雨後の筍

気の向くままマイペースに

紅葉見たっけ御岳巡り

最近は土曜の度に雨でしたが今日は晴れました。
そして紅葉の時期です。
というわけで、行った事が無い場所に行ってみようと思い
探すと御岳渓谷が気になります。
調べると2時間半かかりますけどね・・・。
また、御岳駅から巡る事を考えていましたが
青梅市観光協会が紹介しているハイキングコースがあったので
これに沿ってみました。

往復5時間ですから少し早く起きて出発。
随分遠くまで来たものだと思っているうちに軍畑駅に到着。
これで「いくさばた」と読むのですね。
サイトに書いてある様に駅前の坂を下ると川に出て
沿って進むと入口がありました。
ここからはずっと川沿いを歩いたのですが
こんな具合に舗装はされているものの狭いですね。
反対側から来る人もいるのですれ違う時はギリギリです。
それよりも、パッと見で紅葉を見かけない事が気になりました。
全部赤く染まるまではいかないまでも
少しくらい見えていてもいいような。
そう思いながら進むと大き目の木があり覆い被さった状態でした。
先は長いのです進むと楓橋に着きました。
ここは駅が近いですし店もあるので人が多かったですね。
この先は時々紅葉の木はあったものの
もっと沢山ある事を期待していたのにな。
そうしているうちに御岳駅近くまできて
ここは何本か並んでいました。
この先も今まで同様に紅葉は時々あるだけで
大分進んでフィッシングセンターまで来ました。
釣り人はそれなりにいて「釣れるのかな?」と思いながら川を覗くと
小魚がいました。
これを釣っても嬉しくありませんけど。
もう少し進むと御岳美術館があるものの
見ても分からないのでここで引き返しました。

案内図を見ると対岸にも道があるようなので
帰りはそちらを通る事にしました。
「でも対岸に道あったっけ?」と思いながら行ってみると
案内がありました。
案内はありますけど随分と歩き難そうな道です。
今更引き返せないので進みましたが
進むほど酷くなるんですけど〜。
こんな感じで獣道よりマシな程度じゃないですか。
なので獣道の少し進化版という事でフレンズ道と呼ぶ事に決定(謎)
そんな事を思っている間に大分御岳駅に近付いてきました。
すると先ほどは下から見ただけでしたが
対岸からだと綺麗に見えました。
歩き難さを堪えて対岸を歩いた意味はあったものです。
向かいながら調べたところ電車が30分に1本しかないので
駅に向かい到着。
帰りも2時間半かかり家に着いたらすっかり暗くなっていましたよ。
1日がかりだったな・・・。

こんな具合でした。
もっと紅葉が沢山あると思っていたのでその点は残念でした。
でも有名な場所なので一度行っておいて良かったです。
紅葉の時期以外に来たら今日以上に色が少ないですし。
それとも御岳山まで行けばもっと染まっていたのかな〜?

借りられたので比較してみた

今までに何度かありますが
キヤノンフォトサークルの製品モニターにまたしても当選しました。
今回はEOS M5です。
レフユーザとして「ミラーレスなんて邪道だ!」という思いはありますが
経験しておいて損はないでしょうから選んでみました。

いつも通り港の見える丘公園〜赤レンガ倉庫を巡っています。
まずはM5に付属していたEF-M18-150 IS STMで撮りました。
ここでは全てベイブリッジ方向を撮っています。
18mm
150mm
流石に大分画角が違いますね。
これだけ広角から望遠まで1本で撮れるなら他のレンズはいらないでしょう。
続いてEF24-105L IS II USM。
まずはM5から。
24mm
105mm
そして5D Mark検
24mm
105mm
比べると結構違いますね。
やはりフルサイズは広角に撮れるものです。
更に広角でEF11-24mm F4L USM。
M5
11mm
24mm
5D
11mm
24mm
更に差が顕著になりました。
今度は望遠でEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。
M5
100mm
400mm
5D
100mm
400mm
当たり前ながら望遠はM5の方がアップになって有利ですね。

少し移動して神奈川近代文学館を手前の花壇越しに
EF11-24mm F4L USMの11mmで撮ってみました。
M5だとこう。
5Dだとこうなります。
画像とは話が違いますが
M5はバリアングル液晶なのでこういうローアングルでは撮り易いですね。
5Dではろくに画面で確認出来ませんでしたから。

再び移動して氷川丸の隣にあるせり出した場所から
EF24-105L IS II USMで24mmで撮ってみました。
ここは5Dから先に紹介してこんな具合です。
一方、M5では入りきりませんでした。
この距離だとこんなに違うのですね。
また移動して大さん橋からも氷川丸を撮ってみました。
同じくEF24-105L IS II USMで撮っています。
ここも5Dからで
24mm
105mm
M5
24mm
105mm
105mmだとまた入りきりませんでした。
更に進んで赤レンガ倉庫まで来るとイベントをやっていました。
抜けて海際から振り返って撮ると
M5で24mm
5Dで24mm
といった具合でした。

そんな比較出来たようで出来ていない内容でした。
撮っている時は気になりませんが並べると結構画角が違うのですね。
あと、EVFだと色合いに違和感がありました。
撮れた画像があっていれば問題ありませんけど。
でも一番気になったのは、EF-M18-150 IS STM以外のレンズを付けた際の
本体とレンズのアンバランスさでした(笑)
特にEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMで400mmの時は
レンズの長さが本体の何倍になるのやら。
そういうところが気になる事と
使い慣れている事もありやはり5Dの方がいいですね。
と性能をろくに比較していない結論を言ってみる。

