2008年02月18日

3つの衝撃

今日は母親学級。陣痛がきてから出産までの流れについて教えてもらいました。
なにしろ未体験ゾーンなので、読んだり聞いたりした寄せ集めの情報で漠然としたイメージしか持っていなかったのですが、分娩のビデオを見たり陣痛が来てからの過ごし方を具体的にアドバイスしてもらったりして、ちょっぴり自信がわいてきた。
近い将来に自分にもやってくる瞬間として、心の準備ができた感じです。

それにしても今日は、びっくりしたり感動したりショックを受けたりと、精神的に忙しい1日でした。
まず最初の衝撃は、母親学級で見た分娩のビデオ。
かなり昔のビデオって感じでしたが、モデルのお母さんやお父さんがよく承諾したなぁっていう衝撃の映像でした。
だって、カメラの位置はまさに股の下。子宮口が開いて赤ちゃんの頭が見えてきて、そこから助産士さんが赤ちゃんを引っぱりだす瞬間から、そのあとずるずるって胎盤が出てくるところまで、ぜーんぶ完璧にカメラに写ってるんですから。陣痛の始まるところからカメラは追っているので、お父さんお母さんの顔ももちろんオープン。いきんでいるときの顔なんかもドアップです。
最初は「えぇっ、こんなプライベートな映像見させてもらっちゃっていいんですか?」ってびっくりしてしまったのですが、そのあまりのリアルな映像にすっかり引き込まれて、赤ちゃんが無事にお母さんから出てきたときには感動のあまり思わず落涙。しばらく泣き止むことができなくて困ってしまいました。
赤ちゃんが産まれるってほんとにほんとにスゴイことなんだって、心から感動。この映像を提供してくれたお父さんお母さんに素直に感謝です。

そして次の衝撃は、その後たまたま聞く機会のあった先輩ママさんたちのお話。
この病院の助産士さんでちょっと前に赤ちゃんを産んだ人たちが、定期健診かなにかで来ていたのか、母親学級にちょっぴり顔を出して気楽に立ち話をしていってくれたのですが、みんな妊娠後期には驚くほど動くようにしていたことがわかったのです。
「私は毎日3時間あるいて300回スクワットしてました〜」とか。
さ、さんじかんですか?さんびゃっかいですか??
たくさん動いた方が自然な形でスムーズに陣痛がやってくるそうです。お産が近づいてあまり動かないでいると、産まれるのがどんどん遅くなってしまうんだとか。(ちなみに3時間+300回の方は、それでも予定日を過ぎたそうですが^^;)
9ヶ月とか10ヶ月になったらもう、お腹が重たくて出歩くのもしんどいから、適当にちょろっと散歩してたくさん休んでるのがいいのかと思ってた私にはかなり衝撃でした。
明日から私もスクワットしよ〜っと。300回はムリだけど。

そして最後の衝撃は、母親学級後に受けた定期検診で。
10日前に受けた前回の検診までは大丈夫だったのに、なんと今回逆子になってしまっていることが判明したのです。ガーン(T_T) ・・・
この病院では逆子は必ず帝王切開。自然分娩はさせてもらえません。折りしも、つい30分前にビデオで感動の分娩シーンを見て「もうすぐ私も・・・☆」なんて感動のこぶしを握り締めたところだっただけに、かなりショックでした。
もちろんまだ間に合う時期なので、逆子体操の紙をもらって帰ってきましたが。
さっそく今晩から始めなくっちゃ!どうか次の検診までに逆子が直ってますように(>_<)

以上、個人的な衝撃3連発でした。  

Posted by balloontrip at 22:26Comments(4)TrackBack(0)

