e-Book館(ネットビジネスで副業を目指す為のノウハウ電子書籍をご紹介)

ネットビジネスで副業を目指す方、その参考になる様々な情報商材をご紹介!

GW 新作『ルパン三世』が2年ぶりパチンコに登場するとの噂

●パチンコ関連ニュース

「冬ソナ見た?」「エヴァンゲリオンって知ってる?」など、ドラマやアニメの話題をふると、「うん、見た(知ってる)よ…パチンコで」というオッサンがいる。パチンコライター・ぱちシロ氏だ。氏は、「そもそもアニメやドラマに興味がなくても、だんだん興味を持つものなんですよ。それでアニメ(ドラマ)ファンになる人もいるくらいです」と語る。 「人気アニメやマンガがパチンコ(パチスロ)になると、パチンコ(パチスロ)ファンがハマるのはもとより、普段パチンコやパチスロに興味がない人もやりに来ているという話も聞きます」(ぱちシロ氏) 実際、パチンコ『ヱヴァンゲリヲン』シリーズはアニメ放映が終了した後にパチンコ化されたにもかかわらず、大人気に。現在までに第7弾まで出るなど息の長い人気機種となっている。その他『北斗の拳』『あしたのジョー』などのアニメや、『冬のソナタ』といったドラマなど、パチンコで人気を博したものは数多い。  そんななか、ぱちシロ氏は「実は今、超大型版権のあるパチンコ台が登場する! とファンの間では大きな話題になっています」と明かす。 そして、ぱちシロ氏は「現在、保通協(遊技機メーカーより提出された書類および実射試験をチェックする場所)を通過しているところで、発表が待たれているのですが」と前置きしたうえで、「2年ぶりに、あの『ルパン三世』シリーズが登場するそうです」というのだ。  『ルパン三世』といえば、モンキー・パンチ原作のマンガとして1967年から連載開始。怪盗アルセーヌ・ルパンの孫を自称する大泥棒・ルパン三世が、早撃ちのガンマン次元大介、斬鉄剣の使い手十三代目石川五右衛門とともに世界中のあらゆるものを盗むというストーリーはあまりにも有名で、アニメ化や映画化もされ、40年以上にわたり愛され続けている。峰不二子や銭形警部といった名脇役たちも魅力のひとつだ。 「パチンコのルパン三世シリーズは1998年に発売されて以降、ホールで爆発的な人気を誇る機種です。今回登場するのが第5弾。どんな内容になるかはまだ発表されていませんが、今年に入って発売されたスロット『不二子~100億$の女神~』がオリジナルの内容だったので、おそらくパチンコもオリジナルになると言われています」(ぱちシロ氏)  パチンコのルパン三世シリーズにも、アニメ『ルパン三世』でおなじみのルパンが車に飛び込む演出や、お色気不二子が現れるなど、ファンにはたまらないシーンが必ず登場する。

続きを読む・・・

(引用先:この記事の著作権はエキサイトニュースに帰属します) 


仕事請負仲介ビジネスが静かに人気上昇中。タスクラビット(taskrabbit)

●ビジネス・ニュース

タスクラビット(taskrabbit)という会社をご存知だろうか?今、アメリカで密かに人気が出始めている仕事請負仲介サイトを運営している会社。

超簡単に説明すると、食料品の買い出しや家具の組み立てなど、ちょっとした仕事を頼みたい人がその内容を掲載して、それを見た会員が入札。

金額が最も低かった人がその仕事を請け負うマッチングビジネスです。一昔前の日本でいう「便利屋」さんですね。

しかしそんなシンプルなサービスが今注目されている背景から、今のアメリカが抱えている問題を垣間見ることができます。 ではタスクラビット(taskrabbit)はどんな仕組みなのか?(以下、ダイヤモンドオンラインから引用)

依頼者がTaskRabbitのサイトに仕事を掲載。この費用は無料で、誰でも仕事を依頼することができる。するとその内容や条 件、希望する時間帯などを見て、自分ができると思ったTaskRabbit(登録者をこう呼ぶ)が、いくらで仕事をしたいかをオファー。

依頼者はオファー してきたTaskRabbitのなかから、自分の条件に合った人を選ぶことができる。 支払いは、仕事を掲載するときにTaskRabbitにクレジットカード情報を登録、仕事が終了した時点でそのカードにチャージされる仕組み。

TaskRabbit社が約15%のサービス料を差し引いた残りの金額が、仕事を請け負った人に支払われる。 依頼するほうは誰でもいいが、請け負うほうはまず登録申請書を提出し、ビデオによる面接と身元調査を受け、さらにオンラインでのトレーニングを受 けなければならない。

こうしたプロセスは全て、仕事を依頼する顧客の安全を守ると共に、TaskRabbitの信用を維持するためだ。 このビジネスを立ち上げたのがtaskrabbitの創設者、リア・バスクさん。

キレイな女性です(笑) 2008年のある雪の夜、誰かが代わりに犬のエサを買いに行ってくれないだろうか……と思ったのが創業したきっかけらしい。 

(引用先:この記事の著作権はエキサイトニュースに帰属します)

bottom012

オークションビジネス大全集

ビジネスでの利用が拡がるモバイルデバイスのセキュリティ対策を考える「MDM」とは?

