お出かけ

2018年07月15日

新幹線

SLやまぐち号に乗れなくなったので、せめて新幹線には乗せてあげようと思い、息子を連れて乗りに行ってきた。といっても新大阪〜姫路間だけど。帰りは新快速。

今日は新大阪からさくらに乗車。R編成。EX-ICで予約した指定席で、息子も今まで乗った電車とは違うと感じたのか、「おぉ〜」となって喜んでいた幸い隣が空いていたので、息子を窓側に座らせてその横で落ちないようにサポート。しかしこれ、隣にも人が来ていたら、ベビーカー置き場に相当困っていた予感...

姫路で降りて、通過列車も見てから帰路につく。新快速にかぶりつき。しばらくは興奮していたが、西明石に着く直前で眠りについた。そして最寄り駅に着いたら起きた。

山陽新幹線新大阪〜姫路間と、山陽本線姫路〜西明石間を新たに乗り潰したことで、息子のJR乗り潰し率は1.23%になった。

2016年03月06日

東京観光2日目

昨日に引き続き東京観光。モノレールに乗る以外の目的で初めて上野動物園を訪問したり、有名(らしい)お店でスイーツを食べたり。たまにはこういうのもいいものだ。花粉さえ飛んでいなければorz

空港まで嫁を送っていって、そのままの足で新幹線に乗って本庄早稲田へ。

さて、明日から仕事だ...orz

2016年03月05日

東京観光1日目

今回の出張に合わせて、嫁が東京に遊びに来たので、一緒に東京観光。

花粉が猛威を振るう中、色々回って、美味しいものを食べて本日の活動終了。

2016年01月17日

上越旅行

今日はホテルで選択をしてから、乗り鉄に出かけた。折角群馬くんだり(宿は埼玉)まで来ているので、新潟県まで足を運んできた。

115系@高崎 まずはJR高崎線で高崎に出て、高崎から懐かしい湘南色の115系水上行きに乗車。ローソンで買った100円コーヒーを飲みつつ、車窓を見ながらまったり。

115系@水上 水上からは新潟色の115系長岡行き。新清水トンネルを抜けると本当に雪国だった。久々に見る雪景色はいいものですな。

HK100@六日町 六日町で下車し、北越急行ほくほく線普通犀潟行きに乗り換え。車両はHK100だが、ゆめぞら供これはラッキー。

HK100前面展望 ゆめぞら兇砲弔、車内は転換クロスシートかつマニア席がある。そして十日町からマニア席をゲットできた。犀潟まではマッタリと前面展望を楽しむ。ほとんどトンネルだけどw

HK100@虫川大杉8 虫川大杉で対向列車の待ち合わせのため、数分停車。ホームに降りてリフレッシュ。北陸新幹線開業後にほくほく線に乗るのは初めてだけど、はくたかが走っていないほくほく線は何か寂しい...

終点の犀潟で、長岡方面からきた普通直江津行きに乗り換え。何年ぶりか分からない直江津に到着(2011年7月以来4年半ぶりくらい?)。北陸新幹線が開業して、駅は寂しくなったな。

ET127系@直江津 折り返しまで時間があるので、直江津からはえちごトキメキ鉄道妙高はねうまラインのET127系妙高高原行きに乗車。これで上越妙高まで移動。

上越妙高駅 というわけで上越妙高。すっかり日が暮れてしまった。このまま新幹線で帰りたい衝動を抑えつつ、再びえちごトキメキ鉄道で直江津へ戻る。

HK100@直江津1 直江津から、ほくほく線超快速スノーラビット越後湯沢行きに乗車。この列車ははくたか無き今、直江津−越後湯沢間を最速58分で結ぶ快速列車だ。途中停車駅は十日町のみ。

HK100@直江津2 超快速の英語訳はCho Rapid。これで通じるのか甚だ疑問だw

日がすっかり暮れた中、超快速の俊足を楽しみながら越後湯沢まで移動。さすがにこの時間から下道で帰る気は無いので、新幹線で高崎までショートカット。スキーシーズンのためか指定券がほぼ満席で取れなかったけど、自由席はガラガラだった。

高崎で高崎線に乗り換えて、宿まで帰還。久々の乗り鉄は楽しい旅だった。また折を見て出かけたい。

2015年12月12日

家族サービスの一環で、城崎へ蟹を食べに行ってきた。

かにカニはまかぜ@和田山往路は臨時の特急かにカニはまかぜ浜坂行きに乗車。車両はおなじみのキハ189系で、明石から乗車。

かに城崎温泉に到着後は、ホテルの送迎バスでホテルへ移動。そして昼食。茹で蟹(姿付)、焼き蟹、蒸し蟹、蟹刺しと蟹づくしが続いたあとに但馬牛の豆乳しゃぶしゃぶで口直し。そして最後は蟹の釜飯。最上コースではないし、北海道の蟹と比べたらやはり味は幾分劣るが、なかなか満足のいくコースだった。

城崎温泉食後はゆっくりと温泉。露天風呂に岩盤浴もあったのは良かった。そして最後は、少しだけ城崎温泉を散策。城崎に来るのも久しぶりだ。

そして帰りは特急はまかぜ6号。往路と同じく明石まで乗車。

明石焼き昼御馳走だったので夕食は質素にということで、明石焼き。久しぶりに食べたけど、結構美味かった。

そしてそのままJRに乗って帰還。たまには日帰り旅行というのも悪くない。月一くらいなら行ってもいいかもしれない。

グリューワイン明日からの出張の準備だけして、帰りに垂水駅で買ったグリューワインで晩酌。うめぇ。そして体が温まる。

今日は色々とリフレッシュできたので、これなら明日からの出張に耐えられるかな...

