May 22, 2017

現在日本画研究会−東西日本画10人展− 〜白沙村荘 橋本関雪記念館

現在日本画研究会S

 

京都の白沙村荘 橋本関雪記念館で行われるグループ展に

大作2点を出品します。

この展覧会は日展・院展・創画展という3つの団体展に所属し、

東京と京都という2つの地域で活動する、

同世代の作家10名による展示です。

(尚、この展覧会は昨年12月に東京都美術館で行った

グループ展の巡回展です)

 

白沙村荘橋本関雪記念館は日本画家 橋本関雪が造営した制作拠点です。

銀閣寺の近くに広がる10000屬良瀉呂砲蓮

画家の美意識が凝縮された 美しい日本庭園(国の名勝に指定)、
旧画室や茶室、そしてギャラリーなどが点在しています。

 

今回はこちらのギャラリーで展示をさせて頂けることになりました。

橋本関雪作品や庭園も楽しむことができる素敵な美術館ですので、

お近くにお越しの方は是非ご高覧いただけますよう

宜しくお願いいたします。

 

●関連イベント

5/27(土)15:00〜 ギャラリートーク

6/11(日)15:00〜 ギャラリートーク

 

●展覧会スケジュール

現在日本画研究会「東西日本画10人展」

2017年5/24(水)〜6/25(日)

10001700 最終入場16:30

入場料:一般1300円 学生500

 

白沙村荘 橋本関雪記念館

(京都市左京区浄土寺石橋町37/最寄りバス停:銀閣寺道)

 

【現在日本画研究会Facebookhttps://www.facebook.com/asjp11

【白沙村荘 橋本関雪記念館HPhttp://www.hakusasonso.jp/




bandy_13 at 21:09|PermalinkComments(0)

May 01, 2017

若手女流作家展 〜ほの国百貨店美術画廊

若手女流作家展

 

ほの国百貨店(愛知県豊橋市)にて行われる女流作家展に

作品2点を出品いたします。

この展覧会は日本画+洋画15名による展覧会です。

お近くの方はご高覧いただけますよう

よろしくお願いいたします。

 

●出品作家

イブラヒム恵美子、大河原典子、大谷郁代、高木優子、

コバヤシ麻衣子、富永晃代、外山寛子、永井夏夕、

西岡悠妃、根本佳奈、野地美樹子、京都絵美、

安岡亜蘭、山本あき、伴戸玲伊子

 

●「若手女流作家展」

2017年5/3(水)〜9(火)

10:0018:30 ※最終日は16:00閉場

ほの国百貨店7階美術画廊

http://honokuni-dept.jp/index.php

 




bandy_13 at 16:14|PermalinkComments(0)

April 13, 2017

第43回東京春季創画展 〜T-ART GALLERY・TELLATORIA

第43回東京春季創画展
春季東京創画展




















東京春季創画展にS30号の作品を

出品させて頂けることになりました。

私は清らかで神秘的な力をもつ椿の魅力に惹かれて、

特に古典的な園芸品種の椿を中心に制作を続けています。

今回は玉垂という桜色の椿を描きました。

淡い色彩と優しいフォルムが 春の喜びを告げてるように感じ、
素直に描いてみたいと思いました。
お近くにお越しの際にはご高覧いただけますよう

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

尚、今年の東京春季創画展は天王洲の

T-ART GALLERYTERRATORIA(寺田倉庫本社ビル2階)にて行われます。

昨年とは異なる会場となりますので、どうぞお気を付けて下さい。

 

「第43回東京春季創画展」

2017年4/13(木)〜19(水)

10:0017:00 

※最終日19(水)は14:00まで

入場料(一般)600

 

T-ART GALLERYTerratoriaT−アートギャラリー・テラトリア)

天王洲アイル駅より徒歩5分、寺田倉庫本社ビル2階

http://terratoria.tokyo/

 





bandy_13 at 11:45|PermalinkComments(0)

March 09, 2017

そごう大宮店 アートフェア2017 spring

春のうてな

 

