB(チキンと生ハムのアボガドソース)を食べていました。
スタバやタリーズは、コーヒーは絶品だけど食べ物がイマイチ。その点、ドトールは食べ物系が美味しいんですよね。コーヒーだって、値段のわりにおいしいし。
でも、やっぱり毎週毎週ドトールに通っているとさすがに飽きてくるのです〜・・・

なんて思っていた矢先、ついに出ました!折りしも本日から発売開始!
去年、毎週毎週食べてもいっこうに飽きず、それどころか水曜日にそれを食べるのが楽しみですらあった一品。
スモークチキンベーグル〜和風ピリ辛マヨネーズ和え」です〜〜〜
久々にドトールで心が躍りました(笑)あたしって小市民。
リンクしたプレスリリースによると、2005年の6月から2006年の8月まで発売されていたものの復活版とのこと。おそらく私、その期間中の8ヶ月ほどは毎週毎週食べてましたね。
なくなってしまったときはほんとにショックで、それ以降もたびたび思い出しては「あ〜あれまた食べたいな〜」と遠い目をしていたのです。

ヤマザキの黒糖ロシアパンはあんなにおいしいのにいつも期間限定発売で定番化されないし、スイス・エミーのプレーンヨーグルトはあんなにおいしかったのになぜか市場から消えてしまったし、私が絶賛するB級グルメ(?)はなかなか理解してもらえないことが多いのですが、めげずに絶賛させていただきます。
ドトールのスモークチキンベーグルはおいしい!定番商品化を強く希望!
みなさんもぜひぜひ食べてみてくださいね〜☆  
Posted by balloontrip at 23:05Comments(2)TrackBack(0)

2007年03月31日

稚加榮ファン

稚加榮の肉まん
「稚加榮」というのは福岡にある料亭で、明太子でも有名なお店。
私は教えてもらうまで知らなかったのですが、友人がそこの明太子がいちばんだというので、前に(夫)の福岡出張の折に買ってきてもらったら、ほんとにおいしかった。今まで食べた明太子のなかで一番おいしかった。
そして、次の出張の折に、その友人おすすめの稚加榮の「いわしめんたいこ」を買ってきてもらったら、これまたすごくおいしかった。いわし明太子というものをTVで初めて知ったとき、気になって近くのスーパーで買ってみたらちっともおいしくなくて、「これならいわしと明太子べつべつに食べた方がいいじゃん」と思っていたんだけど、稚加榮のいわしめんたいこを食べて考えを改めました。これはほんとにおいしい。
それ以来、福岡に出張というと稚加榮のいわしめんたいこをリクエストして買ってきてもらってます。

あるとき、島根からパパさん(夫の父)が泊まりにきたときにこれを朝食に出したら、パパさんもいたく気に入って「これはどこで買えるの?」というので、メールでコチラの商品一覧サイトを送っておいた。
そしたら年末年始に島根に行ったとき、お昼ごはんに「これ、稚加榮で買ったのよ」といって肉まんが出てきた。こぶりだけど、甘みのあるジューシーなあんの入った和牛肉まん。めちゃめちゃおいしい!
明太子の有名なお店で肉まんが買えるとは知りませんでした!しかもこんなにおいしいなんて・・・。

先日久しぶりに(夫)が福岡に出張に行った。
今、冷凍庫がいっぱいでこれ以上なにも入らないから今回はいわしめんたいこ買わなくていいよ、何か食べたいものがあれば買ってきて、と言ったら稚加榮の肉まんを買ってきた。
それは私も食べたかったしすごーくうれしかったんだけどさ、肉まんていわしめんたいこよりさらにかさばるのよね・・・(笑)
でもぎゅうぎゅうに詰めたらなんとか冷凍庫におさまったので結果オーライ。
さっそく本日のお昼にいただきました♪おいしかったー。
というわけで我が家はすっかり稚加榮ファンです。明太子、いわしめんたいこに続き、肉まんも自信をもっておすすめします(^^)


3/31現在、いわしの不漁によりいわしめんたいこは販売中止になってるようです(>_<)
その代わりさんまめんたいこが新たに仲間に加わってます。きっとこれもおいしいと思います〜。(←無責任・・・)  
Posted by balloontrip at 22:23Comments(6)TrackBack(0)

