ベーシストたけっちブログ

都内と横浜で活動するウッドベーシスト“たけっち”のブログです
Copyright © bamboobass All Rights Reserved.

January 16, 2017

木漏れ日新年会

ジャズはリアクションの音楽です。「いつもこう」ではなくて、「あのときベースがああ来たからこう」の音楽です。
エヴァンズの即興性は、同じ小節を何百回何千回もさらって、無数のパターンを吟味しているからこそ、瞬間的にその場のムードにいちばんぴったりしたものを選べるという感じでしょうね。

             フィリップ・ストレンジ(「すごいジャズには理由がある」より)



明けましておめでとうございます。
新年最初はmusica das montanhasでのライブだった。
場所は町田にある万象房さんというこじんまりしたお店で、楽器の問題もあり3人入れるかわからず、最初ミカコさんは悩んでいるようだったが、「やっぱり3人でやりたい!」ということでお声をかけていただいた。
コントラバスだと場所をとってしまうので、昨年11月の厚木でやったライブに続きチェロで参加。

チェロということで、やはり本番迎えるまでの日々はネガティブな感情ばかりが浮かんでしまう。
でも、そんな不安もリハでメンバーと音を合わせてから吹っ飛んだ。
この日のためにあらかじめアレンジを考えてきたが、結局そのアレンジのとおりに弾いたのは1曲だけ。とほほ。。。メンバーの音を聴いてると、いろいろと閃きが起こって、やっぱりその場で反応して弾くのが自然だと思った。
逆に台本とおりに弾いても、その瞬間瞬間のサウンドにマッチしない場合が多い。譜面に書くと今度はその譜面に依存してしまって周りの音を聴かなくなり、サウンドしなくなる可能性が出てくる。
Bill EvansがWho Can I Turn To という曲のうち、わずか数小節のボイシングをどうしようかあれこれ試しながら弾いていて、これだ!と思っても結局譜面にしなかったという。譜面化するとかえってアイデアが固定されてしまうからだ。譜面にせずどんな形にもなれる柔軟な液体のままの状態にしておく。本番ではそのサウンドにマッチする音を瞬時に選択して弾いていたという。即興と同時に瞬間の作曲行為。僕が考えていたのはその話に近いかもしれない
やっぱり自分の頭で考えたこと・感じたこと。そして瞬発力。それが一番強い。1つのモチーフを頭の中で発展させていく能力。。。

今回も色々と発見があった。
ギターとチェロで同じアルペジオをやっていてもサウンドが溶け込むことを発見したり、ミカコさんの声とチェロでハモったり。今までの曲に新たな命が吹き込まれる。ワクワクゾクゾクする瞬間だ。

町田の万象房さん、初めてお邪魔したが、とても素敵なお店だった。
お客さんの期待感がひしひしと伝わってくる。演奏者の熱気をダイレクトに感じてくれて反応してくれる。下手なごまかしは効かない。温かくもとても厳しい場所だ。
終演後、聴いていた方々からポジティブなご意見、ネガティブなご意見、色々といただく。
「チェロより慣れてるベースを弾いてた方がいいんじゃないか」
ごもっともだ。僕はこれからもこういう声と闘うことになるだろう。
やっぱり音程だね。チェロになるとかなりシビアになる。そして自分が弾きたいと思った音を楽器に変換して弾く能力が足りない。迷いがあると音程が甘くなる。
教則本をそのまま弾いてても違和感があったんだよね。
対バンの電気ブランコさん、しんごとひでこの演奏は個性的でとっても素敵で、本当に自分が好きなもの・出したい音を奏でていた。たくさん刺激を受けた。

とっても楽しかったけど、結構ヘコんだ。でもいろいろとやるべきことが見えてきた。結局信じられるのは「自分」だけ。僕はこれからもめげずにチェロを弾き続けるぞ。

ライブの最後に出演者全員でセッションした時の動画。電気ブランコさんがアップしてくれた。
曲は「mist covered mountains of home」というスコットランドの民謡。
素敵な日本語歌詞をミカコさんが付けてくれた。
ああああ、自分のチェロの演奏がへなちょこ過ぎる!精進します。。。


