2日 父の月命日でしたので実家に行っていました。

父が亡くなってまだ1ヶ月しか経っていないとは思えない程 色々な事がありました。
まだ全てが片付いた訳ではなく 急いで対処しなくてはならない事だけは何とかこなしています。
個人的な事から会社の事まで・・・
父も少しは安心してくれていると良いなぁと思いながらも忙しい日々を大切に過ごしています。

オスバニ ジャックの状態が悪くなりました。
今までの薬が効かなくなり 他の薬に替えましたが それも効きません。
後ろ足は全く動かなくなり 立とうとする気配がなくなりました。
不安らしく キュンキュン泣いたり吠えたりしています。
痛みもある様子で呼吸が荒くなっていますので 自宅に居られる時にはマッサージをしています。
マッサージは気持ちが良いらしく 私の膝に頭を乗せたまま寝たりもしています。
ただ 自宅に居られる時間が殆どないのです。
1日3回トイレに出しますが 自力で立とうとしなくなっているので 一人でトイレに出すのは大変です。
朝と夜は私が居ますが 日中は下の娘が頑張ってくれています。
上の娘が居る時には二人で世話をしてくれていますが 基本的には下の娘一人の事が多く申し訳ないと思いますが 今は父の事もあり やってくれると言う彼女に甘えています。
ジャック かなり痩せましたが それでも39キロはまだありますから・・・

そんな中 都内で無許可のブリーダーが営業を続けているとの連絡が入り 先日チェックに行って来ました。
元々はダックスのブリーダーなのですが とっても狭い3階建ての賃貸住宅にダックス、スタンダードプードル、ブルドック、シェパード、バゼット等合わせて30頭程の犬達が居ました。
30頭と言うのは あくまでも話しの中で出てきた数なので 実際には分かりません。
1階と2階部分は見られましたが 3階には上げてもらえませんでしたので・・・
今 このブリーダーをどうしようかと思っています。
このブリーダーから犬を購入したけれど 血統証がもらえないという人も居ます。
ただ 犬の事は可愛がって居ます。
それは犬達の様子を見れば分かります。
私としては 完全に廃業に追い込むのではなく 犬の数を減らし元々のダックスのブリーダーとしてきちんと登録して仕事をしてほしいと考えています。
ダックスの中には処分される子を引き取り 避妊して飼っている子も居ました。
ただ どこも同じですが 臭いです!!

私は正しくないと思われる飼育をしている人を叩く事ばかりが愛護活動であるとは思っていません。
可愛がっては居るけれど その方法が違ってしまっている場合正すと言う猶予があっても良いのではないかと思うのです。
ただ その猶予があっても正さない人や 叉同じ事を繰り返してしまう場合には私達の接し方も替えなくてはならないでしょう。
このブリーダー まだ猶予があっても良い気がしています。
どの様に話を持っていくのが 1番頭の痛い部分です。

今はまだ父の事もあり 本格的に活動が出来ませんが 少しずつ時間を作って動きたいと思います。
ただ平日は会社の事もあり身動きが出来ないので週末限定になっていますが・・・

埼玉崩壊現場のヨーキー ハッピーちゃん お話が来ているようです。
関西に居るのでそちらからのお話はお任せしていますが 良いご縁であればと思います。