●ビジネス・ニュース

スマートフォンやタブレットの高機能化がどんどん進み、ビジネスシーンでの利用が加速しているのはご存知のとおり。先日幕張で開催された「第2回スマートフォン&モバイル EXPO」の会場では、スケジュール管理や資料作成、会議システムと、様々なサービスの展示でにぎわっていました。

スマートフォンやタブレットは導入コストが安いことから、企業での導入も進んでいるようですが、一方でデバイスを紛失したり、マルウェアに感染したりなど、セキュリティや管理方法が大きな課題になっているようです。

特に個人端末を仕事で使う場合、個人と会社の両方の情報が危険にさらされるため、ノートブックパソコンなどよりも、個人情報やセキュリティに対して慎重な対策が必要となります。その影響か、会場では「MDM(モバイル・デバイス・マネジメント)」と呼ばれる、スマートフォンなどを管理する製品やサービスがたくさん展示されていました。  


では、MDMとは一体どのようなものなのでしょうか。EXPOの専門セミナー「業務利用におけるスマートフォンのセキュリティ対策とMDMの役割」を講演した日本スマートフォンセキュリティフォーラム(JSSEC)の相原弘明氏の話によると、MDMの定義は製品やサービスによって異なるものの、セキュリティツールや運用ツールなどを指しており、基本的にはパソコンと同じものの、スマートフォンの特性を考慮したものになっているのが特徴です。

モバイルデバイスの利用で脅威になるのは、主に盗難と紛失、ウィルスや不正アクセスなど。盗難や紛失の対策はリモートで端末を探したり、ロックするアプリを使うという手もありますが、MDMサービスの中には、24時間いつでも対応し、価格にしても月額数百円のものからあるので、選択肢の一つになりそうです。

導入のポイントは、自社にできない対策を提供しているところを選ぶこと。場合によってはネットワークやデータの監視など、見えない部分の対策をしているところもあり、アウトソーシングがどこまでできるかをトータルに検討する必要がありそうです。


スマートフォンの場合はアプリを追加したり、個人でカスタマイズして使えることが利点だけに、技術的な制約をどこまでかけるべきか、そのバランスが難しいところ。いずれにしても、端末やOSの進化がパソコン以上に早いだけに、技術的な対策だけでは限界があり、運用ポリシーを明確にしてルールを守るといった教育の観点も大切になるようです。…

続きを読む・・・

(引用先:この記事の著作権はエキサイトニュースに帰属します) 

簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ

【ビジネスの壁をどう乗り越える?】社会起業を始める方に無料セミナー開催


●ビジネス・ニュース


【ビジネスの壁をどう乗り越える?】社会起業を始める方に無料セミナー開催

ソーシャルビジネス起業家セミナー開催「横浜社会起業応援プロジェクト」は、「乗り越えようコミュニティビジネス5つのカベ」 と題し、ソーシャルビジネス起業家セミナーを9月23日に開催する。

 同セミナーは、起業を考えている方や現在SB/CBを実践していて課題を感じている方のためのセミナーで、ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスを実践しながら、日々の現場でぶつかる壁をいかに乗り越えるかを共に考えるもの。

IIHOEの川北代表が講師。現場で使える情報を提供さまざまなNPO・市民団体の運営支援に携わったIIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表の川北秀人氏を講師とし、同氏ならではの、本当に現場で「使える」情報を提供するとのこと。

なお、この参加費は無料(資料必要であれば840円)で、当日は講義、ミニワークとサイレント・ポスター・セッションが予定されている。

続きを読む・・・

(引用先:この記事の著作権はエキサイトニュースに帰属します)


 

アフィリエイトサイト自動生成ツール【D1-Grande】

熾烈さを増すネット業界の人材争奪戦、ドリームチームを作れ!僕らがグリーを選ぶ理由


●ビジネス・ニュース


熾烈さを増すネット業界の人材争奪戦、ドリームチームを作れ!