たいしゅんさん作成の素敵なフライヤー


電気ブランコさん


しんごとひでこ


2


みんなで

写真は万象房さんのブログより拝借
bamboobass at 22:00│Comments(0) Live日記 

December 31, 2016

聴き納め 渋谷毅オーケストラ

誰の曲であっても音楽って神様の思し召しでできている。だから誰のオリジナルだとか言うのは無意味だと思うわけ。だから僕がやる曲もみんなが作ってくれる、神様からの贈り物だと。そう考えれば別に作っても作らなくても、どっちでもいいわけ。つまりあなたも神様に選ばれて書いているわけで、そうでもない人まで「オリジナルやりました」とかオリジナリティについて語るけど、そんないい加減でいいのかなあ。それより自分の代わりに才能ある人がたくさん良い曲を作ってくれている、そう思っているほうがずっと自然だと思うんだよね。
渋谷毅


モヤモヤしてたので、今年の締めにどこかライブに行って、生音を浴びたいと思っていたので、渋谷毅さんのオケを聴きに久しぶりにピットインへ。
ぬお、開場前から行列が。予約してなかったので焦ったが、中央より後方右寄りの席をゲット。ちょうどいいバランスで聴けたので良かった。

あーすっきりしたー!ものすごい音圧!パワー!
圧巻だった。。。

このオケ、編成が特殊で、サックスが4人で、金管のトロンボーンが1人。
あとはリズムセクションとなっているが、音の厚みはビッグバンド並み。
メンバーは
渋谷 毅(P,Or)
峰厚介(Ts)松風鉱一(Bs,Fl)纐纈雅代(As)津上研太(As,Ss)
松本 治(Tb)
石渡明廣(G)上村勝正(B)外山 明(Ds)

曲はギターの石渡さんのオリジナル(曲名が哲学的だったりして面白い)を中心に、ジャコの名曲Three Views Of A SecretやカーラブレイのReactionary Tango、ストレイホーンのChelsea Bridge など。




このオケはリズムセクションのサウンドが面白い。
上村さんのブリブリの重低音ベース、石渡さんの奇想天外で変幻自在なギター、そしてドラムの外山さんは凄過ぎてどう形容していいかわからない、謎のドラム。
外山さんのドラムは地球とつながってる音だ。雷鳴と大地の音。ちょうど野口体操の野口三千三さんの本を読んでいたので、そんなことを感じた。
8分音符の絶妙な訛りがたまらん!リズムを刻むというよりは、コード楽器のように色彩を加えるというか、ストリングスのようにも感じた。絶対に一定のパターンを叩かない。クリエイティブなジャズの精神を感じた。

紅一点の纐纈さんは、林栄一さんの代わりのようで、曲間では咳をしていて体調悪そうで緊張しているようにも見えたが、(ご本人のツイートによると前日まで風邪だったとか)ソロはそんなことを感じさせないほどファンキーでアグレッシブでものすごかった。見た目と音のギャップが違い過ぎる。ドラムの音圧にも負けない引き締まった鋭いナイフのような音。リハはあまりやってなかったのか、曲の構成は隣にいた津上さんがその場で纐纈さんに優しく教えていた。纐纈さんのソロの最中、峰さんや渋谷さんなど大巨匠の方達の眼差しが温かい。

渋谷さんのユル適当な感じ、大好きだ。マヘリア・ジャクソンが歌ったゴスペルの曲を(感動的な演奏だった)「曲名が長すぎて言ったことがない」とか「適当にやります」とか、MCも面白い。
「Soon I will be done with the troubles of this world」って曲名かな。動画もあった。カーラブレイが演奏していたそうだ。




ピアニストの大口純一郎さんが遊びに来ていて、2ndで2曲ほど演奏。
メンバーも自由でリラックスした感じ。このオーケストラはメンバーの醸し出す雰囲気がとてもいい。

最後は渋谷さんのピアノソロでストレイホーンのLotus Blossom。
優しく温かいピアノの音に包まれ、幸せいっぱいな気持ちになった。

忘れていたものを思い出すことができた。古澤さんとの共演で得たもの、忘れちゃいかん。まずは豊かな音で楽器を芯から鳴らすこと。ロックの精神。パンチのある音。ナヨナヨした音は出しちゃいかんのよ。明日からちゃんと練習しよう。
今年1年お世話になりました。
bamboobass at 13:25│Comments(0) Live日記 