2007年10月28日

Mcのケータイクーポン

ちょっと前からエビちゃんが宣伝しているマクドナルドの「焙煎ごまエビフィレオ」。
ファストフードにはあんまり興味のない私ですが、なぜかこれはずっと気になっていて、食べてみたいなぁと思っていました。久しぶりにマックのポテトも食べたいし。
ちなみに(夫)は私と違ってマクドナルドが大好き。還暦のお祝いには、マクドナルド貸し切りでパーティをしてもらいたい、ハクション大魔王に出てくるみたいなかぶりつけないほど大きなハンバーガーを用意してもらいたい、などと子どものような夢(?)を持っている。お安い御用。君が還暦を迎えたあかつきには私が夢をかなえてあげましょう。
とまぁ、そんな(夫)なので「今日のお昼はマクドナルドで食べようよ。」と提案したら喜んでOKしてくれた。ひょっとしたら私からマクドナルドに誘ったのは初めてかも(笑)

さて、マクドナルドに向かう途中、(夫)がなにやらケータイでクーポンを探しはじめました。どうやら、マクドナルドの「トクするケータイサイト」というのの会員になっていて、そこに載っているクーポンをレジで提示するとハンバーガーやセットものが割引価格で買えるらしいのです。いつの間にそんなもの・・・(笑)
私はもちろん焙煎ごまエビフィレオのセット、(夫)はチキンフィレオのセットを頼んだのですが、どちらもMサイズのポテトと飲み物がついて二人で830円。たしかに安い!
エビフィレオの方は、期間限定のキャンペーン商品だけに値下げ幅も少なかったのですが、チキンフィレオのセットはたったの300円。こういうのを見ると、日本って決して物価の高い国じゃないなぁと思ってしまう。

この「トクするケータイサイト」はケータイからアクセスするだけで、誰でも無料で会員になれるそうですよ。マクドナルド好きな人はぜひ。(って好きな人はもう知ってるか。)
それから焙煎ごまエビフィレオはとても美味しかったです。香ばしいエビフィレオにちょっぴり甘めのごまソースがかかっていて、なんだかおやつみたいでした。
久しぶりのポテトもおいしかったー。体には悪そうだけど、たまに食べるジャンクフードってなんでこんなにおいしいんだろう。
(夫)よ、どうしてもっていうならまた行ってあげてもいいよ〜、マクドナルド。  
Posted by balloontrip at 16:50Comments(2)TrackBack(0)

2007年10月21日

父とハーモニカ

ハーモニカと楽譜
昨日は実家に泊まっていました。
夕食後、やおらハーモニカを持ち出してきた父。どこで学んだのやら、メロディを吹きながら♪チャッ♪チャッと和音で伴奏までつけて「千の風にのって」を演奏し始めました。
すごい!!どうしてひとつの楽器とひとつの口でこんな技ができるんだろう!
そういえば小さい頃の記憶をたどると、父は前からハーモニカが得意だったかも。学校で習うハーモニカと違って、吹く部分が二段になった特別な(?)ハーモニカを持っていたっけ・・・。
それにしても、昔はここまで上手には吹けなかったはず。明らかに腕があがってる。

父の演奏に惜しみない拍手を送ったあと「どこでそんなの覚えたの〜?!」と聞くと、どうやら退職後の自由な時間を使ってハーモニカを習いはじめたらしい。
今は中級クラスで、上級クラスの人になると和音の伴奏だけではなく、メロディを吹きながらうしろで「ドソミソ♪ドソミソ♪」なんて伴奏をつけることができるそうです。
単純そうに見える小さな銀色の楽器から、こんなに複雑な演奏ができる仕組みが知りたくて、思わず父を質問攻め。秘密はすべて舌の動かし方にありました。
口の前でただ右に左にハーモニカを滑らせているだけのように見せかけて、その裏では緻密に舌をコントロールしていたんですね!