2015年11月15日

賢島旅行

今日は家族サービスで賢島へ日帰り旅行。

直通特急@滝の茶屋まずは直通特急で尼崎まで移動。尼崎で阪神なんば線に乗り換えて難波へ。賢島で精算できるか不安なので難波で一旦出場しようとしたら、難波ですでに自動精算機で精算できず有人改札へorz


しまかぜ@難波気を取り直して再入場すると、すぐに列車がやってきた。今日乗るのは近鉄の観光特急しまかぜ。1ヶ月前にネット予約して何とか座席を確保。本当はマニア席を取りたかったが、競争が激しすぎてあえなく撃沈orz

しまかぜ@難波2しまかぜのロゴ。2号車と5号車の出入口付近に描かれている。





しまかぜ車内そして車内へ。予約は一応先頭1号車。今朝家を出る直前にネットで調べてもマニア席は埋まっていたが、難波を出ても誰も座らず。上本町か鶴橋から乗ってくるのかと思ったが、席上の表示ランプは青で予約無し。どうも空いているようだ。なぜ?

しまかぜ前面展望1とりあえず他に人が座る前にと、マニア席へ移動。前面展望を楽しむ。鉄道の旅はこうでないと。




記念乗車証鶴橋を出てしばらくすると、CAが来て記念乗車証とおしぼりをくれる。いいね。





大和八木を出ると次は伊勢市。名古屋へ向かう短絡線を横目にしつつ伊勢中川を通過し、山田線へ入る。伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方と停まり、終点賢島へ。

しまかぜ@賢島賢島には京都から来たしまかぜも停車中。名古屋から来たしまかぜはどこかに引き上げられるみたいで、途中で回想されるしまかぜとすれ違った。京都と難波からのしまかぜは、折り返しまで賢島にとどまるようだ。

駅からは送迎バスでホテルへ移動し、レストランでランチ。

伊勢海老のクリームスープランチコースを注文し、前菜のあと出てきたスープは、伊勢海老のクリームスープ。伊勢海老の風味が濃厚で、かつクリーミーな食感と相まって絶妙なお味。



海の幸カレーメインは海の幸カレー。黒鮑、カニ、海老が入った豪華なシーフードカレー。マイルドでターメリックライスによく合う。これも美味。



デザート最後にデザート、コーヒーとお茶菓子をいただいて終了。どれも美味でした。





食後は少しぶらぶらして駅に戻り、駅前の水族館を見て回って観光終了。

しまかぜ@賢島2帰りももちろんしまかぜ。1ヶ月前に予約したときは、往路を予約している間に復路が満席になってしまったが、毎日チェックしていたらなんとか1人掛け席を列番で取ることができた。


しまかぜ@賢島(5号車)帰りは5号車。展望車ではないので、ハイデッカーですらない。別に全部ハイデッカーにしてもいいじゃないかと思ったけど、バリアフリー対策でノンステップの車両を残したのかな。


さすがに帰りはマニア席に人がいるみたいなので、おとなしく5号車の自席でのんびり車窓を眺める。すぐに日が暮れてきたけどw

カフェ車両日が暮れてしばらくすると、お腹も空いてきたのでカフェ車両へ。折角なので食堂車気分を味わいたい。賢島発車後しばらくは混雑していたけど、もうガラガラだ。



松阪牛カレーカフェ車両での夕食は松阪牛カレー。嫁は海の幸ピラフ。昼のマイルドなシーフードカレーとは違って、ややスパイシーなビーフカレー。松阪牛の風味は???だったけど、なかなか美味かった。日が暮れたとはいえ、車窓(夜景)を眺めながらとる食事は最高だ。これぞ旅の醍醐味。

帰り際に売店でしまかぜの卓上カレンダーを買って帰る。自席に戻り、しばらく夜の車窓を楽しむ。大和八木、鶴橋、上本町と停まり、終点大阪難波に到着。

しまかぜ車内(5号車)最後に5号車の写真。プレミアムシートだけあっていい座席だけど、ヘッドレストに埋め込まれた読書灯だけはいただけない。この位置で点灯させると、眼鏡に反射して非常に鬱陶しいことになってしまう。設計者はきっと眼鏡はかけていなかったのだろう...

難波からは阪神なんば線と直通特急を乗り継いで帰還。いい旅であった。

2015年08月22日

丹後くろまつ号

今日は家族サービスの一環で北近畿へお出かけ。駅に着いたところで、デジカメを忘れたことが発覚。一生の不覚orz

こうのとり@福知山気を取り直してJRで尼崎に出てこうのとりに乗車。381系はやはりボロい...





はしだて@福知山福知山ではしだてに乗り換え。こちらも381系。タイミングの問題というか乗る前から分かっていたことだけど、ついてないorz



昼食終点の天橋立に着いたところで昼食。昼食はステーキ御膳。和牛うめえ。わさびと岩塩で食べるのが格別。嫁は鯛まぶし。こちらも美味かった。鯛が新鮮。



天橋立食後は天橋立を観光。実は2度目だけどw





観光を終えて、京都丹後鉄道の普通列車で西舞鶴へ移動。すぐに駅窓口でインターネット予約票を見せてチケットを受け、そのまま丹後くろまつ号ディナー列車に乗車。

くろまつ@西舞鶴丹後くろまつ号。タブレットのカメラがイマイチというのもあるけど、この手の色は写真を撮りにくい...




