2008年08月11日

さすが王者!

強い!!

王者のレースを見ました。

コメント無い位に



200mもいけるでしょう。


ban_ko at 11:42|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2008年08月01日

パソコン欲しいね

パソコンを持ってないとブログの更新が大変面倒である。

ブログを始めたきっかけは波風さんとハナ嬢に薦められてここまでやってきたのだが
それにしてもパソコンが欲しいわい・・・

ちなみに我輩の編集スタイルはVHSにダビングして2台のビデオを使い切り貼りしておるのじゃ!!

話し変わって今日は内閣改造じゃ、福田政権も大丈夫かのう・・・
今回の改造の顔ぶれには少々ガッカリじゃ
今回の内閣の顔ぶれから判断して再来年の消費税増税は間違いないのう・・・
憂鬱じゃわい。



ban_ko at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月27日

僕がエロいと思うもの〜その1〜

最近、ご無沙汰しておりました。

今回は少し競泳水着から離れて、僕が競泳水着以外にエロいと思うものを
皆さんに御紹介します。

記念すべき第1回目は(2回目はあるのか?)

小池一夫 叶精作 この最強コンビの漫画デス。
 
 
   「実験人形ダミー・オスカー」


初めて読んだのはいつだった忘れたけど、中学生だったような・・・
ものすごい大人の世界にあこがれました。

今読み返しても色あせることの無いその強引な展開が
最高に面白い。

「オークションハウス」もいいけどやっぱり「ダミーオスカー」

読んだことの無い人は絶対見るべし!!


bcc4f2ee.jpg

ban_ko at 20:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年06月10日

LRに思うこと。

こんにちは、伴です。ご無沙汰してました。
競泳のジャパンオープンも終わり、いよいよオリンピックに向けて
各選手は調整の最終段階に向かっていると思います。
皆さんご存知のとおり、おそらくスピードのLRは我がチームジャパンも
身に着けることになりそうです。

そこで私なりに今回の騒動の本質はなんなのか?
もっと目を向けなければならないことは何なのか?を考えてみました。

競泳競技に限らず、スポーツ競技では“より早く”ということは
当たり前のことです。科学の進歩によって、トレーニング(基礎体力を含む)
技術に加え用具の進化もまた進んでいるのが当たり前になっています。

それでは何故ここまで問題になるのでしょうか?ミズノをはじめ各国内メーカーも
こぞって北京に向け開発をしていたはずです。

スピードの水着には国内メーカーには無い技術というよりむしろ、
発想の段階、つまり泳ぎやすい競泳水着では無く、早く泳げる競泳水着を作るという
コンセプトから違っていたんです。それは去年の段階から“FSプロ”というものが
スピードから出ていたことで、知っている関係者はたくさんいたはず。

LRはさらにそのコンセプトを追求したモデルに過ぎないと思うんです。

世界記録を出した北島もきっと北京ではLRを身に着けることでしょう。

しかしライバルたちは、LRの特徴を最大限に引き出す泳ぎ方をすでにマスター
しつつある段階で遅れをとっているのが現状です。

LRを着ることが出来て同じスタートラインにたったと思っていたら大間違いです。

ただ選手に罪はありません。ぜひこのハンデを乗り越えて頑張ってもらいたいものです。



ban_ko at 19:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月23日

アスリートさんへ行く。

新作を出したので、お世話になっているライジングの波風さんと
共にこれまたお世話になっているアスリートさん(販売店さん)
にお邪魔してきました。

店員さんもすごくいい人っだたし、な、なんと
我輩の新作がレジ横にも置いてくれているではないですか!!

カウンター

←POPをぜひ書いてくれと頼まれたので、快く書いたのでした。



sinnsaku


←新作コーナーにも。
 あ、売れてる〜〜!



ban_ko at 19:21|PermalinkComments(13)TrackBack(0)