海も山も古い町並みも新しい町並みもある旅 3日目

忘れないうちに3日目を書くとしましょう。
早くも帰る日となったので帰りの飛行機に間に合う様に
あちこち巡りながら空港へと向かいました。
まずは鶴仙渓というところへ行ってみました。
どうでもいい事ですが、ここには無料の駐車場があり
そこの看板には「観光客専用 一般の方の駐車はご遠慮下さい」と書いてあるんです。
一般人じゃない観光客って一体?
そんな事を気にしつつ川へ向かうとこおろぎ橋という橋があります。
何の変哲も無い橋ですが、紅葉の時期にこれが全部赤く染まれば綺麗でしょう。
また、少しだけ下に下りられるのでそちらから見るとこうなります。
ここから川沿いに下って行くと「鶴仙渓川床」という
川沿いに座敷があり軽食を出す店があります。
折角なので行ってみました。
ここからはあやとり橋が見えるんです。
ただ撮っても面白く無いので、日除けの傘を入れてみました。
橋より傘が目立ってしまった(笑)
そうしているうちに人が増えてきたので去りました。
あやとり橋の下まで行くとこういう形をしているんです。
レンズの所為ではなく実物が曲がっているんですよ。
上から見下ろすと結構高いんですよ。
上の方に小さく赤い傘が4個ある場所が先ほど居た場所です。

ここで早くも空港へ向かいました。
と言っても次の目的地が空港の隣にあるからです。
どこかと言うと航空プラザです。
人類が空を飛ぶ夢を追い続けて来た歴史が順番に紹介されていました。
印象に残ったのは最初にあった玉虫型飛行器ですね。
ちなみに「飛行"器"」であっています。
二宮忠八という日本人が考えたもので
ライト兄弟が設計する6年前にはもう設計が出来上がっていたそうです。
ただ、軍に申請したものの却下されて
自力で資金を集めたもののライト兄弟に先を越されてしまいました。
若し二宮さんの提案が受け入れられていたら
最初に飛んだ人類は日本人だったのかもしれません。
そうして見ているうちに大分時間が経ったので
給油をしつつ車を返しにいきました。
まだ時間があるので空港で離発着を眺めていましたが
30分くらい居て離陸が2機、着陸が1機だけでした。
そんなわけで離陸の流し撮りを狙いましたが
1機目はシャッター速度が早過ぎて流れず
遅くして挑んだ2機目も一番良い出来でこれです。
尾翼が切れたしイマイチ流れてな〜い。
そうしているうちに時間となったので中に入りました。
帰りも窓際の席だったので羽田に着く直前の夜景は綺麗でした。
中央の左へ延びる光の線がアクアラインなので木更津の辺りです。

こんな調子の3日目でした。
行ったと思ったらもう帰ってきてしまいました。
でも3日間とも天気に恵まれて良かったです。
その間のこちらは雨が降ったり気温が下がったりだったようですが
まさか私が居なかったから!?
なんて事を思いつつ終わります。

海も山も古い町並みも新しい町並みもある旅 2日目

2日目は金沢市内を巡ってみました。
まずは王道の兼六園へ。
混んでいるかと思いましたが、平日の昼前なので空いていました。
印象に残ったのは竹根石手水鉢
名前は竹の根ですが、椰子類の茎と根の化石だそうです。
もう1つは霞ヶ池にある蓬莱島
亀甲島とも言うそうで、こちらの名前の通り亀そのものなんですよね。
首までありますし。

まだ先は長いので隣の金沢城公園へ。
中に入ると広いですね。
右に写っている門は河北門といい
中は史料館になっています。
ちなみに、公園とこの河北門は無料です。
そうして巡り、先ほどの画像中央の細長い部分の裏側に来ました。
こちらも史料館で有料です。
折角来たので入ってみました。
五十間長屋は名前の通り凄い長さです。
そして、両端には櫓があり入れます。
中はこんな感じ。
外を見るとこういった眺めでした。

一巡りしたところで出て、ひがし茶屋街へ。
こんな感じの街並みなんです。
広島の竹原を思い出しました。
こちらは大分高級な店が多いですけど。
また、金沢は国内の金箔の99%を占めるので
そういう商品を扱う店がチラホラありました。
その中でも光っていたのは黄金の蔵です。
中も光っています。
コッソリ削って持ち帰って・・・はいませんよ(笑)
その後、近くにある主計町をうろついて
武家屋敷跡へ行く事も考えましたが離れているのでやめました。

この時点で15時くらいでまだホテルに向かうには早いんですよね。
というわけで、湯涌温泉へ行く事にしました。
ただ、途中の道が工事中で遠回りさせられました。
なんとか着くとあまり人がいませんね。
入浴出来る場所もありましたが
この後ホテルで入ればいいかなという事で足湯だけ。
左に写っている白い建物が入浴施設です。
あと、事前に調べていなかった所為で
少し離れた場所にある観光協会の建物に
「いろは館」という花咲くいろはの交流施設があったのに
知った時にはもう閉館間近で行かれませんでした。
そんなわけでホテルへと向かい2日目は終了。
そして3日目を書いている時間も無くなったので
続きは時間がある時になります。
大した事やっていませんけど。

海も山も古い町並みも新しい町並みもある旅 1日目

他の人と重ならなければ夏休みは自分で選べるので
旅費が安くなる頃を狙って8/31〜9/2まで石川県へ行ってみました。
今まで行った事が無い場所という事と
有名な場所があちこちありますから一度は行ってみないとね。