2007年01月27日

おやすみ前のホットドリンク

柚子茶
夜、とてものどが渇いてしまった。
本当は冷たいお茶をごくごく飲みたいところだけど、身体が冷えちゃいそうだし、もう寝る前だからコーヒーっていう気分じゃないし。ってときありませんか?
昨夜の私がまさにそれでした。
何か飲もうと思ったけど、ただのお水はあまり好きではなく、冷蔵庫にお茶もない。
私はいくら寝る直前にコーヒーを飲んでも眠れなくなったりはしないのですが、それでもさすがに今から寝ようっていう夜中の1時にコーヒーを飲む気にはなれず、とりあえずお湯を火にかけた。
紅茶ならまだ飲んでもいいかな、という消極的な理由からのろのろと紅茶の準備をしながらも、なんとなく他の選択肢をさぐっていたとき、ようやく「これだ!」ってものに思い至りました。

そう、柚子茶。
なんでお茶っていう字がつくのかわからない、はちみつレモンの柚子版みたいなものだけど、これ、まさに冬の夜のおやすみ前のホットドリンクにぴったりです。
瓶に入っているものは柚子のジャム。普通にパンにつけて食べても、ヨーグルトに入れて食べてもおいしい。
ずっと前に、友達が韓国のおみやげでくれた柚子茶(=柚子ジャム)がとてもおいしくて、そのときは毎日ヨーグルトに入れて食べていたのです。それがなくなって新たに自分で買ったら、なぜか急に食べなくなってしまった。(←そういうことってありません?^^;)
だから、この柚子茶の瓶、封も切られないままずっと冷蔵庫に入ってたんです。
それがのどの渇いた夜に急に頭の隅によみがえってきて、久しぶりに別の形で脚光を浴びることになりました。(よかった。賞味期限切れる前で。)

マグカップに小さじ2杯ほどの柚子ジャムを入れて、上から熱湯を注いでスプーンでぐるぐる。ん〜、いい香り♪
そういえばちょっと前には、秋の夜長にビデオでも楽しむときにちょうどよさそうなホットドリンクを紹介しましたが、今回はさらに遅い時間の冬バージョン。
パジャマ着て、コンタクトもはずして、ふとんに入る直前に体をあっためられる幸せドリンクですよ〜。  
Posted by balloontrip at 21:35Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月16日

焼酎ワールド入門

前回、会社の新しい仲間と飲みに行って以来、わたくし焼酎ワールドに入門いたしました。
とはいっても普段家では飲まないので、外で飲む機会があったときに、一杯目から焼酎を飲むように習慣を変えただけの不熱心な入門弟子ですが(^^;)。
いろんなお酒をチャンポンで飲むと、あとですぐに頭が痛くなってしまうので、これまでは、何杯も飲みそうな会のときは最初から最後までビール、食事のお供に一、二杯飲む程度なら一杯目はとりあえずビールで、二杯目は何か違うもの、という感じにしていました。
それが前回のその飲み会のときに、焼酎ワールドの住人であるGさんにつられて一杯目から焼酎にしてみたら、おいしくてなかなかいい感じだったのです。
ちょっと甘みのある水みたいな感覚でさらりと飲みすすめるし、ビールみたいにお腹が膨れないから食事もおいしく食べられる。それに噂に違わず焼酎はあとに残らないですしね。

最初にすすめられておいしかったのが芋焼酎だったので、飲むときはもっぱら芋焼酎。
麦でも米でもおいしいのかもしれないけれど、ちゃんと飲み比べたことがないので、とりあえず芋に走ってます。芋だけでもたくさん銘柄があるので、まずはじっくり芋焼酎を研究してみようかと。(あくまでも不熱心に・・・。)
これまでも焼酎を飲んだことがないわけじゃなかったのですが、シチュエーションとしては、もう何杯か別のお酒を飲んだ後に「もうお腹一杯でビールは飲みたくない。」「でもここでワインやカクテルを飲んだら頭痛くなりそう。」なんてときに飲むことが多く、焼酎そのもののよさにきちんと向き合っていませんでした。
だから、たくさん銘柄があっても、どうせ私には味なんてわからないと思ってた。
それが、一杯目から焼酎を飲んでみると、二杯目に違う焼酎を飲んだときに味の違いがわかるんですね〜。(あたりまえ?)こんなに違うものかとびっくりするほどでした。