僕らがグリーを選ぶ理由 昨年9月、ネット業界でちょっとした“事件”が起きた。ウェブサービスを手掛ける「はてな」で最高技術責任者(CTO)を務めていた伊藤直也氏が、退職したのだ。行き先はグリー。

業界きってのスタープレーヤーの転身に、ツイッターには驚きの書き込みが殺到した。  グリーの門をたたくのは伊藤氏だけではない。グーグル、NEC、P&G……。ネット企業だけでなく、他業種からも人が押し寄せている。  

パソコン向けSNSから始まり、2009年に携帯電話向けゲームで一気にブレークしたグリー。今や国内のユーザー数は2500万に膨らみ、業績も急成長を遂げている。同時にそれをしのぐ勢いで伸びているのが、従業員の数だ。  

自身も10年1月に転職してきたヒューマンリソース本部長の中西一統氏によると、「自分が入ってから1年4カ月で社員数が4倍になった。増えた300人のうちエンジニアが3~4割程度だが、どの部門でも人が増えている」。

11年度は前年度比2倍の採用を計画。今年4月には十数人程度だった新卒社員も、来年は100人に増やす予定だ。

続きを読む・・・

(引用先:この記事の著作権はYahoo!ファイナンスに帰属します) 





【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

ソーシャルメディアを活用し、まだ見ぬ顧客を掘り起こせ――ネットイヤーグループ、石黒氏

●ビジネス・ニュース

ソーシャルメディアを活用し、まだ見ぬ顧客を掘り起こせ――

ネットイヤーグループ、石黒氏 TwitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアの普及は留まることなく進んでいる。この流れに対応すべく、公式Twitterアカウントから情報を発信したり、Facebookページを立ち上げたりするなど、企業側のソーシャルメディア対応への動きも活発化している。

しかし、いくつかの成功例はあるものの多くの企業がソーシャルメディアの活用に対して明確な答えを出せていないのが実情なのではないだろうか。  


6月3日、ホテルニューオータニにて開催された『スマートなビジネス戦略を考えるセミナー』では、ネットイヤーグループの社長兼CEO、石黒不二代氏が講演し、ビジネスを変革するWebマーケティング、ソーシャルメディアの活用について参加者と活発な議論が展開された。

低迷する日本企業にとって成長の起爆剤となり得る新たなマーケティング手法に注目する。

●「情報プラットフォーム」の構築が成功の鍵  

石黒氏は講演の冒頭で、先の東日本大震災時に情報伝達のインフラとして注目されたGmail、Skype、Twitter、Facebookなどのサービスを挙げ、クラウドをサービスの基盤とする企業が急成長していることに言及。そのビジネスモデルを紹介した。  

「クラウド企業はプラットフォームを提供することで収益を得るというビジネスモデルを構築しています。サードパーティの製品やサービスからのマージン収入をはじめ、サードパーティのパートナー、あるいは一般の消費者がプラットフォーム上で流通の仕組みや商品を提供してくれることで自社の売り上げにつなげているのです」(石黒氏)  


さらに同氏は、Appleが運営するApple StoreやGoogleが提供するAndroidを挙げ、「自社だけでなく他社にも利益を上げさせることにより、結果的に自社の成長としていく企業がこれからの時代を生き延びていくのです」と付け加えた。  

日本企業は従来の大量生産・大量消費の時代に高度に成長を遂げたといわれる。当時、情報は生産者から消費者へという一方向に流れていくもので、かつ消費者の購買行動も皆似通っていた。そのため、大型生産装置を持つ企業が大きなアドバンテージを持っていた。

しかし、情報の伝達ルートが増え、生産者との双方向のコミュニケーションが可能となった現在では、消費者の行動や嗜好も多様化し、大型生産装置を持つ企業の優位性もなくなっている。  

それに代わる新たな装置として石黒氏が提唱するのが「情報プラットフォーム」である。情報プラットフォームは「生産者と消費者間コミュニケーションから生まれる声を結ぶものであり、企業がまず構築すべき基盤」だと石黒氏は力を込める。

続きを読む・・・

(引用先:この記事の著作権はlivedoor ニュースに帰属します)



「宮崎駿は実は携帯電話を持っている」──ジブリが「禁じ手」だったネットでキャンペーンをする理由



●ビジネス・ニュース


「宮崎駿は実は携帯電話を持っている」──ジブリが「禁じ手」だったネットでキャンペーンをする理由

KDDIがスタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」のキャンペーンを始める。「ネットから距離を置いている」と思われてきたジブリがネット上のキャンペーン展開に踏み切った背景を鈴木敏夫プロデューサーが語った。

2011年06月22日 16時40分 更新 KDDIは6月22日、スタジオジブリのアニメーション映画最新作「コクリコ坂から」(7月16日公開)とタイアップしたキャンペーンを展開すると発表した。au携帯電話向け限定コンテンツの配信や、映画の舞台となる横浜市と協力したスタンプラリーなどを7月から2カ月間展開していく。  

スタジオジブリ作品でネットを活用した本格的なキャンペーンを実施するのは初めて。「インターネットや携帯からは距離を置いていると思われている」というスタジオジブリがネット展開に踏み切った理由について、鈴木敏夫プロデューサーが都内の発表会で語った。  