家を出た時はまだ降っていませんでしたが
羽田に着いたら雨が降ってる〜。
飛んで雲の上に出てしまえば関係ありませんけど。
石川県では晴れていましたし。
1時間程度で着いて、レンタカーで出発。
金沢市内は2日目に巡るので
1日目は能登半島を適当に巡ってみました。
近いところで目ぼしい名所という事で
千里浜なぎさドライブウェイへ。
海の直ぐ前を走れるとは珍しい場所ですね。
同じ波打ち際を走るなら
 女「ウフフ、捕まえてごらんなさ〜い」
 男「待てよ〜」
という方がいいですけど(謎)
暫く走ったところで出て、北上して気多大社へ行ってみました。
平日の昼過ぎですから参拝者はあまりいませんでしたね。
更に北上して巌門に来てみました。
よく見ると穴の右側に人が2人いるので比較で大きさを感じて下さい。
ここは松本清張の「ゼロの焦点」の舞台になったそうですが
読んだ事が無いので「そうなんだ」で終わりでした。
また、個人的には向かって右側に岩場を1つ越えた
猪鼻崎側の入り江の方が綺麗で印象的でした。
ここで写っている遊覧船に乗る事も考えましたが
16時になり観光船の案内所が店じまいな雰囲気を出してきた事と
ホテルまでどれくらいかかるか分からないので帰りました。
ホテルに着いて、近くに店で夕飯を食べたところで
駅の近くですから金沢駅を見に行ってみました。
当たり前ながらテレビで見た通りの形ですね。
そうして1日目が終わりました。

払う意味が無いので辞める事にした

今日は1つの決断をしました。
なんて書くほど大した事ではありませんが
Yahoo!プレミアム会員を辞める事にしました。
そんなにYahoo!のサービスを使うわけではありませんが
ヤフオクを使う事がたまにあるので続けてきました。
でもそれも意味が無い事が分かり遂に決断です。

会員情報を見てみると2009年の1月に入ったようです。
引っ越しに備えて片付ける為に始めたのでしょう。
そこから何回利用したか覚えていませんが
それなりに使って来たと思います。
そうして片付いた結果、最近は出品する事が無く
月額498円払う意味が無いなと感じていました。
そこで最後に出品してそれも落札されたんです。
ところが、落札者が入金してその通知を見ると
システム利用料が引かれているじゃないですか!
あれ?プレミアム会員って5回だったか10回だったかまで無料じゃなかった?
そう思い利用料のページを見てみると
8.64%なんて書いてある!
私が見ていなかっただけですが変わっているじゃないですか。

プレミアム会員の特典はヤフオク以外にもありますが
ネットで買う時はAmazonか楽天市場かヨドバシ.comが殆どで
Yahoo!ショッピングで買う事は年に1度あるかどうかでしょう。
LOHACOなんて行った事もありませんし外食は全くしません。
そうなると、特典を1つも使いません。
唯一のヤフオクも金を取られる様に変わった事が発覚したので
心置きなく辞められます。
月額498円ですから年に6千円近く削れます。
もっと早く気付けばよかった。

8年8か月となると5万円くらいですか。
それに見合うだけの特典を受け取れたとは思えませんね。
授業料としておきますか。

海の傍で海を学ぶ

今日は晴れて暑くなりましたが大さん橋で開催していた
うみ博へ行ってみました。
関内から歩いて向かい、象の鼻パークまで来ると巨大な船が見えました。
遠近感が変になりそうです。
今回の目玉である自動車運搬船で、見学会に千人行かれるので応募したら
見事に落選したので心中穏やかではないのですけどね。
そんな事を思いながら近付いて後ろから眺めるとこんな大きさでした。
人がミニチュアみたい。
前はこんな感じです。
空気抵抗を受けまくる形をしていますね。

こればかり見ていても意味が無いので中に入ると混んでいました。
どちらかと言うと子供向けなので子供連れが多いから?
印象に残ったブースとしては、京急が油壷マリンパークから
こんな物を持ってきていました。
一方、八景島は骨ではなく生きているウニとヒトデを出しています。
「やさしくさわってね」と書いてあるのに
横に張り付いているヒトデを引きはがしたり
裏返している子がいましたけど。
そういう子供が多いのでこういった出展はやめた方がいいと思うんですよね。
やるなら常に誰か見ていてやろうとしたら制止してほしいものです。
親がやる事ですけど。
また、神奈川大学でも同じ様に触れました。
私は触りませんでしたけどね。
再び八景島に戻ると、ステージにペンギンが登場しました。
ペンギンに関するクイズを3問出していて
卵を何個産むか?は1個だと思っていたら
ケープペンギンなので2個でした。
同じペンギンでもコウテイペンギンは1個だそうです。
見終わったところでJAMSTECのブースへ行くと
深海の圧力を説明するカップが小さくなる実験をやっていました。
この後圧力を弱めると閉じ込められていた空気が出てくる為に
泡が表面に付くんですね。
そこまでは知りませんでした。

こんな具合でした。
そう言えば何で昨日今日に開催なのですかね?
海のイベントなら海の日にやればいいのに。
同じ日に似たイベントが沢山あって避けた?
大した問題ではないので楽しめればいいか。

大暑なので夏らしい場所へ行く

今日は曇りであまり気温は上がりませんでしたが
二十四節季では大暑なのでいよいよ夏本番ですか。
そんな日だからというわけではありませんが
近いので大賀の郷へヒマワリを見に行ってみました。
ちなみに、「上大岡 ひまわり」で検索すると
駅ビルにあるひまわりの郷が出てくるので注意が必要です。

