What's going on?

私には今、何が起きてる?

お引越し

アメブロに引っ越しました。
これからは下記URLまでお願いします。
http://ameblo.jp/bambi118125-4/










・・・って、見てる人いるのか?笑

きちゃった

遂に。
自暴自棄期間突入のようです。
まただ。
もういやだ。
どっかに逃げたい。
苦しい。
よくわかんない。

やっぱり今いるコミュニティーはよくないのか?
大学の友達といるときはこんな気持ちにならないのに、
ダンサーの友達といると劣等感ばっかり感じて、
踊りたくなくなる。
私、何やってんだろう?
って思う。



離れるべきなのかな?



好きなこのことはすごく好きだから、離れがたい。




ん〜。。。
相方だなぁきっと。。。

だんさーずはい

土曜日、久々に千葉に上陸し、凱旋Showcaseしてきました。
大学時代よく行っていたクラブ。
よく踊っていたクラブ。
そしてオーガナイザー、DJ陣はその頃とてもお世話になっていた方々。
そしてTime tableではオオトリ。
そんな場所でへなちょこなShowは出来ないわけです。
でもぶっちゃけめっちゃビビってました。
いつもだけどね。
吐き気をもよおし、震えが止まらなくなるのがソロ前の私。
もちろん今回も例外ではなく。
恐怖に押しつぶされそうになっておりました。
帰りたかったぁーーー。笑

しかし踊ってみると・・・



楽しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんなに気持ちよく、楽しく踊れたのは久しぶり!
途中、ランナーズハイならぬダンサーズハイになり。笑
かなり自己満+自慰Showcaseでした。爆
ただ、知らないお客さんが凄い上がってくれて。
Show終わったあとわざわざ声かけてくれた方も何人かいらっしゃって。
私が崇拝する先輩にも褒めてもらえたし、
「一緒に踊りたいと思った」って言って貰えたし・・・。

最高だったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ソロって怖いけど、自分を試せるし、自分を受け入れるいいチャンス。
と同時に、自分がやりたいことや、自分に合ったものを見つけられる機会でもある。
心臓によろしくないので、あまり頻繁には出たくないんですが(笑)、
これからも依頼頂ける限りチャレンジしていこうと思います。

はい、単なる決意表明でしたぁ〜!!!

初めての

lil eddie

お仕事。
ダンスでお仕事してきます。

普段普通に会社員なのに、こりゃ副業だ。笑

今まで、友達のレッスンの代講はやったことあったけど、ちゃんとしたお仕事は今回が初。
それも海外アーティストのバックダンサーです。
福岡でのPerformanceに参加します。

同日東京で行われる大きなダンスイベントで三浦大知くんがLiveをするんだけど、
そこにオーディションに受かった友達が何人が出演するし、
私自身大知くん大好きだから、絶対に行くーーー!!!って思ってたんだけど・・・
こりゃお仕事優先です。もちろん。

先日大知くんのLiveにいってきたばっかりで、感動と興奮の嵐でした。
Dancer Crewも大好きな方々で、素敵なステージでした。
最後の小さい打ち上げ的なものにも参加してきたけど、
大知くんのあの温かさが、色んなところで見受けられて。
だから次のLiveも楽しみで仕方なかったんだけどね。

自分がダンサーとしてのお仕事をもらえるなんて、この先ゼロかも知れないから。
私、行って来ます。
勝負してきます。
初の経歴。

あぁ〜私はどこへ向かうのだろ〜。。。笑


復活だってね

運動会が5年振りに復活だってね。
もうVもあらちくんもFC更新していないので見に行くことは不可能だし、
行ったところで実際全然見えないから、そもそも行く気もないんだけど。
ビックリしたのが、値段ね。
お金取るんだね。
今まで無料だったよね?
あれ?私の思い違い?!
確かにドーム貸し切ってやってるのに、無料っていうのが奇跡だったよね。

多分もうコンに行ったりすることはないと思うけど、
ちゃっかりニュースとかはチェックしている私でした。笑

見えてきた

DSCF9014

モヤモヤの先が。

昨日相方と話し合って、
お互いに離れていた期間にやってきたことと、
これから二人でやりたいことが合致して。
安心した。
これでいいんだって。
今までは今まで。
もちろん軸はぶれたくない。
そんなダサいことはしたくないけど。
新しい自分達をpromoteしていくことも、
無理をしないで自分たちらしく
「今」自分達がやりたいことをやるのも、
すごく大事だと思ったし、そうするべきだと思った。
きっとそれが正解。

目指すべき人が居なくなった今、
誰でもない自分にならなければならないという、
その現実をつきつけられている。
今はそれと闘うべきなんだ。

行く果ては
「究極のOriginal」なはず。

それを見つける為に、
12月の新ネタを練りに練ります。
Super Original!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

just...just wanna...