「コクリコ坂から」は1980年に「なかよし」(講談社)に連載された高橋千鶴(原作は佐山哲郎)による少女漫画を原作としたアニメーション映画。宮崎吾朗監督が「ゲド戦記」以来のメガホンをとり、主人公の「小松崎海」は長澤まさみさん、「風間俊」は岡田准一さんが演じる。

続きを読む・・・

(引用先:この記事の著作権はITmediaに帰属します)


マッチングビジネス塾MMM40 3期生

チラシにタッチで注文を――タブレット端末向けネットスーパーアプリが登場

●ビジネス・ニュース

チラシにタッチで注文を――タブレット端末向けネットスーパーアプリが登場

ソフトバンク・テクノロジーが、インフォシティと共同でタブレット端末向けネットスーパーアプリを開発。同社のECサービス向けに提供する。 ソフトバンク・テクノロジーは、インフォシティと共同でタブレット端末向けネットスーパーアプリ「Touch de shop!(仮称)」を企画したことを発表した。

アプリは同社が展開するクラウド型EC基盤サービス「C-OMPS SellingClub」向けに提供するもので、対応プラットフォームはiPadやiPhone、Android端末を予定している。  C-OMPS SellingClubは、さまざまなビジネスモデルや流通チャネルに対応する、eコマースサービス提供者向けのパッケージ製品。

この製品を利用することで、単独店舗型から統合型モールまで、さまざまなECサイトを構築できる。  Touch de shop!は、インフォシティのチラシビューアを利用したアプリ。ユーザーはタブレット端末に表示された電子チラシで商品を探し、気に入ったものはタッチすることで購入できる。

今後は生活者をセグメント化し、年齢や地域特性、ライフスタイルなどに最適化したネットスーパーアプリの提供を目指すとしている。

(引用先:この記事の著作権はITmediaに帰属します)

  【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」



レディー・ガガに学ぶビジネス戦略、SNS活用で親近感

●ビジネス・ニュース

レディー・ガガに学ぶビジネス戦略、SNS活用で親近感

[ベルリン 25日 ロイター] 奇抜なファッションやワイルドなパフォーマンスで知られる米人気ポップ歌手のレディー・ガガ。その革新的な戦略は、企業にとって学ぶべきところが多いと、ドイツのビジネス研究者は語る。 

ベルリンにあるビジネススクール「European School of Management and Technology」の教授で、アーティストから学ぶビジネス書も最近出版したマーティン・クップ氏は、レディー・ガガのブランド構築の仕方に注目。

レディー・ガガはミュージシャンなのか、芸術家なのか、ファッションデザイナーなのか、どれか1つに当てはめることができないとし、新たなビジネスモデルとなっていると指摘する。  

同氏によると、レディー・ガガは、インターネットという新たな媒体に適応していくことに苦戦していた音楽業界を生き返らせ、彼女のファッションなど音楽以外の活動がレコードの収益にもつながっているという。

続きを読む…

(引用先:この記事の著作権はロイターに帰属します)


  6月4日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』+懇親会

「SuiteWorld 2011」レポート ネットスイートの田村元社長、日本におけるビジネスの現状と戦略を語る(1/2)

●ビジネス・ニュース

「SuiteWorld 2011」レポート ネットスイートの田村元社長、日本におけるビジネスの現状と戦略を語る(1/2) 米ネットスイートは、サンフランシスコで「SuiteWorld 2011」を開催し、NECとの戦略的グローバル・パートナーシップの締結や、リソースへの無制限のアクセスを可能にする「NetSuite Unlimited」の提供、米オラクルとの協業によるOracle Exadataの採用などを明らかにした。

日本法人の田村元社長は、BCNなどの取材に応じ、日本におけるビジネスの現状と戦略を語った。(取材・文/信澤健太). ──「Suite World」で発表された導入事例の傾向として、ベンチャーや急成長している企業の存在が目立った印象があります。  

田村 結果的に伸び盛りの企業が多いといえるでしょう。どちらかというと、ビジネスの変化が激しい企業のほうが、「NetSuite」の価値を認めてもらいやすい。新事業や新部署を立ち上げるときに、導入してすぐにオペレーションを開始できるからです。  

大きなERPのリプレースもなくはないですが、かつてザック・ネルソンCEOが話していたように、クラウドは何か新しいことを始めるときに利用するのに合っています。

今ある何かを変えるというよりは、企業が新しいことを始めるときのプラットフォームとしてクラウドを利用するのが、より素直な利用方法だと思います。

続きを読む…

(引用先:この記事の著作権はBCN Bizlineに帰属します)


【熊本】アフィリエイタープロフェッショナル養成講座
記事検索