直接行ってもいいですが、駅の駐輪場に停めて歩いて向かいました。
地名に岡が入るだけあって坂が多いなと思いながら到着。
それなりに人がいましたね。
入って直ぐのところにはブドウがなっていました。
ここを抜けると見晴台がありそこから眺めるとこんな具合です。
全部こっちを向いているんですよね。
降りて一番奥から眺めるとこんな眺めです。
更に進んで見晴台の反対側まで来ると当たり前ながら背を向けています。
随分と寂しい眺めですね。
その後暫く巡り、何か変わった撮り方を出来ないか考えて
油絵風に撮ってみる。
そうしていると雨が降って来たので去りました。
ただ、近くに八重のヒマワリがあると紹介されいてたので
寄ってみるとこんな感じでした。
ベニバナみたいですね。
撮っているうちに雨が強まってきましたが
降雨予想を見ると直ぐに止む様なので
駅ビルで少し時間を潰して弱まったところで帰りました。

そんな夏らしい過ごし方をしてみました。
満開だったものの、ヒマワリは青空の下で見ないと物足りないものです。
晴れたら暑くて見ていられないんですけどね(笑)
晴れて暑くならなければいいのに。

今年も星の数ほど人が居る

梅雨はまだ明けないのに晴れて暑い日が続くものです。
そんな中、湘南ひらつか七夕まつりへ行ってみました。
先日は大船経由で自転車で行きましたが
流石に今日は電車です(笑)

会場に着くと人も短冊も多いものです。
望遠レンズで圧縮効果を狙うとこうなります。
そんな中を流れに乗って眺めていました。
印象に残ったのは流行り物ですね。
女性スポーツ選手3人のものがありました。
回転のタイミングの問題で宮里さんは裏ですけど。
というわけで反対側も。
あとはこういうものもありました。
こっちは男性と見せかけてパンダは女性というかメスですね。
一往復して少し離れた場所にある広場へ行ってみると
クライミングをやっていました。
最近流行っているようですね。
再び戻ってきてもう一度見てみると
先ほどは気付かなかった流行り物がありました。
これです。
一番印象が強かったです(笑)
暑い所為もありバテて来たのでここで去りました。

こんな具合でした。
不景気だと言いながら短冊も人も集まりますね。
そして、今年は3日間雨は降らなかったので
織姫と彦星は会えたでしょうか。

無料で花を眺めた

今日から7月で今年がもう後半だなんて!
そんな事とは関係無く、大船植物園が月曜から一時閉園する為
その前に行ってみました。
無料ですし(笑)
今まで何度か訪れた時は電車でしたが、今回は自転車で向かいました。
雨が気になったものの小雨くらいで済みそうですし。

到着すると入口には「ありがとうフェスタ」と掲げられていました。
荷物を軽くする為に広角レンズは魚眼レンズにしたので歪んでしまったか。
中に入ると巨大なハスがお出迎え。
雨がいつ降り出すか気になりながら巡っていましたが
今の時期はあまり種類多くありませんね。
そんな中で印象に残ったのは、少し時期を過ぎたもののアジサイです。
紫に近い赤は珍しいですね。
そうして温室に着くとサンデリアーナは大きいですし
全体に花が咲いていて存在感がありました。
少し進んだところではヒスイカズラが道を塞いでいました。
空間があるからここに垂れ下がったのか
存在を誇示したかったのか。
温室を出るといよいよ雲行きが怪しくなってきましたが
全部巡りたいのでバラ園へ。
ここが一番花が多かったですね。
でもあまり時間かけていられないので急いで巡った中で綺麗だったのは
シャルダンドゥフランスニコロパガニーニですね。
また、こんなメッセージがありました。
一通り巡ったところで去りました。
帰りは少し雨粒を感じたくらいで済んでよかった。

こんな具合でした。
ここは開園から55年も経っているのですね。
昭和天皇も訪れた事があるようで歴史があるものです。
暫く改装期間に入りますが再開時にはパワーアップしている事でしょう。
その時にはまた行ってみるとします。

初めて相手が不在で迎えた

もう直ぐ終わってしまいますが今日は父の日ですね。
でも半年前に父は亡くなったので
生まれて初めて祝う相手が居ない父の日です。
先月に横浜か川崎をうろついていた時に
「6月18日は父の日」と書いてあるのを見て
「そう言えば今年は相手が居ないんだな」と気付いて
衝撃を受けたものです。

ちなみに去年は既に病気を患っていたので
回復を願って縁起の良い木を集めた盆栽を贈りました。
その時はまさかこれが最後になるとは思わなかったものです。
この盆栽はまだあり、花が咲く木もあるので
この先咲く度に持ち主が居ない事を寂しく思うかもしれません。

母の日もあと何回祝えるのか。
父の日も母の日も「何を贈ろう?」と
毎年手間に感じていたものですが
祝う相手が居る事は有難い事なのですね。
そんな事を思った日でした。

陸海空の乗り物が集まった

梅雨入りしたようですが今日も晴れて暑かったものです。
そんな中、よこすかYYのりものフェスタ2017が開催中なので
去年同様自転車で行ってみました。
最近こっちに来てばかりだな。
ヴェルニー公園に着くと混んでいますね。
人混みの中を進んで行くとJRのブースに
ペットボトルの蓋で作った横須賀線がありました。
更に進んで行くと、イベントの目玉であるかいじのブースがありました。
3つも「かいじ」が合わさるとは「ざわ・・・」では済まないものです。
ちなみに、物凄い行列で100mくらいあったかもしれません。