ちなみに今日はまた久しぶりに例の3人で飲んできたのですが、Gさんのおすすめで飲んだ「山ねこ」という芋焼酎がとてもおいしかった。ただしちょっぴり高め。
その次に飲んだやつもおいしくて、しかも安かったんだけど、漢字四文字だったので忘れてしまいました。酔っ払ってても覚えていられるのは漢字二文字までです。←やっぱり不熱心
でもこう考えてみると、ワインの銘柄を覚えるよりはよっぽど短くて楽ですね。なんといっても日本語だし。
その後、弟子として教えていただいた知識としては、「黒麹」という麹を使っているものや、「黄金千貫(こがねせんがん)」というサツマイモを使っているものが、甘みがあっておいしいんだそう。そう聞くと、早くそれらを飲んでみたくなります。
これからもGさんに教えを乞いつつ、少しずつ焼酎ワールドに足を踏み入れていこうかともくろみ中です(^^)。  
Posted by balloontrip at 23:11Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月06日

秋の夜のおともに・・・

私はコーヒーをよく飲みます。
朝ごはんのときに一杯、会社で午前と午後に一杯ずつ、そして夜に一杯、というのがいつものパターン。夜は飲まないこともあるけれど、会社で3杯飲んでしまうこともある。
胃を痛めるとか体を冷やすとか、コーヒーの飲みすぎはあまりよくないとわかっているのですが好きなのでやめられず、一日4杯くらいならまぁ許容範囲でしょう、ということにしています。

そんな私がコーヒー豆をきらしてしまいました。
2、3日前から買ってこなくちゃと思っていたのですが、おとといは買い忘れ、昨日は飲んで遅くなり、今日も残業で遅くなって買えず、とうとうなくなってしまったのです。
折りしも今日は金曜日。しかも3連休の前日。どんなに夜更かししても許される日です。
帰ってきたのは遅かったけれど、夜はまだまだこれからという金曜の夜に、お供のコーヒーがないのはとても残念。
とりあえず久しぶりに紅茶を飲むことにしました。紅茶も大好きなんですが、両方あるとやっぱりコーヒーばかり飲んでしまうため、なかなかうちでは紅茶を飲む機会がないのです。
こうなったらうんとおいしい紅茶を淹れて、たまにはコーヒーとは違う楽しみを味わってみよう!・・・なんて意気込んでみたものの、うちにある紅茶は古いのばかり。ちょっとばかり蒸らしてみたり葉っぱを泳がせてみたりしたところで、それほど変わるとも思えません。

そこでふと思いついてやってみたのが「ラム酒入りキャラメルミルクティ」。
なんて、名前をつけてみるとずいぶん手の込んだものみたいだけど、実は昔もらった「クレームブリュレ」というキャラメルの香りがするフレーバーティを、濃いめに淹れてたっぷりめの牛乳でミルクティにし、仕上げにラム酒を小さじ1杯程度たらしてみたもの。
これ、秋の夜長にぴったりのホットドリンクです。おうちでのんびりすることが最高に幸せに感じられる味。
今週は購入予約しておいた「かもめ食堂」のDVDが届いていたので、さっそくこの紅茶をおともにそれを見て、幸せ気分にひたることにしました。イメージ的にかもめ食堂ともぴったりな感じだし〜♪

でも見始めて思い出しました。この映画、見ると美味しいコーヒーが飲みたくなるんだった・・・。コピ・ルアック。
明日、豆買いにいきます。  
Posted by balloontrip at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2006年08月31日

ローザー洋菓子店

レトロな缶(上面)レトロな缶(側面)
先日、最終出社日を迎えたAさんがみんなへのお土産にと買ってきてくれたクッキー。
これは半蔵門にある「ローザー洋菓子店」というお店の特別なクッキーです。
何が特別かというと、クッキーなのに予約制なんです!
数に限りがあるとかで、確実に欲しいのなら前日までに、当日なら少なくとも朝いちで予約しないと買えないらしい・・・。
他のものも人気らしく、夕方になってのこのこ買いにいっても、ショーケースはがらがらでほとんど売り切れているそうな。
でもたしかに、ここのクッキー本当においしかった・・・!
添加物はいっさい使わず手作りにこだわっているというだけあって、優しくて素朴で味わい深い。変なものでごまかさない老舗の自信が伝わってきました。
こうなると、シュークリームも非常に食べたくなってきます。

そしてこの缶!かわいくないですか〜(>_<)?
色といい文字といい、一対の縁だけが丸くなった形といい、レトロというか大正モダンというか、たまりません!!缶のためだけでも買いに行きたいくらいです。
Aさんが「ご自由にどうぞ」って給湯室に置いていったのですが、今日みたら食べ終わったあとの缶がひょいと捨ててあったので、喜び勇んでもらって帰ってきました。
あ〜これに何入れよう♪
ネットでいろいろ見ていると、どうやらこのお店ではチョコレートなんかも売っているようで、その包み紙がまた味があってかわいいんです。
会社からはわりと近くにあるのですが、平日は夕方17時半までしかやってないし、土日祝はお休みだし・・・これって半休取って行けってこと?  
Posted by balloontrip at 22:57Comments(2)TrackBack(0)

