2012年01月10日

五木寛之に教えられた歌碑

0645ad74.jpgきょう岩間さんという方と話をしていた時に、『千の風になって』歌碑建立の話に及び、そのついでに出たのが昨年11月頃に、その岩間さんの奥方が好んで聴いていた『NHKラジオ深夜便』という番組でゲストの作家、五木寛之さんが、実際に見て廻った新潟市内の歌碑(石碑)の話をしたそうです。その中で特に昭和4年、萬代橋の完成を記念して作られた『新潟小唄』(北原白秋作詞、町田嘉章作曲)の歌碑の話を五木さんが語ったのだそうです。

それでその歌碑はいったい何処にあるのだろうと、岩間さんは市役所に問合せた結果一日後、回答があって、その歌碑はやはり萬代橋にほど近い信濃川右岸下流に設置されているのだそうです。(自分としては未だ確認しておらず)写真

何でもこの歌碑の写真を撮って来た岩間さんによれば、道路側から見ると表側は別な何か。裏側が先程の新潟小唄の歌碑になっているのだそうで、そのためこれまで殆どの市民に知られていないのでは?ということです。


それにしても著名な作家の五木寛之さんに教えられるとは…。(笑)


bandaibashi2005823 at 19:37コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
QRコード
QRコード
訪問者数

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
タグふれんず