ヴェルニー公園を抜けて横須賀地方総監部に行くと
いかづちが公開中でした。
でもスケジュールを見てみると、潜水艦を見られるようです。
中には入れないでしょうけど近くで見られるだけでも珍しいので
先にそちらへ行ってみました。
いかづちの先にずいりゅうが停泊していました。
当たり前ながら上に乗れるだけな事と
艦上での撮影も不可でした。
でも乗ったり触れるだけでも貴重な体験でした。
ただ、テープで補修してある箇所があったのですが
あれで潜って平気なのですかね?
若しかして潜水艦補修用の特殊なテープ?
続けていかづちを見てみましたが
外周を一周して終わりでした。
そんな中、後部のヘリ格納庫にはこんな事が書いてありました。
1万回も無事故なんですね。

いかづちを降りると、音楽隊が演奏していました。
アンコールでは何故か残酷な天使のテーゼを歌っていましたよ。
演奏が終わったところで、近くに展示していた
SH-60Jが飛び立つ準備を始めました。
折角なので見る事にしましたが40分くらい待ちました・・・。
スケジュールを見ていたので知っていましたけどね。
これだけ待っても飛び始めたら
1分くらいで見えなくなるという塩対応(違う)
15時までなのでこれで去り、再びヴェルニー公園に行き
海面を見ているとフグがいる!
この群れ以外にも沢山いました。
横須賀には元々フグが沢山いるの?何かの前触れ?

こんな具合でした。
ヴェルニー公園側は子供向けのブースが多い事もあり
地方総監部に入り浸りでした。
そして、何も買っていないので出費は0というタダ乗りな日でした。

かかった費用は474円のみ

そろそろ梅雨入りなのに晴れた日が続くものです。
そんな中、1日からハイスクール・フリートのスタンプラリーが始まり
去年も行っていたので今年も行ってみる事にしました。
今年も地元開催という事を悪用して電車は殆ど使っていないんですけどね(笑)

昨日はまずは磯子から開始。
駅に着くと4人居て最初の3人は直ぐに終わったのですが
最後の1人が4枚も台紙を持っているという馬鹿者でした。
使う用と押し間違えた時用と保存用と布教用?
晴風よりも深く海に沈んでしまえばいいのに。
ここで電車に乗って川崎と横浜へ。
でも定期なので費用はかかりません。
再び磯子に戻って来たところで自転車で逗子へヨーソロ!
電車の切れ目だったのか待っている人はいませんでした。
直ぐに衣笠へ向かいこれで5個溜まりましたが
横須賀と衣笠は必ず必要なのでクリアファイルは手に入りません。
押してから気付きました(笑)
こんな事なら横須賀へ先に行っておけばよかった。
というわけで横須賀に向かいクリアファイルゲットだぜ!
かかった費用は0円(笑)
昨日はさすがにこれで終わりにしました。

今日は残りの3駅を目指しました。
まずは大船へ。
去年は途中で雨が降って来たんですよね。
それに比べて今年は楽なものです。
駅前の駐輪場は日曜は無料なので置いて駅へ向かいました。
ここで去年と同じ間違いをしてしまいましたよ。
大船駅には戸塚寄りと藤沢寄りの2つ改札口があるのですが
スタンプ台があるのは駐輪場から遠い方の藤沢寄りです。
それなのに戸塚寄りの笠間口に入ってしまいました。
エスカレーターを上りながら気付いて
「去年も同じ事やった!」と思いましたよ(笑)
というわけで戻ってようやくスタンプを押せました。

ここから平塚まで18kmほど走り続けましたが
雨だった前回と比べたら楽ですね。
そうしているうちに到着。
前回は駅の東側にある駐輪場に料金を払って置きましたが
調べてみると北側へ100mほど離れた場所に
2時間まで無料の駐輪場があるじゃないですか!
「でも空いていないだろうな」と思いながら探すと1つ空いていた!
2時間しかないので早速入れて駅へ。
スタンプを押したところで初めて料金を払って電車に乗りました(笑)
国府津でも押して全部溜まりました。
半分ずつの画像を合わせたのでずれていますが気にしない。
これで応募葉書ゲットだぜ!
前回と比べると応募葉書の残り枚数は大分少なかったですね。
明日にも尽きてしまう!?

これで目的は達成しましたが、まだ時間はあるので海を見に行ってみました。
去年はもう雨は止んでいたものの曇り空だったのでイマイチでしたが
今日は晴れて良い眺めでした。
2時間の制限がありますし、帰り道もありますから去りました。
帰り道は30kmくらいあってさすがにバテて来ましたが無事帰宅。
土日で120kmも走って全然休んでいません(笑)

こうして平塚〜国府津間の電車賃だけで全部溜められました。
片道237円なので474円でクリアファイルが手に入ったと考えると
お得ですね(笑)
その分、時間と労力はかなり費やしましたけど。

目の前を世界レベルが走り抜ける

先週から日本の各地で
ツアー・オブ・ジャパンのレースが開催されていて
今日は第8ステージの東京なので見に行ってみました。
国際大会を目の前で見られる機会ですし
足代しかかかりませんからね(笑)

サイトを見ると大井競馬場から歩けと書いてありますが
東京港野鳥公園の近くなので
そこへ行くバスに乗った方が近いじゃないですか。
というわけで大森駅から乗って行きました。
公道でのレースなのでバスが運休になるかと心配しましたが
道が違うので平気でした。
暫く歩くと車線規制をしていて
信号待ちをしていたら走って来ました。
周回しているので空いていて見易い場所を求めて少し先まで行き
南部陸橋東詰辺りにしてみました。
周回コースですが折り返しているので
反対側の車線も手前側の車線も走ります。
そうして見ているとこんなにまとまって走るのですね。
こんなに近くに寄りながらなんて怖くて走れませんよ。
そう思っていると折り返してきて目の前を走り抜けます。
スピード感を出そうと流し撮りをやってみましたが
イマイチですね。
設定を間違えてあまり試せなかった事もありますけど。