2006年08月07日

わらび餅なら・・・

追分だんご本舗のわらび餅
週末に、定期健康診断のため新宿の「追分クリニック」というところに行ってきました。
比較的大きな病院を想像していたら、雑居ビルのワンフロアにあってびっくり。
でも、再び意外なことに入り口には「OIWAKE CLINIC」なんていう横文字が木の壁の上で白熱灯に照らされていて、予想外に明るくきれいな病院だったのでした。

さて、タイトルがわらび餅なのに、なぜ健康診断の話?と思われたかもしれませんが、ヒントはクリニックの名前。といっても、もしかして「追分」と聞いて「追分だんご」にダイレクトに結びついちゃうのは私だけでしょうか?・・・

とにかく暑い中、休みの日にしては早起きをし、休みの日だというのに普段通勤に使ってる電車に乗り、特に楽しい用事でもないのにわざわざ新宿まで行ったのであるから、これはなにかご褒美(自腹だけど)が必要と思い、やはり追分クリニックであるだけに追分だんごを買って帰ろうと思ったのです。
そして追分だんご屋さんの店頭で各種のおだんごを眺めているうちに、この暑さの中でも食べたいものは、おだんごではなくわらび餅だということに気づいたのです。

そういうわけで、るんるんとわらび餅を買って帰り、おうちで黒みつをかけてつるつるといただきました。
うん、おいしかったですよ、ここのわらび餅も。
でもわらび餅といえば、今まで食べた中で一番おいしかったのは、鎌倉で食べた「こ寿々」のわらび餅なんです。
ここのは本当に感動するおいしさでした。あの透明感と弾力のあるわらび餅が忘れられません。それまでもわらび餅は普通に好きだったけど、おかげで大好きになってしまったほど。次に鎌倉に行ったらまた必ず寄りたいお店です。
わらび餅好きは、必ずや行かなければならないお店です。  
Posted by balloontrip at 23:29Comments(5)TrackBack(0)

2006年04月21日

ハッピーランチ

ハンバーグサンドハッピバースデートゥーミー。
本日でぞろ目ともおさらば。34歳になりました!
誕生日だからなにかいつもと違うことを・・・と思って、今日は外にランチに出ることに。
ただでさえ座りっぱなしの動かない仕事なのに、毎日おべんとう持っていって自席で食べているので、たまには気分転換!
前にもココで紹介した「cafe miel」で、ずっと気になっていたハンバーグサンドを食べてみることにしました。コーヒーはその後も何度か飲みに行っていましたが、お昼を食べに行くのは初めてです。
うちの会社は12〜14時の間に1時間昼休みをとる、ということになっているので、外に出るときは時間をずらします。13時に行ったら、それなりにお客さんは入っていたもののラッキーなことに窓際の特等席があいていました。
さっそくハンバーグサンドと、今日は特別にバナナとくるみのケーキも頼みました。
なんてったって誕生日ですから!

いや〜、きっとおいしいに違いないとは思っていたけど、ここまでとは思いませんでした。
手づくり感いっぱいのやわらかくて優しい味のハンバーグに、これもきっと手づくりに違いない美味しいデミグラスソースがたっぷりかかって、チーズと一緒にこんがり焼いたトーストにはさまってる。う〜ん、幸せ〜
ハンバーグ好きの私も大満足。このハンバーグ、私の中でもかなり上位に入るかも!これで650円は安すぎです!
しかもすごくボリュームたっぷりで、特に胃が小さいというわけでもない私も、食べ終わったときには「さらにケーキは絶対ムリ!」という状態になってしまいました。
申し訳ないながらもケーキはキャンセルにしてもらい、代わりに(?)頼んでいたオリジナルブレンドを「ミエルコーヒー」に変更。
店名の由来にもなったということですから、やはり一度は飲んでおかないと。
これはオリジナルブレンドに少量のバターを落としたもので、はちみつと一緒にサーブされます。砂糖の代わりにお好みではちみつを入れるのだそうです。
うーん、これはちょっと微妙でした。別にまずいというわけではないんだけど、私としては別にわざわざバターはいらないかなという感じ。これだったらオリジナルブレンドだけをそのまま飲みたい。しかも私、お砂糖は入れないんだった。(←うかつ!)

