結局出られない男

博多のあの人の投稿で、全日本マスターと全日本選手権大会が行われるというニュースを耳にした。


ざわざわした。

自分には関係ないのに!


練習もしてないくせに

しかし、このコロナ禍、

柔術界でいうところのフェデラーやマレーやナダルはきっと欠場するに違いない。


柔術界でいうところのジョコビッチさえも先の反則で不貞腐れているに違いないのだ。


今申し込まないでいつ申し込むのだ!

今こそ無理矢理出場してメダルを獲得するのだ。


でも念のためエントリーの基準を見た。

年齢カテゴリーは


マスター3まで


オワタ


そして柔術的にはマスター4以上は高齢者の扱いであることに気がついた。


感染したら死んじゃうカテゴリーに認定されたのだ。

ありがとうJBJJF

コロナのない世界でまたいつか会おうJBJJF


https://www.jbjjf.com/2020/09/20723/


そして、参加費が破格の......


結局無理だった。


FullSizeRender


リアル半沢番外編

昨年父親が亡くなった。

葬儀では父親の写真をたくさんボードに貼って参列者に見てもらった。

葬儀が終わって近親者だけで自宅に集まり、その写真を見ながら、父親の昔話をした。

母親が「この若い頃の写真を見て思い出したけど、そういえばお父さん、私と結婚する前に男の人から告白されたって言ってたわ」と言い出した。

「すごく仲のいい友達で、すごく悩んだけど、断ったらしいわよ」
「返事次第では私と結婚してないかもしれないし、あなた達も生まれて無かったかもしれないわね」

その話を聞いて兄妹で顔を見合わせた。

(自分もあの検査官以外にも何人か迫って来たことがあるのはもしかして呼び寄せの遺伝子を引き継いでいるのでは?)
と再確認し、
そして、この世にたまたま偶然生まれてきた事を神様に感謝したのである。

永遠につづく

IMG_4256


【柔術版】リアル半沢直樹の男第二話



担当の検査官に柔術をやっている事を伝えると、

「いやぁ、そうですかぁ、寝技ですかぁ、私は寝技の方はぁ苦手でしてぇ〜、今度教えてください〜」

とお互いの武術のジャンルを確認してその日は終わった。


ひとつ違和感があった。

それは言葉の端端にオネエの要素が混じっていたのだ。


大会議をお役所様用に改装して、各担当官の机と椅子がセッティングされている。

パーテーションのない取調室のようになっている。


※もし個室になっていたら、もっと違う結果になっていたかもしれない。


翌日はその大会議室に行って用意すべき資料の説明を受けた。


前日の検査官のところへ行くと、

「ここぉに書いてある書類を用意してぇくださいぃ」

と要請された。

「は、はい」

書面を確認していると、わざわざ対面で座っているのに椅子をゴロゴロ動かして隣に来た。

「ここからここまでとぉ、これと、これねぇ」

「は、はい」(見ればわかるけど)

おや?これはヤバいんじゃないかと思った。

まさかとは思うが、もしかしてロックオンされているんじゃないかと。


せっかく対面で座っているのに、椅子を動かしてまで隣に来るなんて。

しかも心無しか距離も近い。

※当然そんなスタイルでやっている検査官は他にいない。


(いや、このスタイルはきっと業務上必要だからやっているのだ)と自分に言い聞かせた。


お役所の御一行が帰ると、毎日社内で当日聞かれた事などの情報交換会をしていた。


自分の担当の検査官のことはその会議では言えなかった。

当然のことながら、お役所に歯向かって良い事は何もない。要求に応じて何事もないように念仏を唱えてお帰りになるのを待つしかない。


要求された資料を用意して、説明して、追加の資料を用意してまた説明する毎日を繰り返した。その度にわざわざ隣に来てご丁寧に説明してくれた。


もう追加で出す資料もないし、何の問題も見つからないのにその後何回も呼び出され、意味のない資料を求められたり、別の部署から資料を取って来て担当以外の話をされたりした。

でもいよいよ話すネタがなくなった。


その検査官はこっちにその気がないのがやっと分かったのか、検査の途中で別の企業に行くことになり居なくなった。


柔道と柔術という似たような趣味を持つ者同士だったが、こっちの得意の寝技を出す機会は結局なかったね


という柔術版半沢直樹的な思い出であった。


IMG_4912




プロフィール

バンダナ刑事

記事検索
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
タグクラウド
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