何度か見ているうちに13時近くになり
フィニッシュ地点へ移動しました。
予想通りここは混んでいますね。
最後は見られるかなと隙間から画面やコースを見ていると
知らないうちに最後の周回になっていて終わっていました(笑)
せめて各賞の受賞者を見たいと思い
表彰式会場へ向かい見ていました。
まずは今日のレース勝者のインサウスティ。
続いて個人総合優勝のプジョル。
髭が特徴的過ぎますね。
そしてポイント賞のカノラ新人賞のノヴァク。
外国人ばかりの中、山岳賞は初山さんが獲りました。
サングラスがカチューシャに見えるからか
少し弱虫ペダルの東堂に似ている気がするんですよね。
あちらもクライマーですし。
また、総合優勝のチームはこれまた日本のチーム右京でした。
最後は皆でシャンペンシャワー。
4人で撒いたからこの後かなり酒臭かったです。

こんな具合でした。
目の前で見られた事はいいのですが
来たと思ったらあっという間に走り去ってしまい
全体としても直ぐに終わってしまった印象です。
8日間も走るのですからそんなに長時間走れませんけどね。
私なら1日目で体力尽きるでしょうし(笑)

港に続いて山も巡る

1か月程前に全国都市緑化よこはまフェアの
みなとガーデンを巡った事に続いて
今日はもう1つの会場である
里山ガーデンへ行ってみました。
行けるうちに行っておかないと終わってしまいますからね。

ズーラシアの奥にあるので自転車で行きました。
駐輪場が会場にあるか分からなかったので
ズーラシアの駐輪場に置いたら800m先なんて書いてある!
しかも会場の手前に駐輪場あるし。
そんな調子でしたが到着。
橋を渡ると一番の特徴である大花壇が目の前に広がります。
少し緑色が多い気がしますね。
会期はあと2週間なので花もそろそろ終わりでしょうか。
ちなみに、こちらばかり目が行ってしまいますが
反対側も良い眺めです。
下に下りて見上げるとこんな具合です。
近付けばそれなりに花が多いですね。
向かって左側ではこういう眺めです。

森の小径を通り抜けて谷戸のカキツバタ園に来ると
名前の通りカキツバタが咲いています。
ただ、全体ではあまり数は多くありませんね。
もっと一面のカキツバタを期待していたのに。
会場を反時計回りに回って行くとグランピングサイトに着き
こういったテントに入れるんです。
丁度空いたので入ってみました。
中からはこんな眺めでした。
吊っている構造なので一人用ですから十分な広さです。
ただ、入る時に揺れるとなかなか止まりませんね。
暫く揺られていました(笑)
複数人入れるテントもありましたが
それを独り占めするのは勿体無いのでやめておきました。
そのまま道沿いに進むとフォレストアドベンチャーがありますが
予約は既にいっぱいなので外から眺めるだけで通過。
そうして入口に戻ってきました。
すると、そうにゃんと旭区のキャラのあさひくんがいました。
この後直ぐに移動していたので丁度良かったものです。

こんな具合でした。
大花壇は見事ですが、それ以外はあまり見る場所ありませんね。
それでいて広さはあるので移動時間はかかりました。
移動中にもっと見る物があれば印象は大分違うのに。
無料で見られたのでいいのですけどね。

CarでGo!鹿児島(謎) 3日目

早くも最終日となった3日目は桜島へ。
一周36kmあるようなので
自転車よりは車の方がいいかなと思いつつ
車だと味気無いので自転車を借りる気でいいました。
ところが、6時30分に目が覚めると何か音が聞こえます。
空調の音かと思いつつカーテンを開けると
雨が降っているじゃないですか・・・。
傘をささなくても平気な程度ですが
出鼻を挫かれたものです。
これでは車で巡るしかないなと車で渡りました。
結構並んでいましたが、載せる場所が2層あるので
次々と吸い込まれていきます。
なので大して待たずに乗れました。

桜島に渡ったところで反時計回りに巡ってみました。
道の駅に寄ったので前にある224号沿いに進んで行くと
砂防センターがあったので入ってみました。
ここは9時30分開館で着いたのが45分くらいだったので
私しかいな〜い。
その為、本来なら行っていないのに
つきっきりで説明をしてくれました。
早起きは三文の徳!(違う)
直ぐ横には土石流用の溝がありました。
ここを岩がゴロゴロと転がって行くのですね。
再び道沿いに進んで行くと
有村溶岩展望所に到着。
雨は降っていないのですが
山頂には雲がかかっていて眺めがイマイチです。
望遠レンズで山頂を見てみると
雲が山肌に沿って流れていました。
1117mあるので雲に届くのですね。

見終わったところで先へ進んだのですが
道を間違えて垂水に着いてしまいました(笑)
有村溶岩展望所を出て少し行くと
道が分かれているんです。
反時計回りに回っているので
左方向へ進むので右折はないなと直進しました。
ここはこれで正解なんです。
ところが、直ぐ先でまた分岐しているんです。
左の道は脇道にしか見えなかったので
ここも直進しました。
すると橋を渡り、海が左側に来たんです。
「あれ?右側なんじゃないの?」と思いながら進むと
道の駅たるみずに着いたじゃないですか!
「これはさっきの分岐で間違えたな」と
ようやく確信しました。
でも折角来たので車を降りてみると
桜島を東側から見られました。
よく見ると山頂の少し下から噴煙が出ていますね。
ここが昭和火口なのでしょう。
「思いがけず見られたので損ではなかったな」と
思いながら戻りました。
ところが、また間違えました(笑)