私がこのお店を好きなもうひとつの理由は、お店の人がとっても感じがいいこと。
髪の毛を短くショートカットにした、すごくかわいらしい人がやっています。
コーヒー最高。ケーキめちゃ美味しい。ハンバーグサンドブラボー。千鳥ヶ渕の入り口という好立地にお店の人の感じまでいいという、完璧なお店です。
窓の外をながめながら、心優しい友人たちが送ってくれたバースデーメールに返信を打ちつつ、おいしいサンドイッチとコーヒーを飲んで・・・
ほんとに素敵な誕生日ランチでした。みなさんありがとう  
Posted by balloontrip at 23:19Comments(2)TrackBack(0)

2006年04月12日

出張のおみやげ

ロイヤルのスイートポテト
最近福岡に出張に行くことが増えた(夫)。しかもたいてい日帰りです。
そういう日は朝5時半頃出ていき、帰ってくるのは22時頃。
それだけ交通機関が便利になったということなのでしょうが、それにしても福岡日帰りはキツイですよね〜。かわいそうです。

今回はめずらしくひと晩泊まりの出張。昨日から福岡に入って、今日帰ってきました。
あたりまえですが、こういうときは家でひとりきりでひと晩過ごすことになります。
別に普段から家にひとりでいることなんてしょっちゅうあるし、別に怖いと思ったことなんかないんですが、なぜかそういう日に限って怖い夢を見たりするからふしぎ。
ま、昨日はなにごともなく朝までぐっすり眠ってたんですけどね(^^)

そしてかわいそうとか言いながらちょっぴり楽しみなのがおみやげです。
出張先からおみやげを買ってくるのって、なんかお父さんみたいでわくわくする。
今まであんまり出張がなかっただけに新鮮で、次回のおみやげまで指定したりしてちょっと楽しんでます。
今回のおみやげはROYALの「スイートポテト」。
ROYALって、「ロイヤルホスト」のROYALです。空港とか幕張メッセとか、ちょっと大きな施設に行くとなぜか幅をきかせてる、あのROYAL。
そういう場所にあるファミレスっぽいお店はほぼ100%がROYAL系で、ほかのファミレスってほとんど見たことないから、ROYALのトップはよっぽど力を持ってる人物でかなり強力な独占契約でも結んでるのかなぁっていつも思ってしまいます。

そんなイメージだったので、最初にこのスイートポテトを買ってきてくれたときは、正直ちっとも期待しないで口にしました。
でもこれがなかなかおいしいんです。口当たりがなめらかで、ちゃんとおイモの味がして。まぁスイートポテトってそういうものだし、考えてみればおいしくないスイートポテトって食べたことないけど、でもとにかく食後のコーヒーのお供に最適。
明日からもしばらく夜が楽しみです。
ちなみに写真の紺色のコースター、かわいいでしょう?
手づくりなんです〜(フェルト縫いあわせてアイロンでワンポイントつけただけだけど!)  
Posted by balloontrip at 23:48Comments(2)TrackBack(0)

2006年04月04日

ラーメンギョーザ

坂内のらーめん丸岡のぎょうざ
(夫)の両親からおいしいものが届きました!
「坂内のラーメン」そして「丸岡のぎょうざ」。どちらもお取り寄せ品です。
ラーメンはいただきものらしく、今回初めてもらったのですが、ぎょうざの方はもう何度か送ってもらっています。これがほんとに美味しいのです!

坂内食堂」というのは喜多方の超有名なラーメン屋さん。
そこのラーメンを今じゃこんな風にお取り寄せできるんですね。
っていうか調べてみたら、お取り寄せどころか全国にチェーン店があるのですね!
麺とチャーシューとスープベース、それにスープを薄める調味水とやらがついています。なんだか本格的です。あ、メンマとラードとコショウもついてますよ。
受け取って初めて気づいたのですが(っていうか私は完全に忘れていたのですが)、私たち、このラーメン屋さんに行ったことがあるらしい。
転勤で喜多方に一時期住んでいた友人夫婦を訪ねて遊びに行ったときに、連れて行ってくれたおいしいラーメン屋さんがここだったようなのです。外で行列したのは覚えていたけど、まさかそれがこの「坂内」だったとは。
さて、「おいしい調理の仕方」に忠実に従って麺を茹で、スープを温め、チャーシューとねぎをのせて・・・いただきま〜す♪
実は私の好きなラーメンは、塩かとんこつの白濁系。麺は細めのちぢれ麺。邪道といわれようともサッポロ一番の塩ラーメンが一等好き。(・・・ほんとに邪道だ^^;)
というわけで、茶濁のスープに極太麺のこのラーメンは、私の好みとはずいぶん趣きが違ったのですが、さすがは坂内。まじめにおいしかったです!!
麺は中華麺というより、おうどんみたい。こしがあって食べごたえがあるし、スープはあっさりながらもコクがあってあとを引きます。そしてチャーシューがこれまたやわらかくて最高でした。ごちそうさま〜♪