そごう大宮店で行われる「アートフェア2017spring」に

作品を出品いたします。

このアートフェアでは現代作家や物故・巨匠の作品

(日本画・洋画・版画・陶芸・彫刻など)が展示されます。

 

特別企画として次の5つの特集展示が予定されています。

加山哲也 作陶展、藤本明洋 木彫展、

楚里勇己 日本画展、金子絵里 日本画展、伴戸玲伊子 日本画展。

 

私の展示では新作・旧作も含め20点程度が出品されると思います。

椿やクレマチスなど植物を描いた作品のほか、

さいたま市の桜並木を描いた風景作品などを展示予定です。

お近くの方はお立ち寄り頂けますよう、

よろしくお願いいたします。

 

 

「そごう大宮店開店30周年記念 アートフェア2017 spring

2017年3/17(金)〜21(火)

10:0020:00 最終日は17:00閉場

そごう大宮店7階 催事場

320(月・祝日)1317時の間は会場におります

 




bandy_13 at 21:25|PermalinkComments(0)制作と発表 

March 07, 2017

はやにえ

並木道

私の家の近くでは果樹を育てているお宅が多く、

よく野鳥がやってきます。

冬になると、

時折トカゲやカエルなどが枝に刺してあるのを見かけます。

 

これはモズの仕業だそうです。

モズが冬場の保存食としてエサをとって置いていくのだ、

と聞いたことがあります。

 

この冬、私の自宅にも2匹のトカゲが保存されていました。

はじめはグロテスクでいい気持ちはしませんでしたが、

小鳥が冬に備えて一生懸命エサを取っていることを思うと、

むげに処分もできません。

 

そのうち1匹はいつの間にかほぼ無くなり、

もう1匹は食べ忘れてしまったようです。

食べ残し処理にちょっと困っていますが…

全てはもうじき、春の新芽に隠れてしまいそうです。




bandy_13 at 12:35|PermalinkComments(0)つれづれ 

December 26, 2016

美しき日本の風景 春夏秋冬展 〜新潟伊勢丹アートホール

美しき日本の風景 春夏秋冬展

 

 

美しい日本の風景画作品を集めた展覧会に、

作品を出品します。

この展覧会は春・夏・秋・冬・心象風景の5つのテーマ

による構成で成り立っており、

「日本の原風景」や「自然の美」などを表現した作品を

見ることができます。

 

出品作品は近現代の日本画作品50点です。

近代・現代を代表する作家から、現代・現在も活動中の作家まで。

素晴らしい近代の作品と、現在進行形の作家の作品とが

同時に見られる内容です。

作品のなかの春夏秋冬、描かれている場所、

作品が経てきた時代や時間の厚み、はそれぞれ異なりますが、

それらが時間も空間も超えて並列的に展示されているのは

独創的な試みだと思います。

 

私は「月光譚」(116.7×5462013年)という作品を

出品させて頂きました。

松島、滋賀、栃木の風景を構成した風景作品です。

お近くの方は是非ご高覧下さいますよう宜しくお願いいたします。

 

●出品作品

横山大観、下村観山、菱田春草、竹内栖鳳、土田麦僊、池田遥邨、

小野竹喬、速水御舟、小茂田青樹、川合玉堂、川端龍子、東山魁夷、

平山郁夫、加山又造、片岡珠子、山本丘人、横山操、佐藤太清、

奥村土牛、奥田元宋、平山郁夫、守屋多々志、那波多目功一、

猪熊桂子、堀文子、マコト・フジムラ、荒井経、泉東臣、奥村美佳、

岡野陽一、越智波留香、大竹卓、齋正機、高崎昇平、野地美樹子、

藤井美加子、松村詩絵、森山知己、伴戸玲伊子(順不同)

 

●「新潟日報創刊75周年記念 美しき日本の風景 春夏秋冬展」

2017年1/3(火)〜16(月)会期中無休

新潟伊勢丹7階アートホール

10301930

1/39:0019:001/1110:0019:30、最終日は17:00まで。

一般1000円、大学・高校600円、中学生以下 無料、前売り800円。




bandy_13 at 22:03|PermalinkComments(0)制作と発表 

December 06, 2016

現在日本画研究会「日本画の王道 ー11人の拓く 日本画の現在ー」東京都美術館

現在日本画研究会

 

