2018年01月09日

連休明け

連休明けは辛い。まずはリハビリを...と思うも、仕事は待ってはくれない。少しずつギアを上げていくしかない...

2018年01月08日

最終日

今日で長かった連休が終わる。明日からが辛いぜ...orz

2018年01月07日

公園デビュー

ついに息子が公園デビュー。近所の公園2カ所をはしごした。滑り台とブランコを楽しんでいたが、初めて履く靴に慣れない様子でなかなか立たない。そして初めての体験で疲れたのか、帰り道で爆睡。また連れて行ってやろう。

2018年01月06日

2017年10-12月期決算

昨年10-12月期、我が家の資産は前期比4.0%、前年同期比6.8%それぞれ増加した。プラス成長は3四半期連続。年間包括利益は前年比+107.1%となり、3年ぶりにプラスとなった。住宅購入や第一子出産に伴う支出増の影響が一巡したことや、特に年末にかけての株高が寄与した。また現金比率は前期比+0.3ptの12.1%と2016年3月以来の高水準となった。

一方家計部門では、収入が前年同期比+17.8%となる一方、支出が同+75.2%となり3四半期連続の財政黒字となった。年明け分の住宅ローン返済の一部を前倒しで支出処理したことなどが影響して支出は大幅に増加した。四半期ベースの貯蓄率は30.4%。また還暦での年間収入は前年比+1.9%、支出は同+20.2%となった。

昨年後半から、堅調な米国経済や地政学リスクの沈静化を受けて、リスク資産が大きく上昇している。また世界的にインフレ圧力が低調な状況が継続しているものの、堅調な経済を背景に緩やかな上昇基調にあり、世界的に金融政策の転換が進んでいる。

こうした中、我が国経済は、堅調な世界経済やリスク資産の上昇、為替相場の安定などを背景に緩やかな回復基調が続いている。一方で低調な賃上げや先行き見通しの不確実性などから消費は低迷し、インフレ率は穏やかなものにとどまっている。

一方で深刻な公的債務と過度な金融緩和による不均衡の蓄積が長期的な潜在リスクとして意識される中、国債市場への介入による金利の抑圧や財政再建の先送り観測によりリスクが高まっている。金融政策や財政政策が必要な構造改革に取って代わることはできないことを認識した上で、必要な成長戦略が実行に移されるかを引き続き注視していく。

こうした状況下、我が家の2018年の成長率は+4-10%程度と予想する。先行き見通しが異例なほど不確かな中で、財政の安定と旅行の最大化という二つの使命を果たすため、引き続き健全な財政と安定した運用収益を通じたトレンドペースでの成長継続にコミットしていく。

2018年01月05日

休日

連休も残り4日。今日からは普通の休日。息子と散歩に行ったり、コーヒーを飲んだりして一日過ごす。

もうしばらく休みが続けばいいのに...

2018年01月04日

帰還

神戸に帰還。さすがに4日になったら道路はそれほど混んでいない。淡路で休憩しつつ帰ってきた。休みも残り4日か...

2018年01月03日

のんびりと

今日は嫁の実家でのんびり。かまってくれる人がたくさんいると、息子もうれしいようだ。そして近所にいる鯉に餌をやりに行ったら、息子が大喜びで餌をやっていた。楽しいらしい。

2018年01月02日

移動

今日は昼くらいまで実家でのんびりしてから、嫁の実家に移動。嫁が出かけている間に、息子が祖母に連れられて散歩に行ってきた。戸惑いながら連れて行かれたが、帰ってきたときは機嫌がよかったので楽しめたようだ。

2018年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ということで、まずは今年の年頭目標。

1.財政規律の維持
今年も住宅ローン負担と息子の養育費を中心に、厳しい財政状況が継続すると予想されるが、引き続きFSM(財政安定メカニズム)とFRP2(財政再建プログラム2)のもとで健全な財政と安定した投資収益を両立し、持続可能なペースでの成長を続けることに強くコミットする。

2.旅行の最大化
「財政の安定化と旅行の最大化」という二つの使命を果たすため、今年も引き続き最大限旅行に行けるように努力したい。ただし息子の成長に伴い、今後とも最大旅行の水準は低下するだろう。旅行の最大化は単年度で評価するのではなく、中長期的に見て継続的に旅行が行えていることが重要である。

3.英語力強化
近年英語を使う機会があまりなくなったせいか、英語力がかなり低下している気がする(特にリスニングとスピーキング)。できれば自己啓発したい...

肉体健全化が進んでいることもあり、今年は肉体健全化を外して英語力強化を目標に掲げた。今年も目標を達成できるよう頑張っていきたい。

2017年12月31日

大晦日

今日はレンタカーを借りて実家に帰省。うちの両親も息子の成長に驚きつつ、年越しうどんを食べて年末を終える。これで2017年も終わった。