そしてもうひとつ驚いたこと。
同じハーモニカの中に24もの種類があるって知ってましたか?
というのも、ひとつのハーモニカではひとつの調しか演奏できないから。このハーモニカはハ長調の曲用、これはイ短調の曲用、ってそれぞれ決まっているそうなのです。
だからあらゆる曲を演奏できるようになるためには、本当は24本のハーモニカをそろえる必要があるんだって。父は今8本しか持ってないそうですが。(それだけでも驚き^^;)
ハーモニカ用の楽譜というのも、これまで見慣れてきたピアノとかの楽譜とはぜんぜん違って、知らない記号がたくさんあっておもしろい。この黒丸は何?この線はどういう意味?っていちいち質問攻めにしました。

誰もが学校で習う身近な楽器であるハーモニカが、こんなに奥の深いものだったとは。
ハーモニカの音って、平たいような透き通ったような、なんとなく懐かしいような感じで癒されます。父は今度、同窓会で近況報告の代わりにハーモニカを演奏するんだと張りきっていました。楽器がひけるってやっぱりいいものですね。
それにしても、今の小学生も音楽の時間にハーモニカを習ったりするんでしょうかね・・・。  
Posted by balloontrip at 13:26Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月24日

新しい視力矯正

今日もタップの練習でした。
いつものスタジオで15〜17時半くらいまで自主練のあと、場所を移動して20時から場当たり。間があいていたので、4人で近くのインドカレー屋さんに行ったのですが、そのときに、初めて耳にするびっくり情報を聞いたのです。

視力の話になったとき、Kさんがこんなことを言いました。
「私も0.1なくてすごく眼が悪いんだけど、いま裸眼で2.0あるの。」
・・・え?・・・今、日本語変だったよね?
ぽかーんとする私たちにKさんがあわてて説明。「オルソケラトロジーっていうコンタクトをすると、夜レンズをつけて寝るだけで角膜の形が矯正されて、朝にはレンズをはずした状態で2.0見えるようになるの。」
エーーーーッ!!そんなコンタクトがあったなんてまったく知らなかった〜〜〜!
通常、コンタクトレンズといえば朝つけて夜はずすもの。その常識を根本から覆す驚きの情報です。
効果は一日なので、毎晩つけて寝ないといけないらしいのですが、Kさんによると休みの日などに15時間とかつけて寝ると、2日くらい裸眼でいけるそうです。

家に帰ってきたらすっかりその名前を忘れていましたが、ネットで探すとすぐに出てきました。そうそう、オルソケラトロジー。まったく覚えにくい名前だな・・・。
わかりやすく詳しいサイト(コチラ)があったので、ちょっと勉強してみました。
まとめるとこんな感じです。

・レンズを着用することで角膜の形を矯正する
・夜寝ている間にレンズを装着するだけで翌日は裸眼で過ごせる
・着用時間が長すぎると遠視ぎみになり、短すぎると効果が一日もたない
・最初は効果が不安定だが、1週間〜1ヶ月ほどで安定してくる
・日本国内では認可されていないため、自由診療で取り扱っている眼科でのみ販売
・費用は両目のレンズ作成に10〜20万(オーダーメイド)
・通常のハードレンズと扱いはほぼ同じ
・レンズの寿命は2〜5年
・度が入っているため、通常のコンタクトと同様に昼間着用のレンズとしても使用可
・近視が強い、乱視が強い、重度のドライアイの人は使用できない

あれ?近視が強い人はダメなの?
じゃあ0.02ほどしか視力のない私はダメってこと?・・・
でも本気で考えるなら、一度オルソケラトロジーを扱っている病院で適正検査を受けてみる価値はあるかもしれません。
費用的にはたぶん、今使っている使い捨てコンタクトとあまり変わらなそうですが、最大のメリットはたぶん、「裸眼で過ごす」という今となっては夢のようなことが実現するってこと。
ただし、コンタクトにまつわる手入れとか手間とかはなくならないんですよね。「夜寝る前にコンタクトをはずす手間」が「コンタクトをつける手間」に変わるだけで(笑)
う〜ん・・・もしかしたら今のコンタクトのままでいいかも(^^;)
やっぱり、憧れはレーシックっていう結論になるんでしょうか。  
Posted by balloontrip at 23:42Comments(4)TrackBack(0)

2007年02月21日

救世主!

