2015年04月09日

2日目(1)〜オリエント急行(1):英国側

この日がやってきた。今回の旅の最大の目的である、オリエント急行(正確には、Belmond社が運行するVenice Simplon Orient Express=VSOE)に乗る日が。

ホテルで朝食をとり、地下鉄でロンドン・ビクトリア駅へ移動。

VSOE受付@ロンドン11番2番線側を先に歩いて行くと、受付の看板が見えてきた。





VSOE受付@ロンドン2そして受付兼待合室を発見。入り口横では、コーヒーと紅茶のサービステーブルがあった。まずは中に入って、カウンタでチェックインを行う。



荷物はあらかじめ3つに分けるように指示があり、1つは終点のベネチアまで送るスーツケース、2つめは大陸側寝台車まで届けてくれる着替えなどが入った荷物、3つめはハンドキャリーする荷物。前者2つを預け、英国側列車の座席と、大陸側列車の寝台個室の指定を受け、チケットに書き込んでもらう。

VSOE待合室VSOE乗客用の待合室。コーヒーを飲みながら、ここで列車の出発を待つ。待合室は狭く、乗客が増えてくると明らかに椅子が足りなくなってきた。一部の乗客は外で待っていた模様。ドレスコードで昼間はスマートカジュアルとなっていただけあり、皆さんジャケットを着ている様子。

しばらくして列車が向かいの2番線に入線してくると、乗車の案内がある。それに従い、ホームに向かう。

VSOE@ロンドン1ロンドンからドーバー海峡手前のFolkestone(フォークストーン)まで乗車する、British Pullman(ブリティッシュ・プルマン)の客車。各車両には号車番号ではなく名前が付けられており、乗車するのはMinerva車両。

VSOE@ロンドン2牽引するのはこちらのディーゼル機関車。特別仕様ではなく、普通の機関車。





ブリティッシュプルマン車内Minerva車両の車内。非常にゆったりした食堂車スタイルになっている。ロンドンからフォークストーンまで移動する間、ここでブランチを楽しむ。



ブリティッシュプルマンブランチ10時50分頃、約5分遅れでロンドンを発車。発車後ブランチのサービスが始まる。前菜はフルーツカクテル、メインはイングリッシュブレックファースト、デザートはアップルケーキ。そして飲み物はベリーニ。なかなか美味い。

食後は列車内を探検して、その後は車窓を楽しむ。列車は両端の荷物車を除いて9両のようだ。

VSOE@Folkestone1そうこうしているうちに、フォークストーン・ウエストに到着。13時10分頃、ほぼ定刻通りの到着だ。小さな駅に長大編成の列車が止まるのは圧巻だ。



VSOE@Folkestone2駅では生演奏で乗客をお出迎え。このために待機しているのか。





Folkestone west3駅前にはVIPと書かれたバスが数台待機。係員の誘導で各バスに乗客が振り分けられていく。車内はテーブル付ボックスシートのようになっていて、ソフトドリンクとおつまみのサービスがあった。


バスでしばらく走るとカートレイン(ル・シャトル)乗り場に到着。ここでパスポートコントロールを受ける。(といってもユーロスターに乗るときと同じくパスポートを見せるだけだけど)

カートレイン乗り場そして再びバスに乗ると、バスごとこちらのカートレインに乗り込んでドーバー海峡をくぐるユーロトンネルを通過する。カートレインには窓は殆ど無く、外があまり見えなかったのは残念だけど、列車側とバス側の両方にサスペンションがあるためか、乗り心地は悪くなかった。

約30分ほどでユーロトンネルを抜け、フランスのカレーにあるカートレイン乗り場に到着。バスに乗ったまま下車し、列車の待つカレービル駅に向かう。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