2011年05月01日

5日目〜アイルランド周遊

8時頃起きて朝食を食べてから出撃。ルアスでHeuston(ヒューストン)駅まで移動。

Heuston駅Heuston駅はConnolly駅と違って歴史を感じさせる建物だ。Connolly駅は主に北行きの列車や近郊列車DARTが発着するが、こちらは主に西行きの列車が発着する。


券売機でチケットを発券して、電光掲示板を見ると、プラットホームがまだ表示されておらず、表示されるのを待てと書かれていた。しばらくするとホームが表示されたので、改札を通って指定されたホームに行く。

Mark4@HeustonMark4車内
まず乗るのは、Mark4という客車式のIntercityのCork行き。先頭が機関車で一番後ろは制御車となっている。写真を撮りながらホームを前進していると、車掌に「写真は撮るな」と言われたので、渋々車両に乗り込む。Premier class(一等車)の車内は2+1列のボックス席が並び、座席の位置と窓の位置は合っている。昨日のエンタープライズ号といい、欧州では珍しくよくわかっている。

Mark4予約表示ちなみにこの車両も欧州の他国同様、座席番号の横には予約の有無が電光表示されているが、ほかと違うのは、表示されるのが予約区間ではなく、予約した人の名前ということ。フルネームで名前が表示されていたwww

時間が来るとドアが閉まり、発車する。西に向かって少し走ると、非電化にもかかわらず複々線区間が現れた。非電化複々線って、列車本数が多いのか少ないのかよくわからんwwwww
実際には単線でも大丈夫なんじゃないかと思うくらいしか走っていなかったが。ラッシュ時だと違うのかな?

2700 class@Limerick junction複々線が終わったとも複線は続き、ヒューストン駅から1時間40分くらいでLimerick Junctionに到着。ここからLimerick行きの普通に乗り換え。こちらは普通のローカル列車だが、欧州では珍しく座席が布地だった。E233よりは柔らかい。

終点というか次の停車駅のLimerickで今度はGalway行きに乗り換え・・・るはずだったが、電光掲示板に番線が表示されていたのが直前になってBUSに変わっている。まさかのバス振り替えorzorzorz

駅前にはすでにバスが用意されており、それに乗り込むと定刻に出発。しかし、Limerickはバンクホリデーの今日、市民マラソンが開催されていて交通規制がかかっていた。おかげで市内から出るのに1時間くらいかかる始末。帰りの列車には間に合わないことは確実だ。

途中Ennis、Athenry駅に立ち寄って最終的にGalwayに着いたのは定刻から1時間以上遅れた午後4時前。3時5分のHeuston行きはすでに発車している(Athenryで目撃したorz)。次は5時5分かと思い、駅員にチケットを見せて乗り遅れたから次の列車に乗っていいかと聞くと、「いいが次は6時5分だ」と言われる。あれ?と思っていると、今日はバンクホリデーのため5時5分は運休とのこと。なんてこったいorzorzorz

さらにLimerick−Galwayで運休になっていたのは俺が乗る予定だった列車だけのようで、どうせ遅れるんだったら次の列車を待てばよかったorzorzorzorzorz

6時まで暇になったのでGalwayの駅周辺をうろついてショッピングモールとかのぞいてみたが、お土産になりそうなものは特に売ってなかった。

22000class@Galway122000class@Galway2
時間が来て駅に戻ると、改札が始まった。ホームに行くと新しいDMU(22000class)のIntercityが停車していた。かなり近代的な雰囲気だが、韓国ロテム製らしい。

22000class車内この列車はPremier classなしのものクラス編成で3両編成を2編成連結している。6両編成だとPremier classがあるらしい。車内はよくある欧州の普通車といったところ。座席はリクライニングしない。


ダブリン近郊複々線区間時間が来て発車。Heustonまでは2時間45分。しばらくはアイルランドののどかな牧草地帯を走る。Portarlingtonで今朝乗ったCorkに向かう路線と合流し、しばらくすると再び非電化複々線区間に入る。今度はちゃんと写真に納めた。

ちなみにアイルランドの鉄道のゲージは1600mmの広軌で、ロシアよりも広い。確かに標準機よりは明らかに広いのは一目でわかる。

終点のDublin Heuston stationには定刻から2分遅れの20時52分頃に到着した。英国と同じタイムゾーンを取っていること+サマータイムのおかげでまだ明るい。駅前からルアスに乗ってホテルに帰還。さて、乗り鉄はこれで終わりで、後はダブリン市内を観光するだけだ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