さて、お次は宮崎県の「ぎょうざの丸岡」です。
もうね、これは本当にみなさんに食べていただきたいのです。
ってなんだか口調が怪しいTV通販みたいになってきてしまいましたが、でも本当。
それまではときどき自分でも餃子を作ったりしていましたが、これを食べてからははっきりいって自分で餃子を作るのがバカらしくなってしまいました。だって、一生懸命手間かけて作っても絶対にこっちの方が美味しいんだもの。「どうしてくれんのよ!」って迫って、おわびの印にマル秘レシピを公開してもらいたいくらいです。
中身はほとんど野菜でとってもやわらかい。これを外側カリッと焼き上げて熱々を食べる。ん〜おいしいぃぃぃ!!何が違うんだろう。どうしてこんなに美味しいんだろう!
ぎょうざのたれもついていますが、つけなくても味は十分ついています。
小ぶりだしヘルシー(たぶん?)だし、ついつい食べ過ぎてしまうのが難点。
しつこいようですが、ほんとにこれはおいしいです。一度おためしあれ。
クール宅急便で地方発送もしてくれるので、餃子が好きなら今すぐ電話してお取り寄せしてくださいね。

以上、おいしいもののご紹介でした〜。(どこまでも通販ぽい・・・)  
Posted by balloontrip at 21:58Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月13日

沖縄黒糖ロシア

沖縄黒糖ロシア
前の会社の友人から久しぶりにメールが来ました。
「今、黒糖ロシアが限定発売されてるよ!」って・・・(笑)

大学生の頃、ヤマザキのこのパンが大好きで、昼にしょっちゅう食べてたんです。
・飽きのこない優しい味(めちゃめちゃ地味でプレーンなパンなのです)
・少々意味のわからない名前(沖縄?ロシア?わからなくもないけど〜。
 っていうか、昔は「沖縄黒糖入りロシア」じゃなくて「沖縄黒糖ロシア」だった!)
・120円でおなかいっぱいのたっぷりサイズ(貧乏くさ・・・)
というわけで、とにかく好きだったのです。

ところがある時期からめっきり見かけなくなって、おかしいな、おかしいなと思いながら、代わりのパンを食べて日々は過ぎていきました。
で、あるとき「やっぱりおかしい!」と思って、とうとうお客様相談センターに電話した私。(そのときすでに社会人。)そしたらそのパンはもう製造中止になっているとのこと。
電話に出た人は気落ちした私をかわいそうに思ったのか、「発売されるパンはどんどん変わっていくので、またそのうち製造開始されるかもしれませんよ。」ってなぐさめてくれました。それでもまだがっかりしていたからか、「製造するパンは工場によっても違ったりするので、ひょっとすると作ってる工場もあるかもしれません。」なんていう情報までくれました。
「えそうなんですか?じゃあ関東近辺の工場の電話番号教えてください!」
・・・そしていくつか電話番号を教えてもらってかたっぱしからかけたのですが、どこももう作ってはいませんでした。相談センターの人も、まさかほんとに工場に問い合わせるとは思わなかったのかも。。。

そんな悲しくも切ない思い出を持っている私ですが、話すとなぜか笑い話になってしまいます。(あたりまえか!)
でもいいこともあって、みんながこのことを強烈に覚えていてくれて、発見すると教えてくれるんです(^^)
数年前に、黒糖ロシアがまた店頭に並んだことがあって、このときもたしか誰かが私に教えてくれた。「復活したんだ!!」と喜んだのも束の間、結局一度しか食べないまま、また姿を消してしまったんですけどね。

そしてそんな黒糖ロシアの再復活です〜。
相談センターの人の言ったとおり。定番商品というのはあるにしても、商品はローテーションしてるんですね。
パッケージはさすがに少し変わってたけど、味はおんなじ。牛乳と一緒に食べたくなるような、ほんのり黒糖の香りただよう素朴な味でした。
今回は袋に「期間限定」と明記してあります。
さ、なくなってしまわないうちに、みんなも一緒にいっぱい食べよー♪  
Posted by balloontrip at 22:50Comments(4)TrackBack(0)

2006年01月28日

カフェのはしご?

sanaおしゃれなカフェ?


