幸せになろうね♪

気付けば愛護活動が殆どのブログに・・・ だけど いつでも「幸せになろうね♪」って思いながら生活しています。 全ての子達が笑顔で過ごせる日が訪れますように・・・ 皆様にも・・・ そして私にも・・・・

2008年02月

抗癌剤投与開始

2月8日からローズの抗癌剤投与が始まりました。
3週間毎の投与と 毎週血液検査です。

6日と7日 掛かりつけの獣医さんでステロイド注射を打ちました。
現在のローズの状態が良くない為 ステロイドで多少改善してからの抗癌剤投与だそうです。
でも ステロイドが効いてローズの食欲が少し戻ってきました。
基本的にはa/d缶しか食べませんが それでも全く何も食べないよりは良いですよね。

8日抗癌剤投与の前に再度検査がありました。
血液検査で今のローズの状態を診ました。
まずまずとの事で体重測定。
元々43舛世辰織蹇璽困任垢 先日高度医療センターで体重測定した時には32舛砲覆辰討い泙靴拭
8日には33舛半しですが 体重も増えていました。
高度医療センターでもa/d缶は良く食べましたので 8日夕方掛かりつけの獣医さんでa/d缶を1ケース購入しました。
1日5缶が目安ですが 今は1日4缶まで食べられるようになりました。
その他 ローズの為に沢山買い込んでいたオヤツも食べてくれるようになりました。

抗癌剤で癌が小さくなれば 免疫治療にも進める可能性があるそうです。
今は沢山食べて体力をつけてもらい 免疫治療に進める事だけを願っています。

更に ローズの為に引越しも考えています。
今は自由が丘に住んでいますが もっと空気の良い所でノーリードで自由に歩ける環境で生活させて上げたいと思うのです。
確かに色々な仕事の事やローズの病院の事もあり じゃあ何処なら良いの???と悩んでしまいます。
薬剤師の仕事以外にも父の会社の仕事も継いで居ます。
会社の本社は横浜ですが 支店は埼玉が多く 埼玉以外にも新潟や岩手等です。
ローズの病院が川崎。
何も柵がなければ 河口湖や軽井沢、那須とかに住みたいのですが それも無理ですよね。
今日も朝から突然会社に呼び出され川口の支店に行っていました。
いつ呼び出されるか分からない仕事とローズとの時間 どこか良い所ご存知の方いらっしゃいませんか??

仕事も何も放り出してローズとの生活だけにしたい!!と思うのですが 父の遺してくれた会社も放り出せません。

うーん 悩んでいます。

ローズは少しずつ一人っ子生活にも慣れてきたようですが 私達家族はペットロスから立ち直っていません。
特に上の娘は何よりジャックを可愛がっていました。
彼女は仕事に復帰して尚更辛いようです。
ジャックが居なくなる前から 胃腸炎、インフルエンザで仕事を休み ジャックが居なくなり肺気胸でそのまま休んでいたので 前に仕事に行った時にはまだジャックが居ました。
だから会社で仕事をしていると自宅には寝たきりのジャックが居る錯覚に陥るそうです。そしてジャックがもう居ない事を思い出し涙が出そうになってしまうと言っていました。
彼女の仕事はブライダルのスタイリストです。
幸せのお手伝いをする仕事ですから 当然笑顔で仕事をしなくてはならず とにかく泣かない様にするのが 一番大変だと話していました。
本当は泣きたい時に泣くことが一番大切なのですが・・・・
私のその点楽です。
泣きたい時に泣ける環境で仕事をしています。
会社で私が泣いていても 皆が分かっていますし 薬局でもそうです。
自宅ならいくらでも泣いていられます。
でも 今はローズの為に出来るだけ笑顔で過ごさなくてはと思っています。

あっ そろそろローズの夜のご飯の時間ですので 失礼します!!