東京都美術館で行われるグループ展に大作2点を出品します。

この展覧会は日展・院展・創画展という3つの団体展に所属し、

東京と京都という2つの地域で活動する、

同世代の作家による展示です。

11名全員がこの展示のために、大作の新作日本画を発表します。

 

お近くにお越しの方は是非ご高覧いただけますよう宜しくお願いいたします。

 

●関連イベント

。隠押殖隠院米)

15:00〜「出品者によるギャラリートーク」

 

■隠押殖隠掘陛據

16:00〜「ゲストを迎えてのギャラリートーク」

 ゲスト 土屋禮一 先生、野地耕一郎 先生

 

●展覧会スケジュール

現在日本画研究会「日本画の王道 −11人の拓く 日本画の現在−」

2016年12/6(火)〜18(日)

9301730 金曜日は20:00まで
東京都美術館 ギャラリーC

※会期中無休・入場無料

【現在日本画研究会Facebook
https://www.facebook.com/asjp11

【東京都美術館HPhttp://www.tobikan.jp/exhibition/h28_groupshow_3.html

 




bandy_13 at 02:20|PermalinkComments(0)制作と発表 

November 14, 2016

伴戸玲伊子個展 水のうつわ 〜ギャラリー和田

midnight shine

 

東京・銀座のギャラリー和田さんで個展をさせて頂きます。

水の循環をテーマとした大作の風景作品と、

肥後椿の連作などを計10点ほど展示いたします。

 

雨や霧、川や海など、
私たちの日常にはみずみずしい風景が存在しています。

見方を変えれば水は 様々に姿を変えながら 常に世界を巡っている、

その中に私たち人間の生活が含まれている、
と言えるのではないでしょうか。

私はそうした水の変化や、身近な潤いのある風景
をテーマにした作品を描いています。

 

また今年は九州で大変な災害が起こった年でした。

痛ましい姿となってしまった熊本城の足元には、

実は肥後椿の庭園があります。

肥後の国で生まれ、大切に守られてきた肥後椿は、

明るく力強い花姿をしています。

今回は肥後椿をモチーフにした作品も幾つか展示いたします。

お近くにお越しの方はご高覧下さいますよう
宜しくお願いいたします。

 

「伴戸玲伊子個展 水のうつわ」

2016年11/28(月)〜12/9(金)

11001830 ※12/4 日曜休廊

ギャラリー和田

http://www.gallery-wada.jp/




bandy_13 at 03:19|PermalinkComments(0)制作と発表 

November 10, 2016

春待ちの月 現代女流作家展 〜日本橋高島屋

東京・日本橋の高島屋美術画廊にて行われる

「春待の月―現代女流作家展―」にF15号、SMの作品を出品します。

この展覧会では、日本画・洋画などの女流作家21名の作品が展示されます。

 

私はクレマチスを描いた作品(F15)などを出品します。

丈夫で力強い性質と、つる性植物ならではのフォルムの面白さ、に惹かれて描きました。

お近くにお越しの方はご高覧頂けますよう宜しくお願いいたします。

 

「春待の月 −現代女流作家展−」

2016年11/30(水)〜12/6(火)

10:3019:30 ※最終日は16:00閉場

日本橋高島屋6階美術画廊

http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/index.html



bandy_13 at 17:31|PermalinkComments(0)制作と発表 

November 09, 2016

Will+s展2016 〜池袋西武

 

東京・池袋西武にて行われる「Wills2016」に
M30の作品を出品します。

そごう・西武百貨店と創画会若手会員有志とが
共同企画した展覧会で、

創画会の作家 約30名の作品が展示されます。

お近くにお越しの方はご高覧下さいますよう、
宜しくお願いいたします。

 

Will+s2016

2016年11/30(水)〜12/6(火)

10:0021:00  ※日曜は20:00まで、最終日は16:00閉場

池袋西武百貨店 アートフォーラム

https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/kakutensublist/?article_seq=205895

 



bandy_13 at 20:52|PermalinkComments(0)制作と発表