くろまつ車内くろまつ号の車内。4人席と2人席のテーブルが並ぶ。ちなみに2人席が海側。





くろまつディナーくろまつ号のディナー。和食で、地元の食材を生かした料理が詰め込まれている。飲み物は最初の1杯だけ無料なので丹波の地酒(お茶は飲み放題)。うめぇ。



くろまつデザート最後にデザートも付いてくる。コーヒーはオプション。





くろまつ@久美浜食事タイムは久美浜まで。久美浜で30分ほど時間調整の停車。後続の普通列車にも抜かれる。




そして2時間半あまりの旅を終えて、豊岡に到着。豊岡からは再び特急こうのとりに乗って尼崎まで約2時間半の旅。

こうのとり車内帰りは疲れも溜まっているであろうことを考慮して、奮発してグリーン車。車両はぼろぼろでも、車内は一度更新されているので椅子はいい。



尼崎でJR神戸線に乗り換えて帰還。近いようで遠い北近畿の旅を終えた。


2014年03月21日

京都旅行

そうだ 京都、行こう。ということで、せっかくの三連休なので京都に行ってきた。

スーパーはくと@京都普通に行ってもおもしろくないので、姫路まで戻って一度ちゃんと乗ってみたかったスーパーはくとに乗車。今まで智頭→郡家とか、三ノ宮→京都の後ろ向きとかしか乗ったことなかったので。


スーパーはくと運転室というわけで、当然マニア席。貫通型先頭車が来なくてよかった。京都までの1時間20分ほど前面展望を楽しんだが、姫路時点で遅延が発生していたこともあって、結構がんばって走っていたので見応えがあった。

京都到着後、駅周辺を少しぶらぶらしてたら雪に降られた。スタバでクリーミー バニラ フラペチーノR with レモニー スワールを飲んでから、時間に余裕があるので安い市バスで出町柳に移動。途中渋滞に巻き込まれて大分遅れたが...

京阪8000系@淀屋橋出町柳から、京阪ノンストップ特急『洛楽』の二階席に乗車。特急といっているが臨時快特扱い。七条を出ると京橋まで止まらないダイヤだが、元々10分ヘッドの特急の間に無理矢理入れているので、終始のろのろ運転だったのが微妙。ただ空いていたので、旅行帰りには楽でいい。

淀屋橋から御堂筋線で梅田に出る。昨日の飲み会で話題に出て食べたくなったので、夕食は一蘭でラーメン。食後は大阪駅に戻って、新快速→快速と乗り継いで帰還。日帰りとはいえ、久々の乗り鉄旅行はよかった。

2013年03月23日

リニア・鉄道館

日帰りで行ってきた。IC乗車券も相互利用できるようになったことだしと思って出掛けたが、あおなみ線は相互利用対象外で、ICOCAは使えなかったorzorzorz
結果的にSuicaも持っていたから何とかなったが、調査不足だった...

気を取り直してリニア・鉄道館に行くと、メディア等で散々見ているが、実物があるのはいい。一部の車両には中に入ることもできて、100系とかは懐かしかった。

リニアの走行を体感できるコーナーがあって、映像に合わせて床が揺れる仕組みになっていたけど、流石に上下にしか揺れず、パネル間隔の周波数で発生する前後動は再現できていなかった。

なんだかんだで結構楽しめたけど、カメラを持っていくのを忘れ、見るも無惨な携帯の写真しかないので画像は貼れないorzorzorz

2011年09月10日

丹後海陸交通乗り潰し

やや足に不安は残るものの、18きっぷの有効期限は今日までなので消化旅行に出発。

125系@西脇市6時起床で朝食を食べて出撃。普通で加古川に出て加古川線。まずは西脇市行きに乗車。125系2連だった。125系に乗るのは確か2度目だが、前回は混雑のために座れなかった記憶がある。今回は辛くも窓側席ゲット。しかし西脇市までほぼ爆睡で移動。

西脇市で谷川行きに接続。こっちは残念な103系だった。谷川で113系普通福知山行きに乗り換えるが、かなり混雑していて数少ないロングシートにしか座れなかった。

タンゴエクスプローラー@天橋立福知山で切符を買ってから北近畿タンゴ鉄道の快速大江浪漫号に乗車。快速だからどうせ普通列車用の車両だろうと高をくくっていたら、驚くべきことに特急のタンゴエクスプローラー用の車両だった。事前に情報を入手していなかったために初動が遅れ、マニア席をみすみす逃してしまったが、空いていたので一人で4席占拠してくつろいだ。エアコンも効いていたし、非常に快適であった。

天橋立ケーブル終点の天橋立では、少し歩いて観光船乗り場に行って、観光船で一宮に渡って丹後海陸交通のケーブルカー、いわゆる天橋立ケーブルを乗り潰す。山上の傘松公園で昼食を摂ってから下山する。これで今回の乗り潰しは完了。