今はぶっちゃけ踊りたくない。
久々に自分のShowをちゃんと客観視してみて思った。
やっぱりむいてない。
グルーヴもパワーもヴァイヴスもクリアさもキレも何もない。
 
今まで私は
just wana have funのために踊れればいいって思ってた。
その思いは今でも変わらない。
でも
いくらステージが楽しくても、
その後に必ず悔しさが残る。
少なくともこの1年で自分が納得いって気持ちよくShowが出来たのは1回。
just have fun
のはずが、それ以上を求めちゃってる。
これじゃ辞め時がわかんない。
 
I just wanna dance for having fun!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

葛藤

思い出す。
辛くなる。
頼りたくなる。

でもそこに
幸せはない。

繰り返す。
何度も何度も。
きりがない。

そう、私はとても弱い人間。

白馬に乗った王子様が
やっぱりどこかに残っていて。
ふとした瞬間に思い出されて。
辛くなって。
今寄り添えそうなところに
身を委ねてしまおうとする。
そこでは一時的に
優しく包んでもらえるけど。
先には不安しか残らない。
一時の優しさと安心を求めて、
自分の身に危険を犯そうとしてしまう。
それだけ弱っているんだろう。

分かってる。
そっちに行くべきではない。

だから今は
弱い自分との葛藤。

誰かに慰めてもらいたい気持ち。
自分でどうにかしなきゃって。
闘っている。

誰かに頼りたい。
寄り添いたい。
優しくしてもらいたい。
たまにでいいから。

ジレンマに押しつぶされそうになったとき。
自分で自分をコントロールできなくなったとき。
そういうときだけでいいから。

これってわがまま?

ある日の夜。
とても幸せな時間を過ごした。
温かくて、甘くて、溶ろけてしまいそうなひとときを。
どのくらいぶりだっただろう。
もうこのまま消えてしまいたいくらい幸せだった。
きっと数日、いや、数ヶ月はそんな想いが続くのだと、勝手に思い込んでいた。
 
大きな体、りりしい顔つき、逞しい筋肉、紳士的な態度、ユーモアのある会話。
どれをとっても非の打ち所がなかった。
まぁ、これは私の好み上の問題だが。
文句の付け所がなかった。
そしてそんな人に出会えて、声をかけてもらえたことがあまりにも嬉しかった。
 
Clubでの出会いなんて大してあてにはしていない。
なんとなく「まぁいいかな?」って思えたらかなりの収穫。
そんな感じで、最近の週末は、渋谷のとある大き目の箱で、
騒いでちやほやされていい気分になっていた。
 
でも、あの日は違った。
「まぁいいかな?」なんてもんじゃない。
彼は私の胸のど真ん中をついた。
こんなところでこんなことってあるんだ・・・。
完全に持っていかれた、私の心。
 
その日私は彼に身を委ね、一晩中音楽にまみれた。
次があると思っていた。
またすぐに連絡つくと思っていた。
またすぐに会えると思っていた。
 
古めの曲がかかり、音が閉めを迎える頃。
彼が口にした衝撃的な事実。
あまりにも残酷な現実。
 
俺、海上自衛隊なんだ。
もうすぐ沖縄で訓練があってさ。
携帯は訓練前に壊されるんだよね。
いつ帰れるか分からないんだ。
俺の予想では2ヶ月だけど・・・予想ね。
だから、連絡先教えられないんだ。
何も言えないんだよ。
ごめん。。。
でも、これが俺の仕事なんだ、わかって?
俺、いつも遊ぶの六本木だけど、
渋谷に会いにくるから。
○○も2ヶ月経ったら横須賀に来てよ。
奇跡を信じよ?
 
彼からの言葉。
私は何も言えずに立ちつくす。
 
2ヵ月後私が横須賀に行ったら会えるの?
そんな奇跡、ある訳ない。
そう言い放った。
 
あるよ、きっと。
そう言って口付けを落とす。
全く罪な男だ。
 
最初からこうなることが分かってるなら、声かけないで欲しかった。
優しくしないで欲しかった。
他の人でよかったじゃない。
なんで私なの?
 
少し取り乱した私に、静かに「ごめん」と謝り、
彼はまた、優しくキスをした。
 
 
神様はあまりにも悪戯で、
現実はあまりにも残酷で、
帰り道、私は放心状態だった。
 
忘れよう、そう思い、家につくなりすぐに眠った。
 
お昼過ぎ目が覚め、前日一緒に居た友達と連絡を取り合い。
お互い報告会。
蘇る彼の記憶。
リアルが突き刺さる。
 
悔やんでも仕方がない。
これが結果だ。
そう、私は幸せな夢を見ていただけ。
一晩中いい夢を見ていた。
ただそれだけ。
 
今はそう思うしか逃げ道がないから。
夢だったのだと自己暗示にかける。
ここにこうして書き記し、
忘れないように留めて置く。
私にとっては貴重な出会いだったから。
 
でももうこれでおしまい。
彼は私の空想。
実在しない王子様。
そう思うことにして、前にすすまないと。
 
もしも2ヶ月、3ヶ月経って、
まだ彼の記憶を辿っていて、
彼の残像追っている自分が居たら、
そのときは一歩踏み出してみようと思う。
 
それまでは、出来るだけ忘れよう。。。

忘れられぬ人

最近でもないけど、またもや恋を失いました。
全くうまくいかないもんです。
彼は元々私にとって大事な仲間だし同志。
そしてお相手のかわいこちゃんも、私がよく知っているホントにいい子。
だから私は姐御として、二人の幸せを祈ることにしました。
辛くないわけじゃないけど、これ以外術がないから。


この恋を失って、思い出してしまうのが、忘れられぬ彼。。。
いつまで私に付き纏うのでしょう。
もう彼には新しい彼女もできて、毎日楽しくやってるはず。
私の事思い出す時間などないだろう。



なのに私は全く前に進めていない。
なんてダメな奴だ。



もうすぐ8月。
私も一つまた年をとる。
しかし中身はあまちゃんのまま。



大人のいい女には程遠いようだ。
Archives
blog list

Recent Comments
  • ライブドアブログ