三鷹に「狐久保」というかわいい名前の交差点があるのですが、その近くに「sana」というさらにかわいいパン屋さんがあります。
天然酵母のパン屋さんで、小さなカフェがついていて、パンはもちろん、そこのスープがまた最高においしい。
カリモクのソファが置かれ、ガラスブロックから明るい陽射しが差し込む店内。
レジカウンターの下にはすてきな絵本が何冊もたてかけてあって、自由に見られるようになってます。パンにちなんだ絵本が多いのがまたカワイイ(^^)

今日はたまたま三鷹の周辺をうろうろしていて、時間があまったので久しぶりにsanaでランチをしました。
粉の味がきちんとするおいしいパンに、バターとメープルシロップがかかったもの、それにじっくり煮込んだ野菜と豆のスープがセットになっています。デザートにヨーグルトもついていました。
陽のあたる暖かい席に座って、ひとりでほっとひと息つきながら、「あ〜私、このお店ほんとうに好きだな〜。」なんて思いました。

ちなみに右の写真も今日撮ったもの。
また別のカフェに行ったの?って思われそうですが、実はこれ薬屋さんなんです。
今日はカフェのはしごではなく、病院のはしごをしていて、お医者さんに処方箋をもらったので、帰り道にあった薬局に入ったらこんなだったの。
赤いソファに座って薬を待ちながら見回したら、筒型の水槽に魚が泳いでたり、外に向いたカウンター席なんかがあって、一瞬自分がどこにいるのかわからなくなりました(笑)
たまにはこんな薬局もいいですね。  
Posted by balloontrip at 23:06Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月05日

那智黒で風邪なおそ

那智黒そりゃ風邪も悪化しますわね。
あれだけ寒風の中で歩きまわったり立ち尽くしたりしたわけですから。
白浜に行く少し前から、のどが痛くなってやだなーと思っていたのですが、パンダを見るまではと気力で乗り切り、目標を無事達成したら、とうとう本格的なカゼになってしまいました。
微妙に仕事も忙しくなり始めて、もうこれ以上休むわけにいかないので、少々熱があったけれど無理やり出勤。
1時間おきにトイレに赴き、個室で高らかに鼻をかむ怪しい女になりました。
いったい鼻水ってどこからこんなにこんこんと湧き出てくるのでしょうか。ほんとに不思議。そして苦しい。

ほんとは症状をやわらげるために薬を飲みたいけれど、ただでさえ眠くなる仕事なので、風邪薬なんてもってのほか。気力で治そうにも、すでにパンダで使い果たしてるし。はぁ。
ただし「安静」という意味では、仕事をしながらにしてかなり確保できてるかも。
横にこそなっていないものの、しゃべったり歩いたりすることは一切なく、縦になった状態としてはもっとも安静な体勢をとりつづけているから。
そして傍らには、南紀白浜空港で買い求めた「那智黒」。のどが優しく潤います

昔から黒あめは好きだったけれど、これはほんと〜においしいですね!
最初に教えてくれたのは前の会社の関西出身の友人。
なにげなくもらったひと粒があまりにおいしかったため、黒あめの魅力を思い出してその後も何度かキヲスクやコンビニで黒糖のどあめを買い求めたけど、なんか違う。ぜんぜんダメ。
で、その友人に「こないだくれたアレってどこで買ったの?」と聞いたところ、「那智黒」という有名な黒あめだったことが判明したのでした。
う〜ん、さすが100年の伝統の味!いったい何が違うのかわからないけれど、たしかに違うんです。これを食べると他の黒あめが食べられなくなります。

そんな那智黒を味わいながら仕事ができてとっても幸せ・・・なんだけど、ひとつ残念なのは、今回のカゼがのど風邪ではなく完全な鼻風邪だということ。
のどを潤わせるのも大切だけど、私的には鼻が潤いすぎているのをなんとかしてほしいんですよねぇ。。。  
Posted by balloontrip at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月13日

冷たい緑茶

水出し緑茶
まさに残暑。暑いですね〜。
もう夏も終わろうっていうときになって、今さらの紹介なんですが、お茶の葉っぱって水出しできるの、知ってましたか?