先ほどの2つの分岐のうち
2つ目は変なところに出そうなので
最初から除外していたんです。
なので、1つ目のところを
右折するのだと思ったんですよ。
そうしてここで曲がった為
またしても桜島へは戻れなかったわけです。
そんなわけで、荒崎パーキングまで行ってしまいました。
折角なのでここでも桜島を眺めてみるとこんな眺めでした。
昭和火口を横から眺める位置ですね。
続きを読む

CarでGo!鹿児島(謎) 2日目

鹿児島旅行2日目は南下してみました。
暫く進み知覧特攻平和会館に到着。
以前からここに来たかった事が
鹿児島行きを決めた理由の1つでもあります。
いきなり入らずに周囲を見て周ってみました。

向かって右には「とこしえに」の像があります。
この特攻隊員を見守る様に「やすらかに」の像があるんです。
互いの位置関係はこういう具合です。
おそらく意図的に「やすらかに」の像が
「とこしえに」の像を見詰める様にしてあるのでしょうね。
また、「とこしえに」の像が見ている方角は
特攻隊が飛んで行った沖縄の方角だと思います。
他には名前が刻まれた石板もありました。
ざっと見たところ、字が違いますが
同じ苗字の方が7人もいるじゃないですか。
字が違うので親戚ではないでしょうけど。
また、同じ名前の方は館内の写真で見付けたのですが
宝塚の男形みたいな驚くほどの美男子でした。
20歳で亡くなったようで勿体無い事です。

いつまでも外をうろついていられませんが
修学旅行なのか社会科見学なのか
学生が続々とやって来くるんですよ。
入り終わって少し待ち「そろそろ空いたかな」と思っていると
次の学校が来ていつまでも入れない!
待つだけ無駄なので入りました。
なお、中は撮影禁止なので画像はありません。
家族に宛てた遺書や飛び立つ前に書き残した文章が
数多く展示されているのですがどの言葉も非常に重いですね。
印象に残った言葉として
「人世の集大成 何も謂う事無し」というものがあります。
他には6歳の時に再婚した継母を
ずっとお母さんと呼べなかった事を悔いて
「今なら大きな声で呼べます。お母さんお母さんお母さん」
という手紙がありました。
一番印象に残ったのは
「泣くな嘆くな。錦をまとった桐の小箱となって必ず帰って来る。
九段下まで逢いに来てくれ」という手紙ですね。
あと、内容とは違うのですが
字が物凄く上手なものが多かったです。
書道のお手本として使えるんじゃないか?というくらいでした。
死が目前に迫っているのに
よくこれほど整った字が書けるものだと思いました。
字と言えば、やけに薄い字で「振武」と書かれた紙がありました。
「経年劣化で薄くなった?」と思っていたら血で書いたからでした。
怖いんですけど・・・。
館内を見終えて外に出て、裏にある三角兵舎へ行ってみました。
ここで出撃まで待機するのですが
中はこんな粗末な造りなんです。
「こんな場所で最後を過ごしたの?」と思ったものです。
知れば知るほど悲しみは深まるばかりでした。
続きを読む

CarでGo!鹿児島(謎) 1日目

今の職場は休日がカレンダー通りではない事があり
今年のゴールデンウィークも1、2日が休みの為9連休!
というわけで、今年も旅に出ていました。
まだ行った事が無い場所はどこかな?と考えて
九州は高校の修学旅行で長崎と福岡に行っただけで
南部に入った事が無いので鹿児島にしました。

14時前に鹿児島に着き、レンタカーを借りて出発
・・・しようとしましたがカーナビの使い方が分からない。
タッチパネルなのですが画面に触っても
そこを目的地にしようとするだけでメニューが出て来ません。
長押しする?と思いましたが変化無し。
まだ店にいるので聞く事も出来ますが
「使い方は分かりますか?」と聞かれて
「分かると思います」と答えたので聞きに行き難い(笑)
場所は分かるので地図を縮小して直に目的地を指定しました。
行く先の住所は既に調べてあるので同じ方法で行かれますが
毎回これでは大変なんですけどね。

そんな小さなプライドの為に時間を費やして出発。
ホテルは鹿児島市にあるので途中にある仙巌園に行ってみました。
暫く走って到着。
日本庭園の中の各所で島津家の様々な功績が紹介されていました。
少し進むと、5月らしく五月幟が立てられていて
幟越しに桜島が見えました。
歩いている人と対比すると大きさが分かると思います。
更に進むと「千尋巌」というものの紹介パネルがあり
「奥の山にある」と書いてありました。
何があるの?と視線を移すとこんな眺めです。
山の斜面に何かある事が分かりますかね。
アップにするとこういう物です。
なんと岩に巨大な文字が書いてあるじゃないですか!
3文字で11mあり、3900人が3か月がかりで作ったそうです。
ちなみに、先ほどの五月幟も11mなので島津家は11mが好きなのですかね?