December 14, 2016

ムラバン忘年会

ムラバン忘年会


先週末はムラバン忘年会だった。
奇跡的にスケジュールが合ってムラバンのベーシスト4人が揃った!
ベースが4人もいるバンドって素晴らしい。毎週末に何かしらライブが入っていて、4人のベーシストで回しながらやっていたから、個々人の負担も軽減されて、丁度良いペースで出来たと思う。これもリーダーのおかげですな。
みんごさんとも話していたが、ムラバンは親戚のおじちゃんおばちゃんみたいな集まりで、わいわいがやがやで楽しかったなぁ。
個人的には今年の大磯PHでの最後の演奏だった。来年はどうなるか。
bamboobass at 22:13│Comments(0) Live日記 

December 03, 2016

チェロで羽ばたいて

ピアノ・バンドネオン・バイオリン・チェロ・箏・ドラムスは「太陽」楽器、コントラバス・ビオラ・17絃は「月」楽器のように思っています。演奏する人の性格もまた影響を受けているようにも思います。
齋藤徹「太陽と月と」より

「両刀使いの極意は?」と聞かれても、正直言って、どう考えたら良いのか分からない。エレクトリック・ベースは何も考えずに弾きはじめたの。仮に自分の演奏技術がアップライトと同じレヴェルに達していなくても勇気を持ってライヴでエレクトリックもアップライトもプレイする、これが重要だと思う。(中略)途中で演奏をストップすることが許されない真剣勝負のライヴは、グルーヴやイントネーションなどテクニックの向上に役立つ。
エスペランサ・スポルディング

今までクラシックの楽団で2年ほどチェロを弾いてきた。特にTさんが亡くなってしまってからは必死だった。
今思うと、Tさんの代わりに弾いた定演でのバッハや、先日やったカルテットでの秋コンサートにチェロで立候補したのも、「〜しなきゃいけない」という強迫観念みたいなもので、自分の気持ちを無視して無理矢理やっていたように思える。
もちろん「演奏してみたい」という好奇心はあったが、本当に好きだから、やりたいからやっているの?と聞かれると、「うーん」と疑問が浮かんでしまう。
結果的にはTさんや楽団のためにはなったと思うし、レッスンを受けたり曲のことを勉強する中で得るものがたくさんあったが、こうやって自分の心のありようを無視して、何となく違和感を持ちながら進んでいくと後でツケが回ってくる。特に秋コンの練習では、途中でモチベーションがガクンと落ちて、巻き返すのに苦労してしまった。

クラシックは本当に素晴らしい音楽だけど、演奏する立場となると本当に大変なことだと実感した。
バッハは2ヶ月間毎日のように練習して、やっとバッハの楽譜が身体に入ったと思ったらもう本番。作曲家が書いた楽譜を自分の身体に取り込む作業は本当に大変だ。自然に演奏できるようになるまで何度も何度も練習していかないといけないので、譜読みや個人練習だけでも膨大な時間が掛かる。

そして、アンサンブルの構築となると、さらに新たな問題が絡んでくる。スコアを読み込んで、他のパートの役割も理解しないといけない。音楽に対するスタンスや温度差は人それぞれで、さらに僕個人とメンバーとの間で文化の違いがあり、こっちでアタリマエのことがあっちではアタリマエでなかったり、その度に悲しくなったり幻滅したり怒ったり。。。そんな中でメンバーと信頼関係を築いていく難しさ。そんな人間関係にクタクタになってしまった。
いくらその演奏する曲が自分の好きな曲でも、その曲への愛だけでは乗り越えられない問題があり、下手すると音楽自体を純粋に楽しめなくなってしまう恐れがある。

音楽をやっているのにどこかで息苦しさを感じ、自分のやりたい音楽を後回しにしているから、段々ストレスも溜まってくる。僕にとっては、これは自分の音楽をやっている、自分を表現しているという感覚ではなく、あくまで「お勉強」であり「お稽古」なのだ。
自分の生活リズムを考えると、現実的にこんなことを続けていくのはもう無理だと感じた。