下山したところでデザートに黒豆ソフトクリームを食べる。美味であった。帰りは天橋立を歩いて帰ろうかと思っていたが、足に不安があるのと、そもそも暑すぎるので帰りも船。

287系@天橋立今回切符は「ローカルフリー1回だけ特急」というのを買っているので、帰りは特急。もちろん新型車両の287系はしだてを狙い撃ち。まあ車内は普通の特急車だったけど、0.5Mシステムを取っているので全車M車というのは評価に値する。

切符の効力が切れる福知山で普通に乗り換え。この後大阪に出るが、京都経由の方が早かったので普通園部行きに乗り換え。こちらは223-5500。無事窓側席を確保し、終点の園部で快速京都行きに乗り換え。こちらは混雑のため弱冷車しか窓側席が取れなかった。おかげで京都までひたすら暑かったorz

京都で新快速に乗り換えて大阪に出て飲み。大阪からは新快速で西明石に出て、普通で帰還。

本日の天橋立ケーブル乗り潰しにより、民鉄乗り潰しの進捗状況は以下のように変化した。

完乗率:87.9%(+0.0pt)
乗車距離:6601.0km(+0.4km)
未乗距離:908.4km(−0.4km)

乗車区間が短いのでパーセンテージは変化しなかったが、着実に乗り潰しは進んでいる。引き続き民鉄完乗に向けて邁進していく。

2011年08月17日

土佐電乗り潰し

今日は日帰りで土佐電の乗り潰し。まず牟岐線で徳島まで出て、高速バスで高知まで移動。バスで約2時間半。

はりまや橋で降りて、デンテツターミナルビルで土佐電の一日乗車券を購入。昼食を取ってから乗り潰しを開始する。

600形@桟橋通五丁目まず蓮池町通から桟橋五丁目まで乗車。終点の桟橋五丁目では写真を撮るだけで、来た電車ですぐに折り返す。




2000形@後免町今度ははりまや橋で乗り換えて、後免町まで乗車。車両は2000形で2000年以降に作られた新しい車両だが、古い200形の効きを流用しているため、見た目に反して抵抗制御かつ吊掛け式というレアな車両。どうせならVVVF+吊掛けとかの方がレアだったのにw

終点の後免町ではまたしてもすぐに折り返し、終点の鏡川橋で後続の伊野行きに乗り継いで伊野まで移動。鏡川橋から単線になり、朝倉からはタブレット式になった。じゃあ鏡川〜朝倉の保安システムはどうなっているのかと思ったら、そこだけ単線特殊自動閉塞になっているらしい。

2000形@伊野終点の伊野。伊野でもすぐに折り返す。というか、この区間は20分に一本なので、とんぼ返り以外の選択肢はなかった。ちなみに今度の電車も2000形だった。こっちはさっきのトップナンバーと違って、方向膜がLEDになっている。

100形@鏡川橋途中鏡川橋で、反対側に来た鏡川橋止まりの列車が100形(ハートラム)だったので、これに乗り換え。インバータは音がよく聞こえなかったが、東洋電機かな?



デンテツターミナルビル前でハートラムを下車。帰りのバスまで時間があるので、乗っていない桟橋方面のはりまや橋⇒蓮池町通と、伊野方面から高知駅に向かう渡り線に乗っておく。乗り潰し上は意味がないが、折角なので。

はりまや橋から渡り線を渡ってそのまま高知駅まで移動。これで全ての区間を乗り潰した。帰りのバスまで20分くらいだったので、待合室で休憩して、帰りの高速バスに乗車。

徳島駅で親の車に乗って、寿司を食って帰宅。

本日の土佐電乗り潰しにより、民鉄完乗率は0.4ポイント上昇の80.9%となった。次は土曜日加古川に帰るときに琴電を乗り潰す予定。

2010年04月24日

2010年春3dayチケットの旅その3

前回で3dayチケットの範囲内の乗り潰しは完了したので、周辺へ出かけるための足として利用した。というわけで、前回から約1ヶ月ぶりに出かけてきた。

まずは山電から阪急と京都市営地下鉄を乗り継いで京都に出て、新快速で近江八幡。まずは近江鉄道の乗り潰し。

700系@近江八幡近江八幡の近江鉄道乗り場に行くと、運良く700系に当たった。他はロングシートばかりなので、貴重なクロスシート車だ。しかしこの列車で行けるのは八日市までで、そこからはひたすらロングシートでの旅。

高宮
八日市から接続の列車で高宮まで移動。当然ロングシートの800系。




多賀大社前
さらに列車を乗り継いで多賀大社前。ちょうどお昼だったし、次の米原行きの列車まで時間もあったので、駅裏のコンビニで昼飯を調達して駅のベンチで食す。


米原
次の米原行きで米原まで移動。しかしまたずいぶんと遠いところまで来たものだ。今度はすぐの発車なので、写真だけ撮って乗ってきた列車でそのまま折り返す。


貴生川折返しの列車も多賀大社前行きなので高宮で乗り換えて貴生川まで乗り通す。これにて近江鉄道完乗。ロングシートでの長時間移動はやっぱりしんどいな。しかしうちの田舎と変わらんくらいの列車本数と乗客数で電化しているというのも・・・。