カフェイン錠
今の仕事でいちばんつらいことは、なんといっても肩こり。もうぶっちぎりで一番。
でもこの話は何度かしているのでもういいとして、次につらいのが眠気との戦い。
普通に睡眠をとって体調がいいときでさえ、読んでもまったく意味のわからない分厚いマニュアルを一日中眺めていると、はからずも意識が遠のいてしまうことがあるというのに、睡眠不足だったりすれば、その眠気との戦いはますますつらいものとなる。ましてや生理前にやってくるあのずっしりと重たい眠気に襲われた日には、もう戦うことすらできないことも・・・。
でもだからといって組まれたスケジュールはもちろん、責任をもってこなさなければならないので、負けてばかりもいられません。トイレに行ったりコーヒーを飲んだり外の風にあたりに行ったり、決定的な対抗策はないにせよ、なんとかかんとかこれまで大きな失敗なくやってきた。
でも眠いときの仕事はやっぱり効率が悪いし、品質にも絶対に影響があるはず。

そんな私にとうとう救世主が現れました!
私の悩みを聞いた会社のGさんが紹介してくれた「カフェイン錠」です。
眠気を防止する医薬品。カフェインが多量に含まれているので、胃が弱い人とかは服用してはいけない、ちょっと危険な香りのする薬ですが、これこそまさに私が求めていたもの!
教えてくれた彼女もお世話になっているらしく、試してみられるようにとその場で数粒くれました。昨日もらって、さっそく今日の午後、しっかりとした眠気が襲ってきたのでチャンスとばかりに飲んでみました。(いつもは午前中の方が眠いのですが、カフェイン錠を試してみたくてわくわくするあまり、眠くなれなかった。笑)

これ、ヤバイです。ものすごい効き目です。
いつもなら席を立とうがガムを噛もうが、眠いときには決して晴れることのないどんよりした頭の中の霧が、飲んで5分後にはサーーーッと音を立てるように見事に消えていった。
気のせいか視界も明るくなって、脈拍がいつもの1.2倍くらいになったような感じがして、ちょっとそわそわ落ち着かない気分になりました。
すごい。ほんとにすごい。・・・そして本当にうれしい(>_<)
どうしてものときには、私にはこれからはカフェイン錠がついている!って、そう思うだけでものすごく心強いです。教えてくれたGさんに感謝!
でもGさんも言ってたように、あまりに効き目が強くてちょっと怖いので、くれぐれも乱用しないように気をつけようと思います(^^;)  
Posted by balloontrip at 23:08Comments(3)TrackBack(0)

2006年08月10日

超少数派?!

8月末に会社を辞めてしまう人がふたりいて、今日はグループ内での送別ランチでした。
ほんとはこのランチの内容についても言及したいところなのですが、今回はそれとは関係のないところでびっくりした話。
何度も言うようですが、うちの会社のまわりにはお店がなんにもなくて、外のお店にランチしにいくとなるとけっこう歩かなくてはなりません。
折りしも本日、台風一過でぎんぎらぎんの真夏日です。
女性7名、男性4名の11名でぞろぞろとオフィスを出ていったのですが、外に出たとたん、女性陣はいっせいに日傘をひらきました。つまり、私を除く6名の女性、という意味ですが。

いや、私も最近の紫外線が特に体によくないことはなんとなく知っています。
曲がり角をとっくに過ぎた34歳のお肌にとって、真夏の紫外線が大敵だということも、頭ではよくわかってるつもり・・・
だけど、まさか日傘を持っていないのが7人中自分だけだとは思いもよりませんでした。
そして私がびっくりしている以上に、「日傘もってきてないの?!」とみんながびっくりしておりました。
みんなには黙ってたけど、ほんとは私オトコなんです〜って言うわけにもいかず・・・。

いまどきの普通の女性はみんな日傘を毎日持ち歩いてるの?
日傘を「忘れた」のではなく、「持っていない」私って、紫外線に対する認識甘すぎ?
私ってこういう努力を怠って、あとでシミだらけになって後悔するタイプ。
さすがに男性陣は誰も日傘を持っている人はいませんでしたが、つまり私の肌に対するズボラさは、男性並みってことか(-_-;)。反省。

え?いまどきの男性は私なんかより肌を大事にしてるって?
・・・そうですか・・・。  
Posted by balloontrip at 23:30Comments(5)TrackBack(0)

2006年04月17日

ベジタリアン・カフェ

DEVA DEVAヨギ・バーガー
昨日、吉祥寺のカフェ「DEVA DEVA」で、ヨギ・バーガーなるものを食べました。「ヨギ」ってなんだ?
そうとは知らずに行ったのですが、このカフェは完璧なベジタリアンのお店。
メニューにはピザやサンドイッチやカレーがあって、どれもお肉は一切使っていません。
素材はすべて無添加・オーガニック。なんと乳製品が食べられない人のために、チーズの代わりに豆乳チーズクリームをトッピングしたピザまであります。
そうですよね。動物を殺して食べるのがよくないとする信念でお肉を食べない人もいれば、体のため、ダイエットのためにベジタリアンをやっている人もいるけれど、そういう意識とは別の次元で、体質的にある種類のものが食べられないという人が世の中にはたくさんいるんですよね。
ここはそういう人も安心しておいしく食事ができるカフェなのですね。

そしてヨギ・バーガーというのも、もちろんお肉の代わりに別のものがはさまっていました。なんだろう?お豆や豆腐でできてるのかな?
見かけはハンバーグみたいだけど、お肉よりも柔らかいので歯ごたえが少し物足りないかも。でも味はおいしいし、サイズが大きいのでボリュームもあります。
一緒についてきたフライドポテトもとてもおいしかった。
店内は明るくナチュラルで清潔な感じ。お店の人も感じがよかったです。
ひとつだけ難を言えば、ノンカフェインのコーヒーが・・・私としてはダメでした。
これも大豆から作ったコーヒーなのか、味噌のような麹のような納豆のような香りがして、見た目はコーヒーそのものだけど味はまったく違いました(^^;)

そして一夜明けた今日、会社に行ったらアメリカに旅行に行っていた人のおみやげで「ヨギ・ティー」なるものが給湯室に置いてあったのです。
うわぁ!いったいヨギってなんなんだ?!
こういうことってよくないですか?それまで聞いたことなかった言葉なのに、初めて聞いたすぐあとに同じ言葉を見たり聞いたりすること。
本当はそれまでも目にしていたけど、知らない言葉だから素通りしていて意識にのぼらなかっただけ、といわれればそうなんでしょうが、それにしてもこういう偶然てすごくよくある気がします。少なくとも「ヨギ・ティー」は今まで給湯室になかったし!

なんだろう?で終わっていたものも、二度、目にすると調べたくなります。
「ヨギ」とは「YOGI」で、「ヨガをする人」のことだそうです。
たぶんそれが転じて、東洋医学的な見地から体のことを考えたものというイメージで「ヨギ」という言葉が使われているのでしょうね。
ちょっとした偶然のおかげで、ひとつ勉強になりました。  
Posted by balloontrip at 23:00Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月22日

小さな島国の食料事情

空っぽの野菜棚これでもか!!
イギリスで語学学校に通っていた頃の友達で、今も連絡をとりあっているスイス人のURS。彼は今、セイシェルのホテルで働いています。
ちょっと前までモルジブのホテルで働いていて、あるときお客さんを船で空港に送っていったら、空港のあるはずの島が影も形もなくなっていたそうです。そこで初めて、大津波があったことを知ったとか・・・。
そのメールがきたときは、とりあえずURSが無事でよかったとほっとしたものでした。

そのURSから今度はおもしろいメールがきました。
セイシェルは小さな島なので食料品などの仕入れが簡単ではないらしく、スーパーに置いてある品物が時期によってものすごく偏っているそうなのです。あるとき野菜の棚がポテトだらけになったかと思えば、その後は何週間もポテトが手に入らなくなったり。
前回のメールでそんな話を聞いていたのですが、今回は「ポテトが戻ってきた!」っていう内容のメール(^^;)実に40日ぶりだったそうです。もちろん、その分ほかの何かがすっかりなくなっているみたいですけどね。
ポテトではないけれど、その様子が少しでもわかるようにとわざわざ添付してくれた写真がこれ。左はすっからかんになった野菜棚。そして右は棚を埋め尽くしている同種類のジュース。
うーん、これは・・・。たしかにURSがこぼすのも無理ないかも〜(笑)
URSもこれ以外の面ではセイシェルが気に入っているとのことです。

ちなみに、セイシェルってどこにあるんだっけ?と思って調べていたら、すごくインパクトのある国旗が出てきました。(→コチラ
場所はアフリカの東、マダガスカルの上あたりに点々と浮かぶ島々でした。
きっと海とかものすごくきれいなんだろうなぁ〜。行ってみたーい。  
Posted by balloontrip at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月31日

ポスト in コンビニ

何度も言っているけれど、うちの会社の近くにはなんにもありません。
つまり便利なものがなにもない、という意味なんですけど。
お弁当を買いに行こうにも、一番近いコンビニまで早足で歩いて5-6分かかります。
しかもポプラ。あ、すいません!もちろんポプラでもいいです!(^^;)
銀行は一番近いのが歩いて10分ほどのところにある(らしい)。
ただお金をおろしたいだけのときは、三井住友銀行のATMがあるampmに行きます。

ampmは、会社から反対方向に、ひとつは6-7分歩いたところ、もうひとつは7-8分歩いたところにあって、でも比較的近いほうのampmにはなぜかATMがないんです(>_<)
というわけで今日の昼休みは、ちょっと霧雨らしきものが降る中を7-8分歩いてお金をおろしにいきました。
ついでにどこかにポストがないかなぁ、と思っていたのですが見つからず、コンビニのレジで「この辺にポストありますか?」と聞いたところ、「ポストならうちにもありますよ。」って・・・。

ほんとだ!最近のコンビニにはポストまであるんですねぇ!
すっかり感心して、ひょっとしてこれは郵政民営化の流れか?!などと思って調べてみたら、なんのことはない、すでに3年も前から始まったことでした。
2003年の元旦から大手コンビニでポストの設置が始まったんだって。今まで3年間気づかなかった私って・・・。
またひとつ、常識のない自分に気づいてしまった一日でした。
ま、おかげで無事にハガキも投函できたからいっか。  
Posted by balloontrip at 22:50Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月16日

ガス台と電池

電池交換部分
わたくし、ぜんぜん知りませんでした!
ガス台にも電池交換が必要だったんですね〜。これって常識?!

最近ずっと、ガス台の調子が悪いなぁって思っていたんです。
点火スイッチをひねると、「チッ、チッ、チッ」と音がして火がつかないことがよくあって。ガスというか、点火装置がうまくいっていない感じです。
ガスはちゃんと出ているだけに、ますますたちが悪い。ガス臭くなって、もう一度スイッチをひねるのが怖くなり、しばらく置いてからおそるおそるつけてみる、といった感じ。
たいていはちょっと置くと機嫌を直してついてくれるのだけれど、急いでいるときにこれをやられると、こっちもイライラしちゃいます。
最近は続けて火を使いたいようなときは、いったん消してまた点かなくなるといやだからって、火を消さないままガス台の上でさっとやかんとフライパンを入れ替えたりまでしていました(^^;)

それで、こないだうちに遊びにきてくれた友人Kにこのガス台について愚痴をこぼしたところ、彼女がこともなげに言ったのです。
「電池が切れてきてるんじゃない?」って。
「で、電池?!それってどこに入ってるの?」と聞くと、「普通はこの辺にあるよ。ほら、これこれ。」
うーん。たしかに前面のとっても見やすい場所にありました。
「電池交換」「押」って書いてある。押したら単一電池がふたつ入ってました。
そっか〜。点火装置は電池で動いてたんですねぇ。よく考えたらあたりまえ?
でも私の頭の中ではガスと電池ってまったく結びつかないものだったのです。

週末にさっそく電池を買ってきて取り替えてみると・・・快適そのもの!
「チッ、チッ、チッ、シュ〜〜(ガスだけが出る音)」だったのが、「チチチチチ、シュボッ」ってすぐ火がつくんです〜
妊婦K〜、いいこと教えてくれてありがと〜!
会社を一日休んで東京ガスを呼ぼうとしてた(夫)もお礼言ってます!  
Posted by balloontrip at 23:04Comments(6)TrackBack(0)

2005年12月11日

レンコンのしっぽ

レンコンのしっぽミニチュアレンコン
私は、冷蔵庫にまだレンコンがあるのを知っていても、スーパーでレンコンを見るとついついまた買ってしまったりするくらいレンコンが好きです。
で、ときどき先っぽの方を買うとしっぽみたいのがくっついてることありますよね。
今まではトンと切ってすぐに捨ててしまっていたので気づかなかったのですが、このしっぽの部分もちゃんとレンコンだったんですね〜!
太い部分の穴がそのまま先っぽまで小さくなって続いてるんです。
まさにレンコンのミニチュア。カワイイ〜!!
以上。  
Posted by balloontrip at 23:03Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月19日

いちぢくの季節

いちぢく横に切ったら・・・縦に切ったら・・・
昨日、島根からパパさんが来て泊まっていきました。
なんにもお構いできないままでしたが、パパさんは来るときにスーパーでいちぢくと早生みかんを買ってきてくれました。
そういえば今はいちぢくの季節なんですね〜。最近スーパーでよく見かけます。
でも今まで自分で買おうと思ったこと、一度もなかったんです。なぜなら、私はいちぢくを丸のまま食べたことがなかったから!
いちぢくといえば、「いちぢくのコンポート」しか浮かばない私には、情けないことにどうやって食べたらいいかわからなくて。
パパさんに習ったら簡単でした。ただ手でつるっと皮をむいてそのままがぶりといっちゃえばいいんですね。こんなに簡単に皮がむける果物だとは知りませんでした。
熟れ熟れで甘々の、秋の味がいたしました(^^)

残った分を冷蔵庫に冷やしておいて、今日帰ってきてからまた食べました。
皮をむく前のいちぢくは、なんだか赤玉ねぎみたい。
皮をむいて横に切ったら、ルビー色の果肉がとってもおいしそうです♪
ふと、縦に切ったらどんな模様になるんだろうと思い立ってやってみたら・・・

たぬきが出てきました!

いちぢくの食べ方は知ってても、中にたぬきがいることを知っている人は少ないのでは?!
  
Posted by balloontrip at 22:37Comments(4)TrackBack(0)

2005年09月13日

冷たい緑茶

水出し緑茶
まさに残暑。暑いですね〜。
もう夏も終わろうっていうときになって、今さらの紹介なんですが、お茶の葉っぱって水出しできるの、知ってましたか?

以前、日経プラスワンの「かんたん美味」に載っていて、人気投票でもみごと1位にランクインしていましたが、水250mlに対してティースプーン1杯の割合で茶葉を入れて、ただ冷蔵庫にしまっておくだけなんです。
紅茶なら3時間以上、緑茶なら30分以上でできあがり。
うそみたいですが、ほんとにこれだけでおいしいアイスグリーンティができちゃいます。
(紅茶では試してみてませんが・・・。)
それまではペットボトルでお茶を買ったりしていたのですが、めっきり買わなくなりました。
特にうちではコーヒーを飲むことが多くて、お茶の葉っぱが余ってしょうがなかったので一石二鳥です。
水出しだと、ふしぎと2-3日置いておいてもちっとも渋くならないので、大きな容器に作りおきして、毎日がぶがぶ飲んでます。

といっても、このお茶も大活躍するのは暑いうちだけかもしれませんね。
暑いのも今日明日までくらいで、そろそろ涼しくなりそうなことを天気予報で言ってました。
今日のお夕飯は冷やし中華にしようかな。
ちょっと涼しくなると、ぜんぜん食べる気がしなくなってしまうものだから、この夏の食べおさめということで・・・。  
Posted by balloontrip at 16:48Comments(4)TrackBack(0)