でも、クラシックを否定しているわけでも批判しているわけでもない。今まで自分がやってきた音楽との「違い」を感じただけ。どんな音楽でも山の頂上は一緒だが、その登り方のルートが違うということ。クラシックをやっている人達は本当に素晴らしいし尊敬もしている。

大げさなようだが、明日死ぬかもわからない自分の人生。
もし後悔しないで音楽をやるんだったら、本当に信頼できて、愛のあるメンバーと、自分達の音楽を創って活動していきたい。と強く思った。
そんな中、ムラバンのメンバーとおバカな話をしたり、musica das montanhasの活動には救われた。


先日はmusica das montanhasのライブだった。
秋山さんの強い要望もあり、迷いもあったけど勇気を持ってチェロで参加した。
今まで自分以外のためにたくさんチェロを弾いてきたから、今度は自分のために、自分を治療するようにチェロを弾きたいと思った。コントラバスとチューニングが違うから(コントラバスは4度調弦、チェロは5度調弦)未だにどこにどの音があるかもわからない状況で、足を引っ張る可能性大だったが、賭けでもあり、これもチャレンジだと思ってやった。そうしないと見えてこないものもあるわけで。
歌とギターとチェロの組み合わせ、しかも演奏する曲は全て自分達のオリジナル曲。前例がない!
秋山さんとミカコさんも、チェロが入ることで果たしてどんな音楽になるのかわからない状態で不安だったと思うし、僕自身もどうなるかわからなかった。

ミカコさんがライブ前にスタジオでのリハーサルをセッティングしてくれた。
初めての音合わせ。フタを開けてみたら、僕のチェロによって、メンバーの音や感情がみるみる変わっていくのがわかった。普段はアンサンブルをまとめるために冷静な印象の秋山さんだが、あんなにワクワクして楽しげな秋山さんのギターは久しぶりに聴いたし、ミカコさんも感情が溢れ、いっそう深い声で歌っていた。
今、この瞬間を生きるということ。お互いの存在を受け入れて、お互いの音をダイレクトに感じ合って音で対話すること。ああ、これが本当の意味でのアンサンブルなんだな。言葉では伝えられないものを伝えるのが音楽で、音は言葉を超えるということを改めて実感した。忘れてはいけない原初的なことだった。
でも、こうやって自分が出した音によって周りの人達の音や感情が一瞬で変わるなんて。音ってある意味恐ろしい。

musica das montanhasのメンバーとも話してて「ジャズをやるのは自分でなくても良いのではないか」という話題。ジャズも大好きだし楽しいけれど、ジャズを演奏している時にふと浮かぶ違和感。これは前記したクラシックの話にも通じてくる。
どうせやるなら自分達にしか出来ないオリジナルな音楽をやりたい。

自分の出したい音をチェロで初めて出せたと思う。心から楽しんでチェロが弾けた。ふっと風が吹くように自分の気持ちが音色に乗っていった。
自分にとって記念すべき1日となった。こんな僕を受け入れてくれたお二人に本当に感謝。

ダメだ、この後のライブの事まで書く余裕がない。。。
ライブのレポートは、ミカコさんと秋山さんがそれぞれブログで書いてくれているのでご覧になってください。

http://pocopana-lyrics.seesaa.net/article/444397921.html
http://blogs.yahoo.co.jp/saci_perere_jp/27638437.html
bamboobass at 18:15│Comments(0) Live日記 | チェロ

November 10, 2016

山々の音楽会 パリワール第一夜

とびきり心が揺さぶられたときではなく、自分という存在が沈黙したときに詩を書いているのだろう。
自分という存在が息をひそめてようやく、あたり一面に詩があふれていることに気づくのだと考えて、生活や日常の詩集をつくりたいと思った。
三角みづ紀「よいひかり」あとがきより