信楽高原鐵道310形
折角ここまで来たので、当然信楽高原鐵道にも乗車。やっぱりたまにはディーゼルの音もいいな。



信楽駅というわけで信楽駅。駅の至る所ぶ信楽焼のたぬきが置かれていた。もうこれでもかというくらい置かれていた。ホームにも溢れていた。信楽では微妙に時間があった程度なので、駅前を少しぶらぶらしただけで折り返す。帰りは何故か1両に減車されていたが、問題なく座れた。


貴生川に戻った後は、草津線と新快速を乗り継いで京都まで戻る。このまま新快速に乗り続ければ早く帰れるが、3dayチケットを持っているので、八ッ橋だけ買って来た道と同じルートで帰る。

2009年04月25日

京阪のる人、おけいはん

というわけで、春のスルッとKANNSAIの3dayチケットを使って、京都まで日帰りで乗り潰しに行ってきた。今日は阪急京都線・嵐山線、京福電鉄、京都市交、叡山電鉄、京阪本線・宇治線・中之島線をつぶしてきた。以下適当に写真と感想。

嵐山鞍馬

今まで私鉄乗り潰しにあまり乗り気じゃなかったのは、通勤路線を乗り潰すのが嫌だったからだが、関西はまだ転換クロスとかが多いし、こういう山の中まで行くとなんとなく旅に出た気分も味わえた。奥多摩で旅気分を味わえなかったのはきっとオレンジの電車のせいだろう。

京阪8000系帰りは出町柳から京阪特急。実は京阪にまじめに乗るのは今日が初めて。ところどころでボロっちい各駅停車には何度か乗ったことはあるが、特急に乗ったことはないし、本線を乗り通したこともない。というわけで8000系の2階建て車両に初乗車(当然二階席)。これはまったりできていいですな。途中でガキども(+その親ども)が五月蝿くなければ、もっとよかった。所詮は通勤電車ということか・・・。


京阪3000系ついでなので、京橋で下車して中之島線にも乗ってきた。折角なので新車の3000系にも試乗。最近の新車にしては珍しくいい車両だった。音が個人的に好きじゃない東洋なのが残念だったが、これは久々にメーカーがいい仕事をしたと思う。

天満橋まで戻って、淀屋橋までも一応乗車して、梅田に出てたこ焼き食べて、三宮-須磨間各駅停車の直通特急で帰ってきた。今日だけで5000円分くらいは元取れた気がするが、あと二日分残っているので、適当に有効期限が切れる前にまた乗り潰しに行こう。

今日個人的に面白かったのは、叡山電鉄で、発電ブレーキと空気ブレーキを運転士が手動で切り替えていた。あれは抵抗制御だから運転士が電制オフにするの忘れても何ともないのだろうけど、もしインバータ制御だったら止まってそのまま逆向きに走り出したりしてw

2008年04月12日

パウダー

のどが微妙に痛くて、9時過ぎくらいに目覚めた。昨日二次会で焼酎結構飲んだからか、単に幹事で喋りすぎただけか。

洗濯して、昼飯でも買いに行こうかと思っていたら、昼飯のお誘いがかかったので、大阪まで出て行く。べーま氏とお供の方と合流して、お好み焼き→ゲーセン→たこ焼き→喫茶店という、いつかどこかで見たことのあるコンボ。

夕方、新幹線で帰っていく2人を見送って、俺も帰路につく。新快速→各停の乗り継ぎだったが、何故かやたら眠くて、三ノ宮と垂水の両方で寝過ごしそうになった。

昼から粉物ばかり食べていたせいで、晩飯食う気は起きなかったが、欠食にしていなかったので頑張って食ってきた。

2007年02月03日

山陰カニ旅行

今日は家族で山陰カニ旅行。バスツアーで兵庫県の香住に行って、本場の松葉蟹を食べて、温泉に入って帰ってきた。やっぱり本場の蟹は甘くて美味しかった。食うのに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまうほどに。バスの長時間移動は疲れたけど、満足のいく味だった。

2007年01月28日

帰還

11時過ぎにキングの家に勧誘?にきた不動産屋に起こされる。まったくいい迷惑だ。12時ぐらいまで、暇つぶしにキングがWAをプレイしているのを横でやじってから、朝飯を食いに出かける。

チーズラーメン今日の朝食は柏名物、らあめん熊のチーズラーメン。チーズラーメンの詳細は過去記事参照。今日は熊セットの「い」。チーズラーメン+豚バラチャーシュー+煮卵+御飯。結構お腹がふくれた。

食後はセブンイレブンでデザートを買ってから、バスで研究室へ。今日はドンさんからキムチを受け取る予定だったけど、諸般の事情により失敗。適当にweaponの邪魔をしてから、退散。

東武バスで柏の葉キャンパス駅に出る。しかしバスが何故か来ず、次のバスの時間ぐらいになってやっと来た。まったくどうなっているんだか。柏の葉キャンパスに着くと、目の前で区間快速に逃げられたので、秋葉原まで先着の各駅停車で移動する羽目に。このクソダイヤはなんとかならんのか。まあ各駅停車でも速いからいいんだけど。

秋葉から山手線で東京駅に出て、エクスプレス予約していた切符を発見してのぞみに乗車。帰りののぞみは500系。京都辺りまで爆睡した。新神戸で降りて、地下鉄+山電で帰還。

