Gretchen Parlato@Blue Note Tokyo

昨日は、石川ギターに家事の全てを託して、ブルーノートへ。

ひとりでブルーノートへ行くと、待ち時間に色んな会話が耳に入ってくるのですが、
うんちくで固められた偏屈JAZZじじぃ(おっと失礼・・・)やら、
どうせ下手くそであろうにプレイヤーであることをひけらかす上から目線JAZZじじぃ(これまた失礼・・・)やらに
囲まれて、お前らのせいで、若者が煙たがるんだよ、ボケが!っと思いつつ登場を待っておりました。
でも、よくよく考えてみたら、私もそのじじぃ達の仲間に一歩足を踏み入れているのかもしれませんね。
あははは。。涙

さてさて、そんなことはさておき、本編のことを。
いつのころからか、大好きになった、Gretchen Parlato(グレッチェン・パーラト)という
ボーカリストを観に行きました。
ずっと待っていた、念願の単独ライブ・・・!
息子の妊娠中に、彼女の音楽を聴きまくっていたせいか、
最初の数曲は涙が止まらず、しかも最初から「Butterfly」などの聴きたかった曲をやってくれて、
ようやく心が落ち着いたころに11拍子の「Still」が聴けて、
アンコールでは、彼女の親友が妊娠していた時に、その親友の子供がお腹の赤ちゃんのために
歌った子守歌を元につくったという曲「Magnus」。再び涙。
この曲は、6拍子と7拍子が組み合わさっているのですが、
繰り返しのコーラス部分を観客に歌わせるという、観客のスキルを試されたり・・・笑 

勝手に、もっとカッチリとしたライブを行う人かと思っていたのですが、
とても温かい空間の中で繰り広げられる彼女の世界に、すべてまるっと魅了されてしまいました。
素晴らしい音楽を、時間を、空間を、ありがとう、グレッチェン!!!!!

こちらは、アンコールでやってくれた「Magnus」の過去のライブ映像です。



来月は同じくブルーノートで、これまた大好きなベーシスト、
Avishai Cohen(アヴィシャイ・コーエン)を観にきまーす。
楽しみだなー!!!

グレッチェンパーラト

脱・ベビーカー片道徒歩25分

我が家に、電動自転車が導入されました。
いえーい!!!!!パチパチパチ!!!!

なんで今まで買わなかったんだろう・・・と思えるくらいに心も体も軽やかです。
坂道も楽々、そうよ、人生の坂道も電動自転車があれば、乗り越えられるわ!(えっ・・・

息子も、この電動自転車の登場が、かなり嬉しかったらしく、
電動自転車で保育園に行った初日から、
普段もじもじしてできなかった挨拶も自ら進んで行い、
なんと!なんと!まさかの!トイレにまで行けるようになり(!!!!!涙)
先生から、明日からパンツを持ってきてください、と言われました。
とは言いつつも、まだまだ心配ですが、
何がきっかけで出来るようになるのか分からないものですね。

調子に乗って、事故らないように気を付けよう・・・
電動自転車、ばんざーーーーーーい!!!!!!

あれから数日

もう何日も経っているのに、
あれから色々あったはずなのに、
先日のエスペランサから抜け出せない。

最高だった瞬間の映像が上がってて、これじゃあ、さらに抜け出せなくなっちゃうよね。
こんな風に曲をつくってみたいよ。なんて人だ、本当に。

Twitter プロフィール
エリーニョです。歌を歌ったりピアノを弾いたりしています。
【タワーレコード新宿/渋谷/吉祥寺/オンライン 限定】
2015年4月8日(水)
エリーニョ4th album
『おおきなおなかのちいさなうた』

品番:TOTR-1502
価格:2000yen+税
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