バナナ・ヒロシの「はーい!バナナです」

HOMEへ やすし きよし メモヒロシ ヒロシのララバイ ザッツ新幹線の「まぼろし本線日本海」

家人(かじん)に過ちあらば、宜しく暴怒(ぼうど)すべからず、宜しく軽棄(けいき)すべからず。此の事、言い難くば、他の事を借りて隠(いん)に之を諷(いき)め、今日(こんにち)悟(さと)らざれば、来日(らいじつ)を俟(ま)ちて再び之を警(いまし)めよ。春風(しゅんぷう)の凍れるを解くが如く、和気の氷を消すが如く、纔(わずか)に是れ家庭の型範なり。

家族の者が過ちを犯したとき、声をあらげてどなりつけてもいけないし、黙って見ないふりをしているのも良くない。他のことにかこつけてそれとなく戒めるのがよい。それで効果がないときは、時間をおいて、別の機会にまた注意を促すことだ。要は、春風が氷をとかすように、おだやかな態度で臨む、これが家庭の和を保つ秘訣である。


菜根譚

君子にして、而も善を詐(いつわる)は、小人(しょうじん)の悪を肆(ほしいまま)にするに異(ことな)ること無し。君子にして、而も節を改むるは、小人の自ら新たにするに及(およ)ばず。

小人はほしいままに悪を働く。君子の偽善はそれと変わりない。小人でも悪を改めることがある。君子の変節は、それに比べたら、はるかに始末がわるい。、


菜根譚

読書22702100160_size0

就寝4AUQBg3

就寝UYAjIf59W

就寝UYAIf59W

就寝UIAEAS72

就寝EyyDJ

就寝AYV_xP

このページのトップヘ