昨日Wiiをやりすぎたせいか、なんか腕が筋肉痛になった。ゲームやって筋肉痛とか勘弁して欲しいな。

ちょっと疲れたので、古関研でもらってきたTXカレンダーを壁に貼ってから、さっさと寝るか。

柏飲み

とりあえず東横インで朝食を食べてから、山手線で出かける。秋葉でべーま氏と待ち合わせていたけど、時間があるので新宿経由で。時間的には山手線内回りでぐるっと回ってもいいかなと思ったけど、山手線が思いの外混んでいたので、新宿で中央線に乗り換え。そしたら最新のE233系が来た。中身はE531っぽかったけど、ドアのところの窓が変わっていた。

秋葉でべーま氏と落ち合って、とりあえず昼飯ということで、ヨドバシの下にある回らない寿司屋で、「まぐろざんまい」を食べる。大トロが旨かった。昼食後はネットカフェで情報を収集してから、適当に買い物を済ませる。

駅でべーま氏と別れて、上野経由で常磐線。上野からE531のグリーン車(今はお試し期間につき乗車券だけで乗れる)で柏まで。柏から東武バスで柏キャンパスへ向かう。するとなんか東大西とかいう新しいバス停ができていたのでそこで降りる。うちの研究室までは従来の東大前からでもほとんど同じだったけど、バスに乗ってる時間を考えると東大西の方が近そうだ。

研究室でコーヒーを飲みながら夕方までマッタリ。たまたま今日来ていた教授様に挨拶をしてから、柏に出て飲み会。料理が旨かった。

飲んだ後は奥様から帰還命令が出たドンさんを見送って、キング邸でWii大会。なんかコントローラを振り回しても、思い通りに動かねー。しかも体力年齢を測定したら72歳とかいう結果が出てしまったorz
けどあれって体力年齢じゃなくて、ゲーム年齢だよな。まあ確かにおっさんには結構疲れるゲームだった。

2006年12月12日

英語合宿研修 in 神戸ウイングスタジアム

昨日から会社の英語研修で、神戸ウイングスタジアムで合宿をしてきた。何故ウイングスタジアムなのかは謎。どうせなら有馬温泉の保養所とかの方が良かったような・・・。

昨日はJR-新長田乗り換え-海岸線で最寄り駅の御崎公園へ。御崎公園は神戸市営地下鉄海岸線の車両基地があるところで、昨年のLDIAのテクニカルツアーで見学に来た。ちなみに海岸線も都営大江戸線と同じくリニアメトロだけど、大江戸線のような出来損ないと違って、非常に静かだ。なんで大江戸線があんなに五月蝿いのか謎だったけど、リニアモータの構造上、モータの一次側(車上側の電機子)と二次側(地上のリアクションプレート)を別のメーカが作ることもあって、そうなると共振設計がきちんと出来ないために、大江戸線のように騒音が五月蝿くなってしまうらしい。おまけにそうなると、モータの品質保証をどこがするかがはっきりしないために、余計めんどくさいらしい。確か大江戸線は一次側が日立製、リアクションプレートが住金製だったかな。日立曰く「大江戸線が五月蝿いのはうちのせいではない」らしい。

何はともあれ、昨日から英語研修。アメリカ人講師が来て、二日間みっちり英語を教わった。大学時代の経験から、外国人講師はロクなのがいないという先入観があったけど(名前は忘れたけど、英語兇箸国コミのフランス語とか)、事前予想をいい意味で裏切ってくれた。かなりノリのいいおっちゃんだった。

高校とかじゃ教えてくれなかったことを色々と教わることが出来て、非常に有意義な研修だった。発音とか言葉の使い方とかで辞書に載っていないようなことを色々と教えてくれた。やっぱりネイティヴは違うなと思った。ああいう人に中学から教えて貰っていれば、もっときちんと英語が話せるようになっていたんじゃないかと思う。TOEICとか試験の点数にはあまり効果はないと思うけど、非常に実用的な英語だった。

今日は研修終了後に須磨で反省会と称して鍋パーティ。鍋代が研修の費用に含まれていなかったのは残念です。こういうときこそ今回新たに覚えた英語のひとつである「It's on the company.(会社のツケで)」を使うべきだな。

今回の英語研修は、行く前はめんどくさいから行きたくないなぁとか思っていたけど、講師のおっちゃんのおかげもあって楽しくて有益な研修となった。なんか久しぶりに学生に戻った気分になった。明日から大丈夫かな・・・

2006年09月30日

温泉

今日は家族で牟岐にある鬼ヶ岩屋温泉に行ってきた。以前行った蒲生田岬にある温泉に比べたら道は広くて行きやすかったけど(遠いけど)、温泉はちょっとしょぼかった気がする。今度はまた蒲生田岬の方に行きたいな。

2006年07月19日

7月19日〜総会総括

昨日は結局1時頃に寝て、朝は8時過ぎからバイキング。朝食後はトルネコに再チャレンジして、11時にチェックアウト。ホテル宿泊者は温泉の一日入湯券が貰えるので、チェックアウトしてからゆっくり温泉を楽しむ。途中、昼食を摂ったり、ゲーセンでコインを増殖しようとしてはめられたりしながらも2時半ぐらいまでマッタリと温泉を楽しむ。