以前、日経プラスワンの「かんたん美味」に載っていて、人気投票でもみごと1位にランクインしていましたが、水250mlに対してティースプーン1杯の割合で茶葉を入れて、ただ冷蔵庫にしまっておくだけなんです。
紅茶なら3時間以上、緑茶なら30分以上でできあがり。
うそみたいですが、ほんとにこれだけでおいしいアイスグリーンティができちゃいます。
(紅茶では試してみてませんが・・・。)
それまではペットボトルでお茶を買ったりしていたのですが、めっきり買わなくなりました。
特にうちではコーヒーを飲むことが多くて、お茶の葉っぱが余ってしょうがなかったので一石二鳥です。
水出しだと、ふしぎと2-3日置いておいてもちっとも渋くならないので、大きな容器に作りおきして、毎日がぶがぶ飲んでます。

といっても、このお茶も大活躍するのは暑いうちだけかもしれませんね。
暑いのも今日明日までくらいで、そろそろ涼しくなりそうなことを天気予報で言ってました。
今日のお夕飯は冷やし中華にしようかな。
ちょっと涼しくなると、ぜんぜん食べる気がしなくなってしまうものだから、この夏の食べおさめということで・・・。  
Posted by balloontrip at 16:48Comments(4)TrackBack(0)

2005年08月22日

ベルギーはおいしい

たくさん入ってます個包装がうれしい
昨日にひきつづき、おいしいものの紹介です。
「ロータス オリジナル カラメルビスケット」。
昨日、仙川をぶらぶらしていて「カルディ コーヒーファーム」で見つけました。
なんだか美味しそうな顔をしていたので買ってみたら、まさに期待通りの味!
カリカリしていて、カラメルとシナモンが混ざったような味です。
薄くて小さいので、ちょっとしたコーヒーのお供に最適。
どこかのコーヒー店ではコーヒーを頼むとおまけでこれがついてくるそうですが、納得です。
私だって喫茶店をひらくとしたら、そうしちゃうかも。

コーヒーが大好きなので毎日ドリップして何杯も飲んでいますが、そんな私も最近は
暑くてコーヒーを淹れない日もしばしば。
今日もコーヒーの代わりに、アイスティーを作って飲みました。
ティーバッグで濃いめに紅茶を出しておいて、氷をたくさん詰めた背の高いグラスに
上から注ぎます。ちょっと甘いのが飲みたいときは、メイプルシロップと牛乳を加えて
アイスミルクティーに。
ロータスのカラメルビスケット、コーヒーにはもちろんのこと、このアイスミルクティー
にもぴったりでした。

原産国はベルギー。
外国のお菓子は香料の匂いがきつくて苦手なものが多いのですが、ベルギーのお菓子
にはおいしいものが多いような気がします。
前にアラスカに行ったときも、会社へのお土産はベルギー産のクッキーにしました(^^;)
チョコレートは「ゴディバ」もおいしいけれど、私は「ノイハウス」の方に僅差で
軍パイをあげます。

ちなみに、仙川の「カルディ」は、絶対に素通りできないお店のひとつ!
他にも店舗はたくさんあるみたいですが、所狭しとお菓子やら輸入食材やらワインやら
があって、買うものがなくても体が勝手にす〜っと吸い込まれていきます。
仙川店はカフェもついていて、お惣菜を選んでランチもできます。  
Posted by balloontrip at 20:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月21日

ミニストップのソフトクリーム

ミニストップのソフトクリームといえば、美味しいと評判ですよね。私も大好きです。
あの軽い食感のサクサクコーンもなにげにおいしい。
だけど、どちらかといえばコーンはカリカリのワッフルコーンが好きなんです。
ということで、遅れ馳せながら本日、ミニストップの「素材おいしく ワッフルコーン まろやか牛乳」というのを試してみました。
おいしいー
カウンターで注文して作ってもらうソフトクリームではなくて、アイスのコーナーにプラスチックの容器に入って売っているものなんですが、そうとは思えないほどのおいしさです。
ちゃんとミルクの味がするのに、さっぱりしていて口に残らない。

実はもうずいぶん前に、雑誌で「ミニストップとスリーエフが共同開発でソフトクリームを売り出した」という記事を読んでいたのです。
これは絶対に試してみなくちゃとその記事を切り抜いておいたのですが、思い立ってうちの一番近くにあるミニストップに探しにいったときには、そのお店には置いていなくて、そのまましばらく忘れてしまっていました。
今日たまたま別のミニストップの前を通りがかったときに思い出し、ようやく念願のソフトクリームが食べられたというわけです。

その場で作るソフトクリームと違って、コーンの奥の奥まできちんとソフトクリームが詰まっているのもうれしい。
「まろやか牛乳」の他に「なめらかチョコ」というのも出ているようです。
チョコの方は試していないのでわかりませんが、ソフトクリームが好きで、コーンはワッフルコーン派で、味はバニラが一番、という人はぜひ試してみてください!  
Posted by balloontrip at 21:05Comments(0)TrackBack(0)