ウーララ移店5周年

どうも、星の王子さまたちのアントニオです
1月7日の気分で読んでください

朝は眩しい、私の寝室は東向きである。昨日のユキサダさん(じゃがいも)による光の速度を超越した宇宙の果てへの旅に同行したせいかとても疲れがたまっている
*深く飲酒をし、なおかつ二日酔いだと言っている

なので、私はエレキギターを担ぎ上げ、エフェクターケースを背負い、西院の街に出かけた
それは西院の街に夜がやってきたことを示唆している
特に変わりのない夜だ

今日は西院ウーララという場所で星の王子さまたちというバンドの演奏をするのだ
今年に入って初の演奏である
ベースは圭太郎(フンの息子、アホ)は欠席のため、阿部(マッチ棒、つくしんぼ)を起用した

さあ、演奏がはじまった
出演者である、ひとりバレーボウイズ(16人の人間)はおおいに歌い、NICE TOO MEET YOU(四人の女性)、YAWARA NOW!!(浦沢直樹原作のものには関係ない男性グループ)はおおいに暴れた。
私は飲酒をした。ビールだ。
ハートランドというビールを注文した、その次も。またその次もだ
とまあ、そんな感じで星の王子さまたちの演奏の番がきたので、私はハートランドという曲を歌った
なので良かった
ジョンレノンさんだってこの日ウーララにいればハートランドを注文し飲酒したに違いない
彼は37年前にハートランドビールを知らずして逝ってしまった悲しきロックスターだ

そして、最後の出演者、ブロンドニューハーフ(日本人四人組)は僕たちを光のごとくスピードで宇宙の果てへと連れて行ってくれたのだ
だがそこにはジョンレノンさんはいなかった

ウーララさん移転5周年おめでとうございます
おかげさまでハートランドという曲を歌わさせていただいております

ミューズホール

どうも、星の王子さまたちのアントニオです
日付は1月6日という気持ちで読んでください

朝は眩しい。私の寝室は東向きである
そして、西院の街に夜がやってきた。特に普通の夜であった
私は、ギターケースを担ぎ上げ、エフェクターバックを背負い家を出ようとしたが、今日はアコースティックギターの日であったので持ち直した

星のクズさまたちというバンドの新年初ライブだ
私はそこでも歌とギターを担当している
なので良かった
とにかくクズたちは今夜、集結し、ある種の銀河をつくる

会場は京都にあるミューズホールというライブハウスだ
今日はフン(めんどくさい怪人、飲酒店経営者)がいないので、少し気が楽だ
とまあ、そんな感じで僕たちは集結し、銀河を作った

さあ、銀河をつくった(ライブをした)あとはビールを注文し、そして飲んだ。そして次に注文するのはビールだ。その次も。これは儀式のようなもので、飲酒の際私はいつもそうするようにしている。特に意味はないが、意味があること自体そんなにたいしたわけではないであろうか。ロックしかり
とまあ、そんな感じでたなかけんすけ(ロック大臣ズ)は歌い、メシアと人人(という妖精2人)もおおいに演奏し、ゆ〜スホステル(というバンド)も、皆でたくさんの銀河をつくったのだ。
そしてユキサダ(店長、じゃがいも)さんの飲酒が進むにつれ、光の速度はさらに加速し、僕たちは宇宙の果てへと導かれた
ジョンレノンさんに逢える可能性だってあったんだ
きっとどこかにいたんだ

魔法の国

どうも、星の王子さまたちのアントニオです

西院の街に夜がやってきた。特に普通の夜であった。私は、ギターケースを担ぎ上げ、エフェクターバックを背負いとあるスタジオに出かけた
星の王子さまたちというロックバンドの練習である
この日はベースである圭太郎(フン(前回参照)の息子)が不参加で、ベースに阿部を起用した
つまり、2日後のライブは阿部だ
あと、フンはうるさい

練習スタジオはエレキギターをフルテンにしたり、ドラムを思いつくがままの音量で叩いたり、歌をどれだけ叫んでも誰にも怒られない魔法のような場所だ
ジョンレノンさんだってよく外国の練習スタジオを使用していたんだ
きっとそうだ
フン(うるさい怪人、圭太郎の親、飲酒店経営者)だって練習スタジオでさわげば誰にも怒られることはないだろう

練習スタジオは素敵な魔法の国である
*ただし有料です

1月3日

どうも、星の王子さまたちのアントニオです

今日は昼すぎに目覚め、夜には地球屋というロック居酒屋に行った
そこには様々な怪人が集まりロックについて語り合っていた
とにかくフン(という怪人)がうるさい
この場合、ロック居酒屋というのはロックバンド等のチラシがたくさん貼ってある居酒屋のことを指す
岩居酒屋や、ロック割りの飲酒スタイルのみの店という意味ではない
とにかくフン(怪人)がうるさい
私は最初にビールを注文した、次に注文するのもビールだ。ビールはうまい。ジョンレノンさんもきっと地球屋に来た際にはまず最初にビールを注文するに違いない。もちろん次に注文するのもビールだ。
とにかくフンがうるさいが、これは儀式のようなもので、とくに意味はないが私はそうしている
とにかくフン(怪人)がうるさい

「レモンチューハイ」と、そのとき誰かが言った
しかし、レモンチューハイはこなかった。
*混雑時の注文は声を大にして言わなければならない

「レェモ〜ンっっ!!チューー!!ハーーイっっ!」と、その時誰かが言った
しかし、レモンチューハイはこなかった
*混雑時はちゃんと店員さんを呼び止めてから注文しなくてはならない
。あとフンがうるさい