3時頃の送迎バスで有馬温泉駅に行って、新神戸へ移動。どっかに消えていったmjm氏と東京に帰るべーま氏を見送ってから、地下鉄で三ノ宮に出て、山陽電車で寮に帰還。

今回の総会総括
・祝日の翌日には今後、強い警戒が必要
・有馬鍋の一人前の定義には強い違和感を感じる
・短期的に見た場合、トルネコの攻略はきわめて困難
・長期的には攻略されるというのがメンバー共通の認識
・次回総会は、必ずしも地方開催には拘らない
・2006年下半期の目標は、一人UCC50缶以上飲むこと
・ただしUCCの豆で淹れたコーヒーでの代用は可能


7月18日〜有馬温泉

昼食後はポートタワーに登って某工場を見下ろしてみたり、その辺をぶらぶらしてから、地下鉄と北神急行、神戸電鉄を乗り継いで有馬温泉へ。ホテルに行くと、入口のところにある「歓迎○○様御一行様」のところに俺の名前が入っていた。なんかよく分からんが、歓迎されていたらしい。とりあえずホテルにチェックインして、温泉に入る。有馬温泉名物太閤の湯やハーブ湯がなかなかよかった。とりあえずサウナに2セット入ってから、夕食。

有馬鍋鍋の具






夕食は「みんなでわいわい有馬鍋」。夏とか関係なく鍋。野菜、魚、肉とあらゆる具を入れて煮込む。出汁もよく出ていて、美味かった。しかし鍋の具は右上の写真の通り、どう考えても3人前ではない。男三人でも食べきれない量は半端ではない。有馬鍋恐るべし。けどまあ、味は普通に美味かったのでOK。夏に鍋というのも悪くない。

とりあえず気を取り直して、夕食後は岩盤浴を楽しみ、もう一度温泉。風呂上がりにくつろいだ後は、お土産交換。べーま、mjm両氏から東京土産と称して、世間で不味いと評判のジンギスカンキャラメルを食わされる。しかしどう味わっても普通のキャラメルとしか思えん。まあ、ドリアンキャンディに比べれば、大抵のものは普通に食えそうだが・・・。ちなみに二人は俺がこっそり持ってきたドリアンキャンディに悶絶していた。

部屋でマターリした後は、ゲーム大会。トルネコにはまる。頑張るものの、地下21階で一旦はバシルーラで飛ばしたギガンテスによって完全に手詰まる。無念の敗北だ。時間切れでクリアできず。

7月18日〜神戸観光

とりあえず昨日の日記から・・・。

寮で朝食を摂ってから、山陽電車で三ノ宮に出て、べーま氏と、朝一の飛行機で神戸にやってきたmjm氏と合流する。某同盟の総会in神戸(有馬サミット)。

とりあえずどっか行こうということで、たまたま地図で見つけた、ポートアイランドにあるUCCコーヒー博物館に向かう。しかし同博物館の最寄り駅に降りたところで、駅にあった広告の休館日を見て、今日が休館日であることに気付くorz
祝日の翌日は休館日らしい。工場のカレンダーと世間のカレンダーは違うんですね。

神戸牛ステーキ気を取り直してポートアイランドを散歩してから、ハーバーランドに行って昼食タイム。メニューはもちろん神戸牛。今日はフィレ肉を食べました。

長くなったので、2分割します。


2006年07月17日

船出

今日は7時半に起きて、親の車で沖洲マリンターミナルへ。沖洲から和歌山港行きの南海フェリーに乗船。船に乗ると旅立ちという気分になる。というわけで、とりあえず1時間半ほどを爆睡して過ごす(所要時間は2時間)。中はカーペット(枕付き)なので、よく眠れる。残り30分はいい加減寝るのにも飽きたので、甲板に出て黄昏れる。幸い船に乗っている間は晴れていたので、気持ちよかった。

南海和歌山港からは南海電車で難波に出る。難波からは地下鉄御堂筋線に乗り換えて、新大阪へ。新大阪で東京から来たべーま氏と合流。とりあえず大阪ということで、お好み焼きを食べに行く。

牛すじねぎ玉+月見というわけでお好み焼き。→は店のお勧めにあった、「牛すじねぎ玉+月見」なるもの。写真を撮るのが遅れたためよく分からないけど、中央には生卵が乗せられていた。お勧めだけあって、味は絶妙。また食べたい。

たこ焼き続いてこれも大阪ということでたこ焼き。これは写真のようにタレも何も付けられていない状態で出されてきて、とりあえずそのまま食べて、続いて出汁を付けて食べる(要するに明石焼き)。さらにしょうが醤油を付けて食べて、最後は特性ソースで食べる(これが普通のたこ焼き)。まさに一石四鳥で、味も美味かったが、たこ焼き自体が柔らかく、そもそもが明石焼きっぽかった。なので明石焼きとして食べれば美味かったが、ソースを付けてたこ焼きとして食べるのは微妙だった。たこ焼きは、中は柔らかく、表面がカリッとしている方がいいな。

とりあえず一通り食った後は、雨が酷いので観光は諦めて、阪急で三ノ宮へ移動。とりあえず飲む。飲んだ後はべーま氏と別れて、山電で寮へ帰る。

2006年07月02日

買い物

今日は天気がよかったので、三ノ宮まで出て微妙に買い物。往路は昨日からPiTaPa(IC乗車券。Suicaみたいなもの)が使えるようになった山電を使う。ICOCAとは相互利用ができるのでバッチリ。うん、やっぱりICカードで乗れないなんて電車じゃない。