ドンドン進んで行くと、江南竹林に着きました。
名前の所為で竹林が気になってしまう私(笑)
一般的な筍である孟宗竹はここから広まったそうです。
更に進むと裏山に続く道があり
案内にはそこからは桜島がよく見えると書いてあるじゃないですか。
これは行くしかない!と向かったのですが、道が予想以上に長い!
既に夕方なので暑くはありませんでしたが
登り続けた所為で汗が垂れて来ましたよ。
そんな思いでようやく途中の観水舎跡まで来ました。
ここからの眺めも良いですね。
でもまだ上があるので向かいました。
や〜〜〜っとの思いで集仙台に到着。
こんな眺めでした。
確かに桜島がよく見えますね。
苦労して来た甲斐があったというものです。
また戻らないといけないんですけどね・・・。

こんな具合で過ぎた1日目でした。
ちなみに、カーナビは画面下部に出ている住所部分を触ると
メニューが出てきました。
そこかよ!
そんな細かい問題しか起きなかったので全体では順調に過ぎましたけど。

緑に溢れる港町

1か月程前から全国都市緑化よこはまフェアが開催中で
近いですから行ってみました。
山下公園周辺のみなとガーデンとズーラシア近くの里山ガーデンがあり
今日は天気が急変するかも?なんて予報だったので近いみなとガーデンにしました。
里山ガーデンにはいつ行かれるかな?

港の見える丘公園からクイーンズスクエアなので歩けますから
まずは港の見える丘公園へ。
元町を抜けて着くとミニチュアがありました。
結構な大きさなので作るの大変だったでしょう。
という余計な事が気になってしまう私(笑)
まだスタート地点なので次の山下公園へ向かいました。
氷川丸の近くにガーデンベアの頭がありました。
あの〜不気味なんですけど〜。
後ろに説明があり200歳なんですね。
このフェアから突然出て来た気がしますが
今までの200年間どこにいたの?
先へ進み象の鼻パークへ来ると色々展示されていました。
受賞作が展示されているようで
印象に残ったのは「日本のこころ-庵のある庭-」ですかね。
西洋風の作品が多い中、数少ない和風の作品だったので。
そのまま赤レンガ倉庫まで進み
ナビオス横浜には毎年恒例の鯉のぼりが泳いでいました。
この後グランモール公園まで行きましたが
ここは他と比べると少なかった気がしますね。
というわけで来た道を戻り日本大通りへ。
ここには各地の都市をイメージした花壇がいくつか並んでいて
印象に残ったのは大阪市ですね。
豊臣軍徳川軍が戦っていました。
そのまま進みスタジアムまで来ると噴水も飾られていました。
ベイスターズが勝てば良かったのですがボロ負けだし・・・。

象の鼻〜グランモールを往復した為
全体では1万4千歩ほど歩きました。
電車を使えばよかったかな。
それは置いといて、あちこち花で溢れていたものです。
綺麗でいいのですけど、結構金がかかっていませんかね。
これを見に観光客が大勢来るわけでもないでしょうから
収支はマイナスなのでは?
とやはりそういう事ばかり気になってしまう私でした(笑)

ようやく遡れた

書く時間が無かったので23日分を今頃書いています。
1か月程前にホイールを新しくしたものの
その後長い距離を走る機会が無く
いつになるかと思っていたらやっと行かれました。
以前に行った境川サイクリングロードですが
今回は江の島から遡ります。

途中でビンディングの角度がどうも気になったり
サイコンが反応しなくなるなどが起きた為
意外と時間がかかりながら到着。
海沿いを走ってきたのでそのまま橋を渡りました。
なので、いつもの江の島大橋の手前ではなく
オリンピック記念噴水池近くで一休みです。
既に大分時間が経っていたので
急いでサイクリングロードへ向かい一気に上流へ!
・・・は向かわず飯田牧場でまた一休み(笑)
こっちへ来たら寄らないわけにはいきませんから。
気温が上がって来た為にかなり混んでいました。
駐輪場も駐車場もいっぱいで入口には整理の人がいましたよ。
買う列も入る車の列も出来ていましたが
これが普段の姿なのですかね。
あと、仔牛がどれくらい大きくなったか見に行ってみたら
いた場所には山羊がいました。
あれ?どこへ行った?
山羊は奥にいたのに何故手前に来た?
仔牛から一気に大きくなって他の牛に紛れた様にも見えなかったので
まさかドナドナ!?

そんな事を思いつつ出発してここからはひたすら走ります。
幸い風は追い風でしたがイマイチ走り難かったですね。
タイヤを28Cから25Cに変えた事と、指定の空気圧が高くなったからか
路面の凹凸が以前よりかなり伝わってくるんですよ。
その所為で少しでも凹凸があると走り難くなりました。
あと、前の週に左足のふくらはぎが肉離れらしき状態になったので
あまり思い切り走れないんですよね。
じゃあ来るなよ(笑)
既に痛みは治まっていましたしその後も平気でしたけど。
そうしているうちにつきみ野駅近くまで来て
ろんぐらいだぁすで何度も出て来た水管橋をやっと見られました。
前回はこんなに駅の近くにあるとは知らず
出発時点で既に通り過ぎていて見られませんでした。
そのまま少し進み大きな通りを渡ると
都県境の表示がありました。
藤沢市や川崎市などとの境でもありますし文字通り境川なんですね。
これ以上進んでも意味が無いので駅へ戻っていると
八重桜が沢山咲いている道に出ました。
知らずに良い場所を通りがかったものです。
また、駅近くで休憩していると
厚木基地に降りるのだろう大きな飛行機が飛んできました。
サイクリングロードの途中でも飛んで来たので
基地が近い事を感じさせるものです。

こんな具合でした。
70kmくらいですが久しぶりに走ったので少し疲れました。
でも肉離れが再発したり筋肉痛にはなりませんでした。
体が慣れて来た?
最新コメント
何人目かな
Archives
  • ライブドアブログ