monちゅうさん宅にお願いしてあった子猫ちゃん。
その中のおまーるちゃんの状態がとっても悪かったのです。

入院させて治療をするようmonちゅうさんに伝え すぐに入院させて下さっていました。



小さい体で頑張ってくれました。
monちゅうさんも懸命にケアしてくれていました。

だけど 12月1日 おまーるちゃんはももちゃんの元に旅立ちました。

monちゅうさんの悲しみを思うと言葉はありません。




おまーるちゃんは下田から引上げてきた時かなり酷い状態でした。
なのに何もケアがされていませんでした。

なにがNPO法人の基準なのでしょうか。
この下田・・・内閣府が認可したNPO法人です。

何がレスキューなのでしょうか。
メディカルチェックもせず 病気治療もせず それがレスキューなのでしょうか。

新聞広告で子猫を集め「ネコカフェ」をする事がレスキューなのでしょうか。

これがNPO法人の行うレスキューなのでしょうか。
私の知っている他のNPO法人は違います。

私はこの人達が決してレスキューをしたとは思っていません。
この人達がこの子猫達を集めなければ おまーるちゃんは死なずに済んだのではないかとすら思ってしまいます。

何もケアのされていない子達が集団で暮らす危険。
これを分かってない人達の行為で殺したと思えてなりません。

でも下田のNPO法人では この子達をレスキューしたと言い張ります。


私達の活動に悔しい事は沢山あります。
だけど「命」を助けられない悔しさは 一番辛い事です。

知識のない人がネコ達を沢山集めて 何が出来ると言うのでしょうか?
知識がなくても 獣医さんと相談しながら頑張る方は沢山居るでしょう。
だけど この法人はそれすらしていません。

新聞広告で子猫を集めるだけがレスキューだと思い込んでいます。

こんなのレスキューでもなんでもありません。

本当に・・・
ただの自己満足以外の何物でもありません。
その為に犠牲になる子達が居るのはおかしくないですか?
色々と手を尽くしても助けられない事はあります。
だけど まず その手を尽くしていないのです。

何もしていないのですから・・・


たとえば・・・
道端で子猫を拾ってしまったら どうしますか?
まずは獣医さんに連れて行ったり 猫を飼っている人に相談したりしませんか?
そして一つずつ学んで行きませんか?
その中で失敗があったとしても 出来る限りの事をやってみようとは思いませんか?

自分の手の中に居る小さい「命」を守る為に必死になりませんか?

それが出来ないのならば手を出さなければ良い事です。

私は「手を出さない」事も大切な事だと思います。
出来ないならばやらない。
そうすれば 出来る人がその子を助けるかも知れません。

ケアする気もないのに手を出す事が一番の「罪」だと思っています。



おまーるちゃんはお星様になって そしてmonちゅうさん宅の子になりました。





お星様になったおまーるちゃんの為にぽちっとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


そして あっこさんのチャリティーショップも宜しく
illust1525_thumb-1_convert_20090701140042