帰りはJRで垂水に寄って、水出し麦茶とそれを入れる容器を買う。これで暑い中、重いペットボトルを持って坂道を登らなくて済む。

2006年05月17日

ギフ

バス今日は岐阜に遠足岐阜工場の見学ツアー。7時20分に西明石駅集合で、バスで出かける。今日のバスは先日のように明石市営バスを貸し切るということはなく、きちんと高速を走れる観光バス・・・ぽいもの。ぽいというのは、←の写真右側のバスのように、長さが明らかにおかしい。2台くっつけると、普通の観光バスぐらいになりそう。まあ中は見た目とは裏腹に、普通の設備でそれなりに快適だった。

片道3時間半、ひたすら寝まくって、午前中は各務ヶ原航空宇宙科学博物館の見学。幼稚園児から高校生、大人と、あらゆる年代の人達がいたが、スーツを着た集団は明らかに場違いだった。

その後は岐阜工場に行って、昼ご飯を食べて工場見学。といっても正味2時間半だが。防衛庁向けの製品も見られたのはよかった。

3時半ぐらいにはバスで帰路につく。西明石には7時頃到着。今日は総じて寝ることが仕事だった。すごく楽な1日だったはずだが、さすがにバスに往復7時間は結構つかれたようだ。やはり日帰りで行くのが間違っていたのだろう。次に行くことがあれば、是非泊まりがけで行きたいものだ。

2006年05月14日

母の日

今日は高校の友人のY、I、Tの三人と出かける。Yがうまいうどん屋を発見したということなので、ルピアに集合してそのうどん屋へ行く。

京矴件のうどん屋は京矴(きょうてい)という店でね55号バイパスの「バイキング小松島店」横の脇道に入って、農道を突き進んで線路を渡ってさらに行ったところにある。場所がわかりにくく、地図を持っていなければ辿り着くのは容易ではないと思われる。


おろしぶっかけうどん1この店のお勧めらしい、おろしぶっかけうどんとじゃこ飯を注文。ついでに卵も付ける。うどんは麺にコシがあってなかなかに美味い。県内でもトップクラスの味だと思われる。じゃこ飯も美味しかったです。また食べに行きたくなる味だ。今度は違うものも注文してみよう。


飯を食い終わった後は映画でも見に行こうということで、北島にあるフジグランまで出かけるものの、12時40分からの回が満席でアウツ。次は15時20分で、それを見ていたら帰りの高速バスに乗り遅れるのは確実なので、断念する。

フジグランの中で適当にぶらぶらしたり、お茶を飲んだりする。ついでに今日は母の日なので、鉢に植えられたカーネーションを買って帰る。結構花が咲いていたし、つぼみもたくさんあったので、しばらくは咲いているだろう。たまには親孝行するのも悪くない。

フジグランで三人と分かれて、一旦家に帰って晩飯を食ってから、最終の高速バスで神戸に戻る。また明日から仕事だと思うとブルーになるが、もうバイクを作らなくていいと思うと嬉しくなる。もうバイクには触れたくもない。

2006年05月04日

温泉

今日は家族で、四国最東端の蒲生田岬にある温泉に出かける。温泉自体久しぶりで、海を見ながらの露天風呂はなかなかよかった。行き帰り、山道の運転は結構しんどかったけど。

2006年05月01日

さぬきうどん

今日はちょっと用事があったので、車で高松へ出かける。高松市内の三井住友銀行で、住所変更の届け出と、改印届を提出する。平日の昼間しかできないから、今日ぐらいしかチャンスがない。しかも徳島県内には支店がないので、一番近い高松まで出かけることになる。

さぬきうどん手続きが終わったので、帰りにうどん屋によってさぬきうどんを食べる。店はいしうす庵というところで、一昨年の産業応用@高松で貰ったうどん屋ガイドで発見した。小麦粉に、香川県内で作っている「さぬきの夢2000」という銘柄を使っているらしく、コシのある美味いうどんだった。ツユもほんまもんのさぬきうどんで、昔ながらの味わいだった。

帰ってきて那賀川の土手を走っていると、またナカちゃんが出ていた。アザラシって30度近くまで暑くなっても大丈夫なものなのか。夏も越える気かも。

2006年03月22日

リニア試乗会(三回目)

リニア今日はリニア試乗会。朝早起きして、野田線→常磐線→山手線と乗り継いで新宿へ出る。新宿からはあずさ13号で大月へ。大月駅のそば屋で昼食を取って、タクシーでリニア実験センターまで。ちょっと早く着いたので、反対側にある展望広場とかいうところに行って、走行写真を撮ったり。

14時10分から試乗会。一般公募で乗るのは初めてだったけど、いつもと手順が若干違ったり。乗車証明書は乗った後で貰えるのね。前の二回はいずれも説明室みたいなところに入ったら、座席が指定されていて、椅子の上に乗車証明書も置いてあったけど、やはり一般公募となんかの企画で乗るのとはわけが違うのか。

試乗自体はいつもと同じ。300km/hでバックして、500km/hで走行して、400km/hでバックして戻る。試乗会の後はタクシーで大月駅へ戻って、かいじ114号で新宿へ出て、中央線で秋葉原まで。秋葉原からTX→野田線のルートで帰宅。

夕食は親がいるので、鍋を食べに行って、デザートは帰ってきてからザッハトルテ。美味かったです。

一応トップページの写真更新して、「超電導磁気浮上鉄道」の「写真」にも今日撮ってきた分を追加しておきました。