時給259億円の男

昨年末のRIZINでのドタバタ出場が記憶に新しい、いやもう忘れ去られているメイウェザー氏

ネットの広告があったので開いてみると「メイウェザーファンクラブに会員登録すると抽選で2名様にメイウェザー氏との昼食会に無料招待」と書いてある。

無料で2名ってちょっとセコくない?

と思ってよくみると、
「抽選で15名様を招待」
と書いてある

そうだろうね、まあ、17名くらいなら昼食会、ちょうどいいよねー

「参加費   100万円!!!」

抽選で15名を招待、でも100万円払ってね、無料じゃないよ

ってこと

那須川天心戦のファイトマネー10億円との噂
試合時間2分19秒だから
時給ならぬ秒給が約719万円
時給は約259億円
※本当は3R (9分)でやる予定だったのにそれより早く終わっちゃったから単価が上がっちゃった。

昼食会はファイトじゃないから、大負けに負けてその1/10の70万円と仮定すると
握手して、写真撮って、サインして全部で10秒700万円
食事はポテトとコーラとハンバーガー
はい、さようなら

でも700万円なのに100万円は破格の安さでしょ、払うよね?ってこと

おそらくお金持ちとの昼食会は別にあって、そっちはちゃんと料理が出てやるのだと思う。

さらにすごいのは初年度の年会費は無料だけど次年度いくらか記載が全くない
会員になるとどうなるのか年間の会員の特典も書いてない

事前登録したらメールで会則が送られてきてそっちに載っているのだと思うが
何にも載ってない仕組み

抽選に漏れたけど、昼食会会員枠で100名取ってあるよ、10秒700万円だけどね
って書いてありそう(バンダナ刑事推測)

日本でのビジネスが上手くいきますように💗

那須川戦で10億円を荒稼ぎのメイウェザー、高級車を新たに2台購入 https://www.sanspo.com/sports/news/20190103/fit19010315510001-n1.html @sanspocomより



イケてる男

休日出勤してきた、その後2か月ぶりに練習(ベーシックだけど)をしてみた。

自分にとって柔術って何なんだろう、今更続ける意味あんの?って答えが出ないまま悶々としていた。
とりあえず、何も考えず、フラリと行ってみた。
何のことはない、柔術は何の答えも教えてくれないある意味偉大な存在だった。

最初のテクニックで会社の問題を思い出して全然テクニックが頭に入ってこないことに気がついた。
バカバカしい。会社の頭のおかしい人たちのことを休日まで考えていたのだ。時間の無駄だった。

自分がそういう状態だったのに気がつかなかった。我に帰った。

柔術に多くを求めんなよってことだ
ダイエットにもならんし、
路上の喧嘩にも使えないし
あおり運転にも対応出来ないし
家庭の問題も解決しないし
会社のいざこざはどうにもならない

ただやってみて、
ちょっと面白い

ふふってなる瞬間がある
めっちゃ強い相手にギャンって責められる
めちゃ落ち込むこともある
もしかしたらこの技行けんのか?って思う瞬間もある
どっちかというと全然イケてないことばかり

それでいいと思う
肩肘張らずにまた続けたいと思う



マウントを取られる男

仕事上みんな色々抱えてるんだろうけど、当然ながらいざ練習になると柔術の仲間はそんなこと一切言わずに柔術を楽しんでいる。

仕事の空間で行き詰まったら家族の空間へ、家族の空間に行き詰まったら柔術の空間へ、柔術に行き詰まったら仕事の世界へ
その三つの逃げ場がないと精神的におかしくなってしまう。

仕事は基本的にマウンティングの世界だ。
誰が上で誰が下か。自分に従うのか従わないのか、いちいち巻き込まれてめんどくさい。

そんなバカな争いを大の大人が永遠にやっているのだ。

一気に体制が入れ替わって勝ち組から負け組に入るともう挽回できない。
体制が変わる前に負け組から逃げ出して落ち武者として別の村で生活していたが、落ち武者探しが始まり、密告されその村にはもういられない。

別に隠してないけど。

体制が変わった時に親方様と一緒に切腹しておけばその方が気が楽だった。

柔術の練習に久しぶりに行ってみた。自分にとっては仕事や家族の問題から離れられるオアシスのような空間。

だと思ったら、柔術こそが基本、マウントを取るのを争う一番シビアな世界だった!
キビシーーーー!
我が人生に逃げ場なし!

プロフィール

バンダナ刑事

記事検索
楽天市場
Amazonライブリンク
タグクラウド
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