2015年04月14日

7日目〜フランクフルトへ

ホテルで朝食をとって出撃。帰国フライトは明日フランクフルト発なので、今日は列車を乗り継いでフランクフルトへ向かう。

ETR610@ミラノまずはEC(ユーロシティ)チューリッヒ行きに乗車。車両はETR610ペンドリーノ。これに乗るのは2度目。チューリッヒ系統はETR470かと思っていたが、ETR610が入っていたのか。


ETR610車内ETR610の一等車車内。1+2列のオープンサロンタイプ。空いていたので空いているテーブル付のボックス席に移動した。チューリッヒまでゆったりと移動。



残念なのは、オリエント急行がインスブルック経由だと思ってこのルートを選んだのに、ミラノ経由で運行されたためにルートが丸かぶりしてしまったこと。まあ仕方ない。

EC(ETR610)車窓ただこのルートはループ線が多く、先日オリエント急行で通ったときはよく分からなかったけど、今回はよく分かったのが収穫。2連続ループは1本前の列車が見えたりして、なかなか見応えがあった。


若干遅れながらも順調にチューリッヒに向かっていたが、様子が一変したのはArth-Goldauに到着時。チューリッヒに向かうには、この先のツーク湖東岸を走るために、この駅で2〜4番線に入って右側に分岐していく筈だが、西岸に向かう7番線(8番線?)に入線。どういうことだ?と思っていたら、案の定ツーク湖西岸を走り始めた。

事故か工事かでルート変更した用だが、どこまで行くのかと思っていたらRotkreuzを過ぎてようやく右に分岐した。トーマスクックには乗っていない路線のようで、チューリッヒ近郊のSバーン路線を走っているようだ。後で調べたらAthmarsingen付近へ抜けるルートだったようだが、Athmarsingen駅手前の分岐部でしばらく抑止を食らう。何本もICやICNに抜かれてようやく走り出した。

チューリッヒでは32分接続でバーゼルへ向かうユーロシティに乗り継ぐ予定だったが、このままでは間に合わなさそう。車掌に聞いたら、次のIRでもバーゼルからの接続のICEには間に合うだろうが、IRに乗り継げるかは分からない。とりあえず頑張れ。間に合わなければ窓口に行って座席指定を変更してもらえとのこと。

結局チューリッヒ中央駅には35分遅れで到着。頑張って階段を上り下りしてホームを移動したが、目の前でIRに発車される。仕方ないので窓口に行って、次のIC+ICEに乗れるようチケットに一筆書いてもらい、ICEの座席指定も取り直してもらう。ICの発車まで時間があるので、SBBラウンジでコーヒーを飲みながら休憩。

IC@チューリッヒ時間が近づいたところでICに乗り込む。本当は一本前のECの食堂車で昼食をとる予定だったが、このICには食堂車が付いていないため、駅の売店でサンドイッチを購入。ユーロ紙幣は使えるがおつりはフランとのことで、図らずも手持ちのフランが増えたw

ICE@BaselバーゼルSBB駅でフランクフルト経由ハンブルク行きのICEに乗車。車両はICE1。割り当てられたのはコンパートメント席で、ドイツ人と相席だったので若干窮屈だった。


フランクフルトには定刻より若干遅れて到着。ひとまず駅前のホテルにチェックインし、夕食に出掛けることに。トラムで出掛けようとしたら、なんか今市内中心部にトラムが乗り入れられないとかで、地下鉄で行けと指示された。仕方なく地下鉄に乗ることに。

夕食夕食はレーマー広場周辺の店で、フランクフルト名物のリンゴ酒とソーセージとサラダ。もうお腹いっぱい。




食後はスーパーで買い物をしてからホテルに帰還。本日の活動はこれで終了。後は明日フランクフルトを観光して帰国便に乗るだけだ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