ローズの近況

昨日 やっと 動物高度医療センターの腫瘍科の先生とお話が出来ました。
やはり ローズは悪性組織球症だそうです。
この癌に効く抗癌剤は1種類しかなく アメリカから取り寄せるそうです。


今ローズは全く食事をしなくなってしまった為 急遽昨日からステロイドの注射が始まり 明日抗癌剤の投与となりました。
そして ローズは可哀相ですが 強制給餌も始まりました。
でも その甲斐あってか 昨日より今日の方が体重が1キロ弱増え 久しぶりにウンチも出ました。

抗癌剤は3週間に1回のペースでカプセルを飲ませるそうです。
副作用は 通常の抗癌剤と同様です。
効果が現れるかどうかは50%だそうです。
ただ 効果が現れた場合平均して100日の延命になるそうで 長い子では1年延びた子も居るそうです。

今 ローズに抗癌剤の投与をしないと1ヶ月から3ヶ月の余命と言われています。
私達は50%の可能性に賭けてみる事にしました。
平行して鍼治療や 皆様から教えて頂いたサプリメントも飲ませています。

ノニのサプリメントと 黒酢のサプリメントです。

そして ローズの免疫力を下げない為 ローズに出来るだけストレスを与えない生活を心がけています。

ローズの抗癌剤の副作用の出方にもよりますが ローズの調子が良ければ 今度の火曜日ローズを連れて家族で出かけようと話しています。
お骨になってしまったジャックも一緒です。

ありがとうございます。

皆様からコメント、メールで沢山の励ましのお言葉を頂き ありがとうございます。

ローズの検査結果が出た日はずっと泣き暮らしました。
でも 一晩経ち「絶対なんていう事はないはず」と思い始めました。
もしかすると 浅はかな考えなのかも知れません。

でも 多分ローズは生きる為に頑張ってくれているのではないかと思うのです。
ジャックも最期の時まで頑張ってくれました。
なのに私が諦めてしまう事は出来ないと思ったのです。

早々ネットで情報を集めてみました。
笑ってしまいますが 私は薬剤師です。
でも癌に効くと言う水、サプリメント、更には中国からの個人輸入の漢方。
取り寄せてみました。
中国からの漢方は薬局で皆に反対されてしまいましたが・・・

今日 元々ジャックとローズの為にお願いしてあった鍼灸の獣医さんが来て下さいました。
ローズに効くのかどうかは分かりません。
癌が治るとは先生もお話されていませんでしたが 最期の時まで犬らしく過ごせる様にしたいとのお話でした。
出来れば ローズの癌に消えてしまってほしい。
これが本心です。
でも 無理な事ならば せめて最期まで苦しまずに楽しんで過ごしてほしいと思っています。

上の娘は気胸の痛みが和らいできて ジャックの居ないくなった我が家が辛いらしく泣いて過ごしています。
でも 泣く事は大切な事です。
泣かずに我慢すると もっと辛くなります。
娘にも思う存分泣いて良いのだと話しました。
そして ローズとの生活も充分に楽しもうと話しました。

ローズは今初めて「一人っ子」になりました。
今まではジャックと愛情半分でしたが 今は愛情独り占めです。

ローズの為にローズが食べるだろうと思う物を作り ローズの為に短いお散歩に何回も出ています。
そして ローズが寝たいと言う所で寝かせています。
今までは決して2階には上げていませんでした。
それは しつけの面と階段の上り下りで足に負担を掛けたくなかったからです。
でも 今 夜私が寝る時 ローズが2階に行きたがれば 後ろから支えて一緒に寝室に入れて寝ています。
さすがにベットで一緒に寝る事を知らないローズはベットには登って来ません。
それでも 夜中何回も私を覗いては尻尾を振って 又私のベットの下で寝ています。
ローズの笑顔が一日でも長く続くように祈っています。

明日は父の命日です。
午前中は仕事がありますので 午後仕事が終わったら父のお墓参りに行って来ます。
ローズも一緒に連れて行きます。
チャりティーコンサート
image 詳しくはHP
YouTube
イベント情報
image
















9月23日(土)24日(日)
11:00〜18:00

詳しくはHPにて
ご支援のお願い
保護犬達の医療費の為の
ご支援をお願いしております。

ご協力のお申し出はHPよりご連絡下さい。

livedoor プロフィール

Bani Bani

月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