とまあ、そういう感じで
怪人フンがおいとまし、地球屋の夜は更けていった

では、失敬




iPhoneから送信

1月2日

どうも、星の王子さまたちのアントニオです

今日は昼過ぎにめざめた
福知山という街にいた
私の生まれた土地である
なので、夜になると私は出かけた
マルフクという鉄板焼きの店だ

わたしはビールを注文し、そして寺田はビールを注文した

寺田というのは福知山の住民であり、私の同級生である。
この男は酒とロック(音楽)とオートバイをこよなく愛しており、服装は全て黒い革製品であるし、夏場に海へ行く際も革靴であり、なおかつ陰気な野郎だ。かしこい読者諸君はすでにお気づきであろうが少し痛いやつだ。
なので良かった

私はビールを飲み、そしてその次もビールを注文した
これは儀式のようなものでビールを注文したあとはビールを注文すると決めている
そのとき「ビール」と、誰かが言った
寺田だ

しかし、ビールはこなかった
寺田はロック、酒、バイク、全身革野郎のくせに声が小さい
なのでビールはこなかった

何度儀式をしたかわからなくなった頃、俺たちはフリースタイルに出掛けた
フリースタイルは店の名前だ

ジョンレノンさんがまだ生きていたらきっとフリースタイルという店の行きつけになっていただろう
マルフクも然り

とまあ、そんな感じでフリースタイルでの夜は更けた

何度目かの儀式を終えたころ、俺たちの2017年ははじまった

では、失敬

2017元日


犬のバービー



どうも、みなさん星の王子さまたちと言うロックバンドで歌を歌ったりしているアントニオです
全国の読者の皆様、ご無沙汰です


昨日は、2016年最後の日であったので、西院にあるネガポジという店に行きビールを飲んだ。そしてビールの次はビールを注文した。
これは儀式のようなもので私はビールの次にはビールを注文すると決めている
ステージでは歌手が歌い、そして楽器を演奏した、ロックというやつだ。
そして、ぐっとクルーというかっこいいバンドが演奏した
ぐっとクルーはとても良いバンドだ

もし、ジョンレノンさんがまだ生きていたらきっと彼らのことを気に入ったに違いない
その後、私たちも楽器演奏をしうたった
なので良かった

とまあ、そんな感じで西院の夜は更け、ビール、ビールと飲酒を進めた

年が新しくなり神社に出かけ、江添さんがはしゃいだところで俺たちの2017年ははじまった

あなたの頭上に屋根を

では失敬



iPhoneから送信

一月四日

画像なし


どうも、星の王子さまたちのアントニーです

この日は前日の疲れをひきづっていたので夜に起き、携帯電話をさわり、そして寝た
深夜になると、東くんから電話があったので起きて、ネコ穴(という店)に出かけた
新年会だ

なのでマーシーは謝った、東くんも謝った、クニはテレビ電話で登場した

とまあそんな感じで、ビールを飲んだ

楽しくなってきたのでビールの次にはビールを飲んだ
そして寝た

つづく


では失敬

一月三日

画像なし


どうも、星の王子さまたちのアントニーです
バンドを嗜んでいます

この日は前日の飲酒をひきづったまま、深夜を迎えた
お正月シーズンということで、今年初めてのスタジオだ

とまあ、そんな感じで時間を同じくしてセバスチャン(王子元ドラムは1人でカラオケーションした

そうこうしているうちに、スタジオを終え、これからの予定について朝方まで話しあった

とまあ、そんな感じで、時を同じくしてセバスチャン元王子はひとりでスタジオにはいったのであった

つづく

では失敬

一月二日

画像なし

どうも、星の王子さまたち(というバンド)のアントニーです
ギターと歌を担当しています

この日は正月シーズンということで地元にあるフリースタイルというBARで夜を過ごした
飲酒をしたということをいっている

ジンライムを繰り返し注文するとマスター(同級生)が機嫌が良いので、私は繰り返しジンライムを注文した
ジンライムというのはお酒のことですよ

なので、深夜1時をまわったころ
私は洋式トイレに向かってフリースタイルをした
これはゲロを吐いたということ言っている

そして寺田は飲み続けた
寺田は私にかつてジンライムを教えてくれた男だ

つづく

では失敬

iPhoneから送信

2013年

(画像は下の通り)

どうも、星の王子さまたちのアントニオです
全国のファンの方々、ご無沙汰していました

毎日更新していたのですがアップロードされておらず、気がつきませんでした。
嘘か本当かは大した問題ではないのでよろしく

今日は大晦日ということで今年の自分の身の回りのことを振り返ってみますよ

一月、誕生日
二月、弟が他界
三月、自由の歌作曲
四月、春
五月、マーガレットズロースとタイバン
六月、メンバー離婚疑惑
七月、筆者入籍、オギノフラれる
八月、ドラム脱退
九月、ドラム加入
十月、初MV公開、初流通CD発売、マイマイズと東京でレコ発、同日多賀くんデビュー戦を京都で過ごす
十一月、多賀くん盲腸で入院、神戸レコ発とばす
12月、多賀くんレコ発デビュー、メンバー離婚発覚、大滝詠一他界

2013年はあまり何もなかった

2014年も毎日ブログを更新します
どうぞ星の王子さまたちをよろしくお願いします

では、失敬
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

bangg

タグクラウド
オリンピック応援パーク
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