2011年04月29日

3日目(2)〜スコットランド周遊

フォートウィリアム駅前のバス停に行くと、Inverness(インヴァネス)行きのバスが止まっていたが、電光掲示板の発車案内を見ると次のバスは12時15分。あと1時間ある。

Scotch pie少し早いが、バス停横にあるスーパーみたいなところのカフェで昼食。スコッチパイを注文。スコッチパイはミートパイで、結構おいしかった。皮が固いので、ナイフとフォークで食べるのは苦労したけど。


Inverness行きバスお腹もふくれたのでバス乗り場に戻ると、運転士がいたのでもう乗っていいのか訪ねると、「あと5分」と言われた。何という寝坊助さんw
予告通り5分後に受け付けを開始したので、チケットを買って乗り込む。席は一番前をゲット。

ネス湖バスはSpean Brigdeまでは列車で来た道を戻り、そこからは線路と分かれてインヴァネスを目指す。インヴァネスはフォートウィリアムの北東にあるので、さらに北上することになる。途中からネッシーで有名なネス湖に沿って走る。残念ながらネッシーは見られなかったが、かなり細長い湖で、知らなければ川と思ったことだろう。

終点のインヴァネスバスセンターにはほぼ定刻に到着。徒歩2,3分のところにあるScotrailのインヴァネス駅まで歩いて、チケットマシンでチケットを受け取る・・・つもりだったが、なぜかクレジットカードを認識できないので窓口に行って発券してもらう。ついでに明日のチケットも一緒に発券してくれた。

インヴァネスの駅にはラウンジはなく、隣接するホテルのラウンジが1stクラスラウンジになっていた。紅茶を飲んで一休みしてから、駅に戻って列車に乗り込む。

Glasgow行き@Invernessここから乗るグラスゴー行きの列車は、2両+3両の5両編成で、当然気動車。指定された席は、先頭A号車の1stクラス席で、前向きかつ窓側席を指定している。



Scotrail Glasgow行き車内1stクラスは先頭車両前側ドアと運転席の間にあるわずかな空間に作られているため9席しかなく、インヴァネス発車時には満席だった。しかもこの椅子がE231もびっくりなくらい座り心地が悪い。枕の角度がおかしく、項垂れるような格好になってしまうので、首がたいそう疲れる。これこそ人間工学を駆使すべきだろう・・・。ちなみに1stクラスでは、飲み物とお菓子のサービスがあった。お菓子はいくつかの中から選べたが、今朝食べたビスケットもあったのでまたそれをもらう。

Glasgow行き車窓1Glasgow行き車窓2

インヴァネス発車後はひたすらスコットランドを南下する。こちらはFort Williamまでのルートと違って整備されているのか、複線区間も多いし列車もスピードを出している。景色はのどかな牧草違いが続き、人の数より山羊の数が多いようだ。

インヴァネスから3時間あまりで、終点のGlasgow Queen Street駅に到着。外に出るとスコットランドよりも寒い。曇ってきた影響だろうか。持ってくる必要はなかったかと思っていた上着を取り出して着込む。ホテルは明日の朝を考えてCentral station近くに取ってあるので、7,8分ほど歩く。

ホテルにチェックインした後、駅のバーガーキングで軽く夕食。ホテルに戻って無線LANのつなぎ方をフロントで聞くと、「Have a nice day」と繰り返すので、2,3度「はい?」と聞き返すとこれがパスワードだという。一瞬意味不明だったw

さて、昨日から移動続きだし、とりあえず明日の乗り継ぎとかの下調べだけして休むことにする。しかし近くにパブかなんかがあるみたいでうるさいなあ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