先日のライブの写真をいただいた。

風邪気味だったが、風邪もどこかへ飛んで行ってしまうほど温かいライブだった。
ネガティブなことを以前書いてしまったが、気付いたら心の傷も癒えてた。
特にミカコさんがかけてくれた純粋な言葉には救われた。
僕の中ではナウシカ的な女性。
自然とともに暮らし、草木染めや羊毛でアクセサリーを作ったりしていて、憧れの存在。
そんなミカコさん、10代の頃に観た初期のジブリ映画に影響を受けたようで、ナウシカ、シータ、キキは憧れの女性、と書かれていて、ああ、僕の読みは間違ってなかった!と^^;)
歌と楽器だと、楽器は伴奏という立場になりがちだが、ミカコさんと一緒に演奏していると、そんな立場を超えて一緒に音楽を創っているという感覚に陥る。だから僕も時には牧歌的に歌ってしまうが、伴奏を超えて自由に弾いてしまうそんな僕を共有してくれている。
彼女との演奏は「共に生き、共に奏でる」という言葉がぴったりだ。

今回の催しも準備などで大変だったかと思うが、このような場にご一緒することができて本当に良かった。
今年は数少ないミカコさんとの演奏から、様々な閃きや得るものがだくさんあった。。本当に感謝。
ミカコさんもこの日のことをブログに書いてくれている。

このライブ、個人的には「聴くこと」「待つこと」をテーマに演奏した。
何も準備せず、瞬間瞬間のメンバーの奏でる音に応えて、そこから出すべき音を出す。
自分の内部を「聴く」、強引に音を出さずに時には「待つ」
能動的な受身の姿勢で臨む。
特に1曲目にやった秋山さんの新曲cancion para uno rezoは、そんな僕を優しく迎え入れてくれる曲だった。トトロじゃないけど、自分の身体が風の通り道になったよう。
秋山さんとはもう阿吽の呼吸で演奏できる。ミカコさんが鳥の鳴き声や草木が揺れる音を模倣しながら絡んでいく。とても自由で自然な演奏ができたと思う。

musica das montanhasでは初のオールオリジナルプログラム!
こうして同時代の人達と影響を受け合いながら、自分達のオリジナルな音楽ができてとても幸せだ。
今、一番僕がやりたかった音楽はこれだと思う。見つかった!
この仲間とともにアンサンブルをもっと深めていきたいと思った。

皆様、ありがとうございました。

カトマンズバール


山々の音楽会


メンバーの皆さんと

えーとこれはまだライブ前だが、すでに打ちあがってる。。
チーズナンと大豆カレーがおいしかった。カレーは1辛でもかなり辛い!

musica das montanhas

musica das montanhas(山々の音楽)のメンバー

セットリスト
1.cancion para uno rezo
2.ワンノート茶豆
3.GRANA
4.このはずく
5.マーメイド
6.Terra Flora
7.やまやまの唄

15039470_789350934537319_6080491734824973938_oバンチャパリワール

バンチャパリワールさんの演奏。素敵なネパール音楽を聴かせてくれた。
普段の生活から溢れ出る音楽。
特にサーランギという弦楽器に興味津々。
音域はビオラに近く、独自の開放弦の響きやビブラートやグリッサンドが気持ちいい。
木の胴体に山羊の皮が貼られている。

国分さん


国分さん


国分さん

インド音楽家の国分あきこさん。
タンプーラという楽器を演奏しながら歌ってくれた。これも開放弦が独自な音。
インド音楽のわかりやすい解説もしてくれた。朝と昼と夜の音階があって瞑想的な世界が広がる。
日本で言うところの禅にも通じる世界だ。文化はみんなつながっている。
最後はビートルズのAcross The Universe をみんなで一緒に演奏。
あ、サビは楽器弾きながら歌えた。

山々の音楽1

ライブ冒頭でホースを回すミカコさん。新しく買ったんだとか。
僕も子供の頃、山の中でホースを回すのが好きだった。
この音を聴くと童心にかえったような気分になる。ああ、ノスタルジー。

山々の音楽2


山々の音楽3


山々の音楽4

ワンノート茶豆でのハイライト!
チャマメとはアルゼンチン音楽のリズムの一種だが、僕のせいでジャズになってしまった。
秋山さんすみません。。。

山々の音楽5
bamboobass at 23:07│Comments(